「カウンセリングを受けていなかったら、たぶん離婚していたよね」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム、

今月からスタートしたみなさん、すでにいろんな気づきと変化がバンバン始まっています!

そして、先日、プログラムを卒業された方の感想をいただきました。

カウンセリング期間中は、かなりガッツリ、自分と向き合い、夫と向き合うことになります。

楽しいばかりではありません。

どんなことに気づいて、どんなふうに乗り越えてこられたのか、参考になると思います^^

【カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか?】

夫とセックスがしたくないけれど、夫は誘ってくる。

断るのは罪悪感があるから、応じることもあるけれど、

またさらにしたくなくなる…を繰り返していました。

【カウンセリングを申し込む決め手になったのは、なんでしたか?】

→ブログなどに書かれていた松尾さんの体験談が、

自分が夫に対して感じてきたことや、とってきた行動と重なる部分が多く、

カウンセリングは初めてでしたが、

安心して受けられるのではないかと思いました。

【カウンセリングを受けて、どんな成果や変化がありましたか?】

→私や夫の課題が見えてきて、それらに対してどのようにしていくといいかがわかったこと。

夫に(精神的に)自立してほしいと思っているにもかかわらず、

私のコミュニケーションのとり方がそうさせられていなかったこと。

自分に自信がもてなかったので、夫の言うことの方が正しいのかも…と思ったり、

夫の不機嫌は私が原因ではないかと思ったりしてしまうけれど、

自分は納得できずにいることが多くありました。

しかしカウンセリングをしていく中で、自分の思いや感覚は正しかったんだ!とわかり、

「夫は夫、私は私」と、夫との間に線引きできるようになりつつあります。

【カウンセリングの感想をお聞かせください】

→フォローアップのカウンセリングが終わった日に、

夫と「カウンセリングを受けていなかったら、たぶん離婚していたよね…。

しかも、何が原因なのかもわからず、お互いの不満をぶつけ合うだけで、

納得のいかない離婚になっていただろうね。」

と話していました。

カウンセリングを受けている間、しんどい時期もありましたが、

松尾さんには、どう対応したらいいかわからなくなってしまった時にメールでフォローしていただいたり、

うまく夫に伝えられずに困った時に、夫にもカウンセリングをしていただいたりして、

少しずつ関係を修復…というか、

正しい(もしくは理想の)関係に向けて新たにつくり始めることができました。

(Mさん)

Mさん、ありがとうございました。

Mさんの感想を読んでいただいてお気付きの方も多いと思いますが

「したくない」という思いにはいろんな要素が絡み合っています。

「私の言うことより、人の言うことの方が正しい」

という思い込みが、自分の気持ちを伝えられなくしたり

相手の不機嫌の原因は自分にあると結びつける思考のクセがあったり

そんな気持ちが、相手を依存させるコミュニケーションのパターンを知らず知らずに作っていたり

それが、必要以上のガマンを自分に強いることになるし

そうなると、そうさせる相手に対して必要以上の怒りや不満につながります。

これは、どちらが悪いというのではなく

夫婦がお互いにそういう思考のクセやコミュニケーションのパターンを持っているから、なんですね。

でも、表面化している問題は妻の「セックスしたくない」の気持ちなので、

そのまま離婚になってしまったとしても

妻がセックスを拒否したから、夫がセックスを強要したから、

という、本当の夫婦の問題とは全然違うことが原因になってしまい

そこに気づかないままだと、次に誰かと出会ったとしても同じようなパターンにはまってしまう、

ということが多いんです。

Mさんご夫婦の「修復ではなく、新たにつくり始める」という言葉、

とてもステキだと思います。

修復というと、元に戻す、という感じですが

前よりもさらに、もっとずっと良い関係性をつくっていける感じです。

そして、きっとMさんご夫婦はそれができると思います。

これから何十年と続く夫婦生活、

あなたもそんなふうに変えてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「常に眉間にシワをよせ、何かに怒っている自分を演じていました」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

無料の事前相談の申し込みは7月31日(水)までです。

ちょっとでも気になっている方はこの機会に、ぜひお話しましょう。

●なにげない、今日という日の積み重ね

自分の家が、一番落ち着くなあ、としみじみ思えて

自分の家族とリラックスしてのびのび過ごせる。

笑いたいときに笑って、素直に言いたいことが言える。

なにげない、そんな今日の積み重ねが一番の幸せなんだなあ、

と、改めて感じさせてくれる、そんなメールをご紹介します。

家で夫と過ごすことが何より苦痛で、

今日はどこに逃げようか、どうやって逃げようかと、ジプシーのような生活に疲弊して、

常に眉間にシワをよせ、何かに怒っている自分を演じていましたが、

ただ、笑いたい……

普通にしゃべりたい。

ずっと私の求めていたことはこれだったなぁ。

と今、夫と笑顔で話せる自分を客観的に感じ

そう思います。

カウンセリングというものは、ほぼ初体験で、

自分の心の問題にお金を投じるという躊躇は、正直なところだいぶありましたが、

あの苦しみから抜け出せた今は、カウンセリングを受けてよかったと心底思います。

松尾さんには、がんじがらめになった私の思考を

ひとつひとつ根気よく聞いて紐解いてくださり、

「それでいいと思いますよ」

「それは辛かったですね」

と私自身の感情の流れひとつひとつに、

松尾さんに受け入れていただけたことで、進んでこられたことだと思っています。

感謝の気持ちでいっぱいです。

カウンセリングは終わりましたが、

松尾さんという存在があるということが、

今後の夫婦関係にたとえ何かがあっても

「大丈夫ですよ」と背中を支えてもらっているような気持ちでいます。

本当にありがとうございました。

(Sさん)

見えない「心」の問題にお金をかけること、

躊躇される方が多いのも当然だと思います。

それでも、どうにかしたいと、私を信じてお申し込みいただいて

「カウンセリングを受けてよかったと心底思います」

という言葉をいただいて、私も心底よかったと思っています。

Sさんからのメールに書かれていた最後の言葉、

「今、幸せな時間が過ごせていることに感謝です。」

あなたにも、そう感じていただけると嬉しいです。

無料の事前相談のお申し込みは、7月31日(水)までです。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

あなたも、わたしも「それでもいいんだ」と思える世界に変わりました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラムは、夫婦関係の問題解決に特化したプログラムですが

実は夫婦関係だけでなく、親子関係にも変化を起こせます。

でも、それも当然のことなんですよね。

悩みを生み出している心のクセやコミュニケーションのパターンは

夫婦関係だけでなく他の人間関係でも多かれ少なかれ共通するもので

だからこそ、夫婦関係に取り組むことで

自分を取り巻くさまざまな人間関係全体が良い方向に変わっていくんです。

親子関係においても

「私は母親である」ことの勝手な思い込みに縛られていましたが、

自分の感情をもっともっと大切にして、

今自分のしたいこと、したくないこと

できること、できないことを見極めて

親子であれ、夫婦であれ、境界線を引くことが必要だということもわかりました。

そして、更にどうしても越えられなかった

ガチガチに固まってしまった心の壁を、

この際にと思い切って飼い始めた犬という存在を通して、緩めてくれたことも大きかったように思います。

「どいつもこいつも!」と周りが全て敵に見え、

人を信じられない世界から、

私の感情を大切にして、侵食されないこと。

自分を受け入れていれた上で表現していくことで、

周りの景色が、あなたも、わたしも

「それでもいいんだ」と思える許容できる世界に変わっていったように思います。

(Sさん)

