「それができれば苦労しないよ!」と思いませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスレスの解消法として

「お互いの気持ちがずれないように、ふだんからコミュニケーションを取ることを大事にしましょう」とか

「たまには夫婦でデートしたりホテルに行ったりして、恋人気分を取り戻しましょう」

ということがよく言われています。

でも、「それができれば苦労しないよ!」と思いませんか?^^;

たしかに、ふだんのコミュニケーションが大事です。

でも、そのふだんのコミュニケーションがうまく行ってないから、

ちゃんと断れないし、

セックスレスの話し合いをしても、お互いに傷つけあうだけになってしまうんですよね。

そこには、うまくいかないコミュニケーションのパターンが、すでにできてしまっているんです。

会話もなくなってしまっていたり

顔を見ただけでイライラしたり。

そんな夫婦の間に、今、何が起きているのか。

そこを、具体的に、徹底的に、根本から変えていくことが必要です。

お互いに傷つけあわずに、言いたいことを言えて、ちゃんと聞ける。

どんな問題が起きても、一緒に解決に向けて冷静に話し合える関係。

そんな対等な関係を実現する、新しいコミュニケーション力が必要なんですね。

そして、そのスキルは、死ぬまで夫婦のコミュニケーションを支えてくれます。

そんなコミュニケーションを手に入れることができるプログラムがあります。

7月16日(火)20時より、メルマガから事前相談のお申し込みを開始します。

ご登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「セックスできないってことは、もう愛してないんだな!」の対処法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「白黒思考の夫に困っている」

そんなお悩みをうかがうことも多いです。

「白黒思考」とは「0ー100思考」とも言われます。

○か×しかない、つまり△は認めない、という考え方です。

たとえば

「セックスできないってことは、もう愛してないんだな」とか

「セックスするのか、しないのか。しないなら離婚だ!」とか。

でも、白黒思考が強い人に「そんな考え方はおかしい」とか「そういうわけじゃない」と意見しても、

なかなか聞いてもらえないどころか、強く反論されてしまうことが多いです。

だって、白黒思考だからこそ

「自分の考え方や感じ方が正しくて、その反対意見は間違っている」

と思っているからです。

そこで、白黒思考の夫への対処法です。

まず、「あなたはそう思うんだねー」と夫の考えを認めてあげましょう。

これは特に相手が白黒思考だから、というわけではなく

誰でも、頭から自分の考えを否定されると、イラッとするものだからです^^;

その上で、白と黒だけじゃない、グレーの考え方を伝えてみるのがオススメです。

たとえば

「あなたはそう思うんだねー。

私はもう愛してない、とは思ってないけど、

あなたにそう言われると、確かに愛してる度数がちょっと低くなるかな」

みたいな感じです。

まずは、夫にわかってもらおうというのではなく

あくまでも「グレーの考え方や感じ方が存在する」ということをインプットするのが目的です。

夫がそれを採用するかどうかはともかく

「白と黒以外の、グレーが存在する」ということを知ること。

そして、「確かにそうかも」「それって意外と悪くない考えだな」と思えればOKです。

夫だけでなく、職場の人、お友だちなど、白黒思考の相手にお困りの時にお試しくださいね^^

セックスレスのお悩みの対応も、夫のタイプによっていろいろです。

こんなふうに、それぞれのご夫婦のタイプに合わせた方法で問題解決できるプログラムです。

募集開始はこちらからお知らせしますね。

セックスレスや夫婦関係に役立つお話もお届けしていますので、ご登録してお待ちください。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

無理せず、我慢せず、会話もせず、信頼関係を育てる方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスレスの問題や夫婦の問題を解決する方法として

