「主人の愛情が重たいなって感じることがあるんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

こんなお話を聞いたので、シェアさせていただきますね。

実は最近、主人の愛情が重たいなって感じることがあるんです。

私が「おいしい」と言ったお菓子を毎日続けて買ってきてくれたり

友だちと遊びに出かけたときは、必ず駅まで迎えに来てくれたり。

仕事中も、ちょっとでも時間があくと電話をかけてきて、おしゃべりしたり。

主人は、私のことを愛しているといつも言ってくれるし、夜も週に3回は求められます。

友だちからは「愛されてるね~、うらやましい!」と言われるし、私もありがたいと思ってます。

でも、たまには自分が食べたいものを自分で選んで買いたい。

主人の迎えのことを気にせずに、友だちと会いたい。

一日に何度も電話がかかってくると、監視されているみたいで。

正直、毎日息が詰まりそうなんです。

でも、そんなふうに思う自分が、主人に申し訳なくて。

恋人同士でラブラブのときは、きっとそんなふうには思わなかったですよね。

もう、気持ちが冷めているのかもと思うと、怖いです・・・

(Sさん)

 
ご主人の愛情をたっぷりと感じて幸せいっぱいなはずなのに、幸せを感じられない。

自分がどんなに幸せか頭ではわかっているのに、心では幸せだと思えない。

でも、そのチグハグな感じをご主人にもお友だちにもわかってもらえない。

そして、そんなふうに感じる自分を責めてしまう・・・

つらいですよね(>_<)  

こういうとき、ご主人とSさんの愛情表現の方法が違うことが原因なのかもしれません。

相手のために何かをしてあげること、

相手が求めていると自分が考えていることを先回りしてやってあげること、

相手の行動をいつも自分が知っておきたいこと、

それが、ご主人にとっての愛情の表現なんですね。

人は、自分が知っている方法しか使えないことが多いです。

もしかしたら、ご主人もそんなふうに愛されて育ってきたのかもしれません。

そして、Sさんもご主人とは違う愛情の表現の中で育ってきたはずです。

だから、どの愛情表現が正しくて、どれが間違いということはないんですね。

自分の心がモヤモヤしても、そんなモヤモヤを責めたり、罪悪感を持ったりしなくても大丈夫なんです。

ただ、このままの状態が続くと、一緒にいるのがどんどんつらくなってしまいます。

ご主人の気持ちを傷つけることなく、Sさんもご主人の愛情をラクに受け取れるようになれると、ステキですね^^

これは、Sさんご夫婦にとっての「心地よい愛情の交わし方」を見つけるチャンスかもしれません。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫婦のことをどう思ってるんだ!」と夫の怒りが爆発してしまいました

こんにちは。 松尾 聡子です。

こんなご相談をいただきました。

共働きの30代主婦です。

子どもが生まれてから、家事と育児と仕事で忙しく、セックスする気がなくなってしまいました。

時々誘われたときも「疲れているから」とはぐらかしていたんです。

しつこくされなかったし、もともと夫もそれほど性欲が強い方ではなかったので気にしていませんでした。

ところが、最近になって「夫婦のことをどう思ってるんだ!」と怒りが爆発してしまったんです。

それからは、私が仕事の休みの日に合わせて自分も休みを取って2人きりになろうとしたり……

子どもが見ていないところでベタベタ触ってくるようにもなりました。

避けると不機嫌になるし、でも、そうやって誘われるのも苦痛で。

夫には悪かったなと思うのですが、それでもどうしてもセックスする気になれません。

今は、夫と同じ家にいることがつらくてたまらないです。

どうしたらいいのでしょうか。

 