「境界線を引くこと」

これは、カウンセリングで、特に大事にしていることです。

セックスレスの悩みの場合、

夫が苦しんでいるのは私が断っているから、

夫が不機嫌なのは、私の愛に応えられないから、

夫が私につらく当たるのは私が夫にやさしくできないから、

と、夫の感情の責任をすべて自分が請け負ってしまうことになりがちです。

でも、それは逆に

私が夫を愛せないのは夫のせい、

私がこんなに苦しんでいるのは夫が私を苦しめるから、

と、自分の感情の責任を夫に請け負わせてしまう思考のパターンでもあるわけです。

拒否された夫のつらい気持ちを本当に解決できるのは

あなたではなく、彼にしかできないことです。

それが事実であることを知るとあなたには他に

自分にしかできないことが見えてきます。

と言っても、夫が境界線を引けてないと

自分のつらさの責任をあなたに押し付けてくるかもしれません。

そんな時に、あなたを支えて

さらに、夫にも境界線が引けるような働きかけをしていくのが、

プラトニック・パートナーシッププログラムです。

まずは、自分と夫との感情に境界線を引くこと。

これは、一見冷たいように感じますが、実は、逆なんです。

Sさんが書かれている「どいつもこいつも!」とすべてが敵に見える状況が

境界線が引けるようになると

「それでもいいんだ」と許容できる世界に変わります。

それは、今までに経験したことのないとても心地よい世界です。

あなたもそんな世界を手に入れることができます。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

罪悪感からは何も生み出さない

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

事前相談のお申し込み7月31日(水)までです。

クライアントさまの感想をご紹介しますね。

こうなりたいという未来の形に向かって、

今できることは何だろうと考えることが必要であること。

伝え方も、ただ感情をぶつけるのでなく、

相手を否定したり、自分を卑下するのでなく、大人の態度で事実を伝える。

私のしてきたことに対して、罪悪感を持たなくていい。

自分の身を守るための行動だったのだと、

松尾さんに何度も繰り返し伝えていただき、

「それでいいんですか?」

「それでいいんです」

と幾度となく繰り返したこのやりとりに、

私の人生の正解は、自分の感情の中にあり、

自分の感情こそが正解だことに気づきました。

「罪悪感からは何も生み出さない」

この言葉に何度も勇気づけられました。

すぐに自分の感情に蓋をして、

◯◯なんて、傷つけてしまう。

◯◯なんて、怒られる。

そんなマインドの上に立ち、自分を見失っていたのですね。

また、どうしても理解できない夫の言動が、

アスペルガーの特質とかぶることが多いと教えていただき、

考えもしなかったことで、とても、ショックではありましたが、

今までのすれ違った感情のやりとりは、ここから来るものであると考えると

腑に落ちることがたくさん出てきました。

人格としてそんな言動があるのでなく、ものの見方、感じ方が違うだけなので、

やり方、伝え方があると教えていただきました。

ずっとこれまで、私の苦しみを察してほしいと、

心があるなら察する筈だと

自分の思いを言葉にせずに態度や雰囲気で醸し出し、オブラートにつつんで、

「なんでわかってくれないの!」と勝手に拗ねて怒って嫌っていました。

自分の望むこと、感じたことを

罪悪感を抜きにして、きちんと言葉にして、伝えていくことをしてみて、

スムーズに事が進むことも多く、

相手は、必ずしも同じものの見方をしているわけではないことを、体感できたように思います。

(Sさん)

