「憎むより許す方が楽になる」と言われても・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は「許すこと」についてお話したいと思います。

誰かを許せないという気持ちが心の中にあるとつらいですよね。

「許せない」があると何かのきっかけで

恨みや憎しみがぶわーっと湧き上がってきたりします。

強烈な負のエネルギーに自分の心が巻き込まれてしまうんです。

さらに「まだ許せてない自分」を責める気持ちが加わると

相手も許せないし、自分も許せないし、という

許せない気持ちに翻弄されてしまいます。

よく「憎むより許す方が楽になる」と言われますが、それは結果論です。

自分が相手への憎しみを手放せてとらわれなくなったことが

結果的に「許す」状態になって楽になるわけですね。

だから「楽になるために許す」というのは順序が逆なので

無理して許そうとしてもなかなか許す気持ちにはなれないものです。

そして、私たちが持つどんな感情にも大事な理由があります。

それは「肯定的な意図」と呼ぶものですが

「許せない」気持ちにも「肯定的な意図」があります。

だから、その大事な理由を解決することなく

「許せない」をないものにしようとしても、無意識が抵抗しちゃうんですね。

そして、許せないの意図について、多くの場合が

「自分自身を傷つけられたこと」

「自分の大事な存在を傷つけられたこと」です。

許せない気持ちを大事に受け取ることは

自分自身を大事にすることなんです。

「許せない」という気持ちが「どうしてほしいのか」「どうしてほしかったのか」

まずはそこにきちんと耳を傾けることが

結果的に、無理やりではない「許し」につながります。

「誰かを許せなくてつらい」

「いつまでも許せない自分が許せなくてつらい」

そこにある無意識の「肯定的な意図」は、こちらで一緒に見つけられます。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫の言葉をネガティブに受け止めてしまってつらいとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

ちょっとした相手の言動に傷ついてしまったり

イヤだなと感じた出来事をいつまでも引きずってしまったり。

もやもやとした気持ちを抱える時間が長くなるのは、つらいですよね。

ポジティブに受け止めようと思っても、

どうしてもネガティブに受け止めてしまう。

物事の受け止め方やとらえ方のパターンは、

わかっていても、急に変えるのは難しかったりします。

どうしてもネガティブな受け止め方を変えられないならば、

「ネガティブな受け止め方しかできない自分」を責めるのではなく

そんな自分もOKにしちゃいましょう^ ^

受け止めたあとで、出来事の「意味付け」を変えれば大丈夫です。

たとえば、イライラして帰宅した夫から

「いつも子ども優先で、オレのことはどうでもいいのかよ!」

と、理由もなく八つ当たりされてしまったとき。

理不尽な思い、ショック、怒り、悲しさ、などなどの気持ちが瞬時に襲ってきて

ネガティブに受け止めざるをえなかったりします。

それは、しょうがないですよね。

ただ、その時の夫の不機嫌に対して

「やっぱりセックスを断ってることを怒ってるんだ」

「私なんて八つ当たりしていい存在だと思ってるんだ」

という意味付けをすると

もっともっとつらくなります。

でも、

「帰るなりガミガミうるさいなあ。会社でイヤなことでもあったのかな」

「子どもにやきもちやくなんて、まだまだ甘えんぼだな。よしよし」

 

という意味づけをすることもできます。

そうすると、ぷりぷり嫌味なことを言ってる夫が

だだっ子の甘えん坊さんに見えてきませんか?

「はいはい。早くお風呂入っておいでね」

「おつかれさま。じゃ、今日は一緒に飲もうか!」

と軽く答えられちゃうかもしれませんね^ ^


出来事の事実は変わりませんが、

そこにどんな意味付けをするのかは自分で決められます。

自分で自由に決められるのなら

自分が楽しく、心地よくなれる意味づけをした方がラクチンです。

受け止め方を変えられないときは、受け止めた後の意味づけを変えちゃいましょうね。

自分を責めなくても、夫と対等に会話できるようになる、

そんな夫婦のコミュニケーションのコツは、こちらでもお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

それって、それほどの落ち度ですか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

最近、夫婦関係だけでなく、いじめ、依存症、拒食・過食などのご相談をいただくことも増えました。

いじめというと、最近はSNSなどのネットを使ったいじめも増えています。

先日、中学生のA子さんからネットいじめについてご相談をいただきました。

詳細はちょっと伏せますが

あるグループについて冗談めかして批判するようなことをつぶやいたら

批判した部分のみ切り取られて拡散されて

グループ以外の不特定多数の人からも誹謗中傷のメールや書き込みが来るようになったというものです。

攻撃する方は、良かれと思って叩いているわけですから

悪気がない分、たちが悪いです。

こういうこと、大人の世界でもありますよね(>_<)