忙しい毎日の中、一番ほっとできるはずの「家」でくつろげなくなってしまったんですね。

心休まる場所がないのは、とてもつらいことだと思います。

出産後から続く、子育てしながらのお仕事に家事と忙しい毎日。

仕事が終わって帰宅したら料理や洗濯などの家事がてんこもり。

寝る頃にはヘトヘトで、セックスどころではないのもわかります。

旦那さまもそんなあなたの様子を見て、しつこくせずに見守ってくれていたのかなと感じました。

でも、その間に旦那さまの心の中では、いろんな気持ちのもやもやが育っていたんですね。

もともと、それほど性欲は強くなかったのであれば、旦那さまのもやもやの原因はセックスだけではないのかもしれません。

あなたの気持ちが仕事やお子さんにばかり向けられていて、自分への愛情が減ったように感じたのかもしれないですね。

旦那さまは愛情を確認する手段として、セックスを選んだのかもしれません。

ただ、その手段に妻の方が応えることができなかったため、手段にこだわるようになってしまった。

つまり、本当は愛情を確認することが目的なのに、その手段が目的になってしまったのかもしれませんね。

それならば、旦那さまとあなたのお互いの思いを満たす別の手段を見つけることも一つの方法です。

たとえば、旦那さまがお休みを合わせてくれた日に、2人でカフェなどでゆっくりお話してみるのはいかがでしょうか。

旦那さまが、今、何を感じていて、本当はあなたに何を求めているのか。

旦那さまの気持ちに興味を持って、聞いてみることはできそうですか?

その上で、旦那さまの気持ちを満たす「セックス以外の手段」を一緒に考えられるとステキですね^^

「旦那さまと向き合う勇気が持てない」「2人になるのは怖い」と思われる方は、無理しなくても大丈夫です。

カウンセリングで、あなたが今できることを一緒に見つけましょう。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

元カレがストーカーになりそうで不安です・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

みなさんは、FacebookやTwitter、Instagram(インスタグラム)などのSNSは使っていらっしゃいますか?

意外なところから知り合いや昔の友だちとつながる機会が増えましたね。

とても便利で楽しいツールですが、ときどき困ったことも起きてしまいます。

そんなご相談の例をシェアさせていただきますね。

結婚して1年目の主婦です。

最近、結婚前に付き合っていた元カレが、SNSを通じて連絡してくるようになったんです。

「今、何してる?」とか頻繁にメッセージを送ってきたり、私の夫や友だちにも「友だち申請」したりするんです。

夫にはちゃんと過去のことも話しているし、理解してくれています。

「そのうち、あきらめるよ。ほおっておこう」と言ってますが、私は不安です。

もともとは彼から別れようって言われて別れたわけだし、どうして今さら私の生活に入ってくるのか・・・

彼が何を考えているかわからなくて、怖いです。

なんだか、ストーカーになりそうで・・・

どうしたらいいでしょうか?

 
自分をふったはずの元カレが、こっちはもう結婚したのに連絡してくる。

おまけに、自分の夫に友だち申請してくる。

自分だったらしないだろうなと思うことを相手がしてくると、不安になりますよね。

まず、旦那さまが理解してくださっているのはよかったです^^

さて、問題は元カレですね。

もともとは自分から別れた彼女が、誰かの妻になり、そこに連絡をする。

ずっと友だち関係が続いているのならばおかしくはないですが、そうではありません。

でも、行動には必ず、その人にとって大切な理由があるんですね。

たとえば

「あいつだけ幸せになるなんて、許せない」とか

「自分は独り身で寂しいから、つながりを持っておきたい」とか。

それは、もしかしたら「え?なにそれ!」と思うような理由かもしれません。


でも、その奥に、もっと大切な理由があることが多いです。

「誰かに自分の寂しさをわかってほしい」とか

「誰かに自分を認めてほしい」とか

「誰かに、必要とされたい」とか。

その「誰か」は、本当は元カノではなく、誰でもいいのかもしれません。

彼の心の奥の大切な理由が満たされること。

そうすると、彼の行動は変わるんじゃないかな、と思います。

まずは、彼の気持ちを聞いてあげることができるといいかもしれません。

といっても、あなたが直接彼と関わるのは、ちょっと不安ですよね。

できれば、共通のお友だちや知り合いなどで、彼のお話を聞いてあげられる人がいるといいですね。

気持ちをわかってくれる人がいるという安心感を持てると、彼自身も自分の本当の理由に気づくことができるかもしれません。

あとは、あなたと元カレの関係性をどんなふうに変えていくことができるか。

そんなご相談はこちらで聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「おまえを妻として養う気がなくなった」と言われました

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスレスが生活の基盤であるお金の問題に影響することもあります。

