言いたいことをガマンする努力を、伝える努力に変えませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

人の悩みのほとんどが対人関係の悩みだと言われています。

夫婦関係はもちろんのこと、

ご近所付き合いやママ友、職場の人間関係など

ギクシャクしたり、モヤモヤしたりすることも多いのではないでしょうか。

つらい仕事でも、職場が楽しくて一緒に励まし合える仲間がいればがんばれるものです。

逆に、すごく好きな仕事でも、職場で仲間外れになっていたら、続けるのはつらくなってしまいます。

イジメや人間関係の悩みで、自分が本当にやりたいことをあきらめるのはとても悔しいです。

また、言い争いを避けるために

言いたいことをガマンしたり相手の言い分だけを優先することはありませんか?

それは、その時は乗り切れても

長い目で見ると少しずつ少しずつ、自分で自分を傷つけることになってしまいます。

普段の生活でも、セックスの場でも

自分の気持ちを大事に伝えながら相手の気持ちも大事にできる。

そんな、対等なコミュニケーションがラクにできるようになるといいですね。

以前、コミュニケーション講座を受けていただいた方の感想です。

今日はありがとうございました。

夫婦関係にとどまらず、親子、友人、苦手な人など、

色々な人間関係に生かせる内容で、とても参考になりました。

出会いから失望の時期へ変わるところが、ビジュアル化されて客観視できましたので、

それだけで、今後の関係を見直すのに生かせそうです。

お互いに意見の相違があっても、

相手の人には共感してもらえてる、聞いてもらえていると感じてもらえることを体験できてよかったです。

今日から実践していきますね。

とても楽しかったです!

 

人は一人ひとり違う人間です。

意見の相違があっても当たり前。

言いたいことをガマンする努力を


自分の気持ちを大事にする努力、ちゃんと伝える努力に変えていきませんか?

というわけで、

コミュニケーションのコツをお伝えするミニレクチャー付きお茶会、ご参加お待ちしています^^

福岡:7月18日(水)13時~15時

東京:8月1日(水)13時~15時

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「愛しているから、したいんだ」の重圧

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスを拒否しているときに、夫から言われてつらい言葉に

「愛しているから、したいんだ」

「妻だからこそ、したいんだ」

という主張もあります。

愛し合っているからこそ、身も心も触れ合って愛を深めたい。

それは、ごく普通の当たり前のこと。

それなのに、それを拒否するといことは、愛していないんじゃないか?

その疑いは、夫を苦しめます。

そして、妻も「夫を愛しているのに、なぜできないんだろう」と悩みます。

夫を愛しているという気持ちが伝わらず、

自分が夫を傷つけている罪悪感だけがどんどん増していくんです。

でも、ちょっとここで客観的に見てみましょうか。

愛していたらなおさら

「相手が苦痛で顔をゆがめ、

身体を硬直させ、

暗闇の中で涙を流し、

早く終われ、早く終われと念じながら

ひたすらその時が終わるのを待つ」という

拷問のような時間を与えながら、愛を感じることはできるんでしょうか?

それでも愛を感じると言うならば、

それこそ妻のことなんて、ちっとも見ていない証拠です。

妻に拒否されているという現実から、一瞬だけ解放された自己満足の中で

結局は、妻の身体を自分の自慰行為の道具にしただけなんです。

こうして、見ていくと

「愛」や「本能」という言葉で相手に罪悪感を植え付ける人と

セックスしたいと思えるはずがありません。

私たちは、自分に罪悪感を抱かせる相手を無意識のうちにどんどん遠ざけていきます。

罪悪感の上で行うセックスの1回1回が、どんどん二人の心を引き離していることを忘れないでくださいね。

だから。

罪悪感で妻をコントロールすること、

罪悪感でガマンのセックスを積み重ねること、

これは何の解決にもならないということです。

セックスがこんなにイヤになってしまったのは、必ず理由があります。

それを罪悪感を利用してうやむやにするのではなく

ちゃんと解決してほしいなと思っています。

継続プログラムの募集再開は8月の予定です。

日程はこちらからお知らせします。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「性欲は本能なんだ!」と言われたとき

