9月の東京:対面カウンセリングの日程です

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日の長崎はしとしとと雨が降り続きました。

今年の夏はとても日差しが強くて暑かったので

こういうお天気もホッとします。

雨の中の緑と霧がいい感じです^^

さて、来週からまた東京で対面カウンセリングを行います。

日程はこちらです。

9月28日(金)14時~

9月29日(土)10時、14時~

10月1日(月)14時~

10月2日(火)15時~

現在、継続プログラムの募集はお休みしているので、

単発カウンセリングのみの募集になってます。

ご希望の方は、こちらからお申し込みくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

相手の顔色をうかがうことに疲れてしまう時

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

別に何も悪いことしてないのに、なぜか冷たい態度や言い方をされる。

そんなこと、ありませんか?

昨日はすごく機嫌が良くて、一緒に楽しく過ごせたのに

なぜか今日はイライラされて、イヤな言い方をされて

私が何かやっちゃったのかな、と不安になる・・・

こういうことが続くと、その人と会う時はいつも

「今日はご機嫌はどうなんだろう」

「不機嫌にさせないように、ヘマしないようにしないと・・・」

と、ビクビクして、相手の顔色を伺うようになってしまいます。

相手のイヤな態度や対応に傷つかないように、防衛しようとするんですね。

こういう関係は、モラハラやパワハラを生みやすいです。

そこまでいかなくても、友だちや家族の間でも起こりやすいんですね。

そこで、ちょっと考えてみましょう。

「別に何も悪いことしてない」のに、相手が不機嫌なのは、相手の問題です。

相手が自分で解決するべき問題を抱えている、というだけのことです。

あなたか、相手の不機嫌の解決を引き受ける必要はないんです。

もし、もしも、何かしらあなたに不機嫌の原因があったとしても

それならば、その不機嫌の原因を解決するために、

相手はあなたに対する不満や要望をちゃんと伝える責任があります。

誰かの不機嫌は、その人の責任です。

同じく、あなたの不機嫌もあなたの責任です。

自分の不機嫌や不満、不安は、誰かに解決してもらうのではなく

自分でちゃんと解決するということが

本当の意味での大人の「自立」ということになります。

相手の問題と自分の問題を、きちんと線引きすると

それだけで、悩みはずいぶんとラクになりますよ^^

心をラクにするカウンセリングやセミナーの情報は、こちらからいち早くお知らせしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

上手にクヨクヨする2つのコツ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

イヤなことやつらいことが起こったとき

さくっと気持ちを切り替えられると、とってもラクですが

なかなかそうできないことも多いですよね。

そして、いつまでもクヨクヨしている自分に対して、さらに自己嫌悪・・・

ということもあります。

実は、クヨクヨすることってそう悪いことばかりではありません。

人が気持ちを癒す上では、大事なプロセスの一つなんです。

イヤな出来事を何度も繰り返し思い出すことによって

受けたショックやダメージにだんだんと気持ちが慣れてきます。

そうすることで、思い出してもそれほどイヤな思いにならなくなったり

自分の中で「過去のできごとの一つ」に変化していったりします。

「あの時はすごくつらかったけど今になって思えば、そうでもなくなった」

そんな経験は、誰もが必ず一つや二つは持っているはずです。

だから、思う存分クヨクヨすることも心のためには大事です。

ただし、クヨクヨするときに注意することが2つあります。

1つは、クヨクヨしている自分を責めないこと。

クヨクヨ考えることは心を癒すステップなのだから

私は今、がんばってクヨクヨしてるんだ!

と、クヨクヨしている自分にエールを送るくらいでちょうどいいです^^

もう1つは、出来事の中の自分を責めないこと。

「どうしてできなかったんだろう」

「なんで、言えなかったんだろう」

「なぜ、あんなことしちゃったんだろう」

と、どんなに自分を責め続けても、過去に戻ってやり直すことはできません。

できなかったもどかしさ、

言えなかった悔しさ、

やってしまった後悔、

それは感じても大丈夫。

そこで、過去の自分を責めることではなく

次に同じようなことが起きたときにどうしたら、同じ思いを繰り返さないか、

それを考えることで、過去のすべての経験が

あなたにとってかけがえのない「学び」に変わります。

私自身の経験から言うと、ショックが大きければ大きいほど

そこから受け取る学びも大きかったなと思っています^^

クヨクヨの中にあるたくさんの学びを、あなたも受け取ってくださいね。

学びのヒントはこちらでもお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

私はガマンが足りなくて、わがままで、女としておかしいんだ・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

夫婦関係がうまくいかなくなるにつれて、自分に自信がなくなってしまうことがあります。

「夫婦なのにセックスできないