無意識とコミュニケーションを取る方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日はセルフアップ・カウンセラー講座でした。


今日のテーマは、ズバリ「無意識とつながる」です。

そもそも、無意識って何?というところですよね。

一言で言うと、

「あなたの心と身体を、全力で守ってくれているもの」

です。

心臓の鼓動を自分の意思で止めることはできません。

心臓をちゃんと動かしてくれたり、

目の前にボールが飛んでくると、まぶたを閉じて目を守ってくれたり、

高いところから落ちてケガをしたら「高いところは危ないよ、怖いよ」と、高所恐怖症にしてくれたり^^;

そんなふうに、私たちを全力で守ってくれているものです。

世界中のすべてが敵になったとしても、あなたの無意識だけは、あなたの味方です。

そして、今、何か悩みがあるとしたら

ほとんどが、意識と無意識が不調和を起こしているんですね。

たとえば、

夫にやさしくしたいのにできないとき

セックスしなくちゃと思っているのに、どうしてもできないとき

怒りたくないのに、子どもに強く怒ってしまうとき

人前に出ると、どうしても足がすくんで震えてしまうとき・・・

それは、無意識が何かしらの大事な意図があって、あなたを守ってくれているんです。

でも、それが実際の生活では不都合が起きてしまっているから、悩んでいるんですよね。

そういう時は、あなたの無意識さんと相談して、別の方法に変えてもらうということもできます。

そのためには、無意識さんとコミュニケーションを取る必要があります。

というわけで、今日の講座では

無意識とコミュニケーションを取って、今の困った状況を変えてもらうというワークをしました。

無意識さんとお話をするなんて、そんなことできるの?という感じですが

実は、方法さえ覚えれば、誰にでもできるんです。

そして、講座の時だけではなく、いつでも、一人でもできます。

今日もこのワークは初めての方が多かったですが

みなさん、ちゃんと無意識さんとお話できていましたよ^^

無意識さんとコミュニケーションを取る方法は、いろいろあります。

こちらの講座では、また違った形で無意識さんと仲良く協力していく方法をお伝えしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

自分や相手の無意識に働きかけることができたら

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日はセルフアップ・カウンセラー講座でした。

長崎から帰った翌日だったので、長崎のお土産付きです^^

皿うどんをお菓子にした「皿うどんチョコレート」

普通のチョコ味とホワイトチョコ味が入ってます。

大好評でしたよ~♪

さて、昨日の講座のテーマは「相手に気づきを与える会話技法」でした。

あなたの大切な誰か、たとえばお子さんやパートナー、お友だちが悩んでいるときに

アドバイスや指示ではなく、相手が自分で悩みから抜け出せるような言葉がけができるといいですよね。

あと、相手があまりにも理不尽なことを言ったり、決めつけたりするときに

相手を責めるのではなく、相手が自分で自分の言葉に疑問を持ってくれたりするといいですね^^

「夫婦なのに、セックスがイヤなんて、おまえがおかしい」とか

「おまえが言うことは全部おかしい。オレの言う通りにしておけ」とか。

そういうときは、相手の無意識に働きかけるような言葉かけができると、無理なく自然に伝えることができます。

無意識に働きかけるといっても、相手の心を操作することではありません。

意識がガチガチに固まっているときに、

意識の枠組みを緩めてあげたり

違う視点から見るようができるようになると、変わってきます。

自分や相手の無意識に働きかけること。

これって、自分でできるようになるといいなあって思いませんか?

そんなことができるような何かを考え中です^^

具体的に決まったら、こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「これならできる!」と納得できる答えを見つける方法

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日は「セルフアップ・カウンセラー講座」7日目でした。

先週から引き続き「交流分析」のお話です。

なぜかうまくいかないコミュニケーションのことを、交流分析では「ゲーム」と言います。


たとえば、朝の忙しい時間に、こちらがバタバタしているときに限って

ひっくり返ってワーワー泣いたり騒いだりする子ども。

ついイライラして声を荒げてしまい、さらに大声で泣かれてウンザリ。

そして、後になって、朝から怒鳴ってしまった自分に自己嫌悪(>_<)  

よくある朝の風景です。

が、実はこれも子どもに仕掛けられているゲームだったりします。

もちろん、ゲームは無意識にやっているものなので

子どもは

「ママにゲームを仕掛けてやろう。へっへっへ」

なんて思っていません^^;

