人間関係で一番つらいこと

こんにちは。松尾 聡子です。

私たちが生きていく上で、人間関係の面で一番つらいこと、何だと思いますか?

仲間外れ、いじめ。

離婚、失恋。

つらいことって、いろいろあります。

でも、何よりも一番つらいのは、「無視」なんです。

存在を認められないこと、

自分は存在する価値がないと思わされること、

自分は誰からも大切に思われないこと。

それは、いじわるされることよりも、怒られることよりもつらいことです。

生きていく気力をなくしてしまうほど。

いじわるされたり、怒られたりすることは、少なくとも相手の存在を認めているということです。

だから、人は、自分は生きていてもいいんだって確認するためなら

人にイヤな思いをさせられても、その証拠を取りにいきます。

もしも、あなたのまわりに、

いつも嫌味なことを言って不愉快にさせてくる人や

ケンカをしかけてくる人がいたら、

それは、その人がそういう方法でしか、自分の存在を認めてもらう方法を知らないのかもしれません。

もしも、自分がいつもそういう接し方しかできないなら

あなたの心の中にも、そうするしか自分の存在を認めてもらう方法がなかったのかもしれません。

でも、幼い頃に身に付けたそういう方法は、大人になった今は、変えていくこともできます。

自分を悲しくすることなく、周りの誰かを傷つけることなく

自分に自分でOKを出せる人間関係の作り方、ちゃんとあります。

相手がそういう人でも、関わり方で変化を起こすこともできます。

だから、大丈夫です。

こちらでも、そういうお話をしていきますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「人と比べることをやめられなくてつらい」そんなあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

つい、人と比べて落ち込んでしまう、そんなことってありますよね。

「Aさんはいつもご主人と仲良くお買い物してる。それに比べてうちは・・・」

「どうしてうちの子は勉強ができないんだろう。幼なじみのBくんは勉強もできる上にサッカー部のキャプテンなのに」

「Cさんはスタイルもよくて仕事もできて、みんなに慕われてる。いつも人の顔色を見てビクビクしてる私とは大違い・・・」

容姿、能力、人脈、経済力、などなど、人と比べて落ち込むポイントはたくさんあります。

比べてもしょうがないとわかってる。

ナンバーワンよりオンリーワン。

うんうん、よーくわかってる。

比べることで、つらくなるだけだというのもわかってる。

それでも、比べることをやめられない。

だから、悩んでしまうんですよね。

では、比べることをやめられないのなら、比べる方向を変えてみましょうか。

自分を中心に、縦の軸と横の軸を十字に書いてみてくださいね。

横の軸は、他人との比較の軸です。

世の中にはいろんな人がいるので、横の軸で比較をしている限り、常に自分よりできる人の存在があります。

私が学校一、テニスが上手だったとしても

世の中にはプロの選手もいるし、世界的に活躍している人もいます。

そんな人と比べると「私はまだまだ下手」と思って当然です。

そこで、縦の軸です。

縦の軸は、自分の過去から現在、未来へと続く軸です。

1年前まではボールを追うので精一杯だったけれど

今は、ラリーを続けることができるようになった。

人見知りでPTAの役員が憂鬱だったけれど、半年経って、今は普通に挨拶ができるようになった。

そんなふうに、過去の自分と現在の自分を比べてみませんか?

そして、ちょっとでも過去の自分よりできていればOKです。

ゆっくりでも、少しでも、過去の自分と比べてアップしていることを見つけること。

そこに注目すること。

注目するところに、エネルギーは流れます。

どんどんエネルギーを注ぐと、進化がスピードアップするかもしれませんね^^

私も、昔は人と比べて落ち込んだり「私はダメな妻だ」って罪悪感を感じたりしていました。

そんなお話はこちらでお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

夫や子どもの欠点が目についてイライラするとき

こんにちは。松尾 聡子です。

穏やかな妻や母でありたいのに、

夫や子どもの欠点が目についてイライラすることってありますよね(>_<)

私もありますよ~。

たとえば、私の夫は「買いだめちゃん」なんです。

私は家にあまりモノを置きたくないので、必要最小限しか買わないのですが

夫はお買い物が大好きで、食べ物、飲み物、日用品など

まだ家にあるのに、すぐにたくさん買ってきます。

私は家にモノが増えるたびにイライラします!

