結婚してなくても、相談にのってもらえますか?

こんにちは。松尾 聡子です。

昨日、初めてお会いした方に

「結婚してないんですけど、相談にのってもらえますか?」と聞かれました。

もちろん、結婚してない方のご相談もお受けしています^^

セックスに対して嫌悪感や恐怖感がある。

そのせいで、気になる男性がいても、もう一歩踏み込んだお付き合いができない。

結婚したいけれど、二の足を踏んでしまう。

このままだと、ずっと結婚できないかもしれない。

セックスに対する嫌悪感や恐怖感から、結婚生活をあきらめてしまう方もいます。

もちろん、結婚しない人生を選ぶことも一つの選択です。

でも、望んで選ぶのではなく「しょうがないから一人で生きることを選ぶ」というのは、ちょっともったいないですね。

だって、せっかくの自分の人生ですから。

自分が「問題かも」と思っていることと、一度きちんと向き合ってから決めても遅くはないと思います^^

「結婚している」「結婚していない」に関わらず、「問題を解決して自分の人生を楽しみたい」という方の力になりたいと思っています。

あきらめてしまう前に、一度トライしてみませんか?

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

夫との時間が増える連休の憂鬱を解消してくれるのは〇〇です

こんにちは。松尾 聡子です。

お正月休みが終わったと思ったら、また今週末は三連休という方も多いのではないでしょうか。

旦那さまと一緒に過ごす時間が増えて、お休みはちょっと憂鬱・・・という方もいらっしゃるかもしれませんね。

こういうときに、ストレスを軽くしてくれるのが「涙」です。

「5分間泣くと、一晩寝るより脳のストレス解消に効果がある」と言われています。

涙を流すことで、リラックスを促す副交感神経が働いてくれるんですね。

最近では、ストレス解消やリラックスを求めて、泣ける映画やお話を聞く「涙活イベント」もあちこちで開催されているそうです。

「ストレスがたまって、つらい・・・」

そんなときに、自分にとって「これは泣ける」という泣きポイントが入った映画を見たり、本を読んで泣くと、ストレス解消になります。

また、ネットで検索すると「泣ける動画」や「泣けるCM」など、数分で泣ける動画もたくさんありますよね。

旦那さまが帰宅する前に、そういう動画などをさくっと見て泣いちゃうのもおススメです。

「また今夜もケンカになっちゃうかな」「求められたらイヤだなあ」

そんな不安や緊張で活発になった交感神経を、涙がしずめてくれます。

ストレスから解放されてリラックスできると、旦那さまとの時間もラクに過ごせるかもしれません。

ちなみに、玉ねぎを切ったときに出る涙や、目にゴミが入って出る涙では効果がないそうです^^;

あくまでも、感動したり悲しくなったりしたときの「情動の涙」の場合です。

よかったら、お試しくださいね^^

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

性嫌悪症とは

こんにちは。松尾 聡子です。

FSD(女性性機能障害)の大きな原因の一つに「性嫌悪症」があります。

性的な事柄や、セックスに対して嫌悪感を抱くことです。

嫌悪感を抱く事柄や程度は人それぞれ。

テレビや映画などで性的なシーンを見るのがイヤだったり。

異性から性的な視線を向けられるだけで不快感を感じたりする人もいます。

性嫌悪症というだけでは、別に何の問題もないのです。

誰だって、何かが嫌いだったり、苦手だったりします。

ただ、それによって人との関わりが難しくなると困るんですね。

特に性嫌悪症の場合は、恋人や夫婦間の間でトラブルになります。

セックスを断ることで、拒否された相手は傷ついてしまいます。

逆に断らずにセックスする場合は、その間中、激しい苦痛を感じることになります。

どちらにしても、パートナーとの人間関係を壊してしまう状況につながってしまうのです。

どうして性嫌悪症になってしまうんでしょうね。

原因については、また明日お話しますね。

「夫とセックスしたくない」FSDの妻のためのカウンセリング

「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子