「結婚して何年も経って妻としたい男なんて、いないよ」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスレスの問題というのは、お互いに「したくない」場合は、なんの問題もないわけです。

どちらかが「したい」のに相手が「したくない」場合が悩みになるんですね。

そして、私は夫が「妻としたい」と思っているのに拒否されてつらくて

妻は「夫としたくない」と思っているのに、求められてつらい、

というお悩みをカウンセリングしています。

先日、お仕事を通してたまたま知り合った方(男性です)に私の仕事の話をしていたところ、

「結婚して何年も経って妻としたい男なんて、いないよ」

「だから夫に拒否されて悩んでいる妻がたくさんいるんだよ」

「妻に拒否されて悩む男なんて、聞いたことない」

と、真顔でびっくりされました。

私も、自分がそういうお悩みばかり扱っているので、それが普通になっていましたが

そういえば、まだまだこういうお悩みはレアケースなのかもしれないですね。

でも、それでも、実際に悩んでいる方がいらっしゃるのは事実です。

そして、拒否する妻も、拒否される夫も、とても真剣に深く悩んでいるのも事実です。

ただ、ちょっと思ったのが

「結婚して何年も経って妻としたい男なんて、いない」

と言われている世界で

「他の誰でもいいんじゃなくて、妻としたい」と悩み苦しんでいる夫って

なんだか、とても温かな存在だなと思いました。

その気持ちが妻をどれほど苦しめているとしても。

だからこそ、この問題で悩んでいる夫婦というのは、

どんなに辛くても、それが解決したときには

お互いを大事に思い合うことができる、かけがえのない存在になれる可能性を持っている、

ということなのかもしれません。

私も今になって、夫との関係について、そんなふうに感じています。

だから、今、とても悩んでいて夫の愛情が重荷になっているあなたも。

愛情が「重荷」から「温もり」として感じられるときが来るはずです。

私が悩んでいた頃のことは、こちらでお話しています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

趣味や浮気で、レスのつらさが満たされない理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日のあさイチの「セックスレスとのつきあい方」という特集の中で

「セックス以外のコミュニケーションを大事にする」

という言葉がありました。

コミュニケーションをセックスだけに求めると、セックスという行為に対する精神的な負担が大きくなります。

たとえば、なんだか気が乗らなくて断ると、

相手からコミュニケーションを断ったように思われるからです。

そうすると、相手を傷つけないように、無理して応じることになり

その我慢が、セックスへの負担や相手に対する怒りへと変わっていくんですね。

ただ、そこで多くの人が勘違いしがちなのが

「セックス以外のコミュニケーションを大事にする」ということを

「セックスの満足を、セックス以外のコミュニケーションで満たそうとする」ということなんです。

特に、セックスを拒否された側が、満たされない思いをセックス以外で満たそうと

趣味に没頭してみたり

あるいは浮気をしてみたり

仕事に生きがいを見出してみたり

そういうことにチャレンジする人も多いです。

また、「セックスだけにとらわれないようにした方がいいよ」と、そういうことを推奨する人もいます。

でも、どんなにそうしても、心にぽっかり空いた穴はふさがることはない、

逆にどんどん大きくなっていく、

そんな人も多いんです。

どうしてそうなっちゃうかというと

代わりに行っていることは、ただの気晴らしや、気をそらせるためのものだから。

本来の「この人とセックスしたい」という意図を満たしていないからなんですね。

そして、「この人とセックスしたい」という意図が

「この人と心を通じ合わせたい、愛し愛されていると実感したい」ということならば

趣味や浮気や仕事に夢中になることで、満たされるわけがないんです。

だから、セックスに変わる夢中になれるものや、

セックスに変わるコミュニケーションが必要なのではなく、

「この人と心が通じ合う、愛し愛されていると実感できる」コミュニケーションを積み重ねること。

そして、セックスというのは、そういうコミュニケーションの先にあるもので「別物ではない」ということです。

そして

「この人と心が通じ合う、愛し愛されていると実感できる」コミュニケーションができるようになると

今まで「絶対にセックスしたくない」と思っていた気持ちが

「してもいいかな」に変わったり

「セックスしないとつらくてたまらない」と思っていた気持ちが

「しなくてもいいかな」に変わったりします。

単に性欲を満たすためのセックスなら、浮気やマスターベーションの快楽で十分です。

でも、そうでないセックスを求めるなら、ちゃんとその意図を満たしてあげましょう。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

あさイチ「セックスレスとのつきあい方」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週、あさイチで「セックスレスとのつきあい方」という特集がありました。

ご覧になった方、いらっしゃいますか?

