実は、良いできごともストレスになるんです

こんにちは。松尾 聡子です。

4月も半ばを過ぎ、暖かな日が多くなってきましたね。

お子さんは新しい学校、新しいクラス、新しい先生やお友だちにそろそろ慣れてくるころでしょうか。

お勤めの方も部署異動や新入社員が入ってきたりなど、新しい環境で過ごしていらっしゃるかもしれませんね。

さて、こんなふうに今まで良くも悪くも慣れ親しんだ環境が変わることは

心理学的には「ストレス」のかかっている状態なんです。

ポイントは「良くも悪くも」というところですね。

ストレスというと、悪いことが起こったときに感じるものを思われがちですが

実は、良いことであってもストレスになるんです。

たとえば「昇進」は、普通は喜ばしいことです。

実力が認められたのでしょうし、お給料だって上がるかもしれません^^

でも、同時に責任の重さやプレッシャーなどを感じるかもしれませんね。

そして、そういう喜ばしいことのストレスは、周囲の人にはわかってもらえなかったりします。

もちろん、自分自身でもストレスだと気づいてないことも多いです。

というわけで、ストレスに気付くことなく、ついつい無理をしてしまって、

気が付いたら心も身体もなぜかとても疲れてバタン!(>_<)
 
ということも起こっちゃうんですね。

新しい生活、喜ばしい変化、そんな毎日を送っている方は特に、

それが安定した日常になるまで

できるだけ心と身体をリラックスさせてお過ごしくださいね。

慢性的に夫婦関係のストレスがたまってるよ!という方はこちらでお話聞きますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

不安のスパイラルを終わらせる方法

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫が帰ってくる夜の時間が憂鬱」

「そろそろ今夜は誘われるかも、と思うと不安になる」

そういう心の緊張状態が続いているときは、身体にも変化が起こっているんです。

こういう場合、自律神経の中の「交感神経」が優位になっています。

交感神経は、緊張、興奮しているとき、活動しているときに強く働く神経です。

交感神経ばかり働いていると、自律神経のバランスが崩れて、心と身体の不調を引き起こしてしまうんですね。

そうすると体調も悪くなり、さらに気分が落ち込んで・・・という悪いスパイラルに陥ってしまいます(>_<)
 
そんなときは、もう一つの自律神経「副交感神経」を働かせることが大事です。

副交感神経は休息やリラックスしているときに働きます。

緊張や疲れ、不調な部分を整え、身体のメンテナンスをしてくれます。

でも、ただ寝ればいいというものでもないんですね。

緊張状態のまま寝ても交感神経が働いた状態なので、副交感神経が出る幕がなく、心も身体も休まらないんです。

交感神経と副交感神経はシーソーのような状態で、どちらかが働くとどちらかがお休みしてしまうんですね。

シーソーなので、バランスが大事です。

不安や緊張が続いてきついなあ、と思ったら

深呼吸をしたり、好きな音楽をぼーっと聞いてみたり、ストレッチをして身体を伸ばしてみることで、副交感神経のスイッチをオンにすることができます。

「はぁぁぁっ」と思いっきりため息をつくのもいいそうですよ^^


心を整えるヒントはこちらでも。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

ストレス対策「コーピング」ってご存知ですか?

こんにちは。松尾 聡子です。

今年の夏にNHKスペシャルで放送された「キラーストレス」という番組、ご覧になった方、いらっしゃいますか?

私も録画していたものをようやく見ました^^;

ストレスが生まれる仕組みやストレス対策などがわかりやすく紹介されていました。

ストレスを感じたときに、一番よくないのがその状態を続けること。

ストレスを感じた過去の出来事を思い出したり、「また今度もあのつらさを味わうのか」と未来の心配をすることで

ストレス状況を何度も何度も再体験することになるんです。

そうすると、ストレスホルモンもその度に出続けるので、どんどん心と身体にダメージを与えてしまうんですね(>_<)  

