この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日の長崎は台風一過の気持ちのいい青空が広がりました。

ただ、家の周りは木の葉が山積み。

市内は停電した地域もあったようです。

とりあえず、無事に台風が過ぎてホッとしています。

さて、結婚して何年も経つと、

「どうしてこの人はこんなふうに考えるんだろう」

「このタイミングでこんなこと言うなんて信じられない」

そんなふうに思うことも出てきますよね。

たとえば、一日中、家事と育児に追われてバタバタしているのに

その横で自分だけビールを飲みながら、テレビを見て大笑いしてる。

この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら。

そして、こんな人と結婚してしまった自分を激しく後悔(>_<)

実は、私たちの現在の言動は、

これまでの自分が身に付けてきたものやさまざまな事情の結果なんです。

たとえば、彼が育った家庭では、

夫が家事や育児をするという文化がなかったのかもしれません。

あるいは、会社でとてもイヤなことがあって、それを家族に見せないように、彼なりにがんばっているのかもしれません。

私たちは、夫婦であっても、意外と相手の過去のことや育った環境についてほとんど知りません。

そして現在の相手の日常についても、知っているつもりで知らないことがほとんどです。

「私だったらこうするのに」

「ふつう、こういう場合はこうするよね」

というのは、夫婦であっても当てはまらないんですね。

だから、

気遣ってほしかったら、言葉で伝えるのが一番オススメです^^

そんな上手な伝え方のコツをお伝えするお茶会、福岡で開催します。

そして、8月1日(水)には久しぶりに東京でもお茶会を開催する予定です。

東京の詳細は、決まり次第こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コミュニケーションの改善策が効かない夫への対策法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

ギクシャクした夫婦関係をなんとか変えたいというときに

よく言われるコミュニケーション改善のコツがいくつかあります。

たとえば「笑顔であいさつしよう」という方法です。

「おはよう」や「ただいま」「おかえり」

そんな普段のあいさつさえなくなってしまったら、確かにそれ以上の会話はなかなかハードルが高いです。

笑顔であいさつをするだけで、相手のかたくなな気持ちもちょっと緩むかもしれないし

自分もいい気分になれそうです^^

そうして、家庭の雰囲気がなんとなく温かなものに変わるといいですね。

でも。

こっちが頑張って笑顔であいさつしても、知らんぷり。

というか、まるで気づかない。

気づいても、あいさつを返す気がまったくない。

そうなると、せっかくあいさつしたのに、なんだかバカみたいな気になります。

「他の夫婦はこれでうまくいっているのに、どうして私たちはダメなんだろう」

「もう、何をやってもどうしようもない」

この先の希望が見つからず、行き詰まりの感覚を持つかもしれません。


でも、こんな風に「ちまたで言われていることがうちには効かない!」ということ、意外とあるんです。

たとえば、私たちは

「あいさつをすると、気分が良くなる」

という前提がありますが

そもそも、家族であいさつをするという習慣がなく育った人もいます。

そういう人にとっては、

学校や会社ではあいさつはするけれど、家族ではしないのが当たり前。

逆に、家族であいさつをすることに違和感を持ってしまいます。

また、言葉でのコミュニケーションに重きを置いていない人もいます。

そうすると、あいさつよりも

「ちゃんと家事を手伝っていること」や

「働いて十分なお金を家に入れていること」こそが

信頼や愛情の証だと考えている人もいるんですね。

となると、せっかくの笑顔のあいさつも

信頼関係を構築するという手段としては、華麗にスルーされてしまうんです^^;

ほんとにもう、ガックリですね。

では、こういう場合の対策です。

まず、彼のタイプに合わせて、心地よくあいさつしてくれるような働きかけを考えます。

たとえばルールを重んじるタイプなら

「これから、子どもの教育のためにも家族であいさつをすることをルールにしたいんだけど、どう?」

と相談を持ちかけるとか

家族が喜ぶことを何よりも優先するタイプなら

「あなたがあいさつしてくれると子どもたちが嬉しそうでそれを見て私も嬉しくなるんだー」

と話してみるとか。

よく言われるコミュニケーションのルールは、あくまでも一般論であることが多いです。

人はそれぞれ個性があるので効く人と効かない人がいるのは当然。

効かない時は、いくらでも別の方法があります。

それぞれの夫婦に合ったコミュニケーションのヒントは、こちらでも。

直接、質問にお答えできるお茶会は7月18日(水)です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

気がついたら相手にうんざり・・・の原因

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週の土曜日から毎日、東京の市ヶ谷サロンでカウンセリングをしています。

