「そんなに好きでもないのに結婚した自分」を責めていませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

結婚を決めるとき、どんな思いを持って結婚を決意しましたか?

すっごくラブラブで、もうこの人しかいない!と思って結婚した人。

できちゃった婚で大あわてで結婚した人。

年齢的にも、そろそろかなと思って流れで結婚した人。

親や親戚を安心させたくて、お見合いや結婚相談所を利用して相手を決めた人。

それぞれの夫婦に、それぞれのストーリーがあったと思います。

すごく好きで好きで結婚した人もいれば、そうでもなく結婚した人もいます。

そうでもなく結婚した人の場合、

「私の人生、これでいいのかな」と思ったり

「だから、夫を愛せないのかもしれない」と思ったり

そして、そんなに好きでもない結婚をした自分を責めてしまう人もいるかもしれません。

でも。

好きでも好きでなくても、結婚を決めたということは、

その時にできるあなたの最善の選択だったということです。

そして、その選択をしたということは、そこには、何かとても大切な理由があったはず。

誰が何といっても、その時の自分にはとてもとても大切な理由だったんです。

だから、ラブラブじゃなく結婚したって、世間体で結婚したっていいんです。

とにかくそれが夫婦のストーリーの始まり。

そして、最後に「この人と一緒の人生でよかったな」と思えれば、どんな始まりも「とっておきのエピソード」になります。

最初がつまんなくても、途中でゴタゴタあっても

「あの時は大変だったなあ」

「最初は全然好きじゃなかったのにねえ」

なんて、お互いに顔を見合わせながら笑えるのもステキだなって思います。

理想の人生の脚本通りじゃなくても、人にうらやましがられるような夫婦じゃなくても

その時、その時に、精一杯の選択をしてきた自分のことは「がんばったね!」って褒めてあげて大丈夫^^

過去も現在も未来も、あなたの大事な人生の1ページです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「いつも同じパターンでうまくいかない」そんなあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

「そういえば、いつも私は同じパターンを繰り返しているなあ」と思うこと、ありませんか?

たとえば、仕事がいつも3年くらいしか続かないとか。

友だちはすぐにできるけれど、深く付き合うようになると相手が離れていってしまうとか。

好きになる人が、なぜかいつも恋人がいる人だったり、奥さんがいる人だったりするとか。

自分でも気づいているし、次こそはうまくいくように頑張るんだけれど

やっぱりなぜか、いつも同じ結果になってしまう。

もう、どうしたらいいのかわからない。

私は幸せになれないのかな・・・

そんな気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

でも、大丈夫です^^

同じパターンを繰り返しているなら、それを変えればいいんです。

もちろん、今まで頑張って変えようとしていたのだと思いますが、

その変え方が、今までのやり方ではうまくいかなかっただけなんですね。

もしかしたら、変えるポイントがちょっと違ったのかもしれません。

たとえば、仕事が続かないからと、職種を次々に変えてもダメだったときは、もしかしたら人間関係が原因だったのかもしれません。

コミュニケーションのパターンや、自分の価値観や考え方が、職場での人間関係に影響して居づらくなったのかもしれませんね。

あるいは、仕事の目的、人生の目的と合わないことを繰り返しているのかもしれません。

そうなると「自分にはこれしかできない」という思い込みで同じような職種を繰り返していても、

その仕事を続けるのがつらくなってしまいます。

やみくもに今の状態をひっくり返して変えてみる、というよりも

今の問題の中のどのパターンが状況をうまくいかなくしているのか、

どのパターンをどんな風に変えていくといいのか、

ピンポイントで見極めていく方が、解決は早いです。

もし、「また、こんな風になっちゃった・・・」と同じパターンになったことを見つけたとしたら

それは、今までのパターンを変えるチャンスです。

ただ、パターンは無意識に繰り返されるものです。

だから、あなたの無意識としっかりコミュニケーションを取りながら進めていきましょうね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「常識で考えると、ありえない」・・・本当にそうですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

先週、長崎に帰っていたときに、子どもたちのリクエストで

西坂公園にある「日本二十六聖人殉教地」に行ってきました。

ここは長崎駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

子どもの頃に住んでいた所の近くでもあり、特に観光地という意識もなく^^;

そういえば、今まで子どもたちを連れてきたことはなかったなあ、と気づきました。

26人の記念碑があるだけだと思っていたのですが、

0112-1

実はその裏側が、26聖人が捉えられた京都から長崎までの道のりを描いた作品になっていたり

残されたクスノキの根本に、隠れキリシタンの住まいの様子のミニチュアが作られていたり

0112-3

そして、当時の資料や歴史などがわかる「日本二十六聖人記念聖堂」もありました。

裏にこんな見ごたえのあるものがたくさんあったなんて!