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスを断ったときに、夫から言われるとつらい言葉に

「性欲は本能なんだ!」

があります。

「性欲は人間の三大欲求だ」とか

「それを抑えるのがどれほどつらいか女にはわからない」と言われると

たしかには女にはわからないので

「いったいどれほどつらいんだろう」と

想像できないほどのつらさを味あわせている自分に、とてつもない罪悪感を覚えます。

この言葉に、苦しんでいる方がとても多いので

今日は、それについて解説しますね。

まず、人間の三大欲求は、たしかに「食欲、睡眠欲、性欲」と言われています。

この中で「食べない」「寝ない」は死にますが

『セックスしなくても、人は死にません』←ココ大事

「セックスしないと精液が身体に貯まって身体に悪い影響を及ぼす」

という人もいましたが、

貯まった精液は、古くなると自然と体内に吸収されますし、夢精で排出することもできます。

それに、本能だからと言って、相手が嫌がっていても性的な強要が許されるのであれば

レイプもチカンも「本能だから」で許されることになります。

恐ろしいですね。

そして何よりも

「本能だから」と妻にセックスを強要するのは

妻を性処理の道具にしていると堂々と宣言しているということです。

だって、愛ではなくて本能のためですから。

だから「本能なのに!」という言葉が出たら

それは、あなたを加害者にして罪悪感を植え付けようとするゲームです。

たとえ、相手にそういう意図がなくても。

ゲームをやめたい方は、こちらです。

8月から募集を再開します。

<追伸>

その前にお話したい方はこちらでお待ちしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

8月1日(水)東京でミニレクチャー付きお茶会を開催します

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日から福岡のお茶会のお知らせをしています。

みんなで楽しくおしゃべりするお茶会もステキですが

せっかくなので、お悩みがちょっと軽くなるようなミニレクチャー付きです。

そんなお茶会、東京でも開催します。



テーマは福岡と同じ「夫婦のコミュニケーション」です。

相手への不満やイライラって

ほとんどが、自分が言いたいことがきちんと伝わっていなかったり

あるいは、相手の言いたいことが理解できていなかったり

そういうコミュニケーションのズレが引き起こしていることがほとんどです。

それでも、出会ったころはうまくいっていたはずです。

お互いに性格の本質がガラッと変わったわけではないのに

どうして心がすれ違うようになってしまったんだろう・・・

それにも、ちゃんと心の仕組みがあるんです。

逆に、それがわかれば今の状態を変える方法も見つかります。

東京も福岡も、今回は質問の時間をたくさん取る予定です。

「私の場合はどうしたらいい?」

に、バンバンお答えしたいと思います^^

さて、東京のお茶会の詳細です。

日時:8月1日(水)13時~15時

場所:ロイヤルクリスタルカフェ

住所:東京都中央区銀座5-4-6
   ロイヤルクリスタル銀座B1F

アクセス:東京メトロ銀座駅B6出口より徒歩3分
   JR有楽町駅銀座口より徒歩5分

参加費:5000円(お茶代込み)