つらそうな表情でいらっしゃったクライアントさまが

帰る時には晴れやかな表情で、目に力が戻ってキラキラしているのを見ると

本当にこのお仕事をしていてよかったなあと思います^^

毎日の暮らしの中で、

夫婦の気持ちのすれ違いや、小さな不満、

それって小さければ小さいほど、見過ごしがちです。

たとえば、期待していた反応が返ってこなくて、虚しさを感じたり。

言いたいことが誤解されてしまって、そのままになってしまったり。

だから、これといって何があったわけではないけれど

気がついたら、何だかもう相手との関係にうんざりするようになってしまった。

そんなことも多いです。

だから、日頃のコミュニケーションで、

小さな不満や誤解は、その場その場で解消していくことが大事なんですね。

7月18日(水)福岡でこんなコミュニケーションのコツを学べるミニレクチャー付きお茶会をします。

明日の夜、20時にメルマガからお申し込み開始します。

ご登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「どっちが我慢する?」以外の解決方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「セックスしたくない」の気持ちを言えなくて

我慢して我慢して嫌々ながら応じ続けているうちに

もう、どうにも心も身体も受け入れられなくなることがあります。

「私ばかりがこんなにイヤな思いをして我慢して、夫は自分だけスッキリしている」

相手への怒り、自分の気持ちを自分が大事にできない無力感、

いろんな気持ちがつもりにつもって、がんばれなくなってしまうんですね。

そして、妻の今までのつらさや苦しさの大きさに気づいた夫が

今度は自分の「したい」気持ちを我慢して我慢して・・・

すると、今度は夫の心の中で

「オレばかりがこんなに我慢して、妻の欲求だけが叶っていてズルいじゃないか」

という妻に対する怒り、我慢が報われないつらさがどんどん膨らんでいきます。

つまり、最初は妻が我慢して、次に夫が我慢する。

我慢がバトンタッチされただけで、解決にはならないんですね。

大切なのは、自分の気持ちを押し殺す「我慢」を解決にするのではなく

自分の気持ちを自分が大事にして、ちゃんと伝えること。

それは、自分の気持ちを押し付けて、相手に「我慢」させることではないです。

自分の気持ちも、相手の気持ちも大事にして、

お互いにちゃんと伝えて、

その上で「じゃあ、どうしていく?」「何ならできる?」を探すコミュニケーションをすることもできます。

我慢だけではない解決方法、きっとありますよ^^

コミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きのお茶会、今度福岡で開催します。

詳細は決まり次第、随時こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

愛情がすれ違う理由は、○○の違いでした

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

私のところに来てくださるクライアントさまは、勉強熱心な方が多いです。

自分でも、このつらい状況をどうにかしたいと、心に関する本などで勉強されてるんですね。

というわけで、心のことについて、私が教えていただくこともあります。

「愛を伝える5つの方法」(ゲーリー・チャップマン)

という本も、以前クライアントさまから教えていただいた情報です。

人によって、愛情を感じる方法が違う、という考え方なんですね。

これ、なかなかおもしろいですよ。

まず、愛情を感じる(伝える)方法は5つあるそうです。

(1)言葉

(2)サービス(家事など)

(3)プレゼント

(4)スキンシップ

(5)一緒に過ごす時間

たとえば、愛情を言葉で伝えて欲しい夫と

愛情は大事な人のために家を心地よく整えること、と思っている妻の場合です。

夫は妻に「愛してるよ」「ぼくのこと、好き?」といつも声をかけていますが

あまりそういう言葉を言わない妻に

「彼女は自分のことを愛していないのかも」

と不安を感じるかもしれません。

逆に妻は「好きだ好きだと言う割にはお皿一つ洗わないじゃない!」

と、不満でいっぱいかもしれません^^;

つまり、スキンシップやセックスについても

「自分が求めるほど相手が求めない」=「相手は自分を愛していない」

とは限らないということですね。

また、一生懸命家事をしても妻がちっとも喜ばない!という場合は

もしかしたら、妻が求めているのが「サービス」ではなく、別のものだったという可能性もあります。

私はどのタイプかな?

夫はどのタイプなんだろう?

とちょっと考えてみるのもおもしろいですね。

「どうしてこの人はこうなんだろう」という不満やイライラが、ちょっと軽くなるかもしれません^^

心がちょっと軽くなるヒントはこちらからもお届けしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

自宅以外の場所で夫婦の話し合いをすることについて

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日のブログでご紹介したクライアントさまからのメールの中で

自宅以外で話そうと思いますが

レストランやカフェ(ホテルのカフェ)で主人と話すのは有効でしょうか?

