東京の対面カウンセリングの日程をお知らせします

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今月の東京の対面カウンセリングの日程をお知らせします。

8月30日(金)10時 14時

8月31日(土)10時

9月1日(日)10時 13時

9月2日(月)10時(90分のみ)

9月3日(火)10時(90分のみ)

時間は、120分、90分からお選びいただけます。

9月2日と3日のみ、90分のみになりますので、ご了承ください。

カウンセリングについてのご説明は、こちらをご覧くださいね。

お申し込みはこちらです。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

カウンセリングの効果を無駄にしない方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

初めてカウンセリングを受ける時、ドキドキするし勇気がいりますよね。

安い金額でもないので、本当にこの人でいいのかな、本当に効果があるのかな、

と、不安な気持ちで受ける方も多いと思います。

そうして勇気を振り絞って^^ 受けたのであればなおさら、

せっかく受けたカウンセリングの効果はしっかり出したいと思うし

受けてよかった!と思っていただきたいと、私も思っています。

というわけで、今日は「カウンセリングでお値段以上の価値を得る方法」をお伝えしますね。

悩みの解決にはできるだけお金をかけずに、

本を読んだり、身近な人に相談したりしたけど、どうしても解決できなくて、カウンセリングを申し込んだけれど、

できれば、これ以上はあまりお金をかけたくないのが本音、という方も多いと思います。

そして、カウンセリングに行って、とりあえずの問題が解決できた!時が、実は要注意です。

そこで「とりあえずこれで何とかやっていける」と、カウンセリングをやめてしまいがちなのですが、

実はとても効率が悪いことなんですね。

たとえば「夫とセックスしたくないけど、断れなくて応じる毎日がつらい・・・」という方の場合、

「夫からのセックスの誘いを断れるようになった」とすると、それでとりあえず日々のつらさから解放されます。

それで「これで悩み解決!」とカウンセリングをやめてしまう方もいらっしゃるのですが

実はそれって、たとえばお腹が痛くて苦しんでいる人が痛み止めを打ってもらって、

とりあえず痛みがなくなった状態のようなものなんです。

お腹の病気自体は何も治っていないわけです。

断れるようになって、表面的に痛みがなくなったとしても、

「したくない」の気持ちになった原因がそのままだと、結局夫婦の問題は違う形で出てきます。

また、妻は断って終わり、かもしれませんが、断られた夫はモヤモヤしたままです。

そうすると、そういう雰囲気は伝わるので

妻も「いつ夫が不満を爆発させるか」とヒヤヒヤすることになります。

そうして、夫がついに爆発した時は、前よりもっとこじれている、ということになり

改めてカウンセリングということになると、

当然、前より関係修復のための労力も時間もお金もかかる、ということになるんです。

腹痛の痛みをなくして放置した結果、どんどん病気が悪化してしまい、

痛み止めの効果以上の痛みが出てきてしまった・・・という感じですね。

そうなると、通院やお薬を続けていればよかったのが、入院や手術が必要になるかもしれません。

下手すると、他の病気を併発、ということにもなります。

夫婦関係の場合だと、浮気や離婚、DV、子どもの引きこもり、などなどです。

というわけで、表面的な痛みがなくなったから終わり、にするのではなく

そこでちゃんと根本の原因を治療することが、結果的には早く、お金もかけずに改善することができます。

表面的な痛みがなくなるのは、

あくまでもその次のステップに進めるようにするためのものなんです。

たとえば、セックスを断ることができるようになることで

これ以上、夫のことを嫌いにならずに済むし、

セックスに結びつくのでは、という不安から夫と向き合うことができない状態がなくなり

より良い夫婦関係を築くための話し合いや、関係づくりに集中することができるんですね。

せっかくのカウンセリングです。

1回1回のお金を無駄にせずに、効率的に関係改善するためにも

表面的な痛みを取るだけでなく、

根本的な問題も解決しておいてくださいね。

カウンセリングと並行して、

こちらも合わせて参考にしていただけると、さらに効果的です^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

性欲を高めてもレスが解決しない理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「セックスしたくない」の気持ちになってしまう原因として