そんなご相談を紹介しますね。

結婚しても、しばらくは働いていましたが、出産を機に退職。

子どもが1歳になってから、保育園に預けてパートに出ています。

出産後、したい気持ちがなくなってきて、パートに出るようになってからは忙しくなって、ますます断ることが多くなりました。

主人もしばらくはガマンしてくれていたのですが、最近、断るとキレるようになって

「おまえを妻として養う気がなくなった」

「生活費は折半にする。オレと同じだけ稼いでこい!」

と言うんです。

主人は毎日帰りが遅いので、私がパートでなければ保育園のお迎えも家事もできません。

それなのに、主人と同じくらい稼げって・・・

言ってることがめちゃくちゃです。

セックスできないと生活費を渡さないって、そんなふうに思って結婚してたのかと思うと、情けないというか、悔しいというか。

主人に対する愛情が、どんどん冷めていくのを止められません。

 
妻にセックスを拒否された夫が

「生活費を渡さない」

「もう、妻として守れない」

「家族のために働く気がなくなった」

などと言うことは、実はとても多いんです。

妻にしてみれば

「セックスのために結婚してたの?」

「私だって、あなたのために家事や育児をやってるじゃない」

「私のために仕事してたっていうの?」

と、あまりにも予想外の言い分に混乱するばかり。

お金のことを持ち出して言いなりにさせようとするのかと、失望することもあります。


でも、本当は夫としても、セックスのために結婚していたわけではないんですね。

仕事だって、妻のためだけではなく、自分の生きがい、やりがいである部分も大きいと思います。

ただ、拒否されることで、夫として、男として、人として、傷ついてしまった自尊心を守りたいという気持ち。

妻の生活や人生を脅かすほど、自分が傷ついているということをわかってほしいという気持ち。

いろんな気持ちが、その言葉の奥にあることが多いんです。

でも、もしかしたら、それに夫本人も気づいていないかもしれません。

そして、「セックスしたくない」という言葉の奥にある妻の気持ちにも、妻自身も気づいてないかもしれません。

「生活費はもう渡さない。おまえも働け」

「何言ってるのよ。じゃあ、もう離婚しましょう」

こうした言葉を言わせている心の奥の本当の気持ちに、一度、耳を傾けてみませんか?

お互いが本当に伝えたいこと、本当に求めていること、本当にしてほしいこと。

離婚するのは、それを伝えてからでも遅くはないはずです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「もう、夫を男として好きになることはできないのかなと不安です」

こんにちは。松尾 聡子です。

ご相談をシェアさせていただきますね。

結婚して3年。子どもはいません。

一緒に暮らすようになって、だんだんセックスしたい気持ちがなくなってしまいました。

断るたびに主人が怒鳴るので、ますますイヤになって。

何度も話し合いをして、とりあえず私がしたくなるまで待ってくれることになりました。

主人が我慢してくれてるのもわかるし、申し訳ないと思います。

でも、どうしても今さらやさしくできないんですよね。

やさしくして、自分の中の女を感じさせたくないというか。

できれば、主人が我慢してくれてる間に私も気持ちをもとに戻して、いずれは子どもも欲しいって話してるんですけど。

せっかく我慢してくれてるのに、もう男として好きになることはできないのかなと、不安です。

もう、冷めちゃったのかもしれません。

離婚するしかないのかな・・・

 

夫婦としての愛情をもう一度深めたい。

そうして、いつかは自分たちの子どもも持ちたい。

そう思って、何度も話し合いを重ねて、がんばっていらっしゃるんですね。

とてもステキなご夫婦だと思います。

妻の気持ちを優先して、自分の欲求を抑えて待ってくれているご主人。

そんなご主人のやさしさに応えたいのに、どうしても気持ちがついていかない。

もう、男として愛せないのではないだろうか・・・

そんな不安を感じてしまっているのかもしれません。

「我慢してくれてるから、それに応えなきゃ!」と意識ではわかっていても、感情がすぐには戻らないこともあります。

そんなときは、無理しなくても大丈夫です。

まだ、男と女の関係に戻れないとしても、ご主人を一人の人間として見ることから始めてみませんか?

ご主人の「いいところ」「尊敬できるところ」「愛すべきところ」「頑張っているところ」

どんな小さなことでもいいから、毎日、見つけてみましょう。

まずは、そこからスタートです。

大事に大事に、ゆっくりと、ご主人に対する温かな気持ちを育てていけばいいと思います^^

また、ご主人に怒鳴られたことなどが、心の傷になっていることもあるかもしれません。

「許せない」「傷ついて悲しかった」「悔しい」そんな気持ちが残っていると、やさしくしたい気持ちにブレーキをかけていることもあります。

心の傷のブレーキは、カウンセリングで解消していくと早いです。

「一日も早く、仲良し夫婦に戻りたい」方は、まずはこちらでお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

会社のイライラをぶつけてくる夫にうんざり!

