「前に進むためには、忘れなくてはいけない」ですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は3月11日。

東日本大震災から5年が経ちました。

あの日と同じ金曜日ということで、より強くいろいろな想いを感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

今朝のテレビで、震災でお父さんを亡くした女の子のインタビューを見ました。

自分を探しに家に戻ったお父さんが、津波の被害に遭ってしまったそうです。

女の子は自分のせいではないかと、あれから5年間、自分を責め続けています。

でも、前に進むためには、もう忘れなくてはいけない。

わかっているけれど、忘れてはいけない気がするし、忘れられない。

「どうしていいかわからなくて、頭がパンクしそう」と言っていました。

はたから見たら

「しょうがないよ。どうしようもなかったんだよ。あなたのせいじゃない」

と思うかもしれません。

彼女もきっと、頭ではわかっているんだと思います。

でも、心がどうしても自分を責めてしまう。

私が彼女の立場でも、やっぱり自分を責めてしまうと思います。

理屈や常識では解決できない、自分ではコントロールできない気持ちがある。

だから、人は悩むし、苦しいんですよね。

震災の事実は消えません。

お父さんが自分を探しにいって亡くなった事実も消えません。

でも、それを忘れたくないのに忘れる必要もないと思います。

だって、お父さんが愛してくれていたことも忘れてしまうことになるから。

きっと、あの出来事の中には、彼女がこれから生きていくための大切な事実もたくさんつまっているはずです。

ただ、今は自分を責める気持ちと悲しみが大きすぎて、見えなくなっているだけなのかもしれません。

それが見つかったとき、つらい思い出は大切な思い出になるはずです。

そして、これから生きていく力に変わるはずです。

だから、前を向いていくために、忘れたくないことは忘れなくて大丈夫。

忘れなくても、きっと前を向いて歩いていけます。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「いきなり傘を蹴られて、すごくイヤな気持ちになりました」

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日はチェンジファシリテーター初級コースのスタッフのお仕事でした。

受講生の方からこんなお話を聞いたので、ご紹介しますね。

先日、雨だったので傘を持って電車に乗っていたんです。

そうしたら、隣に立っていた30代くらいの男性に、いきなり傘を蹴られたんです!

たぶん、傘がその人の足に当たったんだと思います。

でも、通勤電車で混んでいて避けようがなかったし、まだ雨も降ってなかったから傘も濡れてなかったのに。

もう、すっごくイヤな気持ちになりました。

でも、このイヤな気持ちのまま一日すごすのは、もっとイヤだなと思ったんです。

そこで、自分でトラウマケアができる簡単なワークをその場でやってみました。

すると、傘を蹴られたことも、その男性のことも「どうでもいいや!」という気持ちになったんです^^

その出来事もとくに思い出すこともなく、普通に過ごすことができました。

これからイヤなことがあっても、私にはこのワークがあれば大丈夫!と思うと、心強くなりました。

 

よかったですね^^

自分は悪くないのに、他人にイヤな思いをさせられたり、理不尽な思いをしたりすることってありますよね。

そのせいで、その日は一日中やりきれない思いを引きずったり、イライラしてしまったり。

そんなときに、サクッと気持ちを切り替えて、イヤな気持ちをサヨナラできるとラクチンです♪

Yさんが行ったのは、ほんの数分でできる目の動きを使ったワークです。

私もカウンセリングで使っています。

夫に言われたイヤな一言が忘れられなくてつらい・・・

そんな、忘れたいのに忘れられないイヤな感情を切り離してくれます。

やり方さえ覚えてしまうと、Yさんみたいに自分で行うこともできますよ^^

イヤな記憶やトラウマでつらい方は、まずはカウンセリングで私と一緒に体感してみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ストレス・トラウマ・恐怖症を克服しませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日はチェンジファシリテーター初級コースのスタッフのお仕事でした。

テーマは「ストレス・トラウマ・恐怖症の克服」です。

性的なトラウマや恐怖症をお持ちの方。

夫から言われて傷ついた一言が忘れられずに苦しんでいる方。

忙しい毎日なのに、夫から求められるストレスに疲れ果てている方・・・

私のカウンセリングでも、よく扱うテーマです。

さて、今回はナマコ恐怖症を克服させていただきました^^

もともと、ナマコが苦手だったのが、最近、ナマコのイヤな話を聞いて、苦手度がアップしてしまったそうです(>_<)  

それまでは「ナマコ」と聞くだけでも身震いしていました。

それが、ワーク後はナマコの写真を見てもイヤな感じはしなくなりました。

そして、なんと!