「性欲がない」ということがよく挙げられます。

性欲がないから、したくないんだろう、

と言うことは「性欲を高めればしたくなる!」ということになりますね。

そこで、よく言われるレス解消法として、

アダルト系の映画や漫画などを読む、

日常と気分が変わるようにホテルに行く、

色っぽい下着を身につける、

などがあります。

また、夫から性欲を高めるようなサプリや健康食品を勧められた人も多いです。

もともとセックスする気はあるのに、ただ夫婦の関係がマンネリになっただけなら、

そういう方法もありかもしれません。

でも、「夫とセックスしたくない」になった時の「性欲がない」というのは

原因ではなく、結果なんです。

つまり、夫との関係性で、性欲がなくなるような原因があって、

その結果「性欲がわかない、したくない」になっているだけなんですね。

なので、ただ性欲を高めようとしても、その原因が解決されていなければ、何をやっても改善しないんです。

大事なのは「性欲がない」状態になった原因を見つけること。

そして、その原因になったものをしっかり改善していくこと。

あれやこれや、ただ性欲を高めるためにお金や時間をかけるよりも、

それが一番の近道です。

そして

「読むだけでレスが改善した」と言われたのはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

不安になる原因と、それを解決する方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

毎日、暑い日が続いていますね。

そろそろお盆休みに入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私は変わらず、毎日お仕事しています。

そして、お仕事プラス、最近は車の運転の練習を頑張っています。

ペーパードライバー講習を受け、先週、納車になったのですが

一人で運転するのはまだまだドキドキです。

あれ?こういう時どうするのかな?と判断に迷うことが一番怖いです。

先日も、信号機の判断で迷ってしまってオロオロ。

後ろの車のおじさんがクラクションを軽く鳴らして「行っていいよ」と教えてくれました。

心の中では「何やってんだよー」と思ってたかもしれませんが、

意外とみんな親切ですよね(と思い込むことにします!)

不安というのは「どうしたらいいかわからない」という恐れからやってきます。

ということは、どうしたらいいかわかると、不安は減ります。

たとえば、私の場合は基本的な交通ルールを見直すこと、

左折や右折の確認の仕方を把握すること、です。

そこで、ネットでペーパードライバー用のテキストをダウンロードしたり

確認の仕方を動画で何度も見たりしています。

やるべきことがわかると、あとは慣れなので、運転の練習にも前向きになれます^^

夫婦関係での不安も同じですね。

夫と話していても、どうしてもケンカになってしまう、とか。

夫の不機嫌そうな顔を見ると不安でざわざわする、とか。

どうしたらいいかわからないから、不安になります。

でも、夫がどうであれ、自分がそれに対してどうすればいいか知っていると

不安はなくなるし、夫が家にいるお盆休みも安心して過ごすことができます^^

不安を軽くするヒント、こちらも参考にしてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

本当は避けられたかも・・・という離婚は切ないです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

最近は、夫婦仲の改善のご相談だけでなく、離婚のご相談も多いです。

結婚というのは、本人同士の問題だけではなくて

親や兄弟の思惑も関係してくるので

時には、自分たちだけの思いが叶えられないこともあります。

先日も、そんなご相談がありました。

お互いの気持ちのすれ違いや誤解が積み重なって

話し合いが傷つけ合いになり妻が家を出て行ってしまいました。

なんとかやり直す方法を見つけたくて、カウンセリングにいらっしゃったご主人。

自分の本当に伝えたかった思いを見つけて、妻に伝えることができました。

その思いは一度は妻に届いたけれど

周囲の猛反対に妻が折れて、やはり離婚になってしまったんです。

「最初にこじれた時にカウンセリングに来ていればよかったです」

「そうしたら、妻を傷つけることもなかったのになって思います」

そう言いながら、穏やかな笑顔で妻の幸せを祈っていらっしゃいました。

出来事に失敗はなく、ただ行動の結果があるだけです。

どんな出来事からもそこから学びを得ることができます。

きっと彼はこれから先、誰かと出会って、また結婚したとしたら

あの時のように傷つける言葉を投げる前に、自分の心を振り返るでしょうし

今度は早めにカウンセリングにいらっしゃるかもしれません^^

そして、今度はもっともっと仲良し夫婦になれるでしょう。

でも、できれば

「あの時、もっと早くカウンセリングを受けていれば」

という「後悔」はどんな人にもしないでほしいな、と思います。

カウンセリングを受けるのは

初めてだとちょっと勇気がいるかもしれないし

出費でもあるかもしれませんが

それこそ、離婚になると、生活も変わるし、お金もかかります。

「やることやった!」と納得できる離婚ではなく

本当は避けられたかも・・・という思いは、切ないです。

うーん、なんだか「早めにカウンセリング受けてね!」みたいな感じになりましたが

(まあ、そうなんですけど^^;)

先日のクライアント様の笑顔があまりにも切なくて

同じ思いをする人が、一人でも減って欲しいなと思って書きました。

もし、迷っていらっしゃる方がいたら、届くといいなと思っています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

