悩みを相談されたとき、上手に答える2つのコツ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

お友だちや職場の人、あるいは子どもから悩み事を相談されたときに、上手に聞いてあげたい。

そんなふうに思ったことはありませんか?

せっかく、自分を信頼して頼って相談してくれているのに

どうもうまくアドバイスできなくて申し訳ない気持ちになったり

余計なことを言って逆に落ち込ませてしまったり

そして、そんな自分に自己嫌悪・・・(>_<)  

上手に聞いてあげて、さらに、悩んでいる相手の心が軽くなるような言葉がかけてあげられたら

相手も喜んでくれるし、

何よりも自分自身が自己嫌悪でどんよりすることがなくなって、自分に自信が持てますよね^^

というわけで、今日は上手に悩みを聞いてあげられるコツを2つお伝えします。

1つは「いい」「悪い」のジャッジメント(判定)をしないこと。

悩んでいるときって、ダメな自分に自信をなくしていたり

ダメだとわかっていることを繰り返してしまって、どうしようもなくて苦しかったりします。

そんなときに、さらに他の人から「それはダメだね」なんてジャッジメントされると

もう、先を言えなくなっちゃうんです。

悩みを相談したときに、アドバイスされて、逆に傷ついた・・・

そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

誰かに悩みを相談するときって、まず「心のモヤモヤを口に出したい」ということがほとんどです。

そして、実は悩みの答えって

まだちゃんと形になっていないとか確信が持てないだけで

自分の中になんとなく持っていることが多いです。

だから、それと違うとんちんかんなことを言われると

すごく違和感を覚えたり、反発したり、傷ついたりするんですね。

だから、基本的には聞いてあげるだけでいいんですけれど

相手に「どうしたらいい?」とアドバイスを求められることもあります。

というわけで、2つめのコツです。

そんなときは「私だったら」を頭につけて自分の考えを話してあげるとOKです。

そうすると、相手はもしも違和感を持ったとしても

「この人ならこうするんだな」と「他人事」として安心して聞くことができます。

こんなコミュニケーションのコツはこちらでもお伝えしていますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫の話をイライラしないで聞ける方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

そろそろ、お盆の帰省シーズンですね。

長崎のサロンは、浜の町の近くにあるのですが

今日の浜の町はいつも以上にたくさんの人でにぎわっていました。

来週のお盆は精霊流しもありますし、

お盆の期間中はお墓で花火をバンバン上げますし^^;

これから長崎は、もの悲しさを感じつつもにぎやかな期間を迎えます。

さて、最近、クライアントさまから立て続けに

「夫の話をイライラしないで聞けました」

「やさしい気持ちで接することができました」

というメールをいただきました。

そして、すばらしいのが、

みなさん、その原因を自分で分析されていること。

今、自分に何が起こっていて、

どういう変化が起きているのかを客観的に見て、把握して、

次に生かそうという姿勢をお持ちなんです。

自分が自分のカウンセラーになることができたら

これから生きていく上で、こんなに心強いことはないですね^^

そして、「なぜか夫にやさしくできた!」と報告いただいたみなさんに共通していた理由は

「自分の心と身体の状態が落ち着いていた」ということです。

よく「心や身体の状態を整えたって、問題が解決するわけじゃない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それもとてもよくわかります。

でも、実際に、身体の疲れをとって、

リラックスしたり、自分の時間を持ったり、少しだけでも好きなことをしたり、

そんな心の余裕を持つことで

出来事は同じでも、それをストレスに感じるかどうか、

それに対してどんな反応をするか、

まったく変わるんですね。

そして、自分の反応が変わることで、それを受ける相手の反応も変わります。

こうして、コミュニケーションが変わり、

関係性が変わっていくんですね。

カウンセリングを受けることで、自分の心と向き合う姿勢を身に付けることは

こうして自分で自分の問題を解決できる心の力を身に付けることができるようになるんだと、

今さらながら、私も実感しましたし、

とても嬉しく感じました^^

心の力を身に付ける方法は、こちらです。

※もうすぐ、募集開始します。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「他人より分かり合える」という夫婦の思い込み

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

毎日、暑い日が続いています。

熱中症など、お気をつけくださいね。

さて。

「たぶん、この人はこう思っているだろう」

「こういう場合は、きっとこうすればいいだろう」

私たちは「推測」で行動していることが、実はとても多いです。

そして、その「推測」のもとになっているのは、「自分だったらこうするから」という「自分基準」です。

でも、その「自分基準」ってほぼ自分にしか当てはまらないんですよね^^;