さて、そんなときの解決法です。

まず、誰かの欠点だと思えてイライラするところを

それが役に立つ場面があるかな?と考えてみてくださいね。

たとえば、やんちゃで教室でいつも騒いでいて、先生から怒られてばかりの男の子3人組は

運動会や文化祭では場を盛り上げてくれる人気者かもしれません。

本ばかり読んで引っ込み思案が心配な女の子は

じっくりと腰を据えて取り組む研究職で成果を出すかもしれません。

ある状況では欠点と思えることも、別の状況では長所に変わることってあるんです。

というわけで、私も夫の買いだめ癖が役に立つ場面を考えてみました。

そして、見つけたのが「災害時」。

突然の災害に見舞われてしまったとき、もしかして孤立して救援物資が届かなくなったとしても

とりあえず、我が家はしばらく生きていけそうです。

なんだか、夫の困った「買いだめちゃん」が「生きる力」に思えてきました。

そうすると、あまりイライラもしなくなっちゃったんです^^

こんなふうに、誰かに対してイライラしたり不満を感じたとき

相手の欠点に思えることが、役に立つ状況を考えてみてくださいね。

そうすると、自分の気持ちが変わってくることに気が付くかもしれません。

こんな気持ちの切り替え方は、こちらでもお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「もう、これ以上、どうしていいかわからない……」

こんにちは。松尾 聡子です。

何度も夫婦で話し合いを重ねた。

役立ちそうな本も読んでみた。

お友だちや親に相談もした。

ありとあらゆることをやってみたけれど、うまくいかない。

もう、これ以上、どうしていいかわからない。

八方ふさがりのような気持ちになるときがあるかもしれません。

でも、これは全然八方ふさがりの状態ではないんです。

今までいろんなことをやってみたけれど、うまくいかなかったということは

今までとは違うやり方をやってみればいい、ということがわかったわけですね^^

夫婦で話し合っても、いつも堂々巡りだったとしたら

堂々巡りのパターンを変えることができます。

そもそも、話し合うこと自体がストレスになっている場合は、

話し合いではない他の方法が必要なのかもしれません。

人には、その時に解決できない悩みしか出てこないと言われています。

逆に言うと、今、抱えている悩みは「今のあなたには解決できる」ということです。

あなたが投げ出したり、逃げたり、あきらめたりしない限り、という条件付きですけれど。

だから、もし、今までのやり方で解決できなければ、他のやり方を試してみてくださいね。

まだまだできることは、たくさんあるはずです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「この悩みから抜け出せるときが来るのかな」と感じてしまうとき