というご質問がありました。

「自宅以外の場所で夫婦の話し合いをすることについて」

実は、この質問、よくいただきます。

セックスしたくない自分の気持ちについて、

今後の夫婦の関係について、

ちゃんと話し合いたいけれど、話すタイミングが難しい、

なんと切り出していいかわからない、

そもそも会話がなくなっていて、言いづらい・・・

そういう状態の方って多いです。

そういうときは、あえて自宅以外の場所で話し合いをセッティングすることも一つの方法です。

たとえば「□月○日の×時に、駅前の●●●というカフェで話しましょう」と約束をします。

相手が感情的になりそうで怖いという場合も、人目が抑止力になります。

また、こんなふうにテーマを決めてセッティングすることによって

お互い、その心づもりができているので

自然な流れでこの話題に・・・など気を使うことなく、すぐに本題に入れます。

また、自宅以外の場所で話すことが難しい場合は、

自宅でも日時を決めて話し合うのがオススメです。

私も以前、夫と話し合いをするときは、

ちゃんと時間を決めてリビングのテーブルでお茶を入れて、話し合っていました。

お試しくださいね。

心の仕組みのお話や、こうした具体的なアドバイスなどもお伝えする

「プラトニック・パートナーシップ6ヵ月プログラム」

無料の事前相談のお申し込みは、3月31日(土)で締め切りです。

「もっと早く相談すればよかった」と悔やむ前に^^

まずはお気軽にご相談くださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「どうして私ばっかり・・・」という不公平感にモヤモヤするとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、先週、ツイッターをにぎわせていた話題、ご存知ですか?
「夫婦の飲み会格差」です。

妻は夫の都合を考慮して、自分の飲み会をあきらめたりするけれど

夫は妻の都合を無視して、自分の好きに飲み会に行ってしまう。

ざっくり言うと、こんな感じです。

夫が忙しいのものわかるし、子どもの世話を任せるのも不安だし。

だから別に、どうしても行きたいわけじゃないけれど

でも「どうして私ばっかり・・・」という不公平感にモヤモヤしてしまう。

そんな気持ちがつづられていました。

それに対して「わかるわかる!」という共感と同時に

「夫だって言わなきゃわからないよ」

「はっきり言わないあなたも悪い」

という反論もたくさんありました。

さて、みなさんはどう感じましたか?

確かに、言わないと相手には伝わらないです。

「わかってよ」「夫婦なら察してくれるはず」という期待をした結果、

期待通りに察してもらえないことで、こうしてモヤモヤするならば

やっぱりちゃんと伝えた方がいいです。

・・・ということはわかっているけれど、

それができないからモヤモヤしちゃうんですよね^^;

では、どうしたらいいかというと、

そんな時は

「何が言えなくしているのかな」

と自分に問いかけてみてください。

言えなくしている原因は、人それぞれです。

たとえば

・夫がモラハラ気味で、言うと怒鳴られそうで怖い

・夫は優しい人だから、ガマンして行かせてくれるだろうけど、後で不満が 爆発しそう

・自分が楽しむことに罪悪感がある

・夫に家事や育児を押し付けてまで飲みに行くのは、妻として失格な気がする

 

などなど、いろいろあります。

そして、それによって、対応策は変わります。

夫がモラハラ気味で怒鳴られそうな場合は

コミュニケーションのパターンを変えていきます。

「後で不満が爆発しそうで怖い」という時は

そこにある自分の考え方のクセと向き合うことも大事です。

自分が楽しむことの罪悪感や、妻としてこうあるべきだという枠組みが自分を苦しくしてるなら

枠組みを外すことで、自然に夫に自分の気持ちを言えるようになるかもしれません。

何かモヤモヤしていることがある時は、自分の中に解決してほしい大事な課題がある時です。

「今、自分の中で何が起こっているのかな?」

「それに対して、どんなアプローチができるかな?」

まず、自分への問いかけをしてみてくださいね。

夫に対するモヤモヤが起きた時は、自分の心がバージョンアップできるチャンスへと変わります。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

意思の力だけでは、恐れや不安、憂鬱に負けちゃうときに

こんにちは。

FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

考えただけで身がすくんでしまうような、

憂鬱になってしまうような、

そんな場面ってありますか?

たとえば

人前で話すのが苦手なのに、結婚式のスピーチを頼まれてしまった、とか。

会社で大きなプロジェクトの責任者を任されてしまった、とか。

お正月に夫の実家で苦手な義母や義姉と顔を合わせなくてはいけない、とか。

いろいろな場面があると思います。

そんなときに

「大丈夫、なんとかなる!」と自分を励ましたり

「悩んでるヒマがあったら、うまくいく方法を考えないと」と自分に言い聞かせたり

私たちは自分で気持ちを立て直す努力をすることができます。

でも、意思の力だけで、そんな恐れや不安、憂鬱に打ち勝てないこともありますよね(>_<)

