セルフアップ・カウンセラー講座、東京でも行います

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セルフアップ・カウンセラー講座、水曜日コースと土曜日コース、ともに10月から長崎でスタートします!

基本的に長崎で行なっていますが、東京での受講をご希望の方もいらっしゃいます。

これまでは遠方の方は個別にZOOMで受講していただいていましたが

やはり、ワークなどは対面で、実際に他の受講生の方と一緒にやっていただく方がより学びが大きくなると実感しています。

そこで、来年の1月から月に1度、東京でも対面の講座を行うことにしました。

期間は、1月から8月まで月に1回、月曜日の予定です。

ただし、東京の対面受講はこれまでのクライアントさまとメルマガの読者さま限定とさせていただいております。

メルマガはこちらからご登録できます。

ZOOM受講については、しばらくお申し込みをお休みしますのでご了承ください。

●無料の再受講制度があります

セルフアップ・カウンセラー講座には、すべての回の講座を無料で再受講できる制度があります。

私がニューコードNLPを学んだ学院でも同じ制度があったのですが、とても役立ちました。

最初の受講では、とにかく自分自身の悩みを解決することに注目し、

再受講では、改めてカウンセラーとしての立場で学び

ワークをするときは、クライアントさまを想定して行いました。

だから、再受講が終わったときには、すぐにカウンセラーとして知識やスキルを生かすマインドが備わっていたんですね。

心理を学んだ方にあるあるの

「勉強はしたけれど、実際に仕事として使うには自信がない・・・」

ということがなかったんです。

なので「学んだことをお仕事や誰かをサポートための実践ですぐに使いたい」

という方には、再受講制度がとてもオススメです。

●再受講のシステムが変わります

そのオススメの再受講システムなのですが、

日本メンタルコーチング学院の方針で、今後は

・再受講は有料
・必要な回のみ好きなだけ何度も受けられる

ということになりました。

代わりに、無料の再受講制度はなくなります。

ただし、今年の10月からの長崎校の講座と

来年1月からの私が講師をする東京の講座にお申し込みの方までは、

無料の再受講制度をお使いいただけます。

もし、迷われているならば、個人的には再受講がついているうちのお申し込みがオススメです。

セルフアップ・カウンセラー講座の感想は、こちらにまとめています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

東京でのセルフアップ・カウンセラー講座をご希望の方は、

日程やシステム、講座の詳細などご説明させていただきます。

こちらからお知らせください。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

動画でのお悩み相談、まとめました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「専門家として、夫婦関係のお悩みに答えてもらえませんか?」

という取材の依頼をいただきました。

専門家ライフラボさんというWebメディアです。

動画と記事で4つのお悩みにお答えしています。

こちらでまとめてご紹介しますね。

「相手の浮気を許せない時、許すためにどうしたらいいか」

動画はこちら

記事はこちら

「DV気質の性格を交際相手に治してもらう方法とは?」

動画はこちら

記事はこちら

「暴力だけがDVではない!DVの種類や範囲とは?」

動画はこちら

記事はこちら

「子供が高校を卒業まで離婚は夫婦関係が悪くても我慢すべきか?」

動画はこちら

記事はこちら

動画はそれぞれ5分ほどです。

秋の夜長、ちょっとお時間が空いた時にでもご覧くださいね。

感想など、こちらからお聞かせいただけると嬉しいです^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「HERS」に掲載されます

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日はお知らせです。

「HERS」という女性誌、ご存知ですか?

40代後半から50代のファッション・ライフスタイルの月刊誌です。

実はこの雑誌から先日、取材を受けまして^^

10月12日発売の11月号に「長崎カウンセリングサロンLePort」として紹介されることになりました。

雑誌をご覧になった方だけの特典もご用意しております。

この機会にぜひ、10月12日に書店で手に取ってみてくださいね。

こうしたお知らせは、こちらからもいち早くお伝えしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

それって、それほどの落ち度ですか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

最近、夫婦関係だけでなく、いじめ、依存症、拒食・過食などのご相談をいただくことも増えました。

いじめというと、最近はSNSなどのネットを使ったいじめも増えています。

先日、中学生のA子さんからネットいじめについてご相談をいただきました。

詳細はちょっと伏せますが

あるグループについて冗談めかして批判するようなことをつぶやいたら

批判した部分のみ切り取られて拡散されて

グループ以外の不特定多数の人からも誹謗中傷のメールや書き込みが来るようになったというものです。

攻撃する方は、良かれと思って叩いているわけですから

悪気がない分、たちが悪いです。

こういうこと、大人の世界でもありますよね(>_<)