離婚

セルフアップ・カウンセラー講座、最終日でした

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週の土曜日はセルフアップ・カウンセラー講座、長崎校の最終日でした。

受講生のみなさんの熱意と、学んだことをすぐに実践する力がすばらしくて

私にとっても、とても充実した4ヶ月間でした。

終わって、ちょっぴりロスになってます(>_<)

さて、プラトニック・パートナーシッププログラムの事前相談のお申し込みも終了しました。

これから事前相談の方もいれば、

すでにプログラムをスタートされている方もいらっしゃいます。

これから半年後が楽しみです^^

来週はいよいよお盆休みです。

夫と一緒に過ごす時間が増えて憂鬱だなあ・・・という方は、

こちらを参考にしてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「申し訳ない気持ち」を伝えても許してくれない理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、夫にセックスできないことを責められるのがつらい・・・

と思うことはありませんか?

自分でも申し訳ないと思っているけれど、

それを伝えても、夫は自分のつらさばかり主張して、妻も悩んでいることをわかってくれない。

めんどくさくなって避けるようになると

「オレをこんなに苦しめて自分は好き放題、気楽でいいよな!」と、さらに責められる・・・

何を言っても通じないし、何をしても責められるし

やっぱりもう、私たち夫婦はどうにもならないんだ、

と諦めている方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ちょっと待ってくださいね。

うまくいかないときは、今までのやり方を変えた方がいい、という合図です。

たとえば、夫に伝わらない原因は、こちらの伝え方や、夫の性格ではなく

「申し訳ない気持ち」を伝えようとしていることかもしれません。

「申し訳ない気持ち」というのは、いわゆる「罪悪感」でもあるのですが

「罪悪感」を伝えても、相手の心には何も響かないどころか

逆に、さらに怒りを重ねてしまう可能性があるんです。

なぜならば

「できなくて申し訳ない」「私も苦しんでいる」ということは、

夫にとってなんの問題解決にもなってないからなんですね。

「キミもつらいってことはわかった」

「悪いと思ってくれてるのもわかった」

「で?オレのこのつらさはどーしたらいいの?」

「結局、セックスできるようにしようとそこは考えてないわけね?」

と、さらにイライラしちゃうんです。

妻としては、「キミもつらいんだね。じゃあ、あまり責めるのはやめよう」

と思ってほしいところですが、残念ながら、相手の気持ち的にはそうはならないんです。

たとえば、子どもがいじめにあって

とても心が傷ついて、学校に行けなくなってしまったとします。

いじめた側の親が出てきて

「本当に申し訳ない。うちの子もすごく反省していて毎日、家で泣いてます」

と言われると、それ以上言いたいことが言えなくなるし

怒りや不安の矛先をどこにも向けられなくなります。

さらに、いじめた本人は今までと何も変わらず毎日学校に通っているとしたら

「謝って終わりですか?」

「こっちはどうしたらいいんですか?」

「どうにかしてよ!」

と言いたくなる気持ちが生まれるものです。

「私が悪い」という罪悪感は、そこで考えることを止めてしまいます。

「じゃあ、どうする?」が出てこなくなるんですね。

罪悪感に頼ることなく

「私が悪い」「あなたが悪い」の犯人探しをやめて

「セックスしたくない」が原因でギクシャクしている夫婦関係を仲良くしていくのが

プラトニック・パートナーシッププログラムです。

なぜ、そういう結果が出るかというと

「性欲」や「倦怠期」などのよく言われるセックスレスの原因ではなく

夫婦の間に生まれたレスになった本当の原因をきちんと見つけることができるからです。

それにより、罪悪感を使うことなく、夫がちゃんと納得できる理由を説明できるようになります。

そして、その原因を解決するための方法にピンポイントで取り組む上に

メールフォローで確実にサポートするので、ブレずに効果が出るんですね。

実際にプログラムを受けていただいた方は

セックスできるようになった方、

セックスしなくても夫婦円満になった方、

どちらにしても罪悪感という免罪符を手放して、対等で心地よい夫婦関係を築くことができています。

プログラムのお申し込みの前には必ず無料の事前相談を受けていただいてます。

疑問や不安をしっかり解決して、お互いに納得の上でお申し込みいただきたいと思っています。

無料の事前相談のお申し込みは

今日、7月31日(水)までです。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「常に眉間にシワをよせ、何かに怒っている自分を演じていました」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