どんなに夫のことを責めていても

愛せなくなったのは夫のせいだと思っていても

夫を責めたり、嫌ったりする自分自身のことを責めていたり

夫にイヤな態度をさせる自分を責めていたり、

悩んでいる時には、最後には自分を責めてしまいがちです。

でも、人の行動には必ず大事な理由があります。

夫を嫌うことにも、イヤな態度を取ってしまうことにも、セックスを拒否することにも、

必ず、無意識の大切な意図があるんです。

そして、夫がそんな態度を取るのも必ず無意識の意図があります。

お互いに、どちらが悪い、ではなく、どちらもそうせざるを得ない大切な理由があるんです。

だから、罪悪感はいりません。

罪悪感があると、逆に、無意識が伝えているその言動の大切な意図が見えなくなってしまうから。

罪悪感を、ちょっと心から出して横に置いて、目の前の事実を見てみると

その時に、本当に自分がするべきことがクリアに見えてきます。

カウンセリングでは、そういうことを丁寧に丁寧に、やっていきました。

Sさんの夫の場合は、アスペルガーの気質があることもお話をうかがっていくうちにわかりました。

そうすると、コミュニケーションの取り方にもちょっと工夫が必要です。

Sさんの場合は、そこも合わせて対策をとることで

Sさんご自身の心の状態も夫の態度もどんどん変わっていきました。

何よりも、夫の言動に悪意があるのかないのか、

それがわかるだけで、夫に対する気持ちってガラッと変わります。

こうした変化もやはり、継続して状況を見ながら対策をしていく、ということができたからこそ、なんですね。

セックスレスの問題は、単にホルモンのバランスとか性欲がなくなった、というだけでなく

自分たちでは気づかなかったいろんな問題が絡み合って生まれています。

もう、何年も悩んでいる状態なら

何もしないと、それがまたこれから何年も続きます。

他の視点を入れることでSさんのように、解決するポイントが見えて

そして、サクサクと解決できれば

これから先の人生を今の悩みの状態の続きではなく

ふつうに笑って楽しめる、そんな毎日に変えていくことができます。

まず、あなたのお話を聞かせてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫は「ああ、そんな風に苦しんでいたんだね」と私の気持ちを受け止めてくれました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「プラトニック・パートナーシッププログラム」

事前相談の申し込みは、7月31日(水)までとなっています。

いろんな事情でお申し込みができない、という方もいらっしゃると思います。

もちろん、プログラムを受けていただくのが、解決までも早いし、効果も高いと思っています。

それができるようにするために作ったプログラムですから。

でも、一番大事なことは

プログラムを受けるかどうかではなく、どうやって悩みを解決していくか。

そして、私にできることは、そのために一番いい方法を一緒に考えていくことでもあると思っています。

プログラムではないけれど、継続してカウンセリングに取り組まれたSさんの変化をご紹介しますね。

【カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか?】

長年の積もりに積もった不満からの主人に対する嫌悪感です。

話すのも嫌、顔を見るのも嫌、

同じ空間にいることすらできない状況にありながら、

離婚するのか、このままやっていくのか、

その決断ができない状況がとても苦しかったです。

【カウンセリングを申し込む決め手になったのは、なんでしたか】

松尾さんのブログを読んだ時、

まさに私のことを言われているようなことがたくさん書かれてあり衝撃を受けました。

私のような人が他にもいるのかもしれない。

ならば、抜け出す道があるに違いないと思いました。

別れる、別れない、また我慢する しないといった単純なことが問題なのでなく、

誰に話しても、なかなかわかってもらえないと思っていた

細かい感情の機微をきっとわかってたいただけるのでは、と思いました。

当初は、連続セミナーに興味があり、無料説明会ズームに参加しました。

費用面で断念せざるを得なかったのですが、

ずっと進展しない夫婦関係や、

子供たちが家を離れ2人だけの生活がはじまることが、

単発でのカウンセリングを受ける後押しになりました。

【カウンセリングを受けて、どんな成果や変化がありましたか?】

自分の思い込みやとらわれが多く関係していると思いました。

夫婦、長く一緒に過ごしてきたから、こう言ったらこう返答されるに決まってる。

事あるごとに自分の思いは伝えてきたつもりで、

それでもわかってもらえなかった。

また、どうせわかってもらえない。

そんな諦めがありました。

なんで私はこんな人と結婚してしまったんだろうと後悔の日々でした。

そう、夫を責めながらも、

私の頭のどこかに存在する、「私は、ダメな妻」である。

と自分を責める思い込みから、自分の本心すら、わからない状態でした。

自分自身の中にある「正しい妻の形」にとらわれ、

それにそぐわない自分をどこかで猛烈に責めていることにも気づきました。

私の今の感情を大切にする。

とても大きなバンジーでしたが、思い切って私の苦しさを伝えてみると、

夫は思いのほか、

「ああ、そんな風に苦しんでいたんだね」

と私の気持ちを受け止めてくれました。

そこからもつれた糸がどんどん解けていったように思います。

(Sさん)