「イヤなことを我慢して行動する」ことが多い気がします。

たとえば、顔を見るのもイヤなのに

「笑顔で話しかけることが大事」とか

スキンシップがつらいのに

「セックスがイヤならまずはマッサージから始めましょう」とか

夫がそばにいるだけで不安と恐怖でいっぱいなのに

「わかりあうためにも言いたいことを言いましょう」とか。

解決するためのハードルが今のつらさ以上だと

もう、頑張れないとあきらめちゃう方も多いです。

私は基本的に、できないこと、したくないことはしなくていいと思ってるんです。

できないことを我慢して、無理してやるのは

新たに「イヤ」の気持ちを育てるものだし「やらされてる感」が出てきます。

しょうがなくやることで成果が出ることはほとんどないです^^;

それよりも自分で「やりたい!」「これならできる!」と思える方法を

一緒に見つけることを大事にしています。

カウンセリングでは、家庭内別居状態でほとんど会話がないご夫婦や

過去にパートナーから受けた暴言や暴力のトラウマで

会話をしたくない、怖くて顔を見られない、という方もいらっしゃいます。

そういう場合には、会話をしなくても、目を合わせなくても

それでも、無意識レベルで信頼関係を作っていく方法をご提案しています。

そして、信頼関係ができた上で、自分から「話しかけてもいいな」「話したいな」と思えるようになったら

いよいよ実際に言葉でのコミュニケーションに進みます。

だから、無理がないんですね^^

実はこうした方法は、私がフリーライター時代に取材で使っていたのですが、

とっても効果があるんです^^

取材って、ほとんどが初対面の相手です。

時にはちょっと怖そうな人、気難しそうな人、ちっとも話してくれない人もいます。

私も、そういう人が取材相手だとビクビクして、緊張して、その結果、うまくいかなくて自己嫌悪・・・

ということが多かったのですが

こういう方法を知ってからはどんな相手でも怖くなくなりました。

そして、取材相手の方から「話しやすかった!」「楽しかった」と言われることが増えて

「難しそうな人は松尾さんに」と言われるようになったという、あまり嬉しくないオマケもありました^^;

というわけで

無理をしないで、我慢をしないで、

自分も相手も心地よいコミュニケーションを取れるような

そんな方法をお伝えするのがこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「きっと夫はこう言うだろう」のモヤモヤの解消法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫婦の会話が大事というけれど、夫と話すことに意味を感じない。

話す気になれない。

気がつくと、話す前から夫婦のコミュニケーションをあきらめてしまうことありませんか?

こういう気持ちになってしまうのは

「あの時、ああだったから」「きっとこう言うだろう」にとらわれてしまっているときです。

悩んだり不安になってしまうときって

過去のことか、未来のことを考えているときなんですね。

もう変えられない過去のことを思い出して、後悔したり、怒りを再燃させたり

あるいは、どうなるかわからない未来をあれこれ想像して、不安になったり、あきらめたり。

過去にそう言ったからと言って、今後も必ず同じになるとは限りません。

私たちだって、その時の状況や気持ちの状態によって、いつもいつも同じ反応をするとは限らないのに

きっとこういう反応をするだろう、なんて決めつけられるのは心外ですよね^^

「あの時、ああだったから」という過去や

「きっとこう言うだろう」という未来の不安にとらわれないコツは

「今」に注目することです。

言いたいことを、今、ちゃんと伝えることに意識を向けること。

最初からあきらめて何も言わないより

どうせ伝わらないと、適当に伝えるより

伝わる可能性はずっと高まるはずです。

そして、「今」に注目することは、コミュニケーションだけでなく

ついつい不安になったり、イライラしたりする自分の気持ちをフラットにする力があります。

「今」に注目して、ストレスなくコミュニケーションができるマインドを手に入れるセミナーを

7月24日(水)10時に東京で開催します。

詳細はこちらから随時ご案内しますね。

お盆休みが今から憂鬱なあなた、ぜひ予定を空けておいてくださいね^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