たとえば、毎日のこの暑さの中で

Aさんにとっての基準が「これくらい暑かったらクーラー入れるよね」でも

エアコンが苦手なBさんにとっての基準は「これくらいの暑さならまだ扇風機で耐えるよね」かもしれません。

たとえば、Aさんがよかれと思ってクーラーを入れると、

Bさんは、ムッとしちゃうかもしれません。

そして、Bさんのムッとした顔を見て、Aさんもムッとしちゃったり・・・

ここでひと言、Aさんが「クーラー入れようと思うんだけど、どう?」と聞いたり

Bさんも「え、クーラー入れるの?まだ扇風機でいいんじゃない?」と言えたりすると

そこから会話が始まるのですが、

お互いに「自分基準」のまま、相手のことを「うわ、信じられない、この人」と思って終わることが多いです。



そしてこの「推測」は、夫婦だと特に強く発動します。

夫婦ももとはと言えば他人なので、「推測」がまるで当てにならないのですが

なぜか夫婦だと「他人より分かり合える」と思い込んでしまうんですね。

だから、夫婦だからこそ、丁寧なコミュニケーションが大事です。

そんなコミュニケーションについてのミニレクチャー付きのお茶会、

東京で8月1日(水)13時に開催します。

申し込みは、7月17日(火)20時にこちらのメルマガから開始です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「やらされてる感」を感じさせない上手なお手伝いの頼み方

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

この週末は三連休という方も多かったと思います。

いかがお過ごしでしたか?

三連休の後はもうすぐ夏休み。

家族が一緒に過ごす時間も増え、家事や育児も大変になっちゃいますね。

こんな時に、家族にお手伝いをお願いしたいけれど

イヤそうな顔をされたり不機嫌に手伝われたりすると、ますますストレスがたまっちゃう!

それなら、自分でやった方がいいや・・・

と、結局自分で抱え込んでしまい疲労困憊(>_<) という声もよくうかがいます。 上手に力を貸してもらえて、頼まれた方も快く応じてくれるといいですよね。

というわけで、今日は上手なお手伝いの頼み方をお伝えします。

たとえば、洗濯物をたたんでほしい時。

「洗濯物、たたんでよ!」

つい言っちゃうんですが、一方的に言われた感じです。

言われた方はやる気がなくなってしまうし、気持ち的に反発しちゃいます。

では、これはどうでしょう?

「洗濯物、たたんでくれる?」

ちょっと柔らかくなりました^^

先ほどの命令口調に比べると頼まれてる感じなので「やってもいいかなあ」と思えます。

ただ、やっぱりまだ自主的にやる、という感じではなく、頼まれたからやる、という認識です。

では、自主性を持ってもらえる言い方をお伝えしますね。

それは「洗濯物、たたむことはできる?」です。

「~できる?」と聞くと自分が「できるか、できないか」という答えを選ぶことになります。

できるか、できないか、を決めるのは自分です。

すると、「やらされてる感」がなくなるんですね。

自分で決めたことなので、自分で責任を持ってやる意識が生まれます。

ぜひ、お試しくださいね。

こんな知っておくと便利なコミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きのお茶会。

7月18日(水)13時に福岡で行います。

詳細はこちらです。

お申し込みは今日までです

東京のお茶会は8月1日(水)に開催です。

お申し込みは、明日20時にメルマガで開始します。

参加したいな♪という方は、ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

言いたいことをガマンする努力を、伝える努力に変えませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

人の悩みのほとんどが対人関係の悩みだと言われています。

夫婦関係はもちろんのこと、

ご近所付き合いやママ友、職場の人間関係など

ギクシャクしたり、モヤモヤしたりすることも多いのではないでしょうか。

つらい仕事でも、職場が楽しくて一緒に励まし合える仲間がいればがんばれるものです。

逆に、すごく好きな仕事でも、職場で仲間外れになっていたら、続けるのはつらくなってしまいます。

イジメや人間関係の悩みで、自分が本当にやりたいことをあきらめるのはとても悔しいです。

また、言い争いを避けるために

言いたいことをガマンしたり相手の言い分だけを優先することはありませんか?

それは、その時は乗り切れても

長い目で見ると少しずつ少しずつ、自分で自分を傷つけることになってしまいます。

普段の生活でも、セックスの場でも

自分の気持ちを大事に伝えながら相手の気持ちも大事にできる。

そんな、対等なコミュニケーションがラクにできるようになるといいですね。

以前、コミュニケーション講座を受けていただいた方の感想です。

今日はありがとうございました。

夫婦関係にとどまらず、親子、友人、苦手な人など、

色々な人間関係に生かせる内容で、とても参考になりました。

出会いから失望の時期へ変わるところが、ビジュアル化されて客観視できましたので、

それだけで、今後の関係を見直すのに生かせそうです。

お互いに意見の相違があっても、

相手の人には共感してもらえてる、聞いてもらえていると感じてもらえることを体験できてよかったです。

今日から実践していきますね。

とても楽しかったです!