こんにちは。松尾 聡子です。

不機嫌な旦那さまに八つ当たりされてうんざり!

そんなこと、ありませんか?

お友だちにこんな話を聞いたので、シェアさせていただきますね。

夫が最近、会社でのイライラを家でぶつけてくるので、うんざりしてるの。

今のプロジェクトの方針が上司と合わないらしくて、上司の悪口ばかり。

でも、聞いてるとどっちもどっちだなあって思うんだけど。

おまけに、部下もやる気がないとか、わかってないとか。

どうも、部下の悪いところしか見てないのよね。

あなたがそんな態度だから部下もついてこないのよと言ったら逆ギレするし。

じゃあ、愚痴なんてこぼさないでほしいんだけど。

ほんとイライラする!

 

会社の問題は妻にはどうしてあげることもできないのに、イライラをぶつけられるとつらいですね。

でも、仕事の不満を一人でぐっとこらえてストレスをため込む人も多いと思います。

つらいことを聞いてくれる相手に妻を選ぶというのは、実はステキな夫婦関係ではないでしょうか^^

旦那さまも、妻に話して解決するわけではないと知っていると思います。

ただ、自分のつらさや大変さをわかってほしいだけかもしれません。

上司も部下も誰もわかってくれなくても、妻だけは自分を認めてくれる。

世界中の全部が敵でも、ここだけは自分の味方。

絶対的に自分を信じて守ってくれる人がいる。

そういう存在や場所があると、人ってまた頑張れるんですね。

こういう場所のことを「サンクチュアリ(聖域)」と呼びます。

たとえば、お友だちとケンカして泣いて帰ってきた子どもが、

お母さんにいい子いい子してもらって、

がんばったねーと褒めてもらって、

涙を拭いてもらって、

おいしいおやつを食べさせてもらって、

そしてまた元気になって遊びに行く。

そんなイメージです^^

アドバイスや忠告は「どうしたらいいと思う?」と聞かれたときで大丈夫。

「会社で一人ぼっち、こんなにがんばってるのに誰もわかってくれない」と思っている旦那さまのサンクチュアリになってあげましょう。

そして、旦那さまにとってあなたがサンクチュアリであるように

あなたにとっても旦那さまがサンクチュアリになれると、とてもステキですね。

そんなヒントはこちらでもご紹介しています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

働きたいけれど、やっていける気がしない・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、こんなお話を聞いたので、シェアしますね。

主人の会社の業績が悪くて、給料が下がったんです。

家のローンや子どもの教育費のこともあって、お金のことでケンカすることも増えちゃって・・・

私も働くことにしようと思いました。

でも、ずっと専業主婦だった私が今から働ける仕事なんてあるのかな、とか。

安い給料で、きつい仕事しかないかもしれない。

それに、仕事場にいじわるな人がいたらどうしようとか。

家に帰っても、仕事しながら家事なんて、すごく大変そうで不安だし。

やっていける気がしないんです。

でも、このままじゃダメだし。

どうしたらいいんだろうって、迷ってます。

 

今までと違う生活に変わるのは、不安ですよね。

どんな仕事をするのか、どんな人と出会うのか、わからないから不安なのだと思います。

でも、「わからない」んですよね。

安い給料できつい仕事しながら、いじわるな人にいじめられる職場なのか、

やりがいのある仕事で、明るい仲間と和気あいあいと働ける職場なのか、

今は「わからない」のに、「つらい状況」になると決めてしまって悩んでいるんですね。

それならば、「楽しい状況」になると決めることもできますね^^

ここで、とっても大事なポイントがあります。

脳は、想像と現実を区別できないということです。

「つらい未来」をイメージすると、そのイメージに現実が近づいていきます。

それって、イヤじゃないですか?^^;

せっかく、これから新しい体験をするのですから、どんなふうに働きたいか、どんな経験をしたいのか、ワクワクしてイメージしてみましょう。

その結果、働いて、お金も手に入って、心配や不安が軽くなった生活はどうなるでしょうか。

旦那さまとも笑顔で話せるようになり、お子さんの学費もポーン!と出せるようになると、どんな気持ちになりますか?

