よりにもよってこんな雪の日に「あいさつ当番」でした

こんにちは。松尾 聡子です。

今日は関東はいきなりの雪ですね!

今年の冬は暖かいなあと思っていたので、ビックリです。

そして、よりにもよってこんな日に、子どもの学校の「あいさつ当番」が当たってしまいました(>_<)

「あいさつ当番」というのは、保護者が数人ずつ順番に校門に立ち、登校する生徒たちに「おはようございます」と声をかけるというものです。

昨年は、台風直撃の日に当たってしまい、学校が休校になったのでお当番も中止に。

今年も中止にならないかなあ~と期待していたのですが、中止の連絡も休校の連絡もなく、しぶしぶ出かけました

ふだんなら歩いて20分ほどの道のりを30分以上かけて歩き、

信号待ちしていると、走ってきた車から思いっきり水をかけられ(涙)

びっしょり濡れた服のまま、手や足の指先が冷たくなっていくのを感じながら、あいさつ当番を遂行してきました!

と、こんな感じで大変でしたが、いいこともありました^^

あまり交流のない保護者同士ですが、大変な思いをして学校までたどり着いたことで、みんなすぐに一体感が生まれて仲良くなれたこと。

特にその中の一人の方とは意気投合して、帰りの雪道も楽しくおしゃべりしながら帰れたこと。

信号待ちで水をかけられたとき、一緒にいた通りすがりの人たちと

「ひどいよね!」
「スピード落としてくれればいいのにね」
「見て、こんなに濡れちゃった」

と盛り上がったのが、なんだか楽しかったこと。

雪の日に子どもたちがどんなふうに登校しているのか、様子がわかったこと。

そして、家に戻ってきて、暖かな部屋で濡れた服を着替えて、コーヒーを入れて一息ついたときに「ああ、幸せだなあ」と心から感じられたこと。

ほんとは、ちょっとだけ「あいさつ登板、さぼっちゃいたいなあ」と思ったんです。

でも、やっぱり、行ってよかったなと思いました。

めんどくさいなあ、イヤだなあ、気が進まないなあ、ということって、ありますよね。

でも、えいっと思ってやってみると、そこからステキな何かが見つかることもあります。

それって、やってみないと手に入らないものなんですよね。

そして、気が進まなかったことだからこそ、そこで見つけたステキな何かって、とっても嬉しい気持ちにさせてくれるんです。

まずは、自分から動いてみること、変化を起こしてみること。

そこで何が見つかるのか、楽しんでやってみてくださいね^^

ちょっとしたハッピーが伝わっていくのは、嬉しいですね^^

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日は、今年最初のカウンセリングでした。

いつもお世話になっているカウンセリングサロン「イスト・ヴィレッジ」で、新年のプレゼントをいただきました^^

かわいらしい絵柄のカラフルな金太郎飴です♪

こういう、ちょっとした気遣いが嬉しいですね。

昨日のクライアントさまは遠方からいらしていただいたので、帰りの新幹線で食べていただけるようにお渡ししました。

喜んでいただいて、さらに私も嬉しくなりました♪

こんなふうに、ちょっとしたハッピーが人から人に伝わっていくのは、とても嬉しいものですね。

カウンセリングに来てくださった方が、少しでも心がホカホカになって帰っていただけますように。

そんなふうに今年も心がけていきたいと思います^^

ケンカしちゃった!そんなクリスマスもあります^^;

こんにちは。松尾 聡子です。

今日はクリスマスイブですね。

我が家は昨夜、ちょっと早めのクリスマスパーティをしました。

ただ、ちょうどマンションの大規模修繕工事中でバルコニーが使えないので、家中に洗濯物がかかっている悲しい状態でした(>_<) 

おまけに、食後に子どもとケンカしちゃいました(T_T)

でも、お互いに言いたいことを言い合って、考えていることを伝え合うことができたのはよかったなあと、一晩経って思えます。

まあ、そんなクリスマスもあります^^;

さて、あなたはどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?