こんにちは。松尾 聡子です。

とても深い悩みの中にいるとき

「ここから抜け出せるときが来るのかな」と感じてしまうことがあると思います。

あまりに悩みが大きくて、解決できそうにない。

このままずーっと、一生辛い日々が続くような気がする・・・

希望の見えない未来は、心をすり減らしてしまいます。

でも、私たちの心は、正確にいうと私たちの無意識は

今の自分に解決できない悩みは出してこないんです。

つまり、今、出てきている悩みというのは、今の自分に解決できる悩みなんです。

たとえば、最初は夫との関係に悩んでヘトヘトになっていた方が

カウンセリングで夫との仲がうまくいくようになって、毎日楽しく暮らせるようになると

今度は自分と親との問題に気がついたりします。

そして、それこそが夫との問題の根底にあるものとつながっていたりするんです。

でも、最初にカウンセリングに来た時は、心も身体も悩みに疲れてクタクタなので

親との問題という、自分がこれまで生きてきた人生、自分の軸とも関わる問題には、とてもとても立ち向かえないんですね。

まず、夫との問題が「その時の自分に解決できる問題」として現れて

それを解決することで、心と身体が元気になって、

そして、自分でも問題解決する力や経験値を身につけて

その結果「よし、そろそろ本丸の問題に向き合えるようになった!」と

無意識が判断して次の問題を出してくれるんです。

だから、逆に、今のあなたが抱えている問題は「今、解決できる問題」です。

解決できないということは、今までの対応のパターンや考え方を変える時期なのかもしれませんね。

うまくいかないときは、今までのやり方を変えるサインです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

自分でもどうしようもない気持ちに翻弄されているあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

大切な人や、かけがえのない存在をなくしてしまったとき、

とても大きな悲しみに包まれてしまいます。

悲しみを悲しみとして、しっかりと受け止めて感じること、

それが、悲しみを乗り越えて進むためにも大事なことです。

でも、あまりにもそれがつらいとき、

悲しみだけではない苦しさがあるとき、

そんなときは、その悲しみの奥に、本当の気持ちが隠れていることがあります。

そういう気持ちは、悲しみだけではないかもしれません。

たとえば怒りが収まらないとか、どうしても許せないとか、

自分ではコントロールできない強い気持ちが襲ってくるときは

その奥に、表面上で感じていることとは違う気持ちがあることが多いんです。

人の心の違和感や悩みは「意識で感じる気持ち」と「無意識で感じている気持ち」が違う場合に起こるからなんですね。

だから、自分ではどうしようもない気持ちに翻弄されているときは

心の奥に、ちゃんと気づいてあげなきゃいけない大切な気持ちがあるサインです。

もし、あなたがどうしようもない気持ちで苦しんでいるならば、

「その奥の本当の気持ちは何だろう?」

と自分に質問してみてくださいね。

実は、私もまさに先日、そういう体験をしました。

昨年末に亡くなった父への悲しみが時折襲ってきて、とてもつらくなってしまうことがあったんです。

私の悲しみの奥にあった気持ち、そこにちゃんと向き合うことで

今はとてもおだやかな気持ちになれました。

向き合うことは勇気がいるけれど、

向き合わずにずっと苦しい方がつらかったよなあ、と思います。

そういう私のお話は、こちらでも詳しくお伝えしています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

気持ちとはうらはらに、身体が言うことを聞いてくれないとき

こんにちは。松尾 聡子です。

気持ちとはうらはらに身体が言うことを聞いてくれないこと、ありますよね^^;