私もクライアントさまに教えていただいたのですが、

ちょうど東京でカウンセリング期間中で見られなかったので、

録画していたものを、昨夜ようやく拝見しました^^;

夫が拒否する場合、

妻が拒否する場合、

産後セックスレスになって、その後、再開できなくなった場合、

など、いろんなパターンの事例が紹介されていて、興味深かったです。

「したくない」とか「痛い」とか「こうしてほしい」とか

そういうことを言えるコミュニケーションを日頃から作っておくことが大事。

と言われてましたが、もちろん、その通りです。

でも、それが言えないことにも、大事な理由があります。

たとえば、

「夫婦なんだからセックスするべきなのに、断る私が悪い」

「断ると夫が荒れて、家庭が不穏な空気になってしまう」

「セックスを拒否するのは、離婚理由になるんだ」

そういう不安があると、簡単に「したくない」と言えなくなります。

行為で、嫌なことや痛いことをされたりしたときにも

それを言うことで、夫を傷つけるんじゃないか、とか

自分が経験豊富で遊んでいるように思われるんじゃないか、とか

嫌だからといって、じゃあ、こうしてほしい、なんて恥ずかしくて言えない、とか

いろんな思いがぐるぐるして、言えなくなってしまうものです。

そうした日々の不満や苦痛の積み重ねが「したくない」になるわけですが、

そこで「日頃のコミュニケーションを取ってなかったから」と言われても、過去のことはしょうがないわけです。

大事なことは、「これから」自分の気持ちをちゃんと伝えられるコミュニケーションのスキルを身につけること。

そして、

嫌なことをずっと我慢して傷ついてきた自分の心を癒して、元気にすること。

まずはこちらを参考にしてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

東京での対面カウンセリング週間、終わりました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日、東京から長崎に戻りました。

東京は暖かかったり、寒かったりと、気温の差が大きかったように思います。

東京にいる間はびっしりカウンセリングで

ブログやメルマガの更新もなかなかできませんでした。

でも、おいしいランチを食べてがんばりました^^

馬喰町の北出食堂のタコライスです。

こちらはフクモリの日替わり定食、サクラマスのフリッターです。

次回の東京での対面カウンセリングは、1月中旬ごろを予定しています。

さて、来月からは、東京でカウンセリングだけでなく

セルフアップカウンセラー講座を開催します。

月曜日コースは1名キャンセルが出ましたので、追加で1名募集中です。

日曜日コースは2名までお受けできます。

ご興味のある方は、こちらからお知らせくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

日常

「セックスを誘われるかもという恐怖感から解放されました」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「セックスしたくない」の気持ちは、ふだんの夫婦関係にも大きな影響を与えます。

拒否された夫は、怒りや悔しさ、悲しみを妻にぶつけます。

それがしばしば暴言や暴力になったり

モラハラ的な態度になったりすることも多いです。

一方、「したくない」気持ちを持った妻は

自分が悪い、夫を傷つけている・・・という申し訳なさから

夫に言いたいことを言えなくなります。

理不尽な夫の態度にも反論することができず

そうするとストレスや夫への嫌悪感が増して、さらに気持ちが離れていく。

そして、夫はさらに傷つき、さらにモラハラの態度を増長させる・・・

という負のスパイラルが起きてしまいます。

そんな負のスパイラルから見事に脱することができた、Hさんの感想をご紹介しますね。

(1)カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか?

・夫とのセックスが嫌でレイプされてるような気持ちになる

・セックスを断ると不機嫌になり、モラハラのように無視したり威圧的な態度になる

・夫が些細なことでイライラし責められる

・夫が不機嫌になることに怯えてしまう

・常に夫の機嫌をうかがってしまう

・夫に言いたいことが言えない、悩みがあっても相談できない

(2)カウンセリングを申し込む決め手になったのは、なんでしたか?

メルマガやホームページを拝見し、とても共感して、

私も夫婦関係が変われるのではないかと思ったため

(3)カウンセリングを受けて、どんな成果や変化がありましたか?