無料の事前相談の申し込みは7月31日(水)までです。

ちょっとでも気になっている方はこの機会に、ぜひお話しましょう。

●なにげない、今日という日の積み重ね

自分の家が、一番落ち着くなあ、としみじみ思えて

自分の家族とリラックスしてのびのび過ごせる。

笑いたいときに笑って、素直に言いたいことが言える。

なにげない、そんな今日の積み重ねが一番の幸せなんだなあ、

と、改めて感じさせてくれる、そんなメールをご紹介します。

家で夫と過ごすことが何より苦痛で、

今日はどこに逃げようか、どうやって逃げようかと、ジプシーのような生活に疲弊して、

常に眉間にシワをよせ、何かに怒っている自分を演じていましたが、

ただ、笑いたい……

普通にしゃべりたい。

ずっと私の求めていたことはこれだったなぁ。

と今、夫と笑顔で話せる自分を客観的に感じ

そう思います。

カウンセリングというものは、ほぼ初体験で、

自分の心の問題にお金を投じるという躊躇は、正直なところだいぶありましたが、

あの苦しみから抜け出せた今は、カウンセリングを受けてよかったと心底思います。

松尾さんには、がんじがらめになった私の思考を

ひとつひとつ根気よく聞いて紐解いてくださり、

「それでいいと思いますよ」

「それは辛かったですね」

と私自身の感情の流れひとつひとつに、

松尾さんに受け入れていただけたことで、進んでこられたことだと思っています。

感謝の気持ちでいっぱいです。

カウンセリングは終わりましたが、

松尾さんという存在があるということが、

今後の夫婦関係にたとえ何かがあっても

「大丈夫ですよ」と背中を支えてもらっているような気持ちでいます。

本当にありがとうございました。

(Sさん)

見えない「心」の問題にお金をかけること、

躊躇される方が多いのも当然だと思います。

それでも、どうにかしたいと、私を信じてお申し込みいただいて

「カウンセリングを受けてよかったと心底思います」

という言葉をいただいて、私も心底よかったと思っています。

Sさんからのメールに書かれていた最後の言葉、

「今、幸せな時間が過ごせていることに感謝です。」

あなたにも、そう感じていただけると嬉しいです。

無料の事前相談のお申し込みは、7月31日(水)までです。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

あなたも、わたしも「それでもいいんだ」と思える世界に変わりました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラムは、夫婦関係の問題解決に特化したプログラムですが

実は夫婦関係だけでなく、親子関係にも変化を起こせます。

でも、それも当然のことなんですよね。

悩みを生み出している心のクセやコミュニケーションのパターンは

夫婦関係だけでなく他の人間関係でも多かれ少なかれ共通するもので

だからこそ、夫婦関係に取り組むことで

自分を取り巻くさまざまな人間関係全体が良い方向に変わっていくんです。

親子関係においても

「私は母親である」ことの勝手な思い込みに縛られていましたが、

自分の感情をもっともっと大切にして、

今自分のしたいこと、したくないこと

できること、できないことを見極めて

親子であれ、夫婦であれ、境界線を引くことが必要だということもわかりました。

そして、更にどうしても越えられなかった

ガチガチに固まってしまった心の壁を、

この際にと思い切って飼い始めた犬という存在を通して、緩めてくれたことも大きかったように思います。

「どいつもこいつも!」と周りが全て敵に見え、

人を信じられない世界から、

私の感情を大切にして、侵食されないこと。

自分を受け入れていれた上で表現していくことで、

周りの景色が、あなたも、わたしも

「それでもいいんだ」と思える許容できる世界に変わっていったように思います。

(Sさん)