具体的な解決の方法については

弁護士さんやネットの専門家、あるいは学校の先生などの力を借りてやっていくこととなりますが

A子さんの心のケアも大事です。

顔の見えない相手から一方的に悪意を向けられるのは、とても怖いし、不安です。

何よりも、A子さんは「解決できない」という希望のなさでいっぱいになっていました。

それは「あんなことをうっかり言っちゃった自分が悪い」

という自分を責める思いから生まれたものです。

自分が悪いんだから、どんなにつらい思いをしてもしょうがない。

解決なんてできるわけないし、しようとしてはいけない。

そんな思いがあったんですね。

たしかに、公開されたSNSでそんなことを言ったてしまったA子さんにも落ち度はあります。

でも、それって、不特定多数の人から何ヶ月も一方的に攻撃されるほどの落ち度でしょうか?

誰だって、普通に生活していたら何らかの落ち度はあります。

何の落ち度もない人はいません。

落ち度があったら、反省して、謝るときは謝って、そして先に進めばいいんです。

みんな、そうやって生きています。

それに、攻撃する人たちの言動には何の落ち度もないのでしょうか?

すでに、そうやってSNSで顔を出さずに人を攻撃することこそ

名誉毀損罪、脅迫罪、侮辱罪が適用されることもあるし

そういうことで訴えられたという事実はそれこそ人生の落ち度となります。

同じことは、夫婦関係でも言えます。

「夫がイライラしてるのは私がセックスを断ったから」

「夫が不機嫌なのは私が家事が下手だから」

と、夫の不機嫌やイライラを全部自分の責任として引き受けてしまうことがあります。

自分に落ち度があるから、言いたいことも言ってはいけないし

常に、夫のご機嫌を取らなければいけない。

でも、そもそもそれって、それほどの落ち度でしょうか?

誰だって、イヤなことをイヤと言う自由はあります。

イヤなことをイヤだと断ることが、言いたいことを言ってはいけないほどの落ち度でしょうか。

家事が苦手な人もいれば得意な人もいます。

苦手な家事がうまくできないことは、

常に自分を犠牲にしてご機嫌取りをしなくてはならないほどの落ち度でしょうか。

「自分にも、たしかに落ち度はある。でも、それほどの落ち度なのかな?」

ということを、ちょっと冷静になって考えてみること。

そうすると、解決策を探す思考が生まれます。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

すぐにやる気を出したい時の簡単な方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

朝夕はだいぶん涼しくなってきましたね。

夏の疲れが出る時期でもあります。

身体も心もほわんとしちゃって

やらなきゃいけないのに、どうにもやる気が出ない時ってありますよね。

子どもだけでなく、大人もそうだと思います。

家事や育児、仕事など、やらなきゃいけないのに、やる気が出ない(>_<)

そんな時は、ちょっとだけ身体を動かしてみませんか?

たとえば、肩をぐるぐる回してみたり

その場で足踏みしてみたりするだけでも大丈夫。

誰かがいたら、あっち向いてホイ♪みたいなゲームをやってみるのもオススメです^^

どういうことかというと、

やる気が出なくて、ぼーっとしちゃってる時は

自律神経の中の「副交感神経」が優位になっている時なんです。

副交感神経というのは、リラックスしている時や身体を休める時に活躍する神経です。

これが優位になっていると、休んでリラックスしたいモードになっているので、やる気が出ないのもしょうがないんですね。

そして、自律神経は自分の意思の力では操作できません。

なので、身体をちょっと動かすことで、活動する時に活発になる「交感神経」を優位にしてあげると

のんびりモードからやる気モードに切り替わるので、無理なく動けるようになるわけです。

これ、お子さんが宿題をやる気にならずにダラダラしてる時にも有効です^^

「勉強しなさい!」とガミガミ言う代わりに

「お母さんとあっち向いてホイしよう」とか「ちょっと散歩しようか」などの声かけで

交感神経を優位にしてあげると、お子さんも自然に勉強できる気分になれますよ。

ぜひお試しくださいね。

こんなちょっとした心のコツはこちらでもご紹介しています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「夫にやさしくしたいけどできない」のモヤモヤを解決する方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

