我慢スタンプ、貯めていませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫婦というものは他人同士が一緒に暮らすものだから、我慢や忍耐が必要なものだ」

と、聞いたことがある方も多いと思います。

お互いの我慢や忍耐の上に夫婦の幸せがあるとか、

どれだけ妥協できるかが大事だ、とか。

結婚というものが「我慢・忍耐・妥協」だとしたら

あまりステキなものではないなあ、と私は思ったのですが、いかがですか?

「セックスしたくない」の気持ちを我慢することで

どんどんセックスに対する「イヤ」や夫に対する「イヤ」を育てる、ということは

このブログでもさんざんお伝えしています。

自分にイヤなことを我慢させる相手のことを、私たちは好きになれるわけがないし

そういう相手を距離を取りたくなるのは自然な反応だからです。

そして、これはセックスに限らず普段の生活でもそうですよね。

・急に怒鳴ったり、物に当たる夫、

・頼りにしたいときに、頼りにならない夫、

・家族のことより自分優先の夫、

・相談してもいつも他人事な夫・・・

 


そういう夫に対して不満や虚しさを持ったとしても

「他人なんだからしょうがない」

「私の我慢が足りないんだ」

「なんとかやり過ごせば、離婚は避けられる」

そういう我慢や妥協は、自分の気持ちを大事にしないことの積み重ねで

それが、自己肯定感をどんどん下げてしまうし

そして、そうさせる相手のことをどんどん嫌いになっちゃうんですね。


ところで、お買い物の時にもらうスタンプカード、お持ちですか?

金額に応じて、スタンプを押してもらい、一定のスタンプが貯まると賞金や景品に交換してもらえるものです。

私たちが一つ我慢をするたびにスタンプが一つ貯まります。

そして、スタンプがいっぱいになると

「これだけ我慢したんだからもうご褒美をもらってもいいでしょう」と思います。

ご褒美は、我慢することから解放されてラクになることです。

たとえば、「もう、いい加減にして!」と感情を爆発させたり。

離婚する意思が固まったり。

身体の病気や心の病気になってしまったり。

スタンプが貯まった時の心と身体は

もう、そうするしかない状態にまで追い詰められていることがほとんどです。

つまり、スタンプを貯めることで得るラクは、心や身体、家庭の平安を壊すことになります。

リスクが大きいです(>_<) でも、その時、その時の我慢を解決することでスタンプを貯める必要はなくなるし
何より、我慢せずにスッキリと毎日を過ごすことができます。

我慢や妥協でスタンプを貯めずに

あなたも夫もご機嫌で過ごす時間が増えるプログラムを作りました。

もうこれ以上、1つでもスタンプを貯めたくない方は、

こちらにご登録してお待ちください。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「うまくいかないなあ」と思えたことも