だから、その状態をプチン!と断ち切ることが大切なんです。

カウンセリングでは、そのストレス状況を断ち切って、自分を心地よく快適な状態にすることを行っています。

この番組では、「心の状態」というよりは「行動」を変えてストレス状況を断ち切る「コーピング」を紹介していました。

これもストレス対策にとても役立ちそうなので、ご紹介しますね。

まず、ストレスに対して自分ができそうな気晴らし、行動、対策などをリストアップします。

自分が心地よく、楽しくなれそうなものなら、どんな小さなことでも大丈夫です。

たとえば、好きな音楽を聴く、マンガを読む、ストレッチをする、カラオケで歌う、散歩をする、お酒を飲む、などなど。

初恋の人を思い出す、憧れのアーティストとデートする、ハワイのビーチでのんびりする、などの妄想系でもいいそうです^^

できるだけたくさん、できれば100個ほどリストアップするといいと言ってました。

そして、実際にストレス状況に陥ってしまったら、そのリストの中からどれか選んでやってみるんです。

それでストレスが軽くなったらOK。

あまり効果がないなあ、と思ったら、他の対策に切り替える。

それを繰り返すことで、自分はこれをやるとストレスが軽くなるなあとか

仕事でのストレスにはカラオケ、子育てのストレスは一人でお茶だなあ、とか、

自分なりのストレス対策がわかってくるそうです。

ストレスを受けても、それを長引かせないで軽くさせる方法を知っている、というだけでも、ずいぶん気持ちがラクになりそうですね^^

毎日を心地よく過ごす秘訣は、こちらでもご紹介しています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

ストレスがダメージを与えるのは・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

ストレスや悩みのある状態が続くと、つらいですよね。

いつも気持ちが落ち込んで笑えなくなってしまったり

学校や会社に行けなくなったり、鬱になってしまうこともあります。

ストレスが心にダメージを与えること、最近はよく知られるようになりました。

そこで、カウンセリングを利用することも、少しずつ広まってきたと思います。

ただ、ストレスが与えるダメージって、心だけじゃないんです。

身体にもダメージを与えることがあるんですね。

たとえば、頭痛だったり、腰痛だったり、おなかが痛くなったり、咳が出たり。

その時、身体の中で弱っている部分に出てしまうんです。

ちょっとつらいけど、きついけれど、でも、まだまだがんばれる!

いつも気力で乗り切ってるから、今度も大丈夫!

だけど、どうも最近、腰が痛いなあ、とか。

すぐに気管支を傷めて咳が止まらなくなっちゃう、とか。

そういうとき、実は心のSOSが身体に出ているのかもしれません。

心も大事。

でも、身体も大事。

あなたの心と身体の声に、耳を傾けてあげてくださいね。

心のご相談はこちらに^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫の●●の音が嫌い」ということ、ありませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫の●●の音が嫌い」ということ、ありませんか?


ご相談でよくうかがうのが、食事のときにくちゃくちゃ音を立てて食べること。

他には、近づいてきたときの鼻息。

「チッ」という舌打ち。

言い合いになって興奮したときの甲高い声、などなど。

夫だけでなく、普段の人間関係や通りすがりの人にも感じるかもしれません。

「音」や「声」って、気になるとなおさら耳につくものです。

ここでイラッとしてしまうと、その先のコミュニケーションもイライラとしたものになってしまいます。

そういうときの対策をお伝えしますね。

まず「意識を違うものに向ける」ことです。

エネルギーは、注目する方に流れるという原則があります。

音に注目することでますます自分の意識が集中して、イヤな気持ちがどんどん増していくんです。

うーん、不快ですね~(>_<)  

そこで、意識を「音」から他のものに向けます。

食事のときなら、テレビやお子さんの顔に集中する。

鼻息や舌打ちが聞こえたら「今日のお夕飯のメニューは何にしようかな」と、まったく違うことを考える。

このように耳から入ってくる情報に対して、他のものを「見る」、違うことを「考える」ことに意識を向けます。

それでもどうしても耳からの音に意識が向いてしまう!というときは。

心の中でお気に入りの音楽を流したり、歌をうたったりしちゃいましょう♪

私も先日、電車の中で隣に立った男の人がガムをくちゃくちゃしてるのがイヤで、背中がぞわぞわしちゃったんですけど。

電車の車内広告を見ながら、お気に入りの歌を心の中で歌っていい気分でいたら

いつの間にかその人は降りていなくなってました^^

不快な状態でいるか、気持ちいい状態になるか、私たちは自分で選ぶことができるんですね。

こういうちょっとしたコツはメルマガでもお届けしています。

また、メルマガではブログより先にお知らせや情報などお伝えしています。

近々、ちょっとしたお得なお知らせをする予定ですので、ご興味のある方は登録してお待ちくださいませ。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「SNSを見るのがつらいんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

みなさんは、SNSって利用してますか?