「境界線を引くこと」

これは、カウンセリングで、特に大事にしていることです。

セックスレスの悩みの場合、

夫が苦しんでいるのは私が断っているから、

夫が不機嫌なのは、私の愛に応えられないから、

夫が私につらく当たるのは私が夫にやさしくできないから、

と、夫の感情の責任をすべて自分が請け負ってしまうことになりがちです。

でも、それは逆に

私が夫を愛せないのは夫のせい、

私がこんなに苦しんでいるのは夫が私を苦しめるから、

と、自分の感情の責任を夫に請け負わせてしまう思考のパターンでもあるわけです。

拒否された夫のつらい気持ちを本当に解決できるのは

あなたではなく、彼にしかできないことです。

それが事実であることを知るとあなたには他に

自分にしかできないことが見えてきます。

と言っても、夫が境界線を引けてないと

自分のつらさの責任をあなたに押し付けてくるかもしれません。

そんな時に、あなたを支えて

さらに、夫にも境界線が引けるような働きかけをしていくのが、

プラトニック・パートナーシッププログラムです。

まずは、自分と夫との感情に境界線を引くこと。

これは、一見冷たいように感じますが、実は、逆なんです。

Sさんが書かれている「どいつもこいつも!」とすべてが敵に見える状況が

境界線が引けるようになると

「それでもいいんだ」と許容できる世界に変わります。

それは、今までに経験したことのないとても心地よい世界です。

あなたもそんな世界を手に入れることができます。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

罪悪感からは何も生み出さない

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

事前相談のお申し込み7月31日(水)までです。

クライアントさまの感想をご紹介しますね。

こうなりたいという未来の形に向かって、

今できることは何だろうと考えることが必要であること。

伝え方も、ただ感情をぶつけるのでなく、

相手を否定したり、自分を卑下するのでなく、大人の態度で事実を伝える。

私のしてきたことに対して、罪悪感を持たなくていい。

自分の身を守るための行動だったのだと、

松尾さんに何度も繰り返し伝えていただき、

「それでいいんですか?」

「それでいいんです」

と幾度となく繰り返したこのやりとりに、

私の人生の正解は、自分の感情の中にあり、

自分の感情こそが正解だことに気づきました。

「罪悪感からは何も生み出さない」

この言葉に何度も勇気づけられました。

すぐに自分の感情に蓋をして、

◯◯なんて、傷つけてしまう。

◯◯なんて、怒られる。

そんなマインドの上に立ち、自分を見失っていたのですね。

また、どうしても理解できない夫の言動が、

アスペルガーの特質とかぶることが多いと教えていただき、

考えもしなかったことで、とても、ショックではありましたが、

今までのすれ違った感情のやりとりは、ここから来るものであると考えると

腑に落ちることがたくさん出てきました。

人格としてそんな言動があるのでなく、ものの見方、感じ方が違うだけなので、

やり方、伝え方があると教えていただきました。

ずっとこれまで、私の苦しみを察してほしいと、

心があるなら察する筈だと

自分の思いを言葉にせずに態度や雰囲気で醸し出し、オブラートにつつんで、

「なんでわかってくれないの!」と勝手に拗ねて怒って嫌っていました。

自分の望むこと、感じたことを

罪悪感を抜きにして、きちんと言葉にして、伝えていくことをしてみて、

スムーズに事が進むことも多く、

相手は、必ずしも同じものの見方をしているわけではないことを、体感できたように思います。

(Sさん)

どんなに夫のことを責めていても

愛せなくなったのは夫のせいだと思っていても

夫を責めたり、嫌ったりする自分自身のことを責めていたり

夫にイヤな態度をさせる自分を責めていたり、

悩んでいる時には、最後には自分を責めてしまいがちです。

でも、人の行動には必ず大事な理由があります。

夫を嫌うことにも、イヤな態度を取ってしまうことにも、セックスを拒否することにも、

必ず、無意識の大切な意図があるんです。

そして、夫がそんな態度を取るのも必ず無意識の意図があります。

お互いに、どちらが悪い、ではなく、どちらもそうせざるを得ない大切な理由があるんです。

だから、罪悪感はいりません。

罪悪感があると、逆に、無意識が伝えているその言動の大切な意図が見えなくなってしまうから。

罪悪感を、ちょっと心から出して横に置いて、目の前の事実を見てみると

その時に、本当に自分がするべきことがクリアに見えてきます。

カウンセリングでは、そういうことを丁寧に丁寧に、やっていきました。

Sさんの夫の場合は、アスペルガーの気質があることもお話をうかがっていくうちにわかりました。

そうすると、コミュニケーションの取り方にもちょっと工夫が必要です。

Sさんの場合は、そこも合わせて対策をとることで

Sさんご自身の心の状態も夫の態度もどんどん変わっていきました。

何よりも、夫の言動に悪意があるのかないのか、

それがわかるだけで、夫に対する気持ちってガラッと変わります。

こうした変化もやはり、継続して状況を見ながら対策をしていく、ということができたからこそ、なんですね。

セックスレスの問題は、単にホルモンのバランスとか性欲がなくなった、というだけでなく

自分たちでは気づかなかったいろんな問題が絡み合って生まれています。

もう、何年も悩んでいる状態なら

何もしないと、それがまたこれから何年も続きます。

他の視点を入れることでSさんのように、解決するポイントが見えて

そして、サクサクと解決できれば

これから先の人生を今の悩みの状態の続きではなく

ふつうに笑って楽しめる、そんな毎日に変えていくことができます。

まず、あなたのお話を聞かせてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子