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今、長崎に帰る飛行機の中で書いています。

雲の絨毯がとてもきれいです。

前回は、長崎に残してきた娘が急にインフルエンザになってしまい、

途中で長崎に戻るという事態になってしまったため

こうして、東京でのお仕事を最後まで予定通りに行うことができたことに

とてもありがたいし、幸せだなあとしみじみ感じています。

また、不思議なことに

先月のカウンセリングの予定を今月に変えていただいたクライアントさまにとって

結果的に、それがとても良かったことにもなり^^

出来事にはすべてちゃんと意味があるし

「うまくいかないなあ」と思えたことも

さらに良い結果につながるきっかけになる、ということもあると

改めて再確認できました。

あなたの今の悩みやモヤモヤも、

「あの時の苦しみがあったから、今の幸せがあるんだなあ」と思えるようにすることは

きっとできると信じています。

ただ、そうするかしないかは、自分次第です。

あなたの今の苦しみや悩みを、将来の幸せの種に変えてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

がんばってるのに、なかなかうまくいかない時の解決法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

長崎は昨日でランタンフェスティバルも終わり、私は今日から東京です。

飛行機から見た東京の風景です。

明日はエリクソン催眠講座、明後日からは対面カウンセリングです。

お会いできるみなさま、よろしくお願いします^^

* * * * *

さて、こうして生きていると、なかなかうまくいかないことがありますよね。

ギスギスしている夫との関係を良くしようと話しかけても、なんだか裏目に出てしまったり。

アルバイトの面接に、ことごとく落ちてしまったり。

なぜかママ友の輪に入れずに、いつも孤立してしまったり。

そんな時に、自分を振り返ることはとても大事です。

自分に何が足りないのか、何ができていなかったのか、

それがわかれば、それをすることで状況は改善するかもしれません。

でも、そうやって考えたり、頑張ってみたりしても

なかなかうまくいかない時もあります。

成果が出ないと、だんだんと心も疲れてしまいますよね。

そんな時は、自分が「できていないこと」ではなくて、

「すでにできていること」「自分にできること」に目を向けるのがオススメです。

だって、「自分に足りないこと」「できていないこと」をできるようにするのは大変ですが

もともと自分ができていることをやっていくのは、ラクにできます^^

たとえば、アルバイトが決まらない時に、

経験不足とか、ブランクがあるとか、年齢とか、ハキハキした受け答えとか、

足りないことはもちろんあると思います。

そんな中でも、自分にできること、できていることに目を向けてみると

経験が足りなくても、この仕事がしたいという熱意を丁寧に伝えることができる、とか

それほど経験を必要としないところを探してみる、とか

ハキハキできないけれど、コツコツとした事務仕事は得意だから、そういう仕事を探してみよう、とか

面接で落ちた帰りは落ち込むけど、家に帰って家族といるときは、家族との時間を楽しむことができる、とか。

出来事に対して、どんなふうにとらえるか、それは自分で決めることができます。

うまくいかない時こそ、自分ができること探しをして、どんどんやっていきましょう^^

夫婦関係で、できることが見つからない・・・というときはこちらで一緒に探しましょうね。

夫婦関係のヒントはこちらでも。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「当たり前のこと」ができないほど、大変なことが起こっている

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、年末年始のこの時期は、夫婦で過ごす時間が増えますね。

誘われないように気を張ったり、断った後の不機嫌な夫に不安になったり。

そんな時間が増える時期でもあります。

誘われたらどうしようと気を張ったり、断った後に不安になったりするのは

断ることに罪悪感があるからです。

そして、その罪悪感を生み出すのは「夫婦なんだから、するべきだ」という

多くの人が考える「夫婦のあるべき姿」です。

あるべき姿でなくなると、不安になります。

そうなると、

「するべきなのに、しないのはおかしい」
「イヤだという気持ちは、なくすべきだ」

と思うし、

できないこと、したくない気持ちは「持ってはいけない気持ち」になります。

持ってはいけない気持ちを持っていると罪悪感が生まれるのは当然ですよね。

では、ちょっとここで、不登校の子どものことを考えてみましょうか。

「子どもは学校に通うべきだ」と、これも子どものあるべき姿です。

なので、学校に行きたくない、行けない子どもに対して

周りの大人は学校に行かせようとするし、子ども自身も行けない自分を責めたりします。

でも、行きたくない子どもを引きずって無理やり学校に行かせても何も解決はしません。

行けなくなったのには、必ず理由があります。

いじめなど、友だち関係がうまくいってないのかもしれないし

先生との関係に問題があるのかもしれません。

あるいは、親との関係が影響しているかもしれないし

勉強や進路のことでつらくなったのかもしれないし

自分に自信がなくて、人と関わること自体が苦痛になったのかもしれません。

そういう問題を見ないで「子どもは学校に行くものなんだ!」と無理やり行かせても

子どものつらさが増すばかりで何も解決しないのは、今はよく知られていることですね。

学校に行けなくなることも、セックスできなくなることも

できなくなった、何かしらの大事な理由があって

その理由を教えてくれる「現象」なんです。

子どもが学校に行くことも、夫婦がセックスすることも

「当たり前のこと」と思われています。

その「当たり前のこと」ができないのがおかしい、と責めるのではなく

「当たり前のこと」ができないほど大変なことが起こっている、と考えてくださいね。

だから、誰からも責められる必要はないし

もちろん、自分でも自分を責めなくて大丈夫。

自分を責めるエネルギーは、大変なことを解決するエネルギーに変えることができること。

どうぞ忘れないでいてくださいね。

年末年始、つらい時にこちらもオススメです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

本を読んでも解決できない悩み

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日は長崎サロン「Le Port(ル・ポール)」でホームページの打ち合わせを行いました。

ほぼ完成なのですが、もう少し自分で手をいれたいところがあるので

お披露目はもう少しお待ちください^^

実はホームページも最初は自分で作ろうと思ってたんです。

今年のお正月から、ひそかにホームページ作りに取り掛かっていたわけですが

まず、操作を覚えるのに一苦労(>_<)