講座では、それがゲームであることを知るだけでなく

じゃあ、どうする?という自分だけの答えをワークで見つけます。


こういう場合、人からアドバイスをもらうこともできますよね。

「わがままで泣いてるんだから、ほっておけばいいのよ」

「お母さんなんだから、感情的にならずに対応しないとね」

「かまってほしいんじゃない?抱っこしてあげれば落ち着くわよ」

「朝、バタバタしてしまうなら、もう少し早く起きれば?」

などなど。

どれも、なるほどね~、と思えるアドバイスです。

でも、人に言われるのと、自分で気付くのでは、答えが同じでも納得感が違うんです。

というのも、人にもらった答えは、意識で納得できたとしても無意識で納得したわけではないんですね。

そして、子どもの泣き声にイラッとするのは、無意識の反応です。


だから、無意識の部分が出してくれた答えなら「これならできる!」と納得できるんですね。

こんなふうに、講座で行うワークでもカウンセリングでも、解決のためのアドバイスはしません。

無意識が納得して出してくれる答え、つまり、自分だけの答えを探していただくサポートをするだけです。

昨日も、受講生のみなさんは困った状況に対する「自分だけの答え」をしっかり見つけていましたよ^^

あなたの正解は、あなたの無意識が知っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

カウンセリングでできないこと

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫にやさしくした方がいい」とわかっているけれどできない、

「夫婦だからセックスしなくちゃ」と思っているけれどできない、

そんな葛藤でモヤモヤしてしまうときってありますよね。

意識では「やった方がいい」と思うのにできないときは

無意識で「イヤだ」「したくない」と思っているときです。

つまり、意識と無意識の意見が違うときに、葛藤や悩みが生まれるんですね。

そういうとき、無意識の「したくない」を変えて、

意識の「するべきだ」に合わせる方法もあるかもしれません。

たとえば、勉強しなくちゃいけないのに、どうしても勉強する気になれないとき。

そんなときに、いろんなモチベーションアップの方法やワークで、ガンガン勉強できるマインドに変えることもできます。

でも、もしかしたら「勉強する気になれない」という無意識の気持ちの中に

とても大切な理由があるかもしれないんですね。

「本当は他にやりたいことがある」とか

「これ以上やると、身体に無理がきてしまう」とか

「自分がもっと成績が上がって、友だちに嫉妬されるのが怖い」とか。

その気持ちを無理やりねじ伏せて、意識の言い分だけを聞いていたら

たとえ成績が上がって、自分も周囲の人も喜んで納得したとしても

心の奥から納得して、喜ぶことはできなくなるんです。

成績が上がったことで、自分がのぞまない道に進むことになって

心にぽっかりと穴があいたような気持ちで人生を生きることになったり、

がんばりすぎることで、燃え尽き症候群や心の病気になってしまったり、

大事なお友だちとギクシャクしてしまったり。

ガンガン勉強すれば幸せになれると思っていたのに、結果的にちっとも幸せにはなれない。

それは、無意識が教えてくれる大事な理由を置き去りにしちゃったからなんですね。

私のカウンセリングでは、無意識とのコミュニケーションを大事にしています。

でも、それは無意識を意識に従わせるのではなく、

無意識の意図をちゃんと聞いて、

意識と無意識、両方の意図が納得できる方法を見つけるカウンセリングです。

「しなくちゃと思っているのに、どうしてもしたくない」とき

ただ、できるようになれば解決するのではないと思っています。

「できない」「したくない」の気持ちが強ければ強いほど

そこには、無意識が全力で訴えている大事な理由があるんです。

でも、大事な理由であればあるほど、すぐにはわからないこともあります。

自分でも気が付きたくない気持ちだったり

目をそらしていたい理由だったりすることもあるから。

「セックスしたくない」問題に注目させることで

無意識が本当の問題に気づかないように仕向けていることもあるんですね。

でも、それは無意識があなたがこれ以上傷つかないように、

悲しい思いをしないように、全力で守ってくれているから。

私は、その無意識のがんばりをちゃんと尊重したカウンセリングをしたいと思っています。

無意識を意識に無理やり従わせるカウンセリングはできません。

だから「とにかく、できるようにしてください」というご相談には、お応えできないです。

同様に「お薬紹介してください」にも、もちろんお医者さんではないので、お答えできないです^^;

あなたの意識と無意識の両方を大切に扱うカウンセリングでありたいと、いつも思っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

今日はちょっと不思議なお話です

こんにちは。松尾 聡子です。

今日はちょっと不思議なお話です。

さて、みなさんは

「大事なことなのに、どうしても思い出せなくて困ったこと」って、ありませんか?

