拒否されて傷ついた夫を支えるためにできること

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

したくない時に「したくない」と断ることはとても大切なことです。

でも、セックスを拒否されたことで、

自分の存在を全否定されたように感じて苦しんでいる夫の姿を見るのは、

妻としても、とても辛いですね。

夫の存在そのものが嫌悪の対象ならばしょうがないですが

セックスのことさえなければ夫と話していても楽しいし、

生涯、夫婦として一緒に添い遂げたいと思っているのに

その気持ちは受け取ってくれず、ただただ傷ついている夫に対して

「どうしたらいいんだろう、どうしたらわかってもらえるんだろう」と悩んでしまいます。

本当ならば、

「セックスに対する嫌悪と夫の存在自体に対する嫌悪とは別の問題なんだよ」

ということをわかってもらった上で

「じゃあ、どうする?」を話し合っていくのですが

夫にとって、それが別の問題だと思うことがとても難しい場合があるんですね。

その時にヒントになるのが「自己肯定感」です。

夫が自分に対する自己肯定感を持てていないと

どんなに「あなたのことを大事に思っている」と伝えても

それを信じることができないんですね。

自己肯定感を取り戻すのは、自分しかできません。

でも、それをサポートすることはできます。

それは、励ましたり、褒めたり、ポジティブな考え方を紹介するのではなく

ただただ、相手の気持ちを「うんうん、そうだね」と聞いてあげること、です。

自分が感じているネガティブな感情や考え方を

「それでいいんだ」と、まず、受け止めてくれる人がいること、

それが、自己肯定感を育てる第一歩になります。

そして、ダメな自分をそのままでOKだよ、と受け止めてくれる場所は

何よりも安全地帯になります。

セックスに頼らなくても、自分が認められ、受け入れられている場所があること。

それが、「セックスしたくない」に悩む夫婦にとって、最初の一歩になるはずです。

「セックスしたくない」の解決のヒントはこちらにも。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫を傷つけて後悔したとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、夫婦の話し合いや夫婦喧嘩で

「夫にひどいことを言っちゃった・・・」と後悔すること、ありませんか?

その時は自分も感情的になっていたけれど

後になって思い出したときに、一瞬よぎった夫の悲しそうな表情や

その後のギクシャクした雰囲気で感じる、夫の傷ついた気持ち。

あの時はしょうがなかった・・・とは言え、やはり後味が悪いものです。

でも、改めて謝るのもタイミングがむずかしいし

それに、そもそも私が悪いわけじゃないし・・・

なんて考えて、いつまでもモヤモヤを引きずったりしちゃいます。

たとえ「失敗したなー」と思うようなことでも

実は、人はその時に自分ができる「最善の方法」を常に選択しています。

だから、その時にひどいことを言ってしまったのも

その時の自分ができる、最善のことだったんです。

夫に追い詰められて、これ以上自分が傷つくことを避けるために。

何て言っていいかわからなくて、パニックになりそうな自分を守るために。

もし、あんなことを言わなかったら、もっともっと自分が傷ついて

夫のことをもっともっと嫌いになってしまったかもしれません。

つまり、ひどいことを言ってしまったのは、その時の最善の選択肢だったわけですが

もっと他の選択肢を持っていれば、それを選ばなくてもよかったかもしれませんね^^

傷つけるようなことを言うしかなかった場面でも

逆に、ただただ自分が傷つけられるままでしかない場面でも

そうする以外の選択肢があればそれを選ぶことができるようになります。

傷つけることを言う代わりに

夫が納得できて、自分も言いたいことを伝えることができたり。

いつもガマンして傷つけられるばかりの場面でも

落ち着いていられるように自分を整えたり

自分を守る言葉をちゃんと言えたり

あるいは、その場から軽やかに逃げることができたり。

ここで大事なことは「自分ができる選択肢」を増やしていくこと。

選択肢は、無意識が瞬時に選ぶものです。

やりたくないこと、無理しないとできないことは無意識は選びません。

傷つけてしまったことをたくさん反省したら

もう、それ以上、自分を責めなくても大丈夫。

次に同じことが起こったときに、夫も自分も傷つけないような対応を見つけましょう。

新しい選択肢を自分のものにすることで、

今まで、お互いに傷つけあったり、ケンカで終わっていた話し合いが

夫婦の前向きな未来をつくるための話し合いに変わります。

新しい選択肢を、毎回つくっていくのがこちらです。

私の場合はどうなのかな、こうなりたいけど、できるのかな、などなど、

疑問や不安は事前相談でお聞かせくださいね。

事前相談のお申し込みは本日、1月22日(火)までです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「話が違うじゃないか!」と責められたとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

