セックスレスとお金の問題にお悩みのあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦のセックスレスの問題では、同時にお金の問題が発生することが多いです。

たとえば、夫の収入の方が妻より多い場合の夫のセリフです。

「オレはこんなに家族のために働いて稼いでるのに、オレはただの金づるか!」

「もう、おまえのために家にお金を入れる気持ちになれない」

「このままセックスを拒否するなら、オレと同じだけ稼いで来い」

「おまえの仕事も、稼ぎも、たいしたことないじゃないか」

 
こんなふうに言いたくなっちゃうのも、わかります。

家族のために、妻のために、一生懸命に働く毎日。

妻のことだって愛しているし、大事にしているのに。

なのに、どうして拒否されるんだ、なんのために働いているんだ。

そんなふうに思ってしまうのは当然です。

でも、そんなふうに言われた妻は

「え?養ってもらってる恩を身体で返せってこと?」

と思ってしまうことがあるんです。

また、妻の方が収入が多い場合、妻は口には出さなくても、こんなふうに思うことがあります。

「私の方が収入が多いのは、私が責任ある仕事をして、がんばっているからじゃない」

「あなただって本当はもっと収入を上げられるのに、どうしてもうひと頑張りしないんだろう」

「それなのに憂鬱なセックスまで求められるなんて、どうして私ばっかり疲れることしなくちゃいけないの」

 
もしも、こういう言葉を夫が実際に聞いてしまったら、

ただセックスを求めているだけなのに、人間性まで否定されてように感じてしまうかもしれません。

どちらにしても、お金とセックスを絡めて言われると、言われた方は深く傷ついてしまいます。

といっても、言う方も言いたくて言っているわけではないんですね。

言わずにいられないくらい、追い詰められているんです。

でも、言うとますます相手の心を閉ざしてしまいます。

だから、もしもそういうことを言いたくなったときに。

ちょっとだけ、子どもの頃のことを思い出していただけますか?

もしかしたら、親に一度や二度、言われたことがあるかもしれません。

「誰のおかげで大きくなれたと思っているんだ」

「好きなことがしたいなら、自分で稼いでから言え」

言われなかったという方は、もしも子どもの時に、親からそんなふうに言われたらどう思うかな、と想像してみてくださいね。

子どもが自分で好きなように生きていけるように稼げるわけがありません。

そういう、どうしようもないことで批難されること。

グゥの音も出ないことで正論を振りかざされること。

そこには、自分自身に対する無力感と、それを感じさせる相手に対する怒りしか生まれないんですね。

だから。もしも言いたくなってしまったときは。

そのことを思い出してみてください。

あなたのその言葉は、あなたが本当に伝えたいことを伝えてはくれないこと。

本当に伝えたいことを、相手に届くように伝える方法を見つけてみませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「セックスレスではないけれど、最近、求められるのが億劫」そんなあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

「セックスレスというわけではないけれど、最近、求められるのが億劫で・・・」

そんなふうに感じている方もいらっしゃるかもしれません。

特に夫に嫌悪感を感じるわけでもないし、セックスが嫌いなわけでもない。

でも、誘われると憂鬱。

できれば、しないでさっさと寝ちゃいたい。

別にセックスレスではなくても、そういうときってありますよね^^;

疲れていたり、心配事があったり、単にそんな気になれなかったり、体調が悪かったり。

妻だけじゃなく、夫だってそういう時があるはずです。

だけど、そういう状態が増えてきたり、続くようになったら。

その時は、ちょっと危険信号かもしれません。

小さなガマンの積み重ねは、「イヤ」の気持ちをどんどん大きく育ててしまいます。

イヤな気持ちを押さえつけて、自分の気持ちをがんばって立て直すことを続けるのは、心を疲れさせてしまいます。

そのうち、自分に億劫なことをさせて、ガマンをさせて、自分だけ満足そうにしている夫に対して、恨みや怒りの気持ちが生まれてくるかもしれません。

私がこんなにイヤなのに、私がこんなにガマンしているのに、自分だけ満足ならそれでいいの?

どうして、私の気持ちを察してくれないの?

それは、嫌悪感を生み出します。

セックスも、夫のことも、どんどん嫌いになってしまいます。

そうなったら、もう簡単には自分で自分の気持ちを立て直すことは難しくなります。

イヤの気持ちが大きくなりすぎると、それに支配されてしまうんです。

だから。

ちょっと億劫、ちょっとめんどくさい、ちょっと憂鬱。

それが続いたら、早めにその気持ちを手当てしてあげることが大事です。

その気持ちを生み出しているのは何なのか、その原因を取りのぞいて、ガマンしなくてもいいように。

イヤの気持ちを育てないように。

「セックスレスというわけじゃないけれど、最近ちょっと億劫だなあ」

それは、大切なあなたの心のサインです。

そのサインに気が付いてあげられるのは、あなただけです。

そして、気が付いたら、できるだけ早く来てくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

セックスレスを解消する方法・・・が、できないとき

こんにちは。松尾 聡子です。

日本のセックスレスの割合は、海外の国々に比べてずいぶん高いという話、聞いたことありますか?