そして、今、感じている不安は前もって準備しておくことができます。

応募しようと思う職場がお店なら、実際に様子を見に行ってみたり。

そこで働いたことがある人がいたら、どんな職場が聞いてみるといいですね。

家事も、旦那さまやお子さんと話し合って、この機会に役割分担をしておくこともできます。

不安な未来も、楽しい未来も、自分で決めることができます。

それでも、やっぱり不安・・・という方は、こちらにどうぞ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

その一言がショックで、主人のことが大嫌いになってしまいました

こんにちは。松尾 聡子です。

最近は仕事を持つ女性も増えてきました。

夫に自分の仕事について否定されたこと、ありませんか?

今日は、そんな相談事例をご紹介しますね。

40代の主婦です。

子どもも中学生になって手を離れたので、近所の小学生向けの学習塾で講師のパートを始めました。

結婚するまでは小学校の教師だったんです。

問題が解けたときの子どもたちの笑顔を見ると、あの頃の気持ちを思い出して、毎日がとても楽しくて、やりがいを感じてます。

塾長からも「教え方がわかりやすくて評判だから、他の学年も受け持ってほしい」と言われました。

すごく嬉しくて、主人にそのことを報告したんです。

そうしたら、バカにしたように笑って「進学塾でもない、ただの学習塾だろ?」って。

その一言がショックで、それ以来、主人のことが大嫌いになってしまいました。

顔を見るのも、もちろんセックスするのもイヤです。

このまま主人のことを許せないかもと思うと、それも不安です。

でも、どうしようもないです・・・

 
ご主人の言葉に、自分の仕事をバカにされたように感じたんですね。

やりがいと誇りを持って、真摯に取り組んでいるからこそ、それを否定されたように感じると、自分自身も否定されたように感じます。


許せない、と思う気持ちを持つのは、しょうがないかもしれません。

無理して、すぐに許そうとしなくてもいいと思います。

まずは、傷ついた自分の気持ちを認めてあげましょう。

許せないと強く思ったということは、それだけ、自分の仕事に誇りと自信を持っていたということです。

それは、とても大切な気持ちです。

でも、きっと、時が経つと少しずつ気持ちが落ち着いてくると思います。

そのタイミングで、自分に問いかけてみてください。

「誰のために、仕事をしているの?」という問いです。

夫に認めてもらうためでしょうか?

塾長に認めてもらうためでしょうか?

子どもたちのためでしょうか?

それとも、自分のためでしょうか?

あなたの答えを、見つけてください。


そして、ご主人に話せるようになったら、あの時に傷ついたことを教えてあげてくださいね。

言い訳の一つもさせてあげましょう^^

とにかく、一番大切なのは、あなたの心です。

「許せない」「怒っている」「悔しい」

あなたの心が感じていることを、大事にしてくださいね。

あなたの心を、大切に扱うカウンセリングはこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「わかってほしいのに、聞いてもらえないんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

「伝えたいことがあるのに、聞いてもらえない」

夫に対して、そんなふうに感じることはありませんか?