結婚生活が続くと、最初の思いや考え方と変わってしまうこと、

多かれ少なかれ誰しもあるのではないでしょうか。

たとえば、こんなことです。

・子どもが欲しいと思っていたけれど、仕事が面白くなって、子どもを欲しいと思わなくなった

・子どもはつくらないと思っていたけど、最近、子どもが欲しくなった

・いずれ、夫の親と同居しようと思っていたけれど、だんだんイヤになってしまった

・家を建てたいと一緒に貯金をがんばっていたけれど、最近は賃貸マンションが身軽でいいと思うようになった

いずれも、夫婦の将来や生活の方向性に関わる大事なことだけど

改めて話をするのがちょっとためらわれる話題ですね^^;

下手すると、夫が「話が違うじゃないか!」と怒りだすという心配もあります。

でも、気持ちや考え方がいろんな経験や状況によって変わっていくのは、自然なことです。

すべての人が初恋の人を一生思い続けるわけではないし

お勤めの人が起業して自営業になることもあります。

だから、変わったことを責めるのはそもそも理不尽なわけです。

でも「親と一緒に暮らすって言ったからうちの親も楽しみにしているのに、今さらなんだよ!」

とか

「今まで家を建てるからってしんぼうして貯金してきたのに、今さら、家はもういいって、なんだよ!」

など、

相手からしてみると、いきなり「はしごを外された」感じで混乱するのもまた、当然の反応なんですね。

「どうして変わってしまったんだ」にフォーカスすると

変わってしまった相手を非難するか、変わった方は自己弁護をすることで話し合いは進みません。

だから、フォーカスするポイントは

「気持ちが変わったことはしょうがない」

と、事実を認めた上で

「前と変わった条件で、今後どうするか」ということです。

たとえば、親と一緒に暮らせないとしたら、今後、どうしていくか、を考えます。

同居はしないけど、すごく近所に住むとか

完全分離の二世帯住宅を建てるとか。

そもそも、一緒に住むのがイヤなくらい妻と夫の親との関係性において何かあったのなら

それについて話し合うことも必要かもしれないですね。

あるいは、夫が親と住むことを優先するなら、妻と別れることもあるかもしれません。

それも一つの選択肢です。

セックスレスの問題で見てみると

「前はできたのに、どうしてできなくなったんだ」

と責められても、それは、できなくなったほどの「理由」や「状況」があったということです。

だから「セックスできなくなった」自分を責めなくても大丈夫。

できなくなったほどの「理由」や「状況」をひも解くことで

「じゃあ、どうする?」が見えてきます。

「セックスしたくない」でこじれた夫婦関係の解決にとことん取り組む

「プラトニック・パートナーシップ6ヵ月プログラム」

進め方や特典など、大幅リニューアルしました。

事前相談の申し込みは、1月15日(火)こちらのメルマガから開始します。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「今まで通り、私がガマンしてればよかったかも・・・」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「気がつくと、夫に対して言いたいことが言えなくなっていた」

カウンセリングを受けて、それに改めて気づくことがあります。

反対意見に対して、すぐに怒ったり、

自分の思い通りにならないと、すぐにすねたり。

怒鳴ったり、モノに当たったり、

あるいは引きこもったり、何日も口をきかなかったり。

一緒に暮らしていて、そういう態度を取られると

とても居心地が悪くて、つらいです。

そうなると、だんだんと自分が言いたいことは飲み込んでしまうことが、当たり前になってしまうんですね。

でも、今のままだとどんどん夫のことが嫌いになるし

お互いに本当にわかりあえることがない

と気がついた妻が、自分の気持ちを言えるようになります。

今まで、夫の顔色をうかがって言いたいことを言えなかった人が

自分の気持ちや言いたいことを言えるようになる。

そうすると、やっぱり最初は夫が怒ったり、すねたりします。

それどころか、今まで以上に怒ったり、すねまくったりすることもあります^^;

「やっぱり言わない方がよかったかな」

「今まで通り、私がガマンしてればよかったかも」

そう思うかもしれません。

一瞬、逆戻りだと思うことがあっても

でも、それはやっぱり前進なんです。

だって、今まで通りのパターンを続けていたら、

確実に、徐々に、悪い方向に進むだけだから。

コミュニケーションに失敗はありません。

うまくいかなかったら、違う方法を試せばいいだけです。

違う方法を一緒に考えて、実践してみる。

カウンセリングの場は、作戦会議の場でもあります。

一人だと行き詰まってしまうことも

違う視点が入ることで、選択肢がどんどん増えていきます。

「私がガマンするしかない」から

「もっといろいろできることがある!」という感覚、

自分で自分の人生をコントロールする醍醐味を、ぜひ味わっていただきたいと思います。

そんな継続プログラムを、現在つくっているところです。

募集開始などのお知らせはメルマガから行います。

ご登録してお待ちくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

結婚は修行?…辛い修行はナンセンス!