Sさんの「バンジー」は、カウンセリングを始めてから3ヶ月ほど経ってからだったと思います。

「どうせわかってくれない」と長い年月に渡って心に根付いた信念は

「わかってほしい」という思いを簡単には通してくれません。

「言いたいことがあったら言えばいい」
「言わない方が悪い」

という考え方もあるけれど

私は無理してバンジーを飛ばせるのではなく

Sさんが自分で飛びたい!と思って自分のタイミングで飛べるように一緒に準備をしていきました。

Sさんがバンジーを飛んだことを報告してくださった時の

キラキラとした笑顔は、今でも私の目に焼き付いています。

それまで、カウンセリングのたびに涙していたSさんが

それから毎回、笑顔を見せてくれて

楽しみながらご主人とのコミュニケーションを攻略していくのが、本当に頼もしかったです^^

プログラムにしても単発のカウンセリングの継続にしても

どちらにするか自分が納得して選ぶことが大事です。

そのためにもプログラムにも興味がある、という方は、

まずはこちらでお話しましょう^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

夫から「もう新婚じゃないのにいつも新婚みたいだな!」と言われるようになってます

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスレスが原因で夫婦関係がうまくいかなくなってしまった方のための

プラトニック・パートナーシッププログラム

無料の事前相談のお申し込みを開始しています。

実際にプログラムを受けるとどうなるのか、感想をご紹介しますね。

【 カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか? 】

セックスレスから日々夫にイライラされ「早くどうにかしてきて!」と言われており、

不満ながらにも何名かのカウンセラーに話を聞いてもらってアドバイスを頂いたりしていました。

それでも私達は変わらなかった時だったので、

もうどうにか出来るものじゃないではないかと悩んでいました。

離婚した方がお互いのためかと思っていました。

【 カウンセリングを申し込む決め手になったのは、なんでしたか? 】

松尾先生のメルマガを登録していたので

カウンセリングして頂きたいなーとぼんやり思っていました。

松尾先生からのメルマガで

夫と仲良くしたいのか離婚したいのかさえ分からないというような内容に、

私は一体何に頑張るんだろうと客観的にもなり、

初めてのズームカウンセリングを受けることにしました。

初めてのズームカウンセリングの後もハッキリと何がいいのか、分かりませんでしたが

継続プログラムをお願いすることを即決めました。

なんならカウンセリング中に決めてました(笑)

今になって思うのは、

「誰が悪いとかではない!」と思っていたけど

本当にそうなのかな?とか分からない!の渦のなかで、

どうしていきたいのか、迷子になっていたその時の私に

方向付けができそうな感じがしたからだったのかなとおもいます。

【 カウンセリングを受けて、どんな成果や変化がありましたか? 】

夫婦仲が良くなりました。

夫からも「もう新婚じゃないのにいつも新婚みたいだな!」と言われるようになってます。

夫がセックスのない生活を不満に思っていないような気がします。

以前は眠れないことはそんなに気にもしていませんでしたが、

継続プログラム後半頃から寝る準備をして暗くしたら10分位で寝れるようになりました、

本当にビックリしています。

【 カウンセリングの感想をお聞かせください 】

メールフォローもしてくださり、強い不安を長く感じなくなりました。

毎月課題もあり、自信の無かった私がだんだん逞しくなってきている実感がありました。

カウンセリングして一進一退の日もあったけど、

「どうにかなるな!決めるのは自分だな!私」と思えるようになりました。

自分の態度行動で相手の反応が変わるという体感がありました。

忘れやすいのでPDFでまとめを作って頂いたりしてすぐに実践にうつれたし、

夫の反応も日に日に変わりました。

こういう経験は初めてのことで、だんだん変わるかもと言うよりは即効性を感じました。

もっと早くに受けていればと思う時もありますが、

その時のつらかった感情もなんらかの反応なんだなって思えます。

モヤモヤした時は自分と相手の気持ちの擦り合わせチャンスと捉えます。

(Tさん)