具体的な解決の方法については

弁護士さんやネットの専門家、あるいは学校の先生などの力を借りてやっていくこととなりますが

A子さんの心のケアも大事です。

顔の見えない相手から一方的に悪意を向けられるのは、とても怖いし、不安です。

何よりも、A子さんは「解決できない」という希望のなさでいっぱいになっていました。

それは「あんなことをうっかり言っちゃった自分が悪い」

という自分を責める思いから生まれたものです。

自分が悪いんだから、どんなにつらい思いをしてもしょうがない。

解決なんてできるわけないし、しようとしてはいけない。

そんな思いがあったんですね。

たしかに、公開されたSNSでそんなことを言ったてしまったA子さんにも落ち度はあります。

でも、それって、不特定多数の人から何ヶ月も一方的に攻撃されるほどの落ち度でしょうか?

誰だって、普通に生活していたら何らかの落ち度はあります。

何の落ち度もない人はいません。

落ち度があったら、反省して、謝るときは謝って、そして先に進めばいいんです。

みんな、そうやって生きています。

それに、攻撃する人たちの言動には何の落ち度もないのでしょうか?

すでに、そうやってSNSで顔を出さずに人を攻撃することこそ

名誉毀損罪、脅迫罪、侮辱罪が適用されることもあるし

そういうことで訴えられたという事実はそれこそ人生の落ち度となります。

同じことは、夫婦関係でも言えます。

「夫がイライラしてるのは私がセックスを断ったから」

「夫が不機嫌なのは私が家事が下手だから」

と、夫の不機嫌やイライラを全部自分の責任として引き受けてしまうことがあります。

自分に落ち度があるから、言いたいことも言ってはいけないし

常に、夫のご機嫌を取らなければいけない。

でも、そもそもそれって、それほどの落ち度でしょうか?

誰だって、イヤなことをイヤと言う自由はあります。

イヤなことをイヤだと断ることが、言いたいことを言ってはいけないほどの落ち度でしょうか。

家事が苦手な人もいれば得意な人もいます。

苦手な家事がうまくできないことは、

常に自分を犠牲にしてご機嫌取りをしなくてはならないほどの落ち度でしょうか。

「自分にも、たしかに落ち度はある。でも、それほどの落ち度なのかな?」

ということを、ちょっと冷静になって考えてみること。

そうすると、解決策を探す思考が生まれます。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

「夫にやさしくしたいけどできない」のモヤモヤを解決する方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

私たちが感じる気持ちは、どんなにネガティブな気持ちや望ましくない行動にも

そこには必ず大事な目的や理由がある、ということをご存知ですか?

いわゆる「肯定的な意図がある」ということです。

たとえば「学校に行きたくない」という一見ネガティブな気持ちにも

いじめっ子にこれ以上傷つけられたくない、という自分を守るという意図や

いつもケンカしているお父さんとお母さんが

心配して仲良くしてくれるかな、という意図があったりします。

これは夫婦関係でも同じです

「夫にやさしくしたいけれどやさしくできない」という気持ちにも、やっぱり大事な意図があります。

ここでのポイントは、

「やさしくしたい」というのは意識でわかっている気持ち。

「でもやさしくしたくない」というのは、無意識で抱いている気持ちです。

やさしくしたい、という意識の意図は

やさしくすることで、家庭内の空気を良くしたいな、とか

冷たくされて傷ついてる夫への罪悪感を軽くしたい・・・などがあるのかもしれません。

でも、やさしくしたくない、という無意識の意図は

やさしくしたら、セックスしてもいいと思われるかもしれないから、危ないからダメ!とか

やさしくしたら、今まで夫から傷つけられた言動を許したと思われたらイヤ!

などがあるかもしれません。

つまり、自分をイヤなセックスから守るためだったり、

ちゃんと謝ってほしい、という気持ちが無意識の意図だったりするわけです。

こんなふうに、意識と無意識のそれぞれの意図がずれていると「~したいけれど、できない」という状況になります。

でも、どちらの意図も私たちを守ろうとしてくれているもので、大事なものです。

だから、両方の意図を満たすような新しい選択肢を見つけられるといいですね。

たとえば、仲良くしたいけれど、セックスを求められるのがイヤならば、

セックスはしたくないけれどあなたと穏やかに会話を楽しみたいんだ、と正直に伝えてみるとか

セックスしたくない、という気持ちについて一緒にとことん向き合って本当の解決を目指してみる、とか。

やさしくしたいけれど、今までの辛かったことをなかったことにされたくないならば

あの時に、こう言われたことが引っかかっていて、やさしくできないんだ、と話してみる、とか。

今までは、傷ついているからやさしくしない、という選択をしていたかもしれないけれど

そこで、やさしくしたいという意図も大事にした選択をしてみる、ということもできるんです。

新しい選択肢を見つけられるのはこちらです。

「セックスしたくない」を解決するヒントは

こちらもご覧くださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

浮気されて許せない!相手を許すためには?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、専門家として夫婦関係のお悩みに答えてもらえませんか?という取材の依頼をいただきました。