 

人は一人ひとり違う人間です。

意見の相違があっても当たり前。

言いたいことをガマンする努力を


自分の気持ちを大事にする努力、ちゃんと伝える努力に変えていきませんか?

というわけで、

コミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きお茶会、ご参加お待ちしています^^

福岡:7月18日(水)13時~15時

東京:8月1日(水)13時~15時

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

無視・沈黙というコミュニケーション

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

不満を伝える手段として、沈黙したり、引きこもったりする方法があります。

相手にこうした態度を取られると、どうしていいかわからなくて困惑しちゃいますね。

ただ、そうする相手にも、そうせざるをえない理由があったのかもしれません。

例えば、今まで、何を言っても聞いてもらえなくて、あきらめてしまったり。

何か言うと、怒鳴られるので、自分の意見を言うのが怖くなったり。

あるいは、子どものときから「口答えするな!」と言われ続けていたり。

そんなつらい経験や傷ついた心が、沈黙や無視という手段を選ばせることもあります。

沈黙や無視も、一つのコミュニケーションの手段です。

そして、それは

「コミュニケーションを打ち切る」

という手段でもあります。

これ以上、傷つかないようにするための沈黙や無視という手段ですが、

実は、同じ家の中で、沈黙や無視の状態が続くというのは

考えている以上のストレスを、お互いの心に与えます。

そして、もし、お子さんがいらっしゃったら

お子さんは無意識のうちに「近しい人との関係」のモデルとして

沈黙や無視という手段を学んでしまう可能性が高いです。

せっかく与えられた自分の人生の時間を、ただやり過ごすだけではなくて

「自分のために」大事に過ごしていただきたいなと思います。

コミュニケーションの質問大歓迎!のお茶会、福岡のお申し込みはこちらです。

そして、8月1日(水)には東京でも開催します。

詳細は決まり次第、こちらからお知らせしますね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日の長崎は台風一過の気持ちのいい青空が広がりました。

ただ、家の周りは木の葉が山積み。

市内は停電した地域もあったようです。

とりあえず、無事に台風が過ぎてホッとしています。

さて、結婚して何年も経つと、

「どうしてこの人はこんなふうに考えるんだろう」

「このタイミングでこんなこと言うなんて信じられない」

そんなふうに思うことも出てきますよね。

たとえば、一日中、家事と育児に追われてバタバタしているのに

その横で自分だけビールを飲みながら、テレビを見て大笑いしてる。

この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら。

そして、こんな人と結婚してしまった自分を激しく後悔(>_<)

実は、私たちの現在の言動は、

これまでの自分が身に付けてきたものやさまざまな事情の結果なんです。

たとえば、彼が育った家庭では、

夫が家事や育児をするという文化がなかったのかもしれません。

あるいは、会社でとてもイヤなことがあって、それを家族に見せないように、彼なりにがんばっているのかもしれません。

私たちは、夫婦であっても、意外と相手の過去のことや育った環境についてほとんど知りません。

そして現在の相手の日常についても、知っているつもりで知らないことがほとんどです。

「私だったらこうするのに」

「ふつう、こういう場合はこうするよね」

というのは、夫婦であっても当てはまらないんですね。

だから、

気遣ってほしかったら、言葉で伝えるのが一番オススメです^^

そんな上手な伝え方のコツをお伝えするお茶会、福岡で開催します。

そして、8月1日(水)には久しぶりに東京でもお茶会を開催する予定です。

東京の詳細は、決まり次第こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コミュニケーションの改善策が効かない夫への対策法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