私はときどきあります(>_<)  

実は最近も、ちょっと困ったことが起こりました。

携帯のキャリアを変えたので、それに伴って自宅のルーターも変えたんです。

交換は工事の人が全部やってくれたので安心してお任せ。

1ヵ月ほどして、前のルーターを返却することになったのですが、なんと、前のルーターが見あたらないんです。

もしかして、工事の人が間違えて持ち帰ったのかもしれないと思ったのですが、問い合わせてもそんなことはなくて。

家中探しても見つかりません。

工事の人からルーターを受け取ったのかどうか、それをどこに片付けたのか、

1ヵ月も前のことなので、さっぱり思い出せないんです。

ほんとに困りました。

意識で覚えられることって、限りがあるんですよね。

大事なことだと思えないことって、「意識」の記憶からはどんどん「削除」されちゃうんです。

でも。

「無意識」は、ぜーんぶ覚えているんです。

私がカウンセリングで使っているニューコードNLPでは、自分の中の無意識とコンタクトを取る方法があります。

そこで、私の中の無意識さんに

「ルーターを見つからなくて困っている。場所を教えてほしい」

と、お願いしたんですね。

あとは無意識さんを信頼して、お任せです。

そうしたら。

今日、掃除機をかけるときに、いつも手抜きしてかけない棚の下が、なんとなく気になったんです。

めんどくさいなーと思いつつ、ま、気になっちゃったからやっちゃうか!と掃除機を棚の下に入れると

「ガンッ!」と何かに当たる音が。

もー、なんだろう、と思って取り出すと、

そうです!ルーターがあったんです!

どうしてこんなところにあったのか、

誰が入れたのか(って私しかいないんですけど^^;)

いつ、どうやってそこに入れたのか、

まっったく覚えがないのですが、

ちゃんと無意識は覚えてくれていて、私に教えてくれたんですね。

もう、本当に無意識さんに感謝です。

実は私、こんなふうに無意識さんに助けてもらったことが何度もあります。

無意識って、私たちの心と身体を守ってくれる、最強の味方なんです。

そんな無意識さんと、あなたもコンタクトを取ってみませんか?

そして

無意識レベルから夫婦の信頼関係を作る講座はこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「したいのにできない」のは、どうして?

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫を受け入れたいけれど、できない」

「夫とセックスしたいけれど、どうしても身体が拒否してしまう」

夫をこれ以上傷つけたくないし、夫と仲良くしたいのに。

どうしてできないんだろう・・・

もどかしくて、苦しくて、つらいですよね。

こんなふうに「したいのに、できない」のには、ちゃんと理由があるんです。

まず「夫とセックスできるようになりたい」というのは、「意識」で考えていることです。

でも「無意識」が「したくない」と思っているんですね。

意識と無意識の比率は「意識:無意識」=「1:9」と言われています。


意識で「したい」と思っていても、無意識が「したくない」と思ったら、無意識の圧倒的なパワーに意識は負けてしまうんです。

たとえば、テスト前だから勉強しなくちゃ!と思ってるのに、どうしても勉強する気になれないとか。

嫌いな取引先の担当者に会うと、どうしても顔がこわばってしまうとか。

それも、意識では「勉強しなくちゃ」「笑顔で挨拶しなきゃ」と思っていても、無意識が「いやだ!」と思っているからです。

じゃあ、無意識が「したくない」って思っている限り、どうにもならないの?

だって、無意識とはコミュニケーション取れないし・・・

と思っちゃいますよね。

でも、大丈夫です。

無意識とも、ちゃんとコミュニケーションが取れるんです^^

私のカウンセリングでは、無意識の意図を聞いて、意識と無意識が仲良くなることで新しい選択肢を見つけます。

無意識が「したくない」と思うのには、それなりの大切な理由があるんですね。

その理由を大切に、そして無意識が納得できる方法を考えていきます。

「したくない」のに「したい」と思わせるような、無意識を無理やり意識に従わせることはしません。

どんなふうにコミュニケーションを取るのか、詳しくは金曜日(8日)の夜のメルマガでお伝えしますね。

興味のある方は、登録してお待ちくださいませ。

がんばってダイエットしているのに、痩せられないのはなぜ?

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」の気持ちは、性的な嫌悪感だけが原因というわけではありません。

夫婦の関係性や自分の中に抱えている問題、自分自身の親との問題など、様々な問題が絡み合っていることが多いです。

逆に、「夫とセックスしたくない」の気持ちも、日常生活の様々な場面に影響します。

たとえば、夜、2人きりになるのを避けるために、眠くもないのに子どもと一緒に早く寝るようにしたり。

誘われるヒマがないように、仕事や家事など予定をたくさん入れて、身も心もクタクタになってしまったり。

機嫌よくしていると誘われそうな気がして、常に不機嫌な態度を取っているために、家庭の中が暗い雰囲気になってしまったり。

でも、こういう状態は、自分でもわかっていることが多いです。

夫に誘われないように、こういう生活スタイルや態度をしているんだなあと、自分でもわかっています。

だけど、自分でもわかっていないことで影響を及ぼしていることもあるんです。

たとえば、がんばってダイエットしているのに、なぜか痩せられないという場合です。

痩せたい気持ちはあるし、食事も気を付けて運動もしている。

でも、どうしても痩せられない。

そんなときは、もしかしたら「夫とセックスしたくない」の気持ちが影響しているかもしれません。

実は、この「痩せられない」のは、私のことでした^^;