Tさん、ありがとうございました。

カウンセリングで夫婦関係が変わるだけじゃなく、

自分に自信が持てるようになったり

「決めるのは自分だな」と自分の軸で考えられるようになったり

イヤなこと、ネガティブなことも「チャンス」と思えるようになったり

そんなふうになると、悩みが悩みでなくなるし

夫と何か問題が起きても、自分で楽しみながら解決できるようになります。

夫婦関係だけでなく、これからの人生全部の場面においてとても生きやすくなるはずです。

そんな変化をあなたにもぜひ体感してほしいなと、心から思っています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「主人=トンチンカン男」と命名しました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

こちらがどんなに言葉を尽くしても、

「え?どうしてそんなふうに捉えるの?」

「私が言いたいのは、そこじゃなくて・・・」

というやりとりが続くことがあります。

何を言っても伝わらず、攻撃されるばかりだと

どんどん心が疲れてしまいますよね(>_<)

そんな時に、ちょっとした言葉を使い方で、気持ちがグルっとラクに変化することができるんです。

ちょっと気づいたことがあったので、書かせていただきますね。

少し前に先生は主人の言動に対し

“トンチンカン”という言葉を使って下さいました。

その表現が私の中ではとてもしっくりきていて

変なことを言われても

「また、トンチンカンなことを言ってるな」

とスルーできるようになりました。

「主人=アスペルガー人間」

と思っていた時は、どちらかというと

彼から「怖い、避けたい、逃げたい」の気持ちがとても強く

LINEで何を言ってくるかいつも怯えていました。

が、「主人=トンチンカン男」と命名してからは

「また、おかしなLINEを送ってきたなぁ」と思えるようになりました。

言葉を少し変えただけで、相手への印象と人に対する自分の気持ちが変わることがあるんですね。

驚きでした。

だから、松尾先生に感謝です♪

(Eさん)

Eさん、ありがとうございます^^

アスペルガーの人はマイワールドをしっかり持っていらっしゃるのですが

時に「相手の話を自分のワールドに歪曲して勝手に怒ってしまう」という事態が起きることがあります。

もちろん、こちらの伝え方の問題もありますが

あまりにも話が伝わらなかったり、

何を言っても即座に全否定され続けると、

やっぱり伝えられない自分が悪いんじゃないかと、自分を責めてしまうものです。

ただ、その状況を客観的に冷静な第三者の目線で見ると

伝え方の問題点だけでなく

受け取り側の心の問題点も見えてきます。

そうすると、うまくいかないコミュニケーションについて

自分が変えられる部分と

相手の問題である部分の線引きができるようになるんです。

Eさんの場合は、「トンチンカン男」と命名することで

状況を客観的に見ることができるようになったんですね^^

そうすると、今までは「怖い、避けたい、逃げたい」だったのが

怯えることなく、冷静に対応できるようになるし

そうすると、これまでのモラハラ気味の関係も変わります。

これは、渦中にいると、なかなか見えなかったりするものです。

だからこそ、第三者の目線を入れることが大事なんですね。

コミュニケーションが対等でなくなっているときは、

夫婦の関係を変えるチャンスです。

「根本的に夫婦関係を見直したい」という方に向けた情報は、

こちらからお伝えしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

無理して話し合わなくてもできること

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は継続してカウンセリングを受けてくださっていたクライアントさまが、笑顔で卒業されました^^