知っているようでまだまだ知らない長崎があるんだなあと感じました。

そして、キリスト教を禁じられ、キリスト教徒が迫害されていた時代はたしかにあったのに

今や自由に信仰でき、キリスト教徒でなくても教会で結婚式をあげたり、クリスマスを楽しんだりする時代になりました。

時代によって、同じことが悪と見なされたり、奨励されたり。

信じてはいけないと言われたり、信じることを強要されたり。

私たちが普段なにげなく使っている

「常識で考えると、ありえない」

「ふつう、そうでしょ」

「~しないなんて信じられない!」

そんな価値観や常識も、時代や場所が変わると、いとも簡単に変わってしまうこともあるんですね。

だから。

「こんなことする夫は最低!」というあなたの価値観も

「こんなこともできないおまえは、ダメなやつだ」という夫の判断も

それは、絶対的な価値でも判断でもないし

すべての人が同じように感じるわけでもないということです。

だから、あなたの価値観の通りにならない相手を、あきらめなくても大丈夫。

そして、誰かの考える理想にあなたが当てはまらなくても、自分を責める必要はないんです。

あなたを縛っている価値観や枠組みを外してみること。

そうすると、きっと今までとは違う世界が見えるはずです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

あなたの未来は、あなたが選ぶことができます

こんにちは。松尾 聡子です。

みなさま、年末年始はいかがお過ごしでしたか?

そろそろお仕事が始まっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

私は今、父の四十九日で長崎に帰ってきています。

昨年のお正月は当たり前のように父がいて、みんなでワイワイと過ごしていました。

まさか1年後にこんなふうになっているなんて、本当に人生ってわからないものですね。

でも、どんなふうに変わっていこうと、そこに無駄なものは何もないと思っています。

つらいことも、悲しいことも、大変なことも、きっとそこには何か学びがあるんじゃないかなって。

そして、つらさや悲しさが大きければ大きいほど、そこからの学びも大きいはず。

だから。

今、まさに夫婦関係で悩んでいたり、仕事のことや人生のことで悩んでいたりしていても

それはきっと、これからの人生をステキに変えていくために、

何かとても大事なことを教えてくれているサインなんだと思います。

ただ、そのサインを見逃してしまうのか、しっかりと受け取って自分の人生の糧にするのか

それを選ぶのはあなた自身です。

来年のお正月に、あなたが笑顔でいられるように

そして、あなたのまわりの大事な人たちも笑顔でいられるように

あなたの心のサインと、今年はしっかりと向き合ってみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

あなたは1年を振り返る派?振り返らない派?

こんにちは。松尾 聡子です。

いよいよ明日は大晦日ですね。

みなさん、いかがおすごしでしょうか。

毎年、この時期になると、今年1年をじっくりと振り返る人、

過去は振り返ってもしょうがないから振り返らない!という人、

いろいろな考え方が見えて面白いです。

ちなみに私は、昔は振り返るのが大好きでした^^

最近は、以前のようにじっくり振り返ることはしなくなりましたが、軽く振り返るようにはしています。

今年が始まった時に自分が考えていたこと、感じていたこと、できていたこと、できていなかったこと

それが、今、どんな風に変化したかなあと見直してみると

毎日、わたわたと忙しさに紛れて過ごしていただけだったような日々に見えていたのが

「そういえば、こういうことができるようになってる!」とか

「1年前はこんな仕事までしてると思わなかったなあ」とか

「この時は辛かったけど、こういう経験ができたのは、これからの私にとってよかったな」とか

意外と実りの多い1年だったというのを実感できて、嬉しくなります^^

なんとなく過ぎてしまう時の流れの中で、

確かに1年前の自分にはなかった経験値、スキル、人間関係・・・

そういうものを、たくさんたくさん、得ることができたんだなあと確認すること。

こんなふうに「意識化」する時間を持つのもステキだなと思います。

さて、みなさんは1年前の自分になくて、今の自分にはあるもの、どんなものが見つかりましたか?