専門家ライフラボさんというWebメディアです。

動画と記事でお答えしています。

いくつかの質問にお答えしたのですが、まずは

「相手の浮気を許せない時、許すためにどうしたらいいか」というお悩みです。

動画でしゃべるのは初めてなので、ちょっと照れくさいですが^^;

よかったらご覧くださいね。

記事はこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「うまくいかないのは、私の頑張りが足りないから」と思っているあなたへ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日、長崎から東京に戻ってきました。

雨の長崎はちょっぴりひんやりしていたので、空港ではちゃんぽんをいただきました^^

心も身体もポカポカです。

さて、カウンセリングには

今まで夫婦関係を改善しようといろいろやってみたけれど、どうにもうまくいかなくて

もう、自分ではどうしたらいいかわからない・・・

といらっしゃる方がたくさんいます。

お話をうかがうと、今までも本を読んで実践したり、

いろんな方に相談して、アドバイスをもらったり、

本当に頑張ってこられた方が多いです。

でも、頑張ってきた方ほど

「私の頑張りが足りないんです」

「私がもっと努力するべきなのに、できなくて」

とおっしゃる方が多いのも事実です。

頑張って頑張って、心がクタクタになったのに、

さらに自分を責めてしまうのはつらいですよね。

ここには、一つだけ、心をつらくする勘違いがあります。

それは「成果が出ない」=「頑張っていない」ではない、ということです。

頑張っていても、成果が出ないことってあります。

それは、成果が出ないのは、頑張っていないのではなく

頑張っている「方向性が違う」というだけのことなんです。

だから、その頑張りを「ちゃんと効果がでる方向性」に向ければ大丈夫です。

いろいろやってみても成果が出ない時は、

「その方法じゃないんだね。他の方法に変えてみよう」というタイミングなんですね。

自分を責める時間と労力を、他の方法を試す時間と労力に変えてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「この人の機嫌が悪いのは私のせい」を止める方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、配信したメルマガで

「すごく心が楽になりました」

「私のために書いてくれたのかと思いました!」

と反響をいただいた記事を、ブログでもご紹介しますね。

一人でも多くの方のお役に立てますように^^

* * * * *

ついつい夫の顔色をうかがってしまうこと、ありませんか?