・セックスを誘われるかもという恐怖感から解放された

・夫に気を使わず何でも話せるようになり会話が増えた

・ご機嫌を取るためではなく、純粋に夫に喜んでもらいたいと思って行動することが増えた

・夫の笑顔が増え、子供との関係がよくなった

・生きることが楽になった

(4)カウンセリングの感想をお聞かせください。

セックスやモラハラについて悩み始めてから、先生のメルマガはずっと読んでいましたが、

幼い子供もいるし、お金のこともあるのでなかなか申し込めずにいました。

しかし勇気を出して申し込んで本当によかったです。

夫とセックスしたくないと思うこともモラハラの態度をとられることも、

私が原因で、これからもずっと私が我慢して生きていかなければいけないと思っていました。

しかし、先生のカウンセリングを受けることで、

夫と冷静に話し合え、理解してもらえることができ、

これからは我慢せず、自分らしく生きていける希望が持てました。

毎回とても優しく話を聞いていただき、アドバイスをもらえ、

カウンセリング後は気持ちが楽になっていました。

先生の存在がとても心強かったです。

(5)いただいたアンケートの内容を、ブログやメルマガなどで紹介してもいいですか?

もちろんいいです。

同じ悩みの方が1人でも多く救われて欲しいです。

(Hさん)

Hさんも、最初にお話をうかがったときは、

夫の不機嫌はすべてHさんのせいにされ

常に夫の顔色をうかがってビクビクされていました。

モラハラだとわかっていても自分が悪いからしょうがない、

我慢する力を養うしかない、

そんなふうに頑張っていたんです。

Hさんは、カウンセリングの中で、夫とのコミュニケーションを根本から変えていきました。

夫がどんな態度をしても

たとえば、怒ったり、すねたり、泣いたりしても

今までとは違うコミュニケーションで対応すると、夫の反応も必ず変わります。

そうすると、Hさんの感想にもあるように

夫の笑顔が増え、子供との関係がよくなった」

ということが起こるんです。

今まで、イライラと怒ってHさんを責めることに使っていたエネルギーを

Hさんやお子さんと楽しく過ごせるエネルギーに変えることができるようになったんですね。

Hさんのご一家も、もし、今までのままだったら

お子さんも、お父さんのことが怖くて、嫌いになったかもしれません。

妻にも子どもにも避けられるようになり孤立したお父さんが

どんな態度で家族に接するようになるか簡単に想像できると思います。

夫婦の関係というのは夫婦だけの問題ではなく

子どもの人生にも大きな影響を与えるんですね。

最近はお子さんのご相談も増えているので、特にそれを実感しています。

自分が我慢すればいい、という解決ではなく

自分はもちろん、家族みんなが幸せになれる解決を一緒に探しませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「憎むより許す方が楽になる」と言われても・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日は「許すこと」についてお話したいと思います。

誰かを許せないという気持ちが心の中にあるとつらいですよね。

「許せない」があると何かのきっかけで

恨みや憎しみがぶわーっと湧き上がってきたりします。

強烈な負のエネルギーに自分の心が巻き込まれてしまうんです。

さらに「まだ許せてない自分」を責める気持ちが加わると

相手も許せないし、自分も許せないし、という

許せない気持ちに翻弄されてしまいます。

よく「憎むより許す方が楽になる」と言われますが、それは結果論です。

自分が相手への憎しみを手放せてとらわれなくなったことが

結果的に「許す」状態になって楽になるわけですね。

だから「楽になるために許す」というのは順序が逆なので

無理して許そうとしてもなかなか許す気持ちにはなれないものです。

そして、私たちが持つどんな感情にも大事な理由があります。

それは「肯定的な意図」と呼ぶものですが

「許せない」気持ちにも「肯定的な意図」があります。

だから、その大事な理由を解決することなく

「許せない」をないものにしようとしても、無意識が抵抗しちゃうんですね。

そして、許せないの意図について、多くの場合が

「自分自身を傷つけられたこと」

「自分の大事な存在を傷つけられたこと」です。

許せない気持ちを大事に受け取ることは

自分自身を大事にすることなんです。

「許せない」という気持ちが「どうしてほしいのか」「どうしてほしかったのか」

まずはそこにきちんと耳を傾けることが

結果的に、無理やりではない「許し」につながります。

「誰かを許せなくてつらい」

「いつまでも許せない自分が許せなくてつらい」

そこにある無意識の「肯定的な意図」は、こちらで一緒に見つけられます。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「負けるが勝ち」じゃない解決

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日は「夫とセックスしたくない」のお悩みについて取り組まれてきたクライアントさまが