時間ばかりかかって、自分がイメージするようなデザインからは程遠い・・・

「これでは、いつまで経ってもホームページはできない!」

と腹をくくって、制作会社に依頼しました。

プロにお願いしてみると、デザインやテイスト、仕様は私の希望をすべてお伝えして

私は本当に伝えたい文章を書くことに専念することができました。

また、プロの目線から、

「ここはこうした方がいいですよ」とか
「ここにリンクを入れましょう」とか

私が思いつかなかったアイディアをどんどん提案していただいて。

もっと早くお願いすればよかったなあと実感しています。

心のお悩みも同じです

たとえば

・本を読んだり
・テレビや雑誌のお悩み相談を参考にしたり
・ひとりで悶々と自分の心の向き合ったり

それによって解決策を見つけることもできます。

でも、やっぱり時間がかかります。

本を読んだり、他の人の相談を参考にしたりしても

状況や悩みの内容が自分とピッタリではないので

心から腑に落ちるということが、なかなかできません。

私も、自分が悩んでいたときに、延々と考え込んだり、本を読んだりしていましたが

結局「こうしなければ」と自分の心に添わないことを自分に言い聞かせるだけだったり

他の人のうまくいった方法が自分にはうまくいかなくて、さらに落ち込んだり。

そんな繰り返しでした。

自分でいろいろやってみたけれど、うまくいかないとき

そんなときは、自分の中にない新しい視点が必要なときです。

だから、他の人の手を借りて、新しい視点から、さくっと解決しちゃうのがいいんじゃないかなと思います^^

私がこれまで行ってきたたくさんのカウンセリングの経験と

時間をかけて学んできた心の勉強で得た知識や技術について

あなたも同じだけの時間やお金をかける必要はありません。

私が持っているものを、あなたが笑顔で暮らせる毎日にするために使っていただけたら、私も嬉しいです^^

これまでのカウンセリングでも実証済みの「断り方」です。

夫から誘われることにビクビクしている毎日を送っている方は、ぜひいらしてくださいね。

セミナーの詳細はこちらです。

すぐにお申し込みされる方は、こちらからどうぞ。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

上手にクヨクヨする2つのコツ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

イヤなことやつらいことが起こったとき

さくっと気持ちを切り替えられると、とってもラクですが

なかなかそうできないことも多いですよね。

そして、いつまでもクヨクヨしている自分に対して、さらに自己嫌悪・・・

ということもあります。

実は、クヨクヨすることってそう悪いことばかりではありません。

人が気持ちを癒す上では、大事なプロセスの一つなんです。

イヤな出来事を何度も繰り返し思い出すことによって

受けたショックやダメージにだんだんと気持ちが慣れてきます。

そうすることで、思い出してもそれほどイヤな思いにならなくなったり

自分の中で「過去のできごとの一つ」に変化していったりします。

「あの時はすごくつらかったけど今になって思えば、そうでもなくなった」

そんな経験は、誰もが必ず一つや二つは持っているはずです。

だから、思う存分クヨクヨすることも心のためには大事です。

ただし、クヨクヨするときに注意することが2つあります。

1つは、クヨクヨしている自分を責めないこと。

クヨクヨ考えることは心を癒すステップなのだから

私は今、がんばってクヨクヨしてるんだ!

と、クヨクヨしている自分にエールを送るくらいでちょうどいいです^^

もう1つは、出来事の中の自分を責めないこと。

「どうしてできなかったんだろう」

「なんで、言えなかったんだろう」

「なぜ、あんなことしちゃったんだろう」

と、どんなに自分を責め続けても、過去に戻ってやり直すことはできません。

できなかったもどかしさ、

言えなかった悔しさ、

やってしまった後悔、

それは感じても大丈夫。

そこで、過去の自分を責めることではなく

次に同じようなことが起きたときにどうしたら、同じ思いを繰り返さないか、

それを考えることで、過去のすべての経験が

あなたにとってかけがえのない「学び」に変わります。

私自身の経験から言うと、ショックが大きければ大きいほど

そこから受け取る学びも大きかったなと思っています^^

クヨクヨの中にあるたくさんの学びを、あなたも受け取ってくださいね。

学びのヒントはこちらでもお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

私はガマンが足りなくて、わがままで、女としておかしいんだ・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦関係がうまくいかなくなるにつれて、自分に自信がなくなってしまうことがあります。

「夫婦なのにセックスできないなんて、おまえはおかしいよ」と責められたり。

「旦那さんがかわいそう。わがままじゃない?」とお友だちに言われてしまったり。

「結婚生活は忍耐なのよ。昔はもっと大変だった。あなたはガマンが足りない」と親に言われたり。

どうして私はできないんだろう。

私はガマンが足りなくて、わがままで、女としておかしいんだ・・・

そんなふうに感じることもあるかもしれません。

なんだか、自分の存在が全否定されているように感じて、つらくなってしまいますよね。

でも、ここでちょっと考えてみましょう。

「夫婦なのにセックスできない女はおかしい」と考えているのは、誰ですか?