人数:3名様

お盆休み前に、コミュニケーションのコツをぜひ身に付けておいてください。

募集は来週、7月17日(火)20時より、こちらのメルマガから開始します。

ご登録してお待ちくださいね^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

毎月9日、11時2分に長崎で流れる音楽

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

毎月、9日の11時2分になると、長崎市内には音楽が流れます。

8月9日の11時2分は、長崎に原爆が投下された時間です。

そこで、毎月9日の原爆投下時間に被爆50周年記念歌である「千羽鶴」が流されるそうです。

この音楽が流れるようになったのは、2001年からということで、

今年の4月に長崎に戻ってくるまで、正直知りませんでした。

原爆が投下されてから、今年で73年。

こうして、原爆のこと、戦争のことを忘れないようにすること、

原爆で亡くなったたくさんの方々の冥福を祈る時間を持つこと、

大事にしたいと思います。

ちなみに、この「千羽鶴」を作曲したのは大島ミチルさん。

長崎出身の方です。

平和祈念式典でも歌われる「千羽鶴」はこちらです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

長崎

無視・沈黙というコミュニケーション

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

不満を伝える手段として、沈黙したり、引きこもったりする方法があります。

相手にこうした態度を取られると、どうしていいかわからなくて困惑しちゃいますね。

ただ、そうする相手にも、そうせざるをえない理由があったのかもしれません。

例えば、今まで、何を言っても聞いてもらえなくて、あきらめてしまったり。

何か言うと、怒鳴られるので、自分の意見を言うのが怖くなったり。

あるいは、子どものときから「口答えするな!」と言われ続けていたり。

そんなつらい経験や傷ついた心が、沈黙や無視という手段を選ばせることもあります。

沈黙や無視も、一つのコミュニケーションの手段です。

そして、それは

「コミュニケーションを打ち切る」

という手段でもあります。

これ以上、傷つかないようにするための沈黙や無視という手段ですが、

実は、同じ家の中で、沈黙や無視の状態が続くというのは

考えている以上のストレスを、お互いの心に与えます。

そして、もし、お子さんがいらっしゃったら

お子さんは無意識のうちに「近しい人との関係」のモデルとして

沈黙や無視という手段を学んでしまう可能性が高いです。

せっかく与えられた自分の人生の時間を、ただやり過ごすだけではなくて

「自分のために」大事に過ごしていただきたいなと思います。

コミュニケーションの質問大歓迎!のお茶会、福岡のお申し込みはこちらです。

そして、8月1日(水)には東京でも開催します。

詳細は決まり次第、こちらからお知らせしますね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「カウンセラーは影武者だよ」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「カウンセラーは影武者だよ」

尊敬する先輩カウンセラーにいただいた言葉です。

「キラキラカウンセラー」

「ワクワクカウンセラー」

「私みたいになりたいでしょ?カウンセラー」の中で、

正直、私は地味だなーと思ってます^^;

それでも、やっぱり実生活で戦っているのは、クライアントさまです。

主役はクライアントさまで、私はそれを支えることしかできません。

そして、クライアントさまがカウンセリングで得たことを武器に、実生活で戦っている報告メールに

がんばれ!がんばれ!って、思わず握りこぶしでパソコンの画面にエールを送っています。

正直、クライアントさまのがんばりにウルウルしてるときもあります。

「ちょっとちょっと、松尾さんこそ線引きできてないじゃん!」

と、クライアントさまに突っ込まれそうですが

そこは、許して・・・^^;って感じです。

セックスできなくてもいい。

結果的に離婚になってもいい。

ただ、あなたと、あなたのパートナーと、そして大切なお子さんにとって最良の選択ができること。

それが、何よりも大事だと思っています。

そんな関係性をつくる場を大事にしたいです。

まずは福岡で。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「巻き込み力」を身に付けて、夫婦関係も仕事もパワーアップ!

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、継続プログラムを受けてくださっているクライアントさまから、こんなお話をうかがいました。

「最近、会社で『巻き込み力があるよね』って言われるんです」

これ、仕事をしていく上ではとっても嬉しい褒め言葉ですよね。

「巻き込み力」というのは「まわりの人の力を取り入れながら目的を成し遂げていく力」のことです。

特に会社での仕事となると、まわりの人との協力が必要な場面が多いです。

人に頼めない、人の力を信頼できない、そして頼むと反感を買ってしまう、

そういう人は、結局自分で全部背負い込んで自分が疲弊してしまったり、

結果的に、仕事でも良い成果が残せなかったりします。

まわりの人の力を生かしながら、自分が頼みたいことを嫌味なくお願いできる。

周囲の人も自分の意見を遠慮なく言うことができる空気をつくりながら

自分もまわりの人も心地よく、楽しく仕事の成果を上げることができる。

そんな「巻き込み力」が身につくとステキですね!