笑顔で最終日を迎えられました^^

カウンセリングを受ける前は、まさに毎日が

「レイプされているのを待っているような状況」だったというHさん。

拒否された夫が不機嫌になりモラハラ的な言動もありました。

気に入らないことがあると厳しく責め続けたり、

逆に、無視をしたり

実家に遊びに行くことや友人と食事に行くことを非難されたり・・・

そんなふうに扱われると、誰だって

「この人とセックスしたい」という気持ちはなくなっていくものです。

夫のモラハラについて周りの人に相談すると

「相手は変えられないから自分が変わらないと」

「負けるが勝ち!ごめんなさい、というのも勝ちだよ」

と言われていたそうです。

そんなHさんがカウンセリングで気づいたことをシェアさせていただきますね。

相手は変わらないから、自分が変わるしかない。

相手のモラハラを変えるには

私が「ごめんなさい」って言うしかないと思っていました。

自分の不満や気持ちを抑えて我慢することが「自分を変える」ということになる。

それに、そういう方法しか浮かばなかったんです。

でも、松尾さんに教えてもらって

「ごめんなさい」じゃない。

「負けるが勝ち」じゃない。

「勝ち負け」じゃない変わり方があるってわかりました。

今まで知らなかった。ビックリでした。

モラハラは治らないと言われていたけれど、

どうやって対応するかわかりました。

そうすると、相手のモラハラの態度も変わりました。

いつかまた、夫がモラハラの態度になっても

松尾さんに教えてもらった対応をしていけば

冷静でいられるし、前みたいな関係にはならないだろうと思ってます。

だから、これから先もきっと大丈夫だなーと思ってます(笑)

(Hさん)

負けたふりして、実は相手を自分の手のひらの上で転がしちゃう、

というのも一つの作戦です^^

でも、手のひらの上で転がす前に、いったん「負ける」ということは

自分の気持ちを抑える、我慢する、という作業が入ります。

そして、結果的に自分の思う通りになって相手もご機嫌でいられたとしても

その時に抑えたり我慢したりした自分の最初の気持ちは

どこにも出せずに行き場をなくして、心にしまわれたままになります。

うまく解決したように見えれば見えるほど

自分の心の中のもやもやは、ますます外に出せなくなるんです。

だから、私は「負けるが勝ち」ではなく

両方の気持ちをちゃんとテーブルに乗せて同等に扱う方法をお伝えしています。

「勝ち」「負け」という言い方は、あまり好きではありませんが

強いて言えば、両方が気持ちよく勝てる、そんな方法です。

どちらかが負けて(我慢して)セックスするとか

どちらかが負けて(我慢して)セックスしないとか

そういうことじゃなく

両方が我慢することなく、より仲良しの夫婦になれる方法を見つけます。

だから、妻がセックスを断ったとしても

妻は別に勝ったわけじゃないし、夫も別に負けたとも思わない。

そこの勝ち負けにこだわらなくても仲良しでいられるから。

だから、セックスしなくても心が穏やかでいられるんです。

勝ち負けでなく「セックスしたくない」の悩みを解決できる

プラトニック・パートナーシッププログラム

「私にもできるのかな」

「具体的にどんなことをするの?」

「うちの夫でも大丈夫かな」

そんな疑問や不安はまずは事前相談でお聞かせください。

無料の事前相談のお申し込みは今日までです。

あなたにお会いできるのを楽しみにしています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「したくない」という話をするときに必要な2つのこと

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今まで、セックスしたくなくても

「断ってはいけない」
「受け入れなくてはいけない」

とずっと我慢してきた妻にとって

「したくないセックスは断ってもいいんだ」

ということに気づくことは、とても大きな変化です。

自分の心と身体の安定を夫に預けるのではなく、自分の手に取り戻すことができる、

自分の心も身体も、自分で守ることができる、

それに気づくための大事な一歩だからです。

でも、そうすると、次に悩んでしまうのが

「したくないセックスはしなくていい、って、どうやって伝えたらいいんだろう」

ということです。

今までやんわり言ってきたけど伝わらなかった。

だからと言って、強く言うと逆ギレするかもしれないし。

下手すれば離婚と言われるかも・・・

そんな不安で、足がすくんでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、関係を壊さずに相手が納得してくれる話し合いをするために