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

10日からお申し込みを開始した、ホームページ開設記念キャンペーン

さっそくお申し込みをいただいています。

ありがとうございます^^

通常より、ちょっとお得な価格でカウンセリングを受けることができるキャンペーンです。

今すぐお申込みの方はこちらです。

さて、お友だちがFacebookでキャンペーンの記事をシェアしてくださったのですが

そこに書かれていた言葉がとってもステキでした。

「諦めるのはまだはやい!結婚は修行?…辛い修行はナンセンス!」

ほんとにそうだなと思いました。

でも、結婚は修行だと思っている方も多いと思います。

カウンセリングでも

「結婚にはガマンがつきもの」

「結婚というのは、お互いの妥協によって成り立つもの」

こんなふうにおっしゃる方、いらっしゃいます。

そして

「だから、私はまだまだガマンが足りないんです」

「私の努力不足なんです」

と、さらに自分を責めていらっしゃるんですね。

こういう価値観というものは、

私たちが生まれながらに持っていることはほとんどなくて

親や親戚などから聞かされたり

職場の上司やメディアなどから入ってきた情報だったり

それが自分の心にすーっと入って、いつの間にか信念のようになっていたりします。

でも、もし本当に結婚がガマンで妥協でしかないなら

そんな味気ない人生を歩むために、わざわざ結婚したいと思うかなあ?というところです。

やっぱり本当は、好きな人と笑顔で、楽しく、ほのぼのと暮していきたいなあと思ったのではないでしょうか。

でも、そもそも好きで結婚したわけじゃない。

親を安心させるために、世間体を考えて結婚しただけ。

子どものためにも、離婚しないためにはガマンや努力をしないといけない。

結婚なんてそういうものだと思ってないと自分の人生が間違っていたようで悲しくなってしまう・・・

そういう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、だからこそ、どうせ努力をするならば

その努力をガマンに使うのではなく

笑顔で楽しく過ごす毎日へと変えることに使ってみませんか?

単にガマンするだけでは、何も変わりません。

自分がラクになるように、

夫と一緒にいても、ストレスをそれほど感じなくなるように、

そんな対策を取っていくことで、夫が「脅威の存在」ではなくなるんです。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧くださいね。

お申し込みは14日(金曜日)までです。

東京の対面カウンセリングの日程がだいぶん埋まってしまったので

ご希望の方は早めの申し込みがオススメです。

お申し込みはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

【キャンペーン】お申し込み開始です!

こんにちは。夫婦関係専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日からお伝えしておりますホームページ開設記念キャンペーン。

昨夜のメルマガからお申し込みを開始してます。

募集期間は今週の金曜日(14日)までです。

さっそくお申し込みをいただいております^^

ご希望の方は、早めにお申し込みくださいね。

今すぐお申し込みされる方は、こちらです。

●キャンペーンの内容は

今回のキャンペーンをひと言で言うと

「お悩み限定で、カウンセリングをちょっとお得な料金で提供します」

ということです。

どんなお悩みかというと

・夫はどうも普通のダンナさんと違う気がする

・夫と会話がかみ合わず、話し合いにならない

・何度言ってもあいさつができない夫にイライラする

・「私が言いたいのはそれじゃない・・・」と思うことが多い

・子育てや家事の責任を共有してくれない

・無反応だと思うと、いきなりキレたりする

・グサッとくることを言われてこちらが傷ついても、悪気なく気づかない

・夫婦なのに、一人ぼっちな気持ちになる

・何気ない雑談ができない

・マイルールにこだわりすぎて、周りが疲れる

・結婚してから、大事にしてくれなくなった気がする

・逆に、いつまでも恋人気分の夫が子どもにヤキモチを焼いて困る

・失言が多く、ヒヤヒヤする

こちらもひと言で言うと

「普通は話せばわかってもらえることがなぜか伝わらない」

という夫とのコミュニケーションにお悩みの方です。

なかなか伝わらない夫に対して

時にはやさしく、時には厳しく、またある時には怒ったり、逆に泣いて頼んだり・・・

そんなふうに手を変え品を変え夫とのコミュニケーションを取ろうとがんばっても

なんの効果もないときの「のれんに腕押し」感・・・

どんなに自分ががんばっても成果が見られないと、無力感を感じるものです。

ふつうならうまくいくはずのコミュニケーションの対策がなぜかうまくいかないときは

ちょっと違う対策を取ることで、コミュニケーションがうまくいくことがあります。

まずは、夫の特性を客観的に見て、知り、それに合わせた対策を取ることが大事です。

うまくいかないのは、あなたが悪いわけじゃない。

今のやり方でうまくいかないときは、別の方法を試してみればいいんです。

●キャンペーンの詳細です

内容:対面・ZOOMカウンセリング(120分)