セックスの頻度も満足度も、世界ランキングではかなり低いみたいです。

結婚している夫婦の平均が、月に1~2回。

回数の多いギリシャやブラジルと比べると、3分の1くらいの頻度です。

こういうニュースを見て、どんなことを感じますか?

「外国と比べて、こんなに少ないなんて!」と、危機感を覚えるでしょうか。

「他の日本人もそうなんだ~」と安心する方もいるかもしれませんね^^

こういう調査結果の記事を見ると、セックスレスを解消するための方法も紹介されています。

・スキンシップを取る

・相手にも、自分にも女を感じさせる

・2人だけの時間をつくる

・たまにはホテルに行ったり、旅行したり、恋人同士みたいなデートをする

・自分に素直になる

 
などなど。

でも。

スキンシップや2人だけの時間を持つことが怖かったら?

ホテルや旅行に誘うことで、相手がプレッシャーを感じたり、つらくなってしまったら?

今までずっとイヤな気持ちを我慢していて、自分に素直になったから「したくない」を言えたのだとしたら?

セックスレスは悪いもの、改善しなくちゃいけないもの。

とにかく、できるようになればいい。

性的な気持ちや魅力を復活させれば解決するんだから!

・・・というのが、できる人はそれでいいと思います。

でも、それができないからつらい。苦しい。

そういう方は、こちらが参考になるかもしれません。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「他の夫婦はふつうにできているのに、どうして私はできないんだろう」

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスを拒否して、夫に責められるとき。

とても、つらいですよね。

「どうしてそんなことを言うんだろう」

「イヤなんだから、もう、しなくてもいいじゃない」

と思う気持ちと同時に

「他の夫婦はふつうにできているのに、どうして私はできないんだろう」

という、自己否定の気持ちや

「夫は私を好きでいてくれるのに、そんな夫を私は傷つけている」

という、罪悪感も加わって、つらさがどんどん膨らんでしまいます。

旦那さまが妻を責めるのは、しょうがないかもしれません。

旦那さまも、行き場のないつらさ、やるせなさをぶつけているのだと思います。

でも、あなたが自分を責めたり、否定したりするのは、ちょっとお休みしましょうね^^

そのかわりに、「セックスしたくない」その気持ちの奥にある「本当に言いたいこと」に耳を傾けてみませんか。

今まで気づいてもらえなかった気持ち、言いたいこと、それが気付いてほしくて

「セックスしたくない」という形でサインを送っているのかもしれません。

それに耳を傾けて、言い分を聞いてあげる。

誰かに遠慮して、自分自身にも遠慮して、ずっと気付かないふりをしていた気持ちに気づいてあげる。

そして、気付いてもらえなくて傷ついていたその気持ちを癒すことができたら。

もう「セックスしたくない!」というサインを送る必要がなくなるかもしれません。

あなたが自分の心を責める前に、あなただけは自分の心の味方になってあげてほしいと思います。

そして、私もいつもあなたの心の味方でありたいと思っています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

イヤな気持ちを奮い立たせて一度したら、何度も誘ってくる夫。どうして?

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスを何か月も拒否しているため、夫もイライラ。

夫に対する申し訳なさや、罪悪感から、なんとか気持ちを整えて応じてみた。

「これで満足してくれるはず。しばらくは誘われない」と安心したのもつかの間、逆に頻繁に求められるようになってしまった。

こんなお話、とてもよく聞きます。

妻はその気になったわけでなく、イヤな気持ちを抑え込んで、気持ちを奮い立たせて応じたのに

夫にはそれが伝わらず、妻がやっとやっとその気になってくれた!と思えてしまったときに、こういう事態になってしまいます。

「ようやくその気になってくれた!また、したくないという気持ちに戻らないように、この状態を続けなければ」

と思ってしまうんですね。

妻が夫との関係をなんとかよくしたいと頑張っているのと同じように

夫も一生懸命に、セックスレスの状態をなんとかしようと頑張っているのだと思います。

ただ、夫婦の方向性が逆になってしまっているんですね。

でも、お互いに「夫婦が仲良く暮らしたい」という同じゴールを持っているならば、きっと方法はあるはずです。

お互いの方法を否定するだけでなく、お互いが納得できる新しい方法を見つけること。

それもまた選択肢の一つです。

お互いに真逆の方法のまま、怒りを積み重ねるのはつらいですよね。

この機会に、そろそろ新しい選択肢を見つけてみませんか?