そういうときは、

「私は人前で話をすることが苦手」とか

「私には責任ある仕事をする能力がない」とか

「私は夫の家族から嫌われているに違いない」など

そういう自分に対する自己イメージが心にしっかり根付いちゃってるんですね。

それは今まで積み重ねてきた経験から、意識がそういうふうに学習しちゃったということです。

ただ、実は、それが自分のすべてではないんです。

たしかに、人前で話すことが苦手な自分もいるかもしれないけれど

いつもいつも、100%、つねにそんな自分だったわけではないはずです。

今まで生きてきた中では、

人前でも物おじしなかった自分や

のびのびと自己表現ができた自分や

自信を持って笑顔でいられた自分などなど、

いろんな自分がきっといます。

自分の中のそんな能力や素質にアプローチして

結婚式のスピーチのときには、人前で話すのが苦手な自分ではなく

物おじせず、自信を持ってのびのびと自己表現できる自分を持ってこれると

きっとそれがまた自分の自信やステキな経験になりますね^^

そんなふうに、自分の中の無意識に入っている必要なものを呼び起こして活用することができると

自分でつくった制限が外れて、どんどん自由になれます。

そんなことが自分でできるようになると、

いろんな不安や憂鬱から解放されるはずです。

そんなふうになれるスキルを身に付けるセミナーを計画中です。

できれば、年内にやりたいな~と考えてます。

詳細が決まりましたら、またこちらのメルマガからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「そんなつもりで言ったんじゃないんだけどな~」というとき

こんにちは。

FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「え、そんなふうに取っちゃったんだ」

「そんなつもりで言ったんじゃないんだけどな~」

と思ってしまったこと、ありませんか?

たとえば、

久しぶりに友だちと会って疲れちゃった日の夜、夫に誘われたので

「疲れてるから、今日はごめんね」と断ったら

「オレより友だちの方が優先なのか」とキレられてしまったり。

「最近、韓流ドラマにはまって、好きな俳優ができたんだー」と話したら

「そっか、もうジャニーズは卒業したんだね」と言われちゃって

「いやいや、まだジャニーズも好きだし!」と思ったり。

と、ここまで読んで

「松尾さんって、最近、韓流にはまったのね」と思った方もいたかもしれませんが

これはあくまでも一つの例として出しただけで、私は韓流スターはまったく知りません^^;

でも、そういうふうに思う方もいらっしゃったと思います。

というわけで、同じ文章や言葉でも、受け取る人によっていろんな受け取り方があります。

人は、現実を自分の中に取り入れるときに、

自分の価値観や優先順位によって、勝手に削除したり、歪曲したりするものだからです。

つまり、すべての人に理解してもらうような言い方をしようと思っても

それはかなりハードルが高いです。

もちろん、100%、誤解されてしまう場合は、こちらの伝え方に問題があるかもしれないですね^^;

でも、どんなにがんばっても、こちらの意図とは違う受け取り方をする人もいるし

ちゃんと受け取ってくれる人もいます。

だから、そこは「わかってもらえなかったら、しょうがないな」で切り替えるのもアリです。

みんなにわかってもらえなくても

あなたが本当にわかってもらいたい人、誤解を解きたい人にだけ、

言葉を尽くして、心をこめて、伝えていけばいいんじゃないかなと思います。

ちなみに、私も以前、ブログやメルマガで

「継続プログラムの申し込みをお休みします。これからは単発カウンセリングのみ行います」とお伝えしたところ

「カウンセリングを辞めちゃうんですね」「寂しいです」と言われたり、メールをいただいたりしました。

ここは、ちゃんとわかっていただきたかったので、ブログやメルマガでも「単発カウンセリングはやりますよー」とお伝えしました^^

そして、そろそろまた継続プログラムも再開しようと思ってます。

せっかくなので、ちょっと内容もパワーアップさせたものをお届けする予定です。

新しい継続プログラムの内容、お申し込みはこちらから先行してお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「夫との会話が、だんだん少なくなってしまった・・・」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫との会話が、だんだん少なくなってしまった・・・」

「言いたいことがうまく言えるか心配で、人との会話が苦手」

夫婦でも、親子でも、友だちでも、仕事関係の人でも

そんなコミュニケーションのお悩み、多いです。

コミュニケーションをよりよい方向に変えていくためには

言葉遣いやジェスチャー、見た目の印象などを変える方法があります。

これはよく本やテレビなどでも紹介されていますね^^

「アイメッセージで話しましょう」とか

「話を聞くときには、相手の目を見てあいづちを入れましょう」とか

「相手の話をいったん受け止めてから、自分の意見を言いましょう」など

意識的に変えていける部分です。

ただ「わかっているけど、できないよ(>_<)」ということもあります。

たとえば

「なぜか、この人の目を見ることができない」とか

「過去の出来事の怒りがわいてきて、相手の話を冷静に聞けない」とか。

そういうときは、その「できない」「聞けない」ことに、何か大切な理由、意図があるんですね。

そして、そこは無意識的な変化が必要な部分です。

意識的にも無意識的にも、両方から問題に取り組むことで

コミュニケーションのもやもやの解決はスピードアップできますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子