私たちが感じる気持ちは、どんなにネガティブな気持ちや望ましくない行動にも

そこには必ず大事な目的や理由がある、ということをご存知ですか?

いわゆる「肯定的な意図がある」ということです。

たとえば「学校に行きたくない」という一見ネガティブな気持ちにも

いじめっ子にこれ以上傷つけられたくない、という自分を守るという意図や

いつもケンカしているお父さんとお母さんが

心配して仲良くしてくれるかな、という意図があったりします。

これは夫婦関係でも同じです

「夫にやさしくしたいけれどやさしくできない」という気持ちにも、やっぱり大事な意図があります。

ここでのポイントは、

「やさしくしたい」というのは意識でわかっている気持ち。

「でもやさしくしたくない」というのは、無意識で抱いている気持ちです。

やさしくしたい、という意識の意図は

やさしくすることで、家庭内の空気を良くしたいな、とか

冷たくされて傷ついてる夫への罪悪感を軽くしたい・・・などがあるのかもしれません。

でも、やさしくしたくない、という無意識の意図は

やさしくしたら、セックスしてもいいと思われるかもしれないから、危ないからダメ!とか

やさしくしたら、今まで夫から傷つけられた言動を許したと思われたらイヤ!

などがあるかもしれません。

つまり、自分をイヤなセックスから守るためだったり、

ちゃんと謝ってほしい、という気持ちが無意識の意図だったりするわけです。

こんなふうに、意識と無意識のそれぞれの意図がずれていると「~したいけれど、できない」という状況になります。

でも、どちらの意図も私たちを守ろうとしてくれているもので、大事なものです。

だから、両方の意図を満たすような新しい選択肢を見つけられるといいですね。

たとえば、仲良くしたいけれど、セックスを求められるのがイヤならば、

セックスはしたくないけれどあなたと穏やかに会話を楽しみたいんだ、と正直に伝えてみるとか

セックスしたくない、という気持ちについて一緒にとことん向き合って本当の解決を目指してみる、とか。

やさしくしたいけれど、今までの辛かったことをなかったことにされたくないならば

あの時に、こう言われたことが引っかかっていて、やさしくできないんだ、と話してみる、とか。

今までは、傷ついているからやさしくしない、という選択をしていたかもしれないけれど

そこで、やさしくしたいという意図も大事にした選択をしてみる、ということもできるんです。

新しい選択肢を見つけられるのはこちらです。

「セックスしたくない」を解決するヒントは

こちらもご覧くださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

子供が高校を卒業まで、離婚は夫婦関係が悪くても我慢すべき?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫婦関係に悩んで悩んで、

頑張ったけれど、もう、別々の道を歩くことにしよう、と

離婚という決断をすることもあると思います。

ただ、決断したとしても、次に悩ましいのが

どのタイミングで離婚するか、ということです。

特にお子さんがいると、

お子さんにとって一番ダメージが少なくて、いいタイミングにしたいと思うものです。

そんなお悩みのヒントになるお話をしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

離婚

暴力だけがDVではない!DVの種類や範囲とは?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

DVとは、夫から(あるいは妻から)

殴る、蹴る、などの暴力を受けることだということは、ご存知の方も多いと思います。

でも、暴力を振るわれていなくても

パートナーと一緒にいる毎日がとてもつらかったり

自分が本来の自分でないような、窮屈な感じだったりするとき

もしかしたら、暴力以外のDVを受けている可能性があります。

では、暴力以外のDVってどんなものなんだろう?