また「夫婦でのカウンセリングも考えたい」とお考えの方は、一度こちらでお話を聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「する日を決めても、やっぱり毎日がつらい」というあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

夫にいつ誘われるか、不安。

そのたびに断って、険悪な雰囲気になるのも怖い。

夫の方も、誘うたびに断られ、そのたびに傷ついてしまう。

でも「誘わなければずっとこのままかも」という不安から、誘わずにいられない。

そして、断られてさらに傷ついてしまう・・・

その対策として「セックスする日を前もって決めておく」という方法を取るご夫婦も多いです。

たとえば週に1回、あるいは月に1回とか2回などですね。

そうすると、その日以外は誘われることもなく、断られることもなく、お互いにストレスから解放されます。

とてもいい方法!・・・のはずなのですが。

実際は、決めた日以外もつらいのは変わらないんです。

たとえば週末と決めていたとしたら、月曜日の朝から意識は週末の夜のことでいっぱいになってしまったりするんですね。

刻々と近づく週末の時間。

そして、その時はもう断れない。

「する日を決めておけば、他の日は安心して過ごせるはずだったのに・・・」

そんなふうに感じている方もいらっしゃると思います。

でも「セックスしたくない」という気持ちなのに、それを「セックスをする」ということで解決するのは、むずかしいんです。

する日を決めることは、今の「イヤ」を別の「イヤ」に置き換えるだけなんですね。

ここで、ちょっと考えてみてくださいね。

「したくない」という気持ちをどんなふうに変えたいですか?

そして、夫婦の関係をどうしたいですか?

そこに取り組むことが、本当の解決につながります。

「する日を決めても、やっぱり毎日がつらい」というあなたへ。

「つらい」から本当にサヨナラする方法を一緒に見つけませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「いっそ、風俗に行ってくれればいいのに・・・」と願ったことはありませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

夫にセックスを求められるけれど、どうしても応じる気持ちになれない。

断り続けるのも苦痛だし、夫の悲しそうな顔を見るのもつらい。

だんだんと夫もイライラしてきて、断るたびにケンカになってしまう。

「いっそのこと、風俗に行ってくれればいいのに・・・」


そんなふうに願ったことは、ありませんか?

それで夫がスッキリするのなら。

それで夫がラクになるのなら。

私が求められずにすむのなら。

断った後の気まずい雰囲気や、言い合いになる毎日がなくなるのなら。

「どうか、お願いだから風俗に行ってほしい」

そう思ってしまったことは、ありませんか?

あるいは、夫から「もう、風俗に行くから!」と言われた方もいらっしゃるかもしれません。

風俗に行けば、夫も妻もラクになる。

夫婦に残された、たった一つの解決策。

そんなふうに見えるかもしれません。

でも、ちょっとだけ待ってくださいね。

もしも「本当にそれでいいのかな?」と、少しでも思うのならば

こちらがヒントになるかもしれません。

続きは、来週火曜日(17日)の夜のメルマガでお伝えします。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「土曜日の夜が来るのがこわい」そんなときは

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦のどちらかが「セックスしたくない」場合、誘う方も誘われる方も大きなストレスを感じます。