先日、こんなお問合せをいただきました。

ご了承をいただいたので、シェアさせていただきますね。

松尾さんのブログを見て、FSD(女性性機能障害)や性嫌悪症について、初めて知りました。

今まで、私が変なんだ、異常なんだって、ずっと思っていたし、主人にもそう言われ続けてました。

でも、そうじゃないんだってわかって、安心しました。

主人にもこのことを伝えて、わかってほしいと思うんですが、この話になると全然聞いてくれないんです。

興味なさそうというか、私が言い訳してるだけ、みたいな感じで。

松尾さんのブログやメルマガも読んでほしいのですが、そんなこと言えない雰囲気です。

私はこういうことを知ってもらって、良くなるように一緒にがんばっていきたいと思っているのに。

どうしたらわかってもらえるんでしょうか。

 
こういうお問い合わせは、メールでいただくこともありますし、実際にカウンセリングでうかがうことも多いです。

結論から言うと、人は「自分の聞きたいことだけを聞く」ものなんですね。

聞きたくないことは、聞きません。

というより、聞きたくないことは聞けません。

聞いてくれたとしても、右の耳から左の耳へ素通りで、まったく心に残らないんです。

「妻がセックスを拒否するのは、FSDという症状が原因で、妻が悪いわけでもおかしいわけでもない」

というのは、夫にとっては「聞きたくない話」なんです。

「じゃあ、オレはこのままずっとガマンするしかないのか?」

「オレにこんなにつらい思いをさせている妻は悪くないのか?」

もしかしたら、そんな「不安」を感じてしまっているかもしれません。

妻は、別にそんなつもりではないことが多いです。

まずは、自分の状態をわかってもらいたい。

責めずに、理解してほしい。

そして、カウンセリングに行くなり、病院で治療するなりして、治していきたいから、急かさずに待っていてほしい。

ただ、それだけだったりするのですが、なかなかそれを伝えられないんですね。

こういうときは、相手の「聞きたくない」を「聞こうかな」に変えることから始めましょう。

そのためには、まずは夫の「不安」に寄り添うことが大切です。

聞いてくれない夫を責めたり、悲しんだりするのは、ちょっとお休みしましょうね^^

そして、夫の不安がやわらぎ、安心に変わるように、日ごろのコミュニケーションを少しずつ変えていきます。

聞きたくない話でも、安心して信頼できる相手の話なら「聞こうかな」という気持ちに変化していきます。

焦らずに、ていねいなコミュニケーションを続けていくと、きっと「聞こうかな」が生まれるはずです。

安心と信頼が生まれるコミュニケーションをつくっていきませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「夫の束縛に息がつまりそうで、うんざりです」

こんにちは。松尾 聡子です。

週末は西日本で大雪でしたね。

私の実家の方も大雪で、ニュースを見ながらビックリしていました。

みなさまがお住まいの地域は、大丈夫でしたか?

雪が降っていなくても気温が低い日が続いていますので、お身体には気を付けてくださいね。

さて、今日は夫に束縛されてつらい、というお悩みです。

結婚して2年、夫婦とも20代後半です。

共働きで、子どもはまだいません。

夫は前から嫉妬深いところがあったのですが、最近特にひどくて。

先日も職場の先輩が転職することになったので、最後に食事に行こうって誘われたんです。

先輩は男性ですが、奥さんも同じ職場で仲良くしてるし、その奥さんも了解済です。

入社してからずっとお世話になってきたし、転職したらもう会うこともないから、最後にいろいろ聞きたいことや話したいことがあるんです。

それなのに、夫は「男と2人で食事行くなんて、絶対に許さない!」と激怒。

「私を信頼してよ」と言っても「おまえのことは信頼してるけど、相手が信用できない」って言うんです。

自分が行きたいときに行きたい人と自由に食事も行けないなんて。

なんだか、息がつまりそうで、うんざりです。

 
社会人としていろんな人と関わるようになると、異性・同性を問わず、信頼関係を築く機会も増えてきますよね。

そこから得られる学び、経験は、とても貴重な人生経験だと思います。

それを「相手が男だからダメだ」と否定されるのは、自分がこれまでがんばってきたことさえも否定されるような、そんな気持ちになるかもしれません。


ただ、旦那さまが「男だからダメだ」「相手が信用できない」と決めつけているのも、きっと何か理由があるんでしょうね。

これまでの経験の中で、そういう下心のある男性を見たのかもしれませんし、

男友だちと食事に行った彼女が、心変わりしてしまったことがあったのかもしれませんね。

あるいは、単に自分の妻が他の男性と一緒にいることに嫉妬してしまったのかもしれません。

こういう場合、「どうしてダメなのよ!」「私のこと信じてないの?」「嫉妬深い男なんて、最低!」と責めてしまっても、何も解決しません。

お互いに傷つけあうだけで終わってしまいます(>_<)  

そこで「何が」旦那さまの心をそんなにも不安にしてしまうのか、聞いてみましょう。

漠然とした不安や嫉妬の気持ちは、どんどん膨らんでしまいます。

でも、それを引き起こす「何か」が見えると、旦那さまの気持ちも自然と落ち着いてくるはずです。

そして、その「何か」がわかったら、何をしたら「何か」が安心してくれるのか、ご夫婦で一緒に考えてみるのもいいですね。

「何か」が心から安心するまでには、少し時間がかかるかもしれません。

だからこそ、ゆっくりじっくり向き合っていくのも夫婦の醍醐味だと思います^^

「どうしても感情的になって話し合いがうまくいかない(>_<)」というときは、ご相談くださいね。