山ちゃんの結婚で感じたこと

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

南海キャンディーズの山ちゃんと、女優の蒼井優さんが結婚されましたね^^

お二人の会見をちらっと見ましたが、幸せそうな笑顔がステキだなあと思いました。

このお二人の結婚で、私が一番いいなあと思ったのは、

しずちゃんと山ちゃんの関係です。

以前、「しくじり先生」という番組で、二人が出演したのを見たのですが

昔は山ちゃんがしずちゃんに対して、すごく嫉妬して嫌がらせをしたり

それに対してしずちゃんも心を閉ざしていき

お互いに相手を共演NGにするほど、心はバラバラになり

相手の存在がストレス以外の何物でもなかった状態だったそうです。

それが、しずちゃんの親友と山ちゃんが結婚することになって

しずちゃんが目を潤ませて祝福している姿を見て

人の関係って、変わるんだなあって思いました。

どん底で、最悪で、どうしようもないと思っても

関係性を変えることってできるんだって

山ちゃんとしずちゃんの姿が、それを改めて見せてくれた気がします。

これからの活躍が本当に楽しみです^^

「夫との関係、私も変えられるのかな」と思った方は、

まずはお話聞かせてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「本当の●●」がコミュニケーションのズレをなくしてくれます

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫と話していても、どうしても心が通じ合えなくて、虚しさばかりが残ってしまう。

どうも、論点がずれたところで言い争いをしているような、そんな感覚です。

本当に伝えたいこと、本当にわかってほしいことが伝わらないし、

そもそも、自分が本当に伝えたいこと、本当に感じていることがわからない。

コミュニケーションのズレが続くと、だんだんとそんな感じになってしまいます。

その原因の一つが「本当の感情」が伝わっていない、ということなんです。

本当の感情って、じつは4つしかないということ、知ってますか?

それは

「喜び」「怒り」「悲しみ」「怖れ」の4つです。

それ以外の感情は、全部この4つから出てきた、偽物の感情と言われるものです。

たとえば、夫の帰りが遅くて、家事や育児を手伝ってくれないとき

「いつも仕事仕事って、家族のことはどうでもいいの?」

と責める気持ちが溢れでてしまうかもしれません。

そして、そう言われると夫も

「オレだって仕事で大変なんだ。何もわからないくせに!」

と妻に対してイライラを募らせます。

でも、夫を責める気持ちの奥にある、妻の本当の気持ちが

「一人で家事や育児をする心細さをわかってもらえなくて悲しい(悲しみ)」

「自分や子どもが夫の心から忘れられてるようで不安(怖れ)」

だとしたら。

それを夫にもし伝えることができたら

夫はイライラを感じることはないはずです。

本当の感情をシンプルに伝えることができると

コミュニケーションのズレや誤解は、確実に減っていきます。

本当の気持ちを、本当の言葉で伝えること。

意外と忘れがちなことだし、最初は照れちゃうかもしれません。

でも、慣れるとスッキリするし、とても心地よいものです。

ぜひお試しくださいね。

夫婦関係のヒントはこちらもどうぞ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

なぜか「いつもオレを責めている」と言われてしまう原因

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

カウンセリングで夫婦のコミュニケーションについてのご相談を受けている中で

「夫から『いつもオレを責めてばかりだ』と言われてしまう」というお悩みが、意外と多いんです。

妻としては、ちっとも責めているつもりはないし、

逆に、セックスを断っていることで、自分が責められている気持ちになることすらあるのに

どうして逆に夫が「責められている」って言うんだろう・・・

お話をうかがっていると、特に責めているような内容でもないし

カウンセリングを受けている中でコミュニケーション力もアップしているので

伝えている言葉も、いい感じです。

でも、夫は実際に「責められている」と感じて、心のシャッターを下ろしてしまう。

ナゾですよね。

では、このナゾの答えをお伝えします^^

それは会話の最後につく「語尾」の使い方なんです。

たとえば

「私、間違ってますかね?」

「これ、こないだも同じ話をしたよね?」

というような「〜かね?」「〜よね?」というのは、

言われた方が、なんとなく念押しっぽいというか、

責められているように感じちゃうんです。

これは

「私、間違っているかな?」

「これ、こないだ話したと思うんだけど、どう?」

に言い換えると、だいぶん柔らかな印象になります。

せっかく伝えているのに、ちょっとした語尾のせいで伝わらないのはもったいないですね^^

ぜひ、お試しください。

コミュニケーションのコツはこちらでもちょくちょくお話ししています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