数ヶ月前は、夫が家にいるだけで恐怖と不安で部屋から出られなくて

もちろん、目も合わせられず、会話もできなかったのが

今は、話したいことがたくさんあって

「早く帰ってこないかなー」と帰りを待っているそうです。

笑顔で「おかえり〜!」と出迎えている毎日に

「まさか、こんな風になるなんて、自分でもビックリ!」とおっしゃっていました^^

こういうとき、私もカウンセラーとして、本当に幸せだなあと感じます。

同じ家に夫がいるだけで、気持ちが落ち込んでしまうということはよくあります。

たとえば、過去に夫にひどいことを言われたり、されたりして

どうしてもそれが許せなくて、

とても夫と普通にコミュニケーションができないとき。

あるいは、考え方や価値観の違いから

話すとイライラが止まらなくなって、

それが自分でもつらくて、顔を見たり話をしたりできなくなったとき。

「それなら、別れればいいじゃない」と言われることもあるでしょう。

でも、いろんな事情で簡単には別れられない、ということもあります。

「じゃあ、一度、ちゃんと話し合ったら?」と言われるかもしれません。

でも、話し合うことを考えると苦しくなる・・・

だから、悩みになってしまうんですよね。

そんな時は、無理して話し合おうとしなくてもいいと思います。

できないことを無理してやって、さらに自信を失うよりも

今、自分ができることをやっていく方が、ずっとうまくいきます。

夫と話をしよう、コミュニケーションを取ろう、と思えるように、自分のマインドを先に整えることで

無理なく、自然に、ストレスなく夫と話ができるようになります。

それに、そういうマインドで話をした方が、イヤイヤながら話し合うより、良い方向に進むに違いないですよね^^

「あなたが抱えている問題や悩みの状況は、今のあなたに解決できることしか、起こらない」

クライアントさまの笑顔を見ながら、改めて実感しました。

あなたも、そんな笑顔の毎日を送ることができるように、

夫と一緒の時間の憂鬱を解消するセミナーを、7月24日(水)に開催します。

詳細が決まりましたら、こちらからお知らせしますね。

ご登録してお待ちください^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

一人反省会のダメ出しをやめる方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

お友だちや親戚、職場での集まりで

「あんなこと言わなければよかった」なんて思うこと、ありませんか?

私は以前、よくありました^^;

そして、一人反省会の始まりです。

「どうしてあんなこと言っちゃったんだろう」
「あのとき、こう言えばよかった」
「きっと、私のことガッカリしただろうな・・・」

そんなことで、頭の中がぐるぐるしてました。

でも、うまく言えなかった自分、

相手に上手に合わせてあげられなかった自分、

そんなダメダメな自分も

「まあ、これが私だもんね」
「うまく言えないのが、今の私ってことで!」
「でも、よくがんばったよね^^」

なんて、丸ごとOKできたら。

もう、一人反省会はしなくても大丈夫です。

お返事、ありがとうございました。

先生はいつも、的確なお返事を時間をあけずに下さり、すごいなぁと思っています。

お返事が遅くなって、すみませんでした。

「今の自分をそのまま認める」と「認めたつもり」は違いますね。

私は果たして、どちらだろうと思いました。

体調が悪いと、自分を責める思考が顔を出してきます。

疲れすぎると、どうしても、自分を責めて、クヨクヨしがちです。

でも、成長したなと思ったのが、歓送迎会が先日、あったのですが、

これまでは大抵、職場の飲み会のあと、帰宅すると、

「あんなこと、言わなければ良かった。」などと

自分の言動を、一人反省会で、ダメ出ししていたのですが、

今年はそれはなく、

「まぁ、あの人の言うことに賛成できなかったのは、考え方が違うから、仕方ない。多分。」

と思うことができました。

多分、がついてしまうところは、まだ自信がないからですが…。

この境地に、自分一人でたどり着くことは、無理でした。

本を読んではいたので、本で読んだことは、頭ではわかったつもりでしたが、

実感が伴ったのは、松尾先生と話をすることを通してだったと思います。

本を読んで知っていたことも、松尾先生に言われると、涙が出るという感じです。

そこにいる人が、自分のことをわかってくれて、支えようとしてくれているというあたたかさ?ぬくもり?