そして、1年後には、さらにどんなものを身につけているんでしょうね。

他人と比べるのではなく、自分の時間軸で比べてみること。

オススメです^^

今年もこのブログやメルマガを読んでくださったみなさま、本当にありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

実はそこに、夫婦関係を変える大きなヒントがあります

こんにちは。松尾 聡子です。

自分が育った家庭環境、特に親との関係って、その後の自分の人生に大きな影響を及ぼします。

基本的な考え方や価値観、人との関わり方にも関係してくるからです。

つまり、夫婦関係や親子関係にも影響してきます。

そのため、カウンセリングでは夫婦関係のお悩みをうかがう中で、

育った環境やクライアントさまとそのご両親との関係をうかがうことも多いです。

実は、そこに夫婦関係を変えていく大きなヒントがあったりするんですね。

たとえば、親との関係で満たされなかったものを、夫に過剰に求めていたり。

ご両親の夫婦関係の在り方を、自分と夫の関係にそっくりそのまま投影していたり。

親からの愛情を受け取れなかったことで、自分も夫からの愛情を素直に受け取れなくなっていたり。

すっかり大人になって、親から独立していたとしても

小さな子どもの頃に感じたこと、学習したことって、大人になっても根付いていたりします。

だから、そこを癒してあげて、解決してあげることがとっても大事なんです。

それによって、夫婦の関係や、自分と子どもとの関係も自然と変わってくるんですね。

不思議ですね^^

もしも今、夫婦関係や親子関係でつまづいていたり、なんとなく生きづらさを抱えているとしたら

過去、あるいは現在の「自分と親との関係」を見直してみるチャンスかもしれません。

「もしかして、私もそうなのかな?」と思った方は、まずはお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「正しいことが正解じゃない」そんなこともあります

こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセリングをしていると、夫婦の関係って不思議だなあと思うことがあります。

たとえば「正しいことが正解じゃない」ということ。

ケンカをしていて、ひどいことを言われた。

夫に浮気された。

すごくすごく傷ついて、絶対に許せない!許しちゃいけない!

あの時に傷ついた自分のためにも許しちゃいけない。

それに、ひどいこと言ったり浮気したりしたことを許すのは正しくない。

でも、時が経って、たくさん話し合いをして、謝ってもらって

心の奥では許しちゃってたりするんです。

だけど、許しちゃう自分が許せない。

そんなこともあります。

逆に、自分が夫にひどいこと言ったり、浮気したりしたことがあって。

夫のことをずいぶん傷つけたし、離婚するとも言われた。

でも、夫はそんな自分のことを許してくれた。

また、家族で仲良くやっていこうと笑ってくれる。

だけど、私が自分を許せない。

あんなひどいことしたのに、夫に許されるなんて、そんなの正しくない!


許される自分を、自分だけは許しちゃいけない。

そんなこともあります。

常識的、倫理的に考えると、許せないこと、正しくないこと、たくさんあります。

でも、夫婦で大事なのは、正しいか正しくないかではなくて、今の二人の気持ちです。

自分の中の価値観や常識の枠から自由になって、

自分の気持ちを素直に受け止めることができるようになると

そこから、今まで見えなかった新しい未来が見えてきます。

枠組みを外した先にある、新しい夫婦の未来を見てみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

自分のことを否定的に見ている相手への対処法

こんにちは。松尾 聡子です。

人間関係で「たぶん、相手は自分のことを否定的に見ているだろうな」ということ、ありませんか?

たとえば「夫は私が言うことは全部くだらないと思ってる」という状態の場合、

ふだんの何気ない会話でも「また否定される」と思うと、話す気がなくなってしまいます。

お姑さんが自分の料理を気に入らないのを知ってしまい、

それ以来、夫の実家で料理をするのが気が重くなってしまったり。

仕事でも、上司や取引先などから「使えないヤツだ」と思われてると感じると、

緊張してますますミスしてしまったり。

自分を否定されているように感じる場所で過ごすのは、とてもストレスです。

気が付くと、いつも相手の顔色を伺うようになっていたり、

相手の反応ばかりが気になってしまったり。

そうなると、ますます萎縮しちゃってうまくできなくなってしまい、さらに相手からの評価が下がってしまう。

どんどん自信もなくしてしまいます(>_<)  