ただ、人に仕事をお願いするって「依存」みたいでイヤだという方もいます。

でも、依存って悪いことばかりではないんです。

お互いに依存し合って共倒れになる「共依存」は苦しい状態ですが

お互いが自立しながら必要なときに力を借りたり、貸したりできる「相互依存」という関係もあります。

これは、お互いが本当に対等で尊重し合える関係でないと

「私ばかり助けてずるい」とか

「助けてもらったら、お返ししなくちゃ」とか

「助けてもらうなんて、弱みを見せるようでイヤだ」とか

いろんなモヤモヤが出てきて、実現することができないんです。

カウンセリングで身に付けた夫婦のコミュニケーションのコツ。

こうして仕事に生かすことができると、人生全体の質をどんどんアップすることができますね^^


今度のお茶会では、こんな「上手な依存のコツ」についてもお話したいと思っています。

7月18日(水)福岡のお茶会は残席2名様です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日の長崎は台風一過の気持ちのいい青空が広がりました。

ただ、家の周りは木の葉が山積み。

市内は停電した地域もあったようです。

とりあえず、無事に台風が過ぎてホッとしています。

さて、結婚して何年も経つと、

「どうしてこの人はこんなふうに考えるんだろう」

「このタイミングでこんなこと言うなんて信じられない」

そんなふうに思うことも出てきますよね。

たとえば、一日中、家事と育児に追われてバタバタしているのに

その横で自分だけビールを飲みながら、テレビを見て大笑いしてる。

この人には「思いやり」や「気遣い」というものがないのかしら。

そして、こんな人と結婚してしまった自分を激しく後悔(>_<)

実は、私たちの現在の言動は、

これまでの自分が身に付けてきたものやさまざまな事情の結果なんです。

たとえば、彼が育った家庭では、

夫が家事や育児をするという文化がなかったのかもしれません。

あるいは、会社でとてもイヤなことがあって、それを家族に見せないように、彼なりにがんばっているのかもしれません。

私たちは、夫婦であっても、意外と相手の過去のことや育った環境についてほとんど知りません。

そして現在の相手の日常についても、知っているつもりで知らないことがほとんどです。

「私だったらこうするのに」

「ふつう、こういう場合はこうするよね」

というのは、夫婦であっても当てはまらないんですね。

だから、

気遣ってほしかったら、言葉で伝えるのが一番オススメです^^

そんな上手な伝え方のコツをお伝えするお茶会、福岡で開催します。

そして、8月1日(水)には久しぶりに東京でもお茶会を開催する予定です。

東京の詳細は、決まり次第こちらからお知らせしますね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

カウンセリングを受けて、思わぬ副産物でした!

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週、東京の対面カウンセリングのときに

クライアントさまからこんなお話をうかがいました。

ご了承をいただいたので、お話の内容をご紹介させていただきますね。

カウンセリングを受けて、夫婦関係だけじゃなくて、仕事にも活かせているなと感じてるんです。

怒りやモヤモヤを感じている相手に対して

「こうしたらいい」というアドバイスではなくて

まず、何に対してイライラしているのかを感じること、

そして、それが自分にとって対処できることなのか、できないことなのか、

それを問いかけるようにしています。

松尾さんの顔がこの辺(頭の上のあたり)に浮かんできて

松尾さんの言葉をそのまま伝えてる感じなんですけど^^

そして、相手が「なんで今、こんなことしてるんだ?」というときにも

きっと何か意味があるんだろうなと思って待てるようになりました。

すると、彼らが自分でちゃんと自分の気持ちを解決できたんです。

カウンセリングを受けて、思わぬ副産物でした!

(Yさん)

Yさんは子ども関係のサポートのお仕事をされていらっしゃいます。

相手が大人でも子どもでもモヤモヤやイライラを感じているときに

それをサポートしてくれる人が価値観や常識を押し付けるのではなく

その気持ちにも大事な意味があること、

まずは、自分がそれを大事にすることを伝えてくれること。

そして何よりも、自分で解決できる力があると信じて見守ってくれること。

それは、どんなアドバイスよりも

何倍も何百倍もその子の力になってくれると思います。

カウンセリングもほんとに同じです。

悩みを自分で解決する力を身に付けるサポートをすることがカウンセラーの仕事だと思っています。

だって、私がクライアントさまに変わって問題の状況に対応することはできないですから。

だからこそ、解決するためにできること、必要なこと、役に立てること、

カウンセリングでは、惜しみなくバンバンお伝えしています。

カウンセリングの副産物、あなたもどんどんお持ち帰りくださいね^^

コミュニケーションのコツをたっぷりお持ち帰りいただけるミニレクチャー付きのお茶会、残席2名です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村