誘って断られる方は、怒りや自分を否定されたような悲しみを感じます。

逆に、したくないのに誘われる方も、「どうしてわかってくれないの」という苛立ちや、相手を傷つけた罪悪感を感じます。

そんなストレスを少しでもなくすために、する日を決めておくご夫婦も多いです。

たとえば、月に2度、仕事が休みの前日とか、毎週土曜日の夜とか。

決めておくことで、誘うストレス、断られるストレスがなくなります。

誘われる方も、その日は心の準備ができるし、他の日は誘われるストレスから解放されます。

ただ、それが続くと、誘われる側にとって、その日が来るのが新たなストレスになってしまうんですね。

たとえば、毎週土曜日と決めていると、土曜日の夜に終わったときはホッとできます。

でも、月曜日の朝に目覚めたときから、もう週末が近づいてくることを考えると憂鬱でたまらなくなります。

火曜日も、水曜日も、何をしていても土曜日のことを考えると憂鬱・・・

これも、じわじわとくるストレスです。

ガマンを重ね続けていると、嫌悪感もどんどん大きくなってしまいます。

また、自分の気持ちを抑え込むことが続くと、ウツになってしまったり、過呼吸など身体の症状が出たりすることもあるんです。

ストレスがあまりにつらいときは、それに立ち向かうのをお休みして「よける」ことも必要です。

もしも状況が許すならば、週末は実家に帰ったり、旅行に行ったりする。

お友だちのところに泊りに行く、あるいは泊りにきてもらう。

などなど、つらい状況から、とにかく距離を置く方法を考えてみましょう。

距離を置いて、一時期でも自分を安心で安全な場所に置くこと。

そして「今、この瞬間、私は安心で安全だ」ということを、思い出してください。

この時、大切なことがあります。

それは、誘ってくる夫を責めたり、逃げた自分を責めたりしないこと。

「したい」という気持ちを持つことも、「したくない」という気持ちを持つことも、誰も悪くないんです。

ただ「状況から離れる」ということだけ、考えてくださいね。

ストレスの状況に立ち向かうのは、その後で大丈夫です。

実際にストレスの状況にどう対処していくかは、一緒に考えましょう。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

面と向かって断ることなく、夫の誘いを避ける方法

こんにちは。松尾 聡子です。

セックスしたくないのに、夫に求められるのがつらい。

でも、断ると気まずくなるし、夫を傷つけてしまう罪悪感で苦しい。

面と向かって断ることなく、夫の誘いを避ける方法として、生活の時間帯をずらすという方法があります。

私も、以前はそうしていました。

夫が帰宅する前に、子どもと一緒に21時や22時に寝るんですね。

代わりに朝は3時や4時に起きて仕事をしていました。

そうすると、朝、起きたときに求められることも避けられるんです。

クライアントさまでも、このようは早寝早起きの生活スタイルをしている方は多いです。

面と向かって断れない、断るのがストレスになってつらい方には、生活の時間帯をずらすというのも一つの方法です。

ただ、自分の好きなように時間を使えないというのは、また別のストレスになることもあります。

たまには、子どもが寝た後にゆっくりテレビを見たり、本を読んだり、お酒を飲んだりしたいのに、それができないもどかしさを感じるかもしれません。

家事や用事で寝るのが遅くなってしまったときに、焦りと不安でいっぱいになってしまうこともあります。

そんな気持ちにさせる夫に対して、また違う怒りが生まれてしまうかもしれません。

心の「つらい」を深めないために、応急処置的な対策はとても大事です。

それと同時に「つらい」を生み出している根本の原因を解決していくことも必要だなと思っています。

私がどんなふうに悩み、どんなふうに乗り越えてきたか、メルマガでもっと詳しくお話しています。

登録は無料です。よかったらごらんくださいね。

感想などいただけると、とても嬉しいです^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

メール・カウンセリング

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

「性欲は本能なんだ」と言われたことはありませんか?

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」という妻にとって、夫に言われて特に困惑する言葉があります。

「性欲は本能なんだ」という言葉です。

たしかに「食欲」「性欲」「睡眠欲」は人間の三大欲求と言われています。

人間の生命を維持するため、そして子孫を残すために必要なものです。

人は食べなければ死んでしまいます。

「食べるのを我慢するのがつらいように、性欲だって我慢するのは死ぬほどつらいんだ!」

そう言われると、たしかにそうです。

夫がどんなにつらいのか、自分がどんなにひどいことをしているのかを突き付けられたように感じます。

※実際は「食欲と性欲は生命維持の点からは同等としない」という考え方もありますが、今日はその点は置いておきます

食欲と性欲は、たしかに本能です。

でも、常に本能的な欲求だけで動くわけではありません。

心との関係がとても大きなことも事実です。

人が生きていく上で欠かせない「食欲」。

それでも、悩みがあったり、緊張したりしていると、食欲がなくなることはありませんか?

心が病気になると、摂食障害という形で心のSOSが現れることもあります。

「食べないと死んじゃうよ!」とどんなに周囲の人が心配しても、食べ物を受け付けなくなったり。

身体に悪いと思っても、過剰に食べ続けることがやめられなかったり。

そして、性欲にもそういう部分があるんじゃないかなと、私は思うんです。

普通ならば本能として機能するはずの「性欲」がストップしてしまうとき。

それは、性的なトラウマや、パートナーとの関係で傷ついた心が出しているSOSかもしれません。

本能はたしかに大切です。

本能の欲求を我慢するのは、つらいです。

でも、心が傷ついているときは、その本能のままに動けないこともあるんです。

食べたいけれど、食べられない。

セックスしなくちゃと思っても、できない。

そんなつらさもあることを、知っていただけるといいなと思います。

だからこそ、そんな本能の欲求にも影響を及ぼしてしまう心のSOSを聞いてあげることが大切です。

「本能だから、しなくちゃいけない」と自分を責める前に

「本能なのにできなくしてるのは、何?」ということを、考えてみませんか?