別に何も悪いことしてないのに、なぜか冷たい態度や言い方をされる。

昨日はすごく機嫌が良くて、一緒に楽しく過ごせたのに

なぜか今日はイライラされて、イヤな言い方をされて

私が何かやっちゃったのかな、と不安になる・・・

夫婦関係だけじゃなく、ママ友や職場の人に対してもそう感じることがあるかもしれません。

こういうことが続くと、その人と会う時はいつも

「今日のご機嫌はどうなんだろう」

「不機嫌にさせないように、ヘマしないようにしないと・・・」

と、ビクビクして、相手の顔色をうかがうようになってしまいます。

相手のイヤな態度や対応に傷つかないように、防衛しようとするんですね。

こういう関係は、モラハラやパワハラを生みやすいです。

悪化する前に、こういう状況を変えるためにも

まずは自分の「つらい」気持ちをラクにしておくことが大事です。

そこで、ちょっと心を軽くする視点をお伝えしますね^^

まず「別に何も悪いことしてない」のに、相手が不機嫌なのは、相手の問題です。

相手が何か不機嫌なことがあってそれでイライラしているのなら

相手が自分で解決するべき問題を抱えている、というだけのことです。

つまり、あなたが「相手の不機嫌の解決」を引き受ける必要はないんです。

でも、もしも何かしらあなたに不機嫌の原因があったとしても

それならば、その不機嫌の原因を解決するために、

相手はあなたに対する不満や要望をちゃんと伝える責任があります。

誰かの不機嫌は、その人の責任です。

同じく、あなたの不機嫌もあなたの責任です。

自分の不機嫌や不満、不安は、誰かに解決してもらおうと思っていると

不機嫌なまま、ずーっと待ってなくてはいけません。

自分も相手も、自分の問題は自分でちゃんと解決するということが

本当の意味での大人の「自立」ということになります。

相手の問題と自分の問題をきちんと線引きすると

それだけで、悩みはずいぶんとラクになりますよ^^

あなたの心を軽くする言葉をお届けしているのはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

不安になる原因と、それを解決する方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

毎日、暑い日が続いていますね。

そろそろお盆休みに入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は変わらず、毎日お仕事しています。

そして、お仕事プラス、最近は車の運転の練習を頑張っています。

ペーパードライバー講習を受け、先週、納車になったのですが

一人で運転するのはまだまだドキドキです。

あれ?こういう時どうするのかな?と判断に迷うことが一番怖いです。

先日も、信号機の判断で迷ってしまってオロオロ。

後ろの車のおじさんがクラクションを軽く鳴らして「行っていいよ」と教えてくれました。

心の中では「何やってんだよー」と思ってたかもしれませんが、

意外とみんな親切ですよね(と思い込むことにします!)

不安というのは「どうしたらいいかわからない」という恐れからやってきます。

ということは、どうしたらいいかわかると、不安は減ります。

たとえば、私の場合は基本的な交通ルールを見直すこと、

左折や右折の確認の仕方を把握すること、です。

そこで、ネットでペーパードライバー用のテキストをダウンロードしたり

確認の仕方を動画で何度も見たりしています。

やるべきことがわかると、あとは慣れなので、運転の練習にも前向きになれます^^

夫婦関係での不安も同じですね。

夫と話していても、どうしてもケンカになってしまう、とか。

夫の不機嫌そうな顔を見ると不安でざわざわする、とか。

どうしたらいいかわからないから、不安になります。

でも、夫がどうであれ、自分がそれに対してどうすればいいか知っていると

不安はなくなるし、夫が家にいるお盆休みも安心して過ごすことができます^^

不安を軽くするヒント、こちらも参考にしてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

カウンセリングを受けて、夫婦関係が良くなることが怖いあなたへ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は五反田でお勉強会に参加していました^^

頭パンパンでしたが、新しいことを学ぶのは楽しいですね。

そして、ランチもまたお楽しみです。

生姜焼き丼とお蕎麦という、炭水化物×炭水化物の高校生男子のようなランチでしたが^^;

おいしかったです。

さて、初めましての方とお会いすると、自己紹介などでお仕事の話をすることが多いです。

そうすると、まさに今、夫婦関係でお悩みの方のお話を聞く機会があります。

夫との関係をどうにかしたいとは思っています。

でも、自分の気持ちをどう伝えていいかわからなくて

これ以上、関係を悪化させたくなくて

もう、このまま、自分さえ我慢していればいいのかなって思う。

それに、仲良くなって、夫からセックスを求められることを考えると

カウンセリングを受けて、夫婦関係が良くなることが怖いんです。

でも、子どもへの影響を考えると、このままじゃダメだとも思うし。

そして、そんなことを考え続けることに、疲れてしまって、動けなくなる・・・

そんなふうに思いながら、

私のブログやメルマガを読んでくださっている方も多いと思います。

このままではいけないと思うし、

このままの状態が続くのは、とてもつらい。

でも、今の状態が変化するのも怖いし、

何よりも、変えるために頑張る気力がない。

そんなふうに思いながら、今、読んでいらっしゃる方に伝えたいことは、

がんばらなくても大丈夫。

したくないこと、できないことを、無理してしなくても大丈夫。

我慢や無理はしなくていいし、しないほうがいいんです。

自分ができること、したいことをやっていくだけでいいんです。

そして、あなたが今の状況を変えたくて

自分自身と、お子さんが笑顔で幸せに過ごしたいと願っているなら、

こちらであなたの力になれます。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「私よりつらい人はたくさんいるから」とがんばっているあなたへ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

他の人たちの悩みに比べたら

まだまだ、私の悩みくらいで弱音を吐いちゃいけない。

私よりつらい思いをしてる人はたくさんいる。

私は夫に暴言を吐かれているわけでもないし

セックスを毎日強要されてるわけじゃないし

お金を渡してもらえないわけでもないし・・・

そんなふうに思いながら、このブログを読んでがんばっている方も多いと思います。

でも、誰が見ても大変な悩みでないと悩んじゃいけないことはないんです。

夫にDVを受けていたり毎日レイプまがいのことをされたり

そういう人でないと、悩んだり、相談したりしてはいけない、ということはありません。

逆に、小さな不満や不安、小さな我慢こそが

気づかないうちに積もり積もって大きな山になりがちで

そうなると、その解決には大きな労力と時間がかかってしまうんです。

大事なことは、自分が今の状態をどう思っているのか。

そして、解決したいのかどうか。

それだけです。

解決したい方はこちらです。

事前相談を4月9日(火)の20時に

こちらのメルマガから行います。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村