申込期間:12月10日(月)~14日(金)

人数:10名様

価格:19,000円(通常26,000円)

お申し込みはこちらです。

あなたとお話できるのを楽しみにしています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

ホームページ開設記念キャンペーンのお知らせです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

長崎のカウンセリングサロン「LePort」のホームページ開設しました。

LePortのブログはこちらです。

ホームページ開設記念に、お悩み限定のカウンセリングをキャンペーン価格で行います!

どんなお悩みかというと

・夫と会話がかみ合わず、話し合いにならない

・「私が言いたいのはそれじゃない・・・」
と思うことが多い

・子育てや家事の責任を共有してくれない

・無反応だと思うと、いきなりキレたりする

・夫婦なのに、一人ぼっちな気持ちになる

・何気ない雑談ができない

・マイルールにこだわりすぎて、周りが疲れる

・結婚してから、大事にしてくれなくなった気がする

・逆に、いつまでも恋人気分の夫が子どもにヤキモチを焼いて困る

・失言が多く、ヒヤヒヤする

こういうお悩み、最近、カウンセリングで増えてきています。

別に、すごく性格が悪いわけじゃなく、真面目で優しい面もあるし

実家の家族やお友だちからは「いいダンナさんね」と言われることすらある。

でも、だからこそ、

不満を持ってしまう私がわがままなんじゃないか、

こんなふうにつらく感じてしまう私がおかしいんじゃないか、

そう自分を責めてしまったりもするんですね。

こういうタイプの夫には、ちょっと違ったアプローチのコミュニケーション法があります。

無反応な夫がちゃんと返事をしてくれるようになったり

キレずに話し合いをしてくれたり

子育てや家事を協力してくれるようになると

きっと、今のストレスはずいぶん軽くなるはずです^^

もちろん、タイプと言っても個人差があるので

それは、お話をうかがいながらご夫婦の状況に応じた対策を一緒に考えていけたらいいなと思います。

なんだか、夫は他の人と違う気がする。

夫婦なのに理解し合えない、わかりあえない虚しさを常に抱えている。

こういう漠然としたモヤモヤを抱えている方にピッタリのキャンペーンです。

キャンペーンは期間限定、人数限定で12月に行う予定です。

日程や金額など、詳細はこちらからお知らせしますね^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

意見が違うとき、折り合いをつける以外の解決策

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫婦で意見が対立しているとき、話し合いもなかなかうまくいかないですよね。