どんなふうにして気づいたのか、何が私を痩せさせなかったのか。

その秘密は、来週火曜日、12月1日夜のメルマガでお伝えしますね。

登録してお待ちくださいませ^^

身体の不調は、大切なメッセージかもしれません

こんにちは。松尾 聡子です。

季節の変わり目、体調を崩しがちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

のどが痛かったり、疲れやすくなっていたり、おなかを壊してしまったり。

急に寒くなってきたからなあとか、夏の疲れが出てきたかな、と思いますよね。

そこで、朝夕はちょっと一枚多く羽織ったり。

夜はいつもより早く寝るようにしたり。

これは、身体が「このままだともっと大変なことになるよ」という合図を送ってくれてるんですね。

風邪がひどくならないように、疲れがたまってもっと大きな病気にならないように。

同じように、身体の不調は心がメッセージを送ってくれていることもあるんです。

学校に行きたくない子どもが、朝、玄関でおなかが痛くなったり。

大変な仕事相手とのやり取りが続いて、胃潰瘍になってしまったり。

夫に誘われるのが憂鬱で、膀胱炎になってしまったり。

「今、心がピンチだよ」

と、教えてくれているんですね。

身体の不調、痛み、それには、無意識からの大切な意図があることが多いです。

その意図に耳を傾けて、意図を満たしてあげることで、身体の不調が改善することがあります。

ときどき、意図がないときもあります^^;

その時は「じゃ、この不調や痛みとサヨナラしたいんだけど」と、無意識にお願いすれば大丈夫です。

無意識と相談しながら、あなたの身体の不調に取りくんでみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

なぜか、おなかをぐるぐるなでていました^^;

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、家中に掃除機をかけた後、「終わった~」とホッとしてしていたときのことです。

なぜか、子どもが私のことを見て笑っています。

「なんで立ったままおなかをなでてるの?」と言うんです。

気が付くと、片手に掃除機のノズルを持ったまま、もう片方の手でお腹をぐるぐるなでていました。

特におなかが痛かったわけでもないし、おなかが空いていたわけでもなかったんですけどね^^;

まったく、無意識の行動です。

でも、だからこそ、大事な意味を持っていることがあります。

頭では「掃除が終わったら、洗濯をして、それからご飯つくって・・・」と次にやることを一生懸命考えてました。

でも、掃除が終わった一瞬、気が抜けたときに、おなかのマインドが何か伝えてたのかもしれませんね。

「暑くて疲れたよー」

「ちょっと一休みしたいなあ」

「夏バテ気味で、胃腸が弱ってるよー。温めてほしいなあ」

そんなおなかのマインドの声を聞いた、私の無意識さんが

「はいはい。がんばったね。よしよし」と、私のおなかをなでなでしていたのかもしれません^^

おなかのマインドは、身体や無意識とつながりやすい部分です。

頭で考えすぎて堂々巡りになったとき。

悩んで、疲れて、どうしようもなくなったとき。

おなかをなでなでしながら、おなかのマインドがどんなふうに感じているのか、確かめてみませんか?

おなかのマインドともっとコミュニケーションを取りたいな、という方はこちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「やめたいけれど、やめられない」こと、ありますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

やめたいけれど、やめられないことって、ありませんか?

「寝る前のアイスクリームがやめられない」

というかわいいお悩みから

「パチンコがやめられない」

「お酒がやめられない」

という依存症的な「やめられない」というもの、

「夫への冷たい口調がやめられない」

というコミュニケーションに影響してしまう「やめられない」もあります。

「やめられない」ということは「悪いこと」と思われてしまいますよね。

でも、本当は「やめられないこと」にこそ、とても大切な意味があるんです。

たとえば、「寝る前のアイスクリームがやめられない」と悩んでいた方が持っていた「やめられない」気持ちの奥にあったもの。

それは「1人の時間の物足りなさ、さみしさを埋めたい」というものでした。

意識で、どんなに「寝る前のアイスクリームは太るからダメ!」と思っていても

無意識で「アイスを口にすることで、さみしさが癒される」と思っていたら。

アイスをやめるのは、残念ながらとっても困難です。

意識と無意識の比率は「1:9」と言われています。


だから、意識はあっけなく負けてしまうんですね^^;

さて、あなたの「やめられない」は何でしょうか?

「夫にやさしくしたいのに、冷たくするのをやめられない」

そこには、何か大切な意味があるはずです。

その意味を見つけて、他の方法で目的を満たすことができれば、意外と簡単に「やめられない」ことを「やめる」ことができます。


あなたの心の奥にある「やめられない」の本当の意味、一緒に見つけてみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子