ギクシャクした夫婦関係をなんとか変えたいというときに

よく言われるコミュニケーション改善のコツがいくつかあります。

たとえば「笑顔であいさつしよう」という方法です。

「おはよう」や「ただいま」「おかえり」

そんな普段のあいさつさえなくなってしまったら、確かにそれ以上の会話はなかなかハードルが高いです。

笑顔であいさつをするだけで、相手のかたくなな気持ちもちょっと緩むかもしれないし

自分もいい気分になれそうです^^

そうして、家庭の雰囲気がなんとなく温かなものに変わるといいですね。

でも。

こっちが頑張って笑顔であいさつしても、知らんぷり。

というか、まるで気づかない。

気づいても、あいさつを返す気がまったくない。

そうなると、せっかくあいさつしたのに、なんだかバカみたいな気になります。

「他の夫婦はこれでうまくいっているのに、どうして私たちはダメなんだろう」

「もう、何をやってもどうしようもない」

この先の希望が見つからず、行き詰まりの感覚を持つかもしれません。


でも、こんな風に「ちまたで言われていることがうちには効かない!」ということ、意外とあるんです。

たとえば、私たちは

「あいさつをすると、気分が良くなる」

という前提がありますが

そもそも、家族であいさつをするという習慣がなく育った人もいます。

そういう人にとっては、

学校や会社ではあいさつはするけれど、家族ではしないのが当たり前。

逆に、家族であいさつをすることに違和感を持ってしまいます。

また、言葉でのコミュニケーションに重きを置いていない人もいます。

そうすると、あいさつよりも

「ちゃんと家事を手伝っていること」や

「働いて十分なお金を家に入れていること」こそが

信頼や愛情の証だと考えている人もいるんですね。

となると、せっかくの笑顔のあいさつも

信頼関係を構築するという手段としては、華麗にスルーされてしまうんです^^;

ほんとにもう、ガックリですね。

では、こういう場合の対策です。

まず、彼のタイプに合わせて、心地よくあいさつしてくれるような働きかけを考えます。

たとえばルールを重んじるタイプなら

「これから、子どもの教育のためにも家族であいさつをすることをルールにしたいんだけど、どう?」

と相談を持ちかけるとか

家族が喜ぶことを何よりも優先するタイプなら

「あなたがあいさつしてくれると子どもたちが嬉しそうでそれを見て私も嬉しくなるんだー」

と話してみるとか。

よく言われるコミュニケーションのルールは、あくまでも一般論であることが多いです。

人はそれぞれ個性があるので効く人と効かない人がいるのは当然。

効かない時は、いくらでも別の方法があります。

それぞれの夫婦に合ったコミュニケーションのヒントは、こちらでも。

直接、質問にお答えできるお茶会は7月18日(水)です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

気がついたら相手にうんざり・・・の原因

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週の土曜日から毎日、東京の市ヶ谷サロンでカウンセリングをしています。

つらそうな表情でいらっしゃったクライアントさまが

帰る時には晴れやかな表情で、目に力が戻ってキラキラしているのを見ると

本当にこのお仕事をしていてよかったなあと思います^^

毎日の暮らしの中で、

夫婦の気持ちのすれ違いや、小さな不満、

それって小さければ小さいほど、見過ごしがちです。

たとえば、期待していた反応が返ってこなくて、虚しさを感じたり。

言いたいことが誤解されてしまって、そのままになってしまったり。

だから、これといって何があったわけではないけれど

気がついたら、何だかもう相手との関係にうんざりするようになってしまった。

そんなことも多いです。

だから、日頃のコミュニケーションで、

小さな不満や誤解は、その場その場で解消していくことが大事なんですね。

7月18日(水)福岡でこんなコミュニケーションのコツを学べるミニレクチャー付きお茶会をします。

明日の夜、20時にメルマガからお申し込み開始します。

ご登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「どっちが我慢する?」以外の解決方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「セックスしたくない」の気持ちを言えなくて

我慢して我慢して嫌々ながら応じ続けているうちに

もう、どうにも心も身体も受け入れられなくなることがあります。

「私ばかりがこんなにイヤな思いをして我慢して、夫は自分だけスッキリしている」

相手への怒り、自分の気持ちを自分が大事にできない無力感、

いろんな気持ちがつもりにつもって、がんばれなくなってしまうんですね。

そして、妻の今までのつらさや苦しさの大きさに気づいた夫が

今度は自分の「したい」気持ちを我慢して我慢して・・・

すると、今度は夫の心の中で

「オレばかりがこんなに我慢して、妻の欲求だけが叶っていてズルいじゃないか」

という妻に対する怒り、我慢が報われないつらさがどんどん膨らんでいきます。

つまり、最初は妻が我慢して、次に夫が我慢する。

我慢がバトンタッチされただけで、解決にはならないんですね。

大切なのは、自分の気持ちを押し殺す「我慢」を解決にするのではなく

自分の気持ちを自分が大事にして、ちゃんと伝えること。

それは、自分の気持ちを押し付けて、相手に「我慢」させることではないです。

自分の気持ちも、相手の気持ちも大事にして、

お互いにちゃんと伝えて、

その上で「じゃあ、どうしていく?」「何ならできる?」を探すコミュニケーションをすることもできます。

我慢だけではない解決方法、きっとありますよ^^

コミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きのお茶会、今度福岡で開催します。

詳細は決まり次第、随時こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子