こういうときによく言われるのが

「お互いに妥協点を見つけて、折り合いをつけることが大事」

というものです。

ただ、これって意外とむずかしいですよね。

妥協点を見つけるということは、お互いがガマンできることを見つける、ということでもあります。

本当に望んでいることをどれだけガマンできるか、を見つけるのは

「私がこれだけガマンするんだから、あなたもしてよ」

「オレのガマンの割合が多くないか?不公平だ!」

となりがちです。

つまり、相手より自分の方がガマンすることが多いと損した気分になり

どれだけ自分の要求をより多く通すか、ということが大事になってしまいます。

こういう話し合いでは、お互いに相手を否定するという立場のままです。

だから、いくら話し合ってもなんだかモヤモヤしたり、納得できなかったりするんですね。

では、お互いがガマンするのではなく、満足できる結果になる話し合いのコツです。

それは、「妥協点を見つける」や「折り合いをつける」をゴールにするのではなく

お互いが納得できる「新しい選択肢を見つける」ことをゴールにすることです。

意見が食い違っているということは

お互いにそれぞれ大事な意図があるということです。

それをガマンしたり否定したりするのではなく、

両方の意図を満たすことができる、第三の選択肢を見つけること。

これが、お互いが満たされて幸せになれるゴールです。

たとえば、休みの日の過ごし方について。

夫はアウトドアが好きでキャンプに行きたい。

妻は家でゆっくりDVDでも見ながら過ごしたい。

そんなときは、それぞれの意図(目的)を見つけてみます。

夫がキャンプに行きたい一番の目的が、

たとえば「森林浴を楽しみながら、妻とゆったり語り合いたい」

妻の目的が「日ごろの疲れをいやしてのんびりしたい」

だとすると「癒されながらのんびり過ごす」という2人の意図は実は一致しているんですね。

その方法が、夫はキャンプであり、妻は家でDVDだったわけです。

妻も、キャンプはイヤだけど、森林浴なら行きたいかもしれません。

では、テントを張ったり、料理をしたりということはアウトドア好きの夫が担当、

夜は一緒に星空の下でDVD鑑賞というのもステキですね^^

こんなふうに、お互いにわかりあえない!ということにも、出口はあります。

一緒に見つけてみたい方はこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

悩みを相談されたとき、上手に答える2つのコツ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

お友だちや職場の人、あるいは子どもから悩み事を相談されたときに、上手に聞いてあげたい。

そんなふうに思ったことはありませんか?

せっかく、自分を信頼して頼って相談してくれているのに

どうもうまくアドバイスできなくて申し訳ない気持ちになったり

余計なことを言って逆に落ち込ませてしまったり

そして、そんな自分に自己嫌悪・・・(>_<)  

上手に聞いてあげて、さらに、悩んでいる相手の心が軽くなるような言葉がかけてあげられたら

相手も喜んでくれるし、

何よりも自分自身が自己嫌悪でどんよりすることがなくなって、自分に自信が持てますよね^^

というわけで、今日は上手に悩みを聞いてあげられるコツを2つお伝えします。

1つは「いい」「悪い」のジャッジメント(判定)をしないこと。

悩んでいるときって、ダメな自分に自信をなくしていたり

ダメだとわかっていることを繰り返してしまって、どうしようもなくて苦しかったりします。

そんなときに、さらに他の人から「それはダメだね」なんてジャッジメントされると

もう、先を言えなくなっちゃうんです。

悩みを相談したときに、アドバイスされて、逆に傷ついた・・・

そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

誰かに悩みを相談するときって、まず「心のモヤモヤを口に出したい」ということがほとんどです。

そして、実は悩みの答えって

まだちゃんと形になっていないとか確信が持てないだけで

自分の中になんとなく持っていることが多いです。

だから、それと違うとんちんかんなことを言われると

すごく違和感を覚えたり、反発したり、傷ついたりするんですね。

だから、基本的には聞いてあげるだけでいいんですけれど

相手に「どうしたらいい?」とアドバイスを求められることもあります。

というわけで、2つめのコツです。

そんなときは「私だったら」を頭につけて自分の考えを話してあげるとOKです。

そうすると、相手はもしも違和感を持ったとしても

「この人ならこうするんだな」と「他人事」として安心して聞くことができます。

こんなコミュニケーションのコツはこちらでもお伝えしていますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫の話をイライラしないで聞ける方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

そろそろ、お盆の帰省シーズンですね。

長崎のサロンは、浜の町の近くにあるのですが

今日の浜の町はいつも以上にたくさんの人でにぎわっていました。

来週のお盆は精霊流しもありますし、

お盆の期間中はお墓で花火をバンバン上げますし^^;

これから長崎は、もの悲しさを感じつつもにぎやかな期間を迎えます。

さて、最近、クライアントさまから立て続けに

「夫の話をイライラしないで聞けました」

「やさしい気持ちで接することができました」

というメールをいただきました。

そして、すばらしいのが、

みなさん、その原因を自分で分析されていること。

今、自分に何が起こっていて、

どういう変化が起きているのかを客観的に見て、把握して、

次に生かそうという姿勢をお持ちなんです。

自分が自分のカウンセラーになることができたら

これから生きていく上で、こんなに心強いことはないですね^^

そして、「なぜか夫にやさしくできた!」と報告いただいたみなさんに共通していた理由は

「自分の心と身体の状態が落ち着いていた」ということです。

よく「心や身体の状態を整えたって、問題が解決するわけじゃない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それもとてもよくわかります。

でも、実際に、身体の疲れをとって、

リラックスしたり、自分の時間を持ったり、少しだけでも好きなことをしたり、

そんな心の余裕を持つことで

出来事は同じでも、それをストレスに感じるかどうか、

それに対してどんな反応をするか、

まったく変わるんですね。

そして、自分の反応が変わることで、それを受ける相手の反応も変わります。

こうして、コミュニケーションが変わり、

関係性が変わっていくんですね。

カウンセリングを受けることで、自分の心と向き合う姿勢を身に付けることは

こうして自分で自分の問題を解決できる心の力を身に付けることができるようになるんだと、

今さらながら、私も実感しましたし、

とても嬉しく感じました^^

心の力を身に付ける方法は、こちらです。

※もうすぐ、募集開始します。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子