必要なことが2つあります。

1つは、話す内容について、まず自分が腑に落ちていること。

「やっぱり断る私が悪いのに、断るのって変じゃない?」

「断った後、どうしたらいいんだろう」

「納得してくれたとしても、じゃあ、いつになったらできるんだって言われたら、なんて答えればいい?」

などなど、ちゃんと自分自身で腑に落ちていないと、自信を持って話せません。

自信を持って話せないと、相手も不安になってしまいます。

もう1つは、相手がどんな反応をしてきても落ち着いて対応できる、コミュニケーションのスキルです。

相手がこうしたらこうしよう、こう言ったらこう言おう、

というふうに考えていると

それ以外の反応をされたときに、頭が真っ白になっちゃいます。

そういう、その場限りのコミュニケーションのスキルではなく

どんな反応が返ってきても、その場で落ち着いて対応できるスキルがあれば

安心して話し合いの場に望むことができます。

カウンセリングでは、夫と大事な話し合いをする前に、一緒にしっかり準備をします。

まず、したくなくなった原因や理由を

自分がしっかり理解して説明できるようにしておくので

夫が屁理屈を言ってきても落ち着いてちゃんと答えられます。

夫も理由を知りたいと思っているので

どんな答えでも、はぐらかしている答えでなければちゃんと聞いてくれます。

したくなくなった原因がわかっていると

「じゃあ、これからどうしたらいいんだろう」

まで、ちゃんと伝えることができるので

夫をただただガマンさせる、ということがなくなります。

だから、夫も安心してくれるんです。

そして、相手がどんな反応でも落ち着いて対応できるような

コミュニケーションのスキルもしっかりと身に着けておきます。

実は、普段からそういうコミュニケーションに変えておくので

実際の話し合いはスムーズに進むことが多いです。

たとえ相手がキレたとしても

泣いてすねたとしても

いじけて引きこもったとしても

すべて想定内の出来事なので、落ち着いて対応できるようになります。

夫に、今まで言えなかった自分の言いたいことや気持ちを伝えることができた経験は

自分の自信にもなります。

そして、この経験を通して身に着けたコミュニケーションのスキルは

子育てでも、友人関係でも、もちろん職場でも

すべての対人関係で使っていくことができます。

人の悩みのほとんどは対人関係の悩みだといわれていますから

夫との問題だけでなく、その他の問題もいつの間にか解決できている、ということが起きるんです。

一人で頑張ってきたけれどうまくいかなかった、

それならば今度は、私と一緒に頑張ってみませんか?

プラトニック・パートナーシッププログラム

無料の事前相談のお申し込みは

こちらです。

お申込みの締め切りは12月3日(火)です。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「HERS」ご覧になった方の特典のお申し込みは今日までです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先月発売の「HERS11月号」に掲載されました。

ご覧になっていただいた方への特典の

単発カウンセリングのお申し込みは、本日までです。

今年もあと1ヶ月。

心のモヤモヤや心配事も、今年のうちにスッキリさせて、

新しい年を迎えたいなあという方は

ぜひ、この機会にお話にいらしてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

漫画や映画で性欲を高める方法が、うまくいかない理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫にセックスを求められても自分がなかなかその気になれない。

断って、夫と不穏になるのも気が重いものです。

自分も「したい!」という気持ちになれさえすれば

断る億劫さも、夫を傷つける罪悪感も感じずにすむのに・・・

そんなふうに思うこと、ありませんか?

その気になれないのは性欲がなくなっちゃったからかな?

じゃあ、性欲を取り戻すためにやる気になるために、と

アダルト系の漫画や映画などを見ることにチャレンジする方も多いです。

自分の中のセクシャリティな気持ちを呼び起こす作戦です。

実際、私も悩んでいたとき、ちらっと相談したお友だちに

「それは女として枯れちゃってるんだね」

と言われて

「この漫画読んだらいいよ!」

と、レディスコミック(?)を渡され、読んでみたことがあります。

読んでみたところ、私の場合は、あまり効果がなく

夫や子どもに見つからないようにどこに隠せばいいんだろうと

なんだか、めんどくさいものを借りちゃったなあ、としか思えませんでした(>_<)

クライアントさまにも実際にチャレンジしたというお話をよくうかがいますが

ちょっとはムラムラするけれど

「セックスしたい!」と思えるほど性欲が回復するまでにはならない方がほとんどです。

それどころか、

さらに性的なことに対する嫌悪感が増してしまう可能性が高いです。

なので、私個人としては、この方法はオススメできません。

なぜかというと、「セックスしたくない」の気持ちには

何かしらの解決するべき課題が必ずあるからです。

「すごく大事な問題が夫婦の間に起こってるよ」

「それに気づいて!」

という無意識からのサインなんですね。

なので、性嫌悪がなくなると問題に気づいてもらえなくなるので、無意識は抵抗します。

だから、性欲を回復するどころか嫌悪感をどんどん増して、サインを強くしてしまうんです。

性欲の減退がただ単に疲れているなど

夫婦の問題を伝えてくれているサインでなければ

Hな漫画や映画を見たりホテルに行って雰囲気を変えれば

性欲は戻ってくるかもしれません。

でも、無意識からの大事なサインの場合は、まったくの逆効果です。

もし、今までそうやってきたけれど全然効果がなかった、という方には

やはり、こちらが必要だと思います。

お申し込みは12月3日(火)までです。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子