Facebookやtwitter、Line、少し前はmixiも人気でしたね。

私も利用しています。

学生時代の友人や、離れている親戚など、いつの間にか疎遠になってしまった人たちの近況がわかるのがいいですね。

わざわざメールするほどでもないけれど、「いいね!」やコメントで気軽にやりとりできるのも、便利だなあと思います^^

でも、最近「SNSを見るのがつらいんです」というご相談もよく受けるようになりました。

中高生にあるような「既読無視される」「終わりのないやりとりが疲れる」というような問題は、ちょっと置いておいて^^;

ここで考えたいのは「SNSを見ること自体がつらい」ということです。

たとえば、夫婦仲に悩んでいるときに、夫婦がラブラブな投稿をしているお友だちの記事を見ると、つらくなったり。

お子さんが不安定な状態になってしまったときに、勉強や運動で活躍している知り合いのお子さんの記事に不安が増してしまったり。

仕事に忙殺されてクタクタでつらいときに、プライベートを充実させている友だちの楽しそうな記事を見て「私の人生、なんなんだろう」と思ったり。

こんなふうに、もやもやとした気持ちを感じること自体は、悪いことではありません。

あなたの心の中の漠然とした課題を解決するきっかけになることもあります。

でも、心がとても疲れていたり、傷ついていたりするときは。

心がもやもやするだけで、つらさが増すばかりのときもありますよね(>_<)

そのときは、とりあえず「見ない」という選択をすることもできます。

ストレスは立ち向かうだけでなく、ときには「よける」ことが必要なときもあるんですね。

心が落ち着いて、いろんなことを少し冷静に見られるようになって、元気になれたら。

そのときに、また課題に取り組んでいけばいいんです^^

ある特定の人の投稿だけ見たくない、という場合もあるかもしれません。

たとえば、Twitterならクライアント(アプリ)によっては、特定の人の投稿を表示させない「ミュート」という機能があります。

Facebookにもタイムラインに投稿を表示させない「フォローをはずす」という設定があります。

他にもいろんな方法があると思いますので、ご自分にあった方法を見つけてみてくださいね。

怒りの気持ちが止まらない!そんなときに使える簡単な方法

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫と一緒にいるとイライラする」

「話をしていても、結局ケンカみたいになってしまう」

そんなときに、自分の気持ちを整えながら、夫と穏やかに話せるコミュニケーションのコツを、このブログやメルマガでお伝えしています。

カウンセリングに来てくださる方も、前もってメルマガでお勉強してくださっている方も多いです。

しっかり読み込んで、実践してくださっているのを聞くと、嬉しいですね^^

でも、あまりにも頭にきちゃったときは、怒りや悔しさの感情に飲み込まれて何もできない!ということもあります。

もちろん、私だってそういうときもあります^^;

そんなふうに怒りの気持ちが止まらないとき、すぐに落ち着くことができる簡単な方法があります。

それは「その場を離れる」ということです。

たとえば、リビングで言い合いをしていたら、廊下に出るとか。

バルコニーに出て、外の風にあたるのもいいですね。

そこで、ゆっくりと深呼吸しましょう。

息を吐くたびに、怒りやイライラ、悔しさなど、その時に感じていたイヤな気持ちを一つずつ吐き出してくださいね。

大切なのは、怒りを感じている場面を中断すること。

そして、怒りを感じていた場面とは違うものを見ること。

ぜひ、お試しくださいね。

メルマガでは、こんなコツを他にもいろいろとご紹介しています^^

実は、夫の「買いだめちゃん」にイライラしてます

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は私が夫にイライラをぶつけたときのお話です。

実は、私の夫は「買いだめちゃん」なんです。

洗剤、お菓子、パン、電池、とにかくたくさん買ってストックするのが好きなんですね。

その結果、使い切る前に賞味期限が切れて捨てることもしばしば。

洗剤なども新しい製品が出るとそれをまた大量に買って、そちらから使うので、古い製品がどっさり残ってしまうことに。

あ、夫は捨てられない人なので、古い製品も使わないからと言ってなかなか捨てられないんです。

私は必要なものだけ置いておくのが好きだし、いらないものはパッと捨てるタイプ。

だから、夫の買いだめ&捨てられないのにイライラしちゃうんですね(>_<)

先日、「お菓子はこの箱に入らない分は買ってこないで」と言っていたのに、箱からあふれるくらい新しいお菓子が増えているのを発見しました。

イライラスイッチ、オン!