「あ、こんなときこそ温泉に行こう!」とひらめきました^^

こんにちは。松尾 聡子です。

実は昨日、浴室の修繕が入ったんです。

たいした工事ではなかったので、21時過ぎにシャワーなら使って大丈夫、と言われました。

昼間、風が冷たかったから、お風呂が楽しみだったのになあ。

こんな日こそ、ゆったり湯船につかりたかったなあ。

ちょっと、ブルーな気持ちになりました。

その時に「あ、こんなときこそ温泉に行こう!」とひらめいたんです^^

うちの近所に、日帰り温泉があるんですね。

歩いてすぐなので、お友だちが来たり、親戚が泊りに来たときに時々行くんです。

でも、うちにお風呂もあるし、ふだんは行かないんですよね。

普通の銭湯に比べると、お値段もちょっとお高いですし^^;

だけど、別にお客さんじゃなくても、たまには自分だけのために行ってもいいよね~、って。

そう考えると、もうワクワクです♪

平日の夕方、ちょうど食事時だったせいか空いていて。

檜風呂、源泉の岩風呂、漢方薬の蒸湯、などなど、いろんなお風呂を1時間ほどかけてゆったり堪能しました。

また、いつもは誰かと一緒なので、おしゃべりしながら入るのですが

こうして一人だと、自分のペースで好きなだけ入ることができるのもいいですね。

いろんな疲れやストレスなど、そういうものがふぅっとやわらいで、心がリセットされたように感じました。

年末年始、忙しくて身も心も疲れてしまう時期です。

こんなふうに温泉でもいいし、おいしい食事でもいいですね。

ちょっと一息、ほっとできるような心地よい時間を、自分にプレゼントしてみませんか?^^

モノマネって、夫婦関係の改善にも使えるんです

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、あるバラエティー番組を見ていたら、中山優馬くんというアイドルがゲストで出ていました。

彼のことはあまり知らなかったのですが、モノマネが得意らしいです。

番組でもさかなクンや福山雅治くんのモノマネを披露していたのですが、とっても上手でビックリしました!