「気にしないようにしよう」と自分に言い聞かせても、なかなか気にしないようにはできません。

だって、相手がどう思っているのかわからないのですから、それを見極めるためにも相手の表情や言葉が気になるのはしょうがないんです。

そうです。

相手がどう思っているかなんて、わからないんです。

何をやっても否定的に見るかもしれないし

自分が思っているほど、否定的に見てないかもしれない。

こちらにも相手に対する先入観がありますから

相手の本当のところの気持ちを見極めるのは、意外とむずかしいんですね。

だから、そういう時は相手がどう思っているか見極めることを「あきらめちゃう」のが一番です^^

そして、相手がどう思うかは関係なく、自分ができる最高のパフォーマンスをすることだけを考えてみましょう。

もしかしたら、結局はあなたがどんなにいいことを言っても、おいしい料理をつくっても、すばらしい仕事をしても、相手は文句を言うかもしれません。

それなら、そんな人にほめてもらうことばかりを考えてオドオドするなんて、もったいないです。

自分で自分をほめてあげられれば、自信をなくしてしまうことはありません。

そして、自分に自信をもって、自分が思う最高のパフォーマンスを発揮していれば。

いつのまにか、周りの反応も変わってくるはずです。

夫婦関係の問題は、他の対人関係の問題とも重なる部分が多いです。

まとめて解決しちゃいましょうね^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

最近、心から笑ったり、泣いたりしたことありますか?

こんにちは。松尾聡子です。

最近、心から笑ったり、泣いたりしたことってありますか?

つらいこと、悲しいことをガマンするのが、当たり前になってしまって。

いつの間にか、声を出して笑っていることがない。

涙も出ない。

そんな毎日になってしまっていることにすら、気づいていなかったりしてませんか?

夫の心ない言葉。

大事にされていないと感じる態度。

見下されたような視線。

悔しくって、悲しくて、はがゆくて、頭にくるけれど

言ってもどうしようもない虚しさに

自分を大事にすることを少しずつあきらめてしまった。

生活を守るために、子どもから父親を奪わないために。

自分のつらい気持ちに蓋をしてきたのかもしれません。

でも、あなたがあなたの心の「つらい」に気づいてあげることができた時に。

自分のために涙を流せた時に。

出口への一歩を踏み出せるはずです。

もう、出口なんてないのかもしれないと思っているあなたが

自分のために笑って、泣ける日を取り戻すお手伝いをしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫のことを好きかどうか、わからなくなってしまいました」

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫のことを好きかどうか、わからなくなってしまいました」

カウンセリングのご相談で、とてもよく聞くお悩みです。

最初は夫を嫌いなわけじゃない、ただセックスしたくないだけと思っていたのだと思います。

でも、夫からいつ誘われるかビクビクしている毎日に、一緒にいるのがつらくなってしまったり。

できないことで責められるうちに、自分の欲望ばかりでこちらの気持ちを考えてくれない夫にウンザリしてしまったり。

そのうちに、ますます「夫とセックスしたくない」気持ちが強くなってきて。

「今はもう、夫のことを好きだと自信を持って言えないかも・・・」という気持ちになってしまうこと、多いです。

好きでもない人と、無理してガマンして一緒にいる必要ってあるのかな。

それなら、お互いに別の人生をのびのび歩んでいく方がいいんじゃないかな。

そう思うこともあるかもしれません。

でも、「夫のことを『好き』と自信を持って言えない」という今の状態は

「夫のことを自信を持って『嫌い』とも言えない」ということですよね^^

本当に自信満々で嫌いだったら、そんなに悩まないんじゃないかな、と思うんです。

離婚や家庭内別居など、それぞれの状況に応じた方法で、次の人生に向かって歩き出せるはずです。

悩むということは、きっとそこに「解決した方がいい『何か』があるんだよ」というサインじゃないかなと思います。

人間的には好きなのに、セックスレスが原因で普段のコミュニケーションがギスギスしたものになっているのであれば。

ギスギスしたコミュニケーションのパターンを変えてみることで、「嫌いかも」の原因も変わってくるかもしれません。

忙しい毎日で、心と身体が疲れてしまって、セックスする気持ちになれなくなっていたら。

今の仕事や暮らしのあり方や家事の分担などを見直すことが、将来の温かな家庭を作る基盤になってくれるかもしれません。

「嫌いかもしれないから、もういいや!」と諦めてしまう前に。


「もしかしたら嫌いかも」が教えてくれるものは何か、一緒に見つけてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子