私がぷりぷりしながら「お菓子が増えてるんだけど!箱に入らないんだけど!」と夫に抗議に行きました。

すると、夫はニコニコしながら「はい、はい、ごめんね^^」と言うんです。

大好きなお笑い番組を見ている最中で、ご機嫌なタイミングだったんですね。

いつもなら、私の抗議にめんどくさそうにしたり、言い返したりするのですが「あれ?」とこっちが拍子抜けしちゃいました。

そして、私もなんだかどうでもよくなっちゃいました^^;

* * * * *

実はこれ、誰でも使える技なんですよ。

イヤなことがあったり、不愉快に感じることがあったとしても、自分がご機嫌でいると、受けるダメージが小さくなるんです。

たとえば、テーマパークで楽しく遊んでいるとき

大好きなアーティストのステージを見ているとき

趣味のガーデニングを満喫しているとき

ためしに、そういう楽しいときにイヤなことを考え続けてみてください。

意外と難しいことに気が付くはずです。

つまり、自分が楽しくていい状態でいるときに、相手からイヤなことを言われても、普通よりイヤな感じはしなくなります。

そして、そんなあなたの対応を受けて、相手の反応もまた変わってきます。

自分が楽しくてご機嫌でいられるのは、何をしているときでしょうか?

その状態を自分で知っておいて、いつでもその状態になれるようにしておくこと。

それはきっと、ストレスな状況に対するお守りになりますよ^^

あなたのダメージを軽くする方法、一緒に見つけてみませんか?

「家事を手伝ってくれない夫にイライラする!」

こんにちは。松尾 聡子です。

「家事を手伝ってくれない夫にイライラする!」

こんなストレスをお持ちの方、多いと思います。

特に共働きの家庭では、切実な問題ですよね。

仕事に行って、子どものお迎えに行って、ご飯つくって、洗濯して、毎日クタクタ。

それなのに、自分だけリビングで寝転がってビール飲みながらテレビ見てるって、どういうことよ!

信じられない!

と思っちゃいますよね^^;

そう、この「信じられない!」がストレスの原因なんです。

ストレスって、自分の常識と違うことが起きたときに、心が抵抗している状態なんですね。

この場合は「夫婦なんだから、妻が忙しいときは夫が家事を手伝うのが当然」と思ってます。

でも、夫の常識では「家事や育児は妻の仕事なんだから、夫はしなくて当然」なのかもしれません。

たとえば、家でも靴を履いたまま過ごす外国人が、日本の家に土足のまま入ってきて、日本人が「汚れる~!やめて~!」と言っているイメージです^^

でも、それによって

「家では靴を脱いで過ごすことは、日本では常識だけど、外国は違うんだなあ」

ということを知ることができます。

常識の違いを知ると、それに対してどんな風に対応したらいいか、わかってきます。

たとえば、玄関先で「靴を脱いでくださいね」と声をかけるとか。

スリッパを出して「日本では、家の中はこの靴に履き替えます」と教えてあげるとか。

つまり、ストレスは、自分が何を常識と思っているのかを知るチャンスなんです。

そして、常識以外のことに対応する柔軟性を高めることができるチャンスでもあります。

次にストレスを感じたとき、「夫と自分の常識の違いは何だろう?」と考えてみてくださいね。

そこに気づくことで、次の対策が見つかるはずです。

「考えてみたけど、対策が見つからない~」という方は、こちらです^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ストレスを感じたとき、簡単にできる対処法

こんにちは。松尾 聡子です。

忙しい日常生活、ストレスを感じていらっしゃる方も多いと思います。

夫婦関係、子どもの教育、仕事、人間関係、健康・・・

「ストレスがなくなったらラクだなあ」と思うかもしれませんね。

でも、ストレスがなくなることは、残念ながらありません。

というのも、嬉しい出来事がストレスになることがあるからです。

たとえば、仕事で昇進した場合です。

自分が認められた喜び、お給料が上がること、家族が喜んでくれる、など嬉しいことがたくさんあります。

でも、仕事の責任が増すこと、部下ができた場合は上司としてうまくやれるか、など不安も同時に感じるかもしれません。

だから、「ストレスをなくす」というより「ストレスと上手に付き合う」ことを目指す方がいいですね^^

ストレスを感じたときに、一番簡単にできる対処法をご紹介します。

それは、「その状況を中断する」ということです。

「イヤだな」という気持ちを感じたら、その気持ちを感じたままだとストレスになります。

そこで、その気持ちを感じたままにせず、いったん中断してみるんです。

たとえば、深呼吸をする。

このとき、吐く息と一緒にイヤな気持ちもぜんぶ吐き出しましょう。

また、イヤな気持ちを振り落とす感じで、頭をブルブル振るのも効果的です。

子どもっぽいですが、意外とイヤな気持ちが飛んで行っちゃうんです^^

他には、その場をいったん離れて別の場所に行くのもいいですね。

ストレスを感じたら、その状況をそのままにせずに他の行動をしてみましょう。

お試しくださいね。

ストレスの対処法は、カウンセリングでも行っています。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子