あなたではなく、夫ですね。

それは、あくまでも夫の個人的な価値観です。

そういう価値観を持っている人もいるし、いない人もたくさんいます。

同じように、「セックスを拒否する妻はわがままである」というのも

「結婚生活は忍耐であり、ガマンするべきである」というのも、

あくまでも、お友だちやお母さんの価値観です。

それが全世界の人の価値観ではないし、あなたの価値観でもありません。

誰かの価値観に合わないから、自分はダメだということはないんですね。


大切なのは、あなたが何を望んでいて、あなたがどう考えているか、ということです。

あなたの価値は、自分で決めることができます。

誰かの価値観の中で生きるのではなく、自分の価値観を見つめてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

心のモヤモヤ、言葉にしてみませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

つらいことや悲しいことがあった時、

誰かに話すことで、気持ちが少し軽くなったりします。

それは、心の中のモヤモヤを言葉にすることで

「心の浄化」が起きる「カタルシス効果」もありますし

特につらいことや苦しいことは、自分で言葉にすることで

そのことに自分でも「慣れていく」という効果もあります。

これは、心理学では「馴化(じゅんか)」と呼ばれる心の働きです。

言葉にしないで、心の中でフタをしてしまうと

形にならないモヤモヤしたものがどんどん膨らんで

自分でも触れないような感じになること、ありませんか?

つらさや苦しさに対する反応に慣れることによって、

つらさや苦しさがだんだんと減ってきて

そうすることで、自分に余裕ができると

じゃあ、どうしようか、と対策を考える心の元気が生まれてくるんです。

と言っても、

「夫に触られた時に気持ち悪かった」とか

「夫とのセックスが苦痛で辛い」とか

なかなか人に言いづらいですよね^^;

そんなお話もできるセミナーをしようかな、と考えています。

セミナーに対するアンケートをこちらでやってますので、興味のある方はご登録しておいてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「私さえガマンすれば」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫とセックスしたくないのに、求められてつらいとき。

本当は断りたいけれど、断れないとき。

私さえガマンすれば、夫はゴキゲンでいてくれる。

ケンカしてイヤな雰囲気になることもない。

子どもに八つ当たりされることもない。

「私さえガマンすれば」と、耐えることもあると思います。

そもそも、日本人には「ガマンが美徳」という文化があるんですね。

離婚したいという女性が「ガマンが足りないんじゃないの」と言われたり。

仕事の接待がつらいという人が「接待も仕事のうちだ。みんなやってるんだからガマンしろ」と言われたり。

たぶん、そこでは「ガマンすること」と「がんばること」が混同されてるんだろうなと思います。

ガマンすることは、誰かひとりが自分の気持ちを押し殺して、ひたすら耐えることです。

そこには、現状を変えるということはなく

ただ、つらい状況が続くことを意味します。

離婚したいほどの結婚生活をただガマンしていても

夫婦の間は何も変わりません。

離婚したいほど、何がイヤなのか、何がつらいのか。

そこに向き合って、夫婦で解決に向けて「がんばる」ことは、

片方の「ガマン」で成り立つ結婚生活とは質がまったく違います。

「がんばる」ことをガマンに使うより

その「がんばる」をよりよい結婚生活を叶えるために使いませんか?

うんうん、そうしたいな!と思うあなたを応援しています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

調子よくやっていたのに、なぜかうまくいかなくなった時

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

暑い毎日がぶり返してきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

さて、調子よくやっていたのに、なぜかうまくいかなくなった・・・

そんなこと、ありますよね。

夫とのケンカが減って、いい感じで過ごしていたのに

なんだか最近、ちょっとしたことでまたぶつかるようになってしまったとか。

慣れた仕事で、スキルも上がって調子よくやっていたのに

最近、なぜかミスをしたり、クレームが続くようになったとか。

今まで頑張ってきて、やっとうまくいくようになったと思ったのに、

やっぱりまだ私はダメなのかな。

もう、イヤになっちゃった(>_<)

そんなふうに感じることもあるかもしれません。

実は、そのうまくいかない感じって、チャンスだったりします。

今までのやり方がうまくいかなくなったということは、

そこに何かしらの不具合が起きていて、それを教えてくれていることです。

あるいは、もうそのステージはクリアしたので

次のステージにステップアップするときなのかもしれません。

うまくいかない時に

「どうしてこうなったんだろう。もうイヤだ!」

と投げ出すこともできますが

「本当は、どうなったら良かったのかな」

「そうなれなかったのは、何が問題だったのかな」

と考えることで、そのときに解決するべき問題点が見つかります。

それが解決できると、さらに上のステップに進めるはずです。

今までのやり方が通用しなくなった時は

「あ、ステップアップのチャンスだ!」ということで

楽しみながら謎解きしてみてくださいね^^

こちらもそんな謎解きのヒントになると好評です。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子