そんな疑問にお答えしました。

時間は5分ほどですので、どうぞ参考にしてくださいね^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

コミュニケーションが上達する2つのポイント

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、クライアントさまから

「神、ですね^^コミュニケーションの」

と言っていただけました。

ありがとうございます!

褒め言葉は素直に全部いただきます^^

でも、もちろん私は神でもなんでもなく^^;

そして、誰でもコツさえわかって、練習すれば、コミュニケーションの神になれますから、大丈夫です。

コミュニケーションが上達するポイントは2つあります。

1つは「マインド」です。

マインドというか、心の状態ですね。

夫婦関係でトラブルになるとき

ついつい相手を「責める口調になってしまう」ことが多いです。

責めない口調、責めない言い方をすると

同じことを伝えるのでも相手も気持ちよく受け取ってくれるし

こちらもイライラしなくて気持ちよく伝えられます。

でも、その「責めない言い方」がなかなか難しいんですね。

難しい理由は、その時の自分の「気持ち」が相手を責めているからです。

気持ちって、表情や口調、言葉に自然に出ちゃうものですからね。

でも、それなら、責めているマインドから責めないマインドに変えれば解決です^^

責めている時は

「相手に言うことを聞かせよう」
「相手を自分に従わせたい」

と言う気持ちになっています。

それを、例えばビジネスでのシーンのように

「冷静に事実を伝えるマインド」に変えれば大丈夫です。

仕事相手の人に「どうして帰る前にメール一本打てないのよ!」なんて言わないですよね。

どう言うかは、ちょっと考えてみてくださいね^^

もう一つのポイントは「言葉の選び方」です。

「たまには掃除くらいしてよ!」というか

「今日、掃除できる?」というか

やってほしいことは同じでも

どの言葉を選ぶかで、相手の受け取り方、感じ方は変わります。

受け取り方、感じ方が変わるとその後の行動も変わりますね^^

ただ、言葉の使い方、選び方は、

自分が今まで使ってきたことしか自分の中のボキャブラリーにはありません。

自分の中にないものは使えないんですね。

カウンセリングでは、新しい言葉の使い方を身につけることも行います。

実際に練習して、検証していく中で、

新しい自分の言葉としてコミュニケーションで使えるようになります。

相手を責めずに自分の言いたいことをちゃんと伝えられるようになるのはこちらです。

コミュニケーションのコツは

こちらでもご紹介しています^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「家事を手伝わないからセックスする気にならない」の言い訳が使えない理由

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」の理由を探す中で

「家事や育児でクタクタで、そんな気になれない」が見つかることがあります。

こっちが一人で大変な思いをしているのに、夫がのんびりスマホを見ていたり

子どもが牛乳をこぼして、てんてこ舞いして片付けている時に

「おーい、ビールがないぞー」とのんきに言われると、殺意さえ覚えますよね^^;

そんな人としたいわけがありません。

「もっと家事や育児を手伝ってくれれば、セックスしてもいいと思えるかも・・・」

と夫に言って、夫が家事や育児を手伝ってくれるようになったとします。

すると、不満が消えて、無事にセックスレスも解消!・・・とは、なかなかならないのが現実だったりします。

それどころか、夫がいそいそと家事や育児を手伝ってくれていると

「うわ、どうしよう。今日、誘われるのかな」

と、逆にヒヤヒヤすることになります。

そして、「家事や育児を手伝わないからセックスができない」と言ってしまったからには

手伝ってくれる夫に対して断ることができなくなり、

さらに追い詰められたような気持ちになってしまうんです。

本当に、ただ疲れているからレスになっているのなら、これで解決のはずです。

でも、そうではなく、他の理由がある場合は、本当の理由を解決しないと

夫も「手伝えって言ったから手伝っているのに、どうすればいいんだよ!」とイライラして、

さらに妻を追い詰めることになります。

「体調が悪いから」「疲れているから」というのは

それが本当の理由でない限り、その場しのぎの断り方でしかありません。

お互いに辛くなるだけの断り方ではなく

お互いが納得できて、希望が持てる断り方を見つけてみませんか?

レスでお悩みの方の解決のヒントはこちらでもお伝えしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子