ランチの沖縄料理店で、今までは「なんとなく見た目がナマコっぽい」と感じて避けていた「ゴーヤチャンプルー」を注文したんです。

「おいしそうだなあ」と思って、食べたくなったそうです。

実際、食後は「おいしかった♪」とニコニコでした。

イヤだな、苦手だな、怖いな、という気持ちがあると、自然とそれを避ける行動をしてしまいます。

そうすると、なんとなく自分の行動が制限されてしまうんですね。

でも、恐怖症がなくなると、こんなふうに世界が広がるということがわかりました。

この方は、沖縄料理店でもいつも唐揚げ定食を食べていましたが、これでメニュー選びの幅が広がりましたね^^

こんなふうに「ナマコが怖い」から「夫のキスが嫌い」まで、恐怖症やトラウマは様々な場面で出てきます。

あなたも、恐怖症やトラウマを克服して、もっと自由にのびのびと暮らしてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

つらい思い出を再体験しなくても、トラウマは解消できます

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日のブログでも触れたあさイチのモラハラ夫の特集。

番組の中で、視聴者の方から

「モラハラ夫と別れたけれど、思い出すとつらく、今でも男性が怖い」というFAXがありました。

繰り返し受けた心の傷みが、ふとした瞬間によみがえる。

そして、すべての男性がモラハラをするわけではないと頭ではわかっていても、どうしても恐怖を感じてしまう。

モラハラを受け続けた出来事が、トラウマになってしまったんですね。

番組では、

「カウンセリングなどで、心に蓋をしないですべて話す」

「心療内科などで薬物療法を受けることもできる」

という治療法が紹介されていました。

ただ、過去のつらい出来事をもう一度思い出したり、言葉にしたりするのが、とてもつらい場合もありますよね。

でも、このつらい思いとサヨナラして、新しい人生を歩いていきたい・・・

そんなふうに感じている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

私がカウンセリングで使っているニューコードNLPという方法では、つらい思い出を再体験しなくても、トラウマを解消することができます。

これ以上、心にダメージを与えなくても、今のつらさとサヨナラできるんです。

もちろん、お薬を飲まなくても大丈夫です^^

トラウマをラクに解消して、前に進みたいあなたをサポートします。

一人ぼっちで溺れた恐怖が、愛されて守られていた記憶に変わりました

こんにちは。松尾 聡子です。

過去のつらい思い出がトラウマになってしまうこと、ありますよね。

小学生のときにいじめにあって以来、人付き合いが怖くなってしまった。

子どもの頃のお父さんのきつい一言に自信を失ってしまった。

事故の映像を見てから、車に乗れなくなってしまった。

そんなトラウマや恐怖症は、どうしようもないとあきらめているかもしれません。

でも、それがたった1回のカウンセリングで解決することがあるんですよ^^

私がスタッフとして参加しているニューコードNLPの授業で、先日、受講生のMさんの「水が怖い」という課題に取り組みました。

Mさんは子どものころ、家族で海に行って溺れてしまったことがあったそうです。

「お父さんもお母さんも小さな弟に気を取られている間に、僕が浮き輪ごと波にひっくり返されてしまったんです」

一人ぼっちで波にさらわれてしまった恐怖が、トラウマになっていたんですね。

そこで、「トラウマキュア」というワークを行いました。

すると、今まで忘れていた大切な記憶が戻ってきたんです。

それは、溺れたときに、すぐにお父さんとお母さんが助けてくれたこと。

お父さんもお母さんも弟のそばにいたけれど、ずっとMさんから目を離さず、見守ってくれていたんです。

すっかり忘れていた記憶を思い出したとき。

一人ぼっちで溺れた恐怖は、お父さんとお母さんに愛されて守られていた記憶に変わりました。

Mさんは、冷たい水が顔にかかるのが怖くて、いつもお湯で顔を洗っていたそうです。

「今日は、水で顔を洗ってみようと思います」

と、笑顔で語ってくれました。

あなたも、こんな体験をしてみませんか?

なぜか過去のイヤな出来事がよみがえってしまう時

こんにちは。松尾 聡子です。

全然関係がないことで、イヤな思いがよみがえって気持ちが固まってしまう。

そんなこと、ありませんか?

たとえば、夫に触れられると、なぜか小学校時代に先生に叱られたことを思い出してイラッとする。

夫と、小学校時代の先生のことは、まったく関係ないのに^^;

なんなんだろう?と思っちゃいますよね。

心って、ほんとに不思議です。

理由はいろいろ考えられます。

もしかしたら、先生に肩を小突かれたときの感覚を思い出すのかもしれません。

夫の声の雰囲気が、なんとなく先生と似ていて、先生との強烈な思い出につながったのかもしれません。

先生に叱られたときの、イラッとした感情、怒り、悔しさ、悲しみが一瞬のうちに呼び起される状態。

いわゆる、トラウマになっているんですね。

とは言うものの、先生に叱られた「経験」は、もしかしたらその後の人生にとって大切な学びの一つになっているのかもしれません。

たとえば、「やっぱり、規則は守った方がいいんだな」とか「あんな思いをしないように、自分が悪かったときは素直に謝ろう」とか。

でも、その時の「感情」は、今のあなたの生活にとって必要ではありませんよね。

特に、旦那さまとのスキンシップのときには、まったく必要のないものです。

先生に叱られたという「記憶」は消えませんが、それに結びつく「感情」は消すことができます。

そうすると、先生に叱られた「経験」は、ただの事実となり、トラウマではなくなります。

現実に結びつく感情を消すことで、トラウマはトラウマでなくなるんですね。

そうなったとき、次に旦那さまがあなたに触れたときには、今までとは違うパターンが生まれるはずです。

いらないトラウマは消してみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子