拒否されて傷ついた夫を支えるためにできること

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

したくない時に「したくない」と断ることはとても大切なことです。

でも、セックスを拒否されたことで、

自分の存在を全否定されたように感じて苦しんでいる夫の姿を見るのは、

妻としても、とても辛いですね。

夫の存在そのものが嫌悪の対象ならばしょうがないですが

セックスのことさえなければ夫と話していても楽しいし、

生涯、夫婦として一緒に添い遂げたいと思っているのに

その気持ちは受け取ってくれず、ただただ傷ついている夫に対して

「どうしたらいいんだろう、どうしたらわかってもらえるんだろう」と悩んでしまいます。

本当ならば、

「セックスに対する嫌悪と夫の存在自体に対する嫌悪とは別の問題なんだよ」

ということをわかってもらった上で

「じゃあ、どうする?」を話し合っていくのですが

夫にとって、それが別の問題だと思うことがとても難しい場合があるんですね。

その時にヒントになるのが「自己肯定感」です。

夫が自分に対する自己肯定感を持てていないと

どんなに「あなたのことを大事に思っている」と伝えても

それを信じることができないんですね。

自己肯定感を取り戻すのは、自分しかできません。

でも、それをサポートすることはできます。

それは、励ましたり、褒めたり、ポジティブな考え方を紹介するのではなく

ただただ、相手の気持ちを「うんうん、そうだね」と聞いてあげること、です。

自分が感じているネガティブな感情や考え方を

「それでいいんだ」と、まず、受け止めてくれる人がいること、

それが、自己肯定感を育てる第一歩になります。

そして、ダメな自分をそのままでOKだよ、と受け止めてくれる場所は

何よりも安全地帯になります。

セックスに頼らなくても、自分が認められ、受け入れられている場所があること。

それが、「セックスしたくない」に悩む夫婦にとって、最初の一歩になるはずです。

「セックスしたくない」の解決のヒントはこちらにも。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫を傷つけて後悔したとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、夫婦の話し合いや夫婦喧嘩で

「夫にひどいことを言っちゃった・・・」と後悔すること、ありませんか?