どうして今までモノマネ番組に出てなかったんだろうと思うくらいのクオリティです。

彼は週に4回もカラオケに通って、モノマネの練習をしているそうです。

ひたすらモノマネしたい相手のコピーをしていると言っていました。

モノマネする場合、相手の特徴を観察して、それを誇張して表現するという方法もあります。

これは、モノマネ芸人さんの方法です。

見ていて楽しくて、笑えるモノマネですね。

優馬くんの場合は、何も考えずに、ただひたすら相手のしぐさや声やマネするという方法です。

すると、無理せずにその人のしぐさや声が出せるようになるんです。

まるで、本当にその人がそこにいるような印象を受けます。

この方法、実はふだんの生活でも使えるんですよ^^

まず、あなたが憧れている人、こんなふうになりたいな、と思っている人を思い浮かべてみてください。

たとえば、いつもおだやかで、笑顔がステキな先輩。

トラブルが起こっても、冷静に対応できる姿ががっこいい職場の上司。

立ち居振る舞いがうっとりするほど美しい女優さん。

あるいは、とても夫婦仲がよくて、愛情にあふれているお友だち。

そういう人たちを、何も考えずに見ながら、動きや表情、声などをただひたすらコピーしてみるんですね。

すると、しぐさや表情だけでなく、その人が持っている心の状態も体験することができるんです。

おだやかさ、冷静さ、愛情、やさしさ・・・

そして、自分が必要なときに、それを使うことができるようになるんですね。

たとえば、夫と一緒にいるときに、ついイライラしてしまう。

そんなときには、おだやかで笑顔がステキな先輩の動きを思い出してやってみる。

夫婦仲がいいお友だちの様子を思い出して動いてみるのもいいですね。

そうすると、気持ちも変わってくるんです。

こんなふうに、実はモノマネって夫婦関係の改善にも使えるんですよ^^

ぜひ、試してみてくださいね。

離れたからこそ、見えるものもあります

こんにちは。松尾 聡子です。

先週末から、九州の実家に帰っており、3日に東京に戻ってきました。

今回は実家の両親のお世話がメインだったので、私一人での帰省です。

子どもの頃は、出たくて出たくてたまらなかった地元。

大学進学と同時に離れた地元ですが、離れたからこそ、改めて地元の良さがわかった気がします。

ほんわかとした訛りも、おいしい食べ物も、空と山と海がちょうどいい感じである風景も。

今は、とても大事な場所です。

そして、東京に戻ると、空港から浜松町に向かうモノレールからは高層ビルや橋が見えてきます。

満員電車や人の多さに、時々疲れてしまうこともありますが。

こうして、数日ぶりに見る東京の圧倒的なパワーにもまた懐かしさを感じるようになってきました。

離れたからこそ、見えるものがある。

距離をおくことで、気づくこともある。

九州と東京を行ったり来たりするたびに、そんなことを感じます。

さて、また東京でもがんばりますよ~^^

何かを手放すことで、新しく手に入れられるものがあります

こんにちは。松尾 聡子です。

何かを手放すことで、新しく手に入れられるものがある。

そういうことを感じるとき、ありませんか?

最近、私の周りで、そんな人がちらほらいるんです^^

仲良くしていた友だちグループから、仲間外れにされた小学生の男の子。

今まで遊んでなかった子と話すようになったら、思いがけず趣味が一緒で気が合うことがわかったそうです。

がむしゃらに肩に力を入れて生きていくことを手放した女性は、周りの景色や季節の移り変わりを感じられるようになりました。

夫に対するプライドを手放したら、出会った頃の夫を大切にしていた気持ちを取り戻した妻もいます。

人間関係、仕事、趣味、習慣・・・

なんだか違和感があるし、楽しくないけれど、手放すのが怖いもの。

でも、その違和感は心の奥からのメッセージかもしれません。

手放してみたら、今の自分にもっとピッタリの新しいものが入ってくる。

そこに必要なのは、ほんの少しの勇気。

手放していいもの、今のあなたに本当に必要なもの、一緒に見つけてみませんか?

トイレの修理にまつわる夫婦の価値観について

こんにちは。松尾 聡子です。

最近は連休が多いですね。

みなさんは、いかがお過ごしでしたか?

私はセミナーに参加したり、お仕事したりしておりました。

このセミナーの成果は、新しいカウンセリングのご提案として近々お伝えできると思います。

楽しみにお待ちくださいませ^^

さて、私はお仕事しておりましたが、夫はその間、トイレ修理に没頭してました。

先日、水道の検針の結果「使用量がかなり上がっているので、どこかで水漏れしているかも」と連絡があったんです。

言われてみると、数か月前からトイレで常に水が流れる音がしていたんですね。

そこで、業者さんを呼んで修理してもらおう、と夫に提案したんです。

すると夫が「自分が修理する!」と言い出しちゃって(>_<)