よくわかりませんが、

人は人によって、救われるんだと思いました。

(Iさん)

 

「多分、がついてしまうところは、まだ自信がないからですが…」

というところがまた、自信がない自分をそのまま認められててステキですよね^^

とりあえず、自分へのダメ出しは「百害あって一利なし」なので、やらなくて大丈夫です。

そして「人が人によって救われる」って、本当にそうだと最近、しみじみと思います。

私もクライアントさまに救われているなあと思うんです。

悩みの渦中にいるときは

ときに、くじけそうになったり逃げ出したくなったり

手っ取り早い答えが欲しくなったりするものだと思います。

それでも、私を信頼してくださって逃げたくなってもやっぱり逃げずに取り組む姿に

私も勇気をもらっているしこの仕事をやっていく力をもらっています。

こうした感想をご紹介すると

「カウンセリングを受けている人はみんなうまくいってるのにそうできない私はダメなんだ」

と思ってしまう、というお話も時々うかがいます。

でも、みんないきなりサクッと解決するわけじゃなくて

それまで、いろんな山あり谷ありがあっての、今です。

そんな山あり谷ありを一緒にサポートすることで

本を読んだり、一人で頑張ってもなかなかたどり着けない境地に行けるようにするのが

私のお仕事で、私はそれがとても好きなんだと思っています^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「ありのままの自分」を認めること

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、数年前に「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」が流行りましたね。

「ありのままでいい」というメッセージが、多くの人の心に響いたのだと思います。

ということは、

多くの人が「ありのままの自分」を否定しながら生きていた、

ということかもしれません。

ありのままの自分を本当に心から認めて生きていれば

それは「当たり前」なので、そういう歌詞に、あえて響かないと思うんです。

でも、現実には、

ありのままの自分に満足することは向上心を失うこと、

そう思いながら、そして、そう教えられながら

私たちは育ってきたのかもしれません。

だから、ありのままの自分を認めて、受け入れることに

最初は罪悪感を抱いたり、抵抗を持ったりすることもあります。

そんな過程を経て、

今、自分自身とパートナーの「ありのまま」を認めることができるようになった

そんなクライアント様のメールをご紹介しますね。

土曜日、お話しながら思ったことは、

相手がどういう状況にあるのか、どういう意図で言っているのか、見立てが難しいということです。

夫は、拗ねているのかな?と思うこともありましたが、

圧倒的に、私を威圧していると思うことの方が多かったです。

自分を否定されていると感じていたのだなぁと思いました。

それはある意味、私も同じです。

お互いに、相手に否定されていると思っていたのですね。

こんな二人が、よい関係を築けるはずがありませんね。

言われてみたら、夫の反応を見ていると、

私の言葉を全て、自分に対する侮辱だと受け取っているみたいです。

私のせいでもありますが、夫自信の問題でもあると思うので、

私は、淡々と、「別にあなたを責めてはいない」と伝えようと思います。

それで、何かが変われば、また、お知らせさせていただきます。

松尾先生とお話させていただいてから、

少しずつ、自分を否定する思考回路から、抜け出しつつあります。

人生のどの時期を取っても、自分を「そのままでいい」と言ってもらうことがなかったからなのか、

そのままの自分を認めることは、一種の甘えであり、向上心のない証拠だと、

長いこと、思ってきました。

夫は今もその思考の中にいて、子供たちにそれを強要しています。

精神科医の高橋和巳先生によると、

自分をそのままでいいと認めることは、人格の形成の最終段階、成長段階の最後なのだそうです。

文章が難解すぎて、うまく要約できないのですが、そんなことが書いてありました。

松尾先生と出会って、その境地に何とかたどり着くことができて、本当に幸せだと思います。

(Iさん)

「ありのままの自分」を認めることは

「ありのままの相手」を認めることにもなる。

そしてそれは同時に「思い込み」というフィルターを外してくれるんですね。

今まで、攻撃や侮辱と受け取っていたことは

もちろん、伝え方の問題もあるけれど

フィルターをかけている自分自身、そして相手自身の問題もあります。

相手の問題を相手に返してあげること。

相手に問題を自分が背負いこまないこと。

これも、ありのままの自分と相手を認められたからこそ、

そして、相手にも問題を解決できる力があると尊重できるからこそできることです。

ありのままの自分を認める人生、あなたも手に入れてみませんか?

5月の東京の対面カウンセリングは

5月18日(土)終日
5月19日(日)10時〜12時
5月22日(水)14時以降

の日程でお受けしています。

お申し込みはこちらからお待ちしております^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子