その時は自分も感情的になっていたけれど

後になって思い出したときに、一瞬よぎった夫の悲しそうな表情や

その後のギクシャクした雰囲気で感じる、夫の傷ついた気持ち。

あの時はしょうがなかった・・・とは言え、やはり後味が悪いものです。

でも、改めて謝るのもタイミングがむずかしいし

それに、そもそも私が悪いわけじゃないし・・・

なんて考えて、いつまでもモヤモヤを引きずったりしちゃいます。

たとえ「失敗したなー」と思うようなことでも

実は、人はその時に自分ができる「最善の方法」を常に選択しています。

だから、その時にひどいことを言ってしまったのも

その時の自分ができる、最善のことだったんです。

夫に追い詰められて、これ以上自分が傷つくことを避けるために。

何て言っていいかわからなくて、パニックになりそうな自分を守るために。

もし、あんなことを言わなかったら、もっともっと自分が傷ついて

夫のことをもっともっと嫌いになってしまったかもしれません。

つまり、ひどいことを言ってしまったのは、その時の最善の選択肢だったわけですが

もっと他の選択肢を持っていれば、それを選ばなくてもよかったかもしれませんね^^

傷つけるようなことを言うしかなかった場面でも

逆に、ただただ自分が傷つけられるままでしかない場面でも

そうする以外の選択肢があればそれを選ぶことができるようになります。

傷つけることを言う代わりに

夫が納得できて、自分も言いたいことを伝えることができたり。

いつもガマンして傷つけられるばかりの場面でも

落ち着いていられるように自分を整えたり

自分を守る言葉をちゃんと言えたり

あるいは、その場から軽やかに逃げることができたり。

ここで大事なことは「自分ができる選択肢」を増やしていくこと。

選択肢は、無意識が瞬時に選ぶものです。

やりたくないこと、無理しないとできないことは無意識は選びません。

傷つけてしまったことをたくさん反省したら

もう、それ以上、自分を責めなくても大丈夫。

次に同じことが起こったときに、夫も自分も傷つけないような対応を見つけましょう。

新しい選択肢を自分のものにすることで、

今まで、お互いに傷つけあったり、ケンカで終わっていた話し合いが

夫婦の前向きな未来をつくるための話し合いに変わります。

新しい選択肢を、毎回つくっていくのがこちらです。

私の場合はどうなのかな、こうなりたいけど、できるのかな、などなど、

疑問や不安は事前相談でお聞かせくださいね。

事前相談のお申し込みは本日、1月22日(火)までです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「話が違うじゃないか!」と責められたとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

結婚生活が続くと、最初の思いや考え方と変わってしまうこと、

多かれ少なかれ誰しもあるのではないでしょうか。

たとえば、こんなことです。

・子どもが欲しいと思っていたけれど、仕事が面白くなって、子どもを欲しいと思わなくなった

・子どもはつくらないと思っていたけど、最近、子どもが欲しくなった

・いずれ、夫の親と同居しようと思っていたけれど、だんだんイヤになってしまった

・家を建てたいと一緒に貯金をがんばっていたけれど、最近は賃貸マンションが身軽でいいと思うようになった

いずれも、夫婦の将来や生活の方向性に関わる大事なことだけど

改めて話をするのがちょっとためらわれる話題ですね^^;

下手すると、夫が「話が違うじゃないか!」と怒りだすという心配もあります。

でも、気持ちや考え方がいろんな経験や状況によって変わっていくのは、自然なことです。

すべての人が初恋の人を一生思い続けるわけではないし

お勤めの人が起業して自営業になることもあります。

だから、変わったことを責めるのはそもそも理不尽なわけです。

でも「親と一緒に暮らすって言ったからうちの親も楽しみにしているのに、今さらなんだよ!」

とか

「今まで家を建てるからってしんぼうして貯金してきたのに、今さら、家はもういいって、なんだよ!」

など、

相手からしてみると、いきなり「はしごを外された」感じで混乱するのもまた、当然の反応なんですね。

「どうして変わってしまったんだ」にフォーカスすると

変わってしまった相手を非難するか、変わった方は自己弁護をすることで話し合いは進みません。

だから、フォーカスするポイントは

「気持ちが変わったことはしょうがない」

と、事実を認めた上で

「前と変わった条件で、今後どうするか」ということです。

たとえば、親と一緒に暮らせないとしたら、今後、どうしていくか、を考えます。

同居はしないけど、すごく近所に住むとか

完全分離の二世帯住宅を建てるとか。

そもそも、一緒に住むのがイヤなくらい妻と夫の親との関係性において何かあったのなら

それについて話し合うことも必要かもしれないですね。

あるいは、夫が親と住むことを優先するなら、妻と別れることもあるかもしれません。

それも一つの選択肢です。

セックスレスの問題で見てみると

「前はできたのに、どうしてできなくなったんだ」

と責められても、それは、できなくなったほどの「理由」や「状況」があったということです。

だから「セックスできなくなった」自分を責めなくても大丈夫。

できなくなったほどの「理由」や「状況」をひも解くことで

「じゃあ、どうする?」が見えてきます。

「セックスしたくない」でこじれた夫婦関係の解決にとことん取り組む

「プラトニック・パートナーシップ6ヵ月プログラム」

進め方や特典など、大幅リニューアルしました。

事前相談の申し込みは、1月15日(火)こちらのメルマガから開始します。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子