仕事しなくちゃ、と思っているのに、身体が動かない。

待ち合わせの時間になると、身体が重くなって憂鬱になる。

意識では「動かなきゃ」「行かなきゃ」と思うのに、身体が動かないとき、

そこには解決されないまま置き去りになった心があるのかもしれません。

たとえば

喜ばせようと思っていたのに、その気持ちを受け取ってもらえなかったり。

勇気を出して、自分の気持ちを伝えたのに、軽くあしらわれた気がしたり。

がんばったのに、認めてもらえなかったり、結果的にうまくいかなかったり。

意識では

「こんなこともあるさ」

「ま、しょうがないよね」

と思っていても、

その時の悲しさや怒りが納得できていないと

「また同じような目に会うかもしれないよ!」

「だから、行っちゃダメ!」

と、身体にブレーキをかけてしまうこともあるんです。

自分でも理由がわからない身体のだるさ、

しなくちゃいけないのに、どうしてもできないこと、

それは、無意識からのメッセージかもしれません。

無理やり「がんばらなきゃ!」「怠け者って思われないようにしよう」

と、無意識を叱咤激励するのではなく

置き去りにされた気持ちのメッセージをちゃんと受け取ることで

無理なく、自然に、そしてラクに、

身体が動くことができようになりますよ^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

嫌いな相手、憎い相手との関係を変える方法

こんにちは。松尾 聡子です。

カウンセラーとして、たくさんのクライアントさまとお会いすることを通して

本当にいろんなお悩みがあるし、

その背景や捉え方も様々だなあと感じています。

同じお悩みでも、それに対するアプローチやワークも人それぞれ。

だからこそ、

一人ひとりのクライアントさまに合ったアプローチやワークで、フレキシブルにサポートできるように

私も日々、心に関わるお勉強を続けています。

というわけで、

昨日は「ソーシャルパノラマ」というスキルのお勉強に行ってきました。

実際に私もクライアント役でワークをやってもらうので

お勉強しながら自分のモヤモヤも解決できて、楽しかったです^^

※右が私。お友だちのカウンセラー、斎藤典子さんにワークしてもらってます。

特におもしろかったのが「嫌いな相手、憎い相手との関係を変える」ワークです。

思い出すだけでイライラする人。

会うことを考えただけで憂鬱になる人。

前にひどいことをされて、今でも憎い気持ちが消えない人。

そんな人とこれからも接していかなくちゃいけないのは、かなりのストレスですよね。

あるいは、もう二度と会うことはない人だとしても

思い出すたびにイヤな気持ちやつらい気持ちになるのは、心の中に地雷を抱えているようなものです。

許そうと思っても、許せない。

忘れようと思っても、忘れられない。

気にしないようにしようと思っても、気になってしまう。

だからこそ、憎しみや嫌悪を持っていると、自分がつらくなってしまうんですね。

許さなくても、憎んでてもいい。

その上で、自分の気持ちがラクになって、相手との関係性が変わる。

そんなワークです。

嫌いな人、憎い人への気持ちを手放してみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

悩みが生まれてしまうとき

こんにちは。松尾 聡子です。

もやもや、不安、憂欝。

そんな悩みが生まれてしまうとき、

私たちはある状態になっています。

それは、過去のことか、未来のことを考えている状態です。

もう変えられない過去のこと、

そして、どうなるかわからない未来のこと、

そう、自分の力でどうしようもないことだからこそ

悶々と悩んだり、苦しい気持ちになってしまったりするんですね。

たとえば、過去に夫にされたイヤなこと、夫に言われたイヤな言葉。

思い出すとつらくて苦しくて怒りや嫌悪感がよみがえってしまうかもしれません。

でも、過去は変えられないけれど、

過去の出来事に対する見方や感じ方、意味付けを、今、変えることができます。

たとえば、今度いつ夫に求められるかと思うと不安で苦しくなる。

その時が来てしまうことを想像しただけで、今のこの瞬間が真っ暗に変わってしまう。

だけど、未来のことは超能力者ではない私たちにはわからないし、どうしようもありません。

でも、望む未来に変えるために、今、できることはあります。

どうすることもできない過去や未来について悩むより

今、できることをしてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

今、ガマンしていることはありますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

毎日、暑い日が続いていますね。

いかがお過ごしですか?

暑さをガマンしていませんか?

暑さをガマンしていると、頭もぼーっとするし、身体もきついし

それが過ぎると熱中症になったり、命を落とす危険もあります。

水分を取ったり、適度に冷房を使ったりしながら、

身体の負担を軽くして、心地よく過ごす工夫をするのが大事ですね^^

こんなふうに、ガマンしないで対策をするのは、身体と心にとても大切なことです。

暑さだけじゃなくて、どんなことでも。

今、何かガマンしていることはありますか?

「夫に求められて、イヤだけどガマンして応じている」

「夫の暴言にガマンしている」

「育児と家事でクタクタの毎日にガマンしている」

いろんなガマンがあると思います。

「イヤだけど、私さえガマンすれば丸くおさまる」

「つらいけど、そう思う私が悪いんだからガマンしなくちゃ」

そう思って、毎日、いっぱいいっぱいガマンしているかもしれません。

でも、そのガマンの気持ちを続けていると、

熱中症のように、心や身体を壊してしまうことだってあります。

ガマンすることは「思考停止」しちゃうことなんです。

水分を取ろうとか、冷房をつけようとか、そういう対策を考えることをやめて

ただひたすら、暑さをガマンしていることなんです。

つらいけど、イヤだけど

夏だからしょうがないし、みんな暑いんだし、昔の人は冷房なんてなかったんだし・・・

なんて、ひたすら暑さの中に身を置いて、ジリジリとした日差しを浴びているような感じです。

でも、思考停止しちゃうのは、ラクといえばラクかもしれません。


「求められることをガマンしない」としたら

断る言葉を考えなくちゃいけない、

どうしてこんなにイヤになったのか、自分と向き合わなくちゃいけない、

夫との関係性を見直さなくちゃいけない。

「夫の暴言にガマンしない」としたら

今までの自分の態度を変える方法を見つけなくちゃいけない、

もしかしたら、離婚をすることになるかもしれない、

そうしたら、仕事のことや子どもの学校のことも考えなくてはいけない。

ガマンするつらさは、思考停止していいと自分に許すことです。

ガマンしないことは、自分の人生に向き合う覚悟を持つことなのかもしれません。

どちらを選ぶかは、自分で決めることができます。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子