以前も、子どもがおもちゃをトイレに流したときに自分で修理したから、今回もできる!とやる気満々なんです。

水まわりのことだし、今回は水漏れだし、下手に自分で手を出すよりもプロにお任せした方がいいんじゃないかなあ。

夫もせっかくの休みなのに、トイレ修理にかかりっきりになるのも時間がもったいないような・・・

そんなふうに思ったのですが、夫は聞く耳持たず。

自宅とホームセンターを何度も往復して必要な備品を買ったり、ホームセンターの人に修理のコツを聞いたりして。

なんとかトイレの水漏れは解消しました。

夫はとってもご機嫌で、達成感に満ち満ちておりました。

もともと、細かな手作業が好きなので、あーでもない、こーでもない、と原因を探しながらあれこれ作業するのは楽しかったようです。

トイレの修理は、私にとっては

「水まわりの修理なんて、お金を払ってプロに頼んだ方が安心」

「そんなよくわからないことに、自分の時間を費やすのは無駄」

というものでした。

でも、夫にとっては

「好きな手作業の技を使って課題を攻略する格好のお楽しみ」

だったんですね。

夫婦でも、親子でも、同じ出来事に対する価値観ってこんなにも違うんだなあ。

なんて、そんなことを改めて感じた一日でした^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

ゴロゴロしてる夫に、気持ちよくお手伝いをしてもらう方法

こんにちは。松尾 聡子です。

いつもゴロゴロしてテレビばかり見ている夫。

私が仕事から帰って、バタバタして食事の支度をしながら子どもの世話もしているのに、何にもしてくれない。

ヒマなら洗濯物をたたむとか、お風呂の掃除をするとか、子どもと遊んでくれるとかしてくれてもいいのに。

でも、言うと不機嫌になるし、言ってもやってくれないし。

それで夜になるとセックスさせないって文句言われても、する気になんてなれるわけない!

と、思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最近は、世の中的にもイクメン、主夫、料理男子などなど、男性が家事をすることに抵抗がなくなってきました。

でも、まだまだ家事や育児は女性の仕事、という考え方は根強く残っているようです。

そういう自分の頭の中にある常識や価値観は、人によってそれぞれ違います。

それを変えようとするのは難しいんですね。

相手を変えようと思うのではなく、とりあえず目の前のやってもらいたいことをお願いする。

そこから始めてみましょう。

その時、「忙しいんだから手伝ってよ」という漠然としたお願いではなく、

「洗濯物のタオルだけでもたたんでくれると、助かるなあ」というように、具体的にお願いする方がいいです。

また、一度にいくつもの指示を出すのではなく、一度の指示の内容は一つにする方が相手の負担感が減ります^ ^

さて、相手の価値観を変えることなく、スムーズに家事のお手伝いをしてもらえる方法がもう一つあります。

これは、夫だけでなく、子どもにお手伝いしてもらいたいとき、会社の人たちにも使える方法です。

詳しくは今週金曜日のメルマガでお伝えしますね。

なになに?知りたい!という方は、ご登録してお待ちください^ ^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

家族が不機嫌なのは、私のせい?

こんにちは。松尾 聡子です。

昨夜はよく眠れましたか?

関東は低気圧が近づいているせいか、湿気が高くて寝苦しい夜でした。

ムシムシして暑くて目が覚めて、扇風機をつけると今度は寒くなって、また目が覚めて・・・の繰り返し。

朝、起きたときはなんとなく身体がだるく、頭も重たくてどんより(>_<)

だるだるな気分でお弁当や朝食の用意をしたのですが、起きてきた家族もまたみんな不機嫌そうです。

ただでさえどんよりした気分なのに、ますます憂鬱になっちゃいますよね。

でも、私がよく眠れなかったように、きっと家族もぐっすり眠れずに、頭も身体もだるだるだったのでしょう。

みんなが不機嫌なのは、お天気と気温と湿度のせいです。

お互いの不機嫌な顔や声や態度は気にせず、「はいはい、さっさとみんなお出かけしてください!」と送り出すしかありません^^

でも、思い出しました。

以前は「家族が不機嫌なのは、私が何か悪いことしたのかな」と思っていました。

そこで、家族がご機嫌になるようにしつこく声がけをしたり。

逆に、機嫌が悪いことを責めるようなことを言ったりしていました。

もちろん、自分の態度や口調が相手の機嫌を悪くすることもあります。


でも、いつもいつも、必ず、自分が悪いわけではありません。

今日みたいに、お天気や湿度のせいかもしれない。

旦那さまの機嫌が悪いのは、会社で憂鬱な会議があるからかもしれない。

子どもがイライラしているのは、友だちとケンカしちゃったのかもしれない。

ちょっと視点を変えてみると、自分を責めなくても大丈夫なときもあります。

それに気づくと、相手に対して、しつこく声がけしたり、責めたりすることではない、別の働きかけができるかもしれません。

視点を変えるコツも身に付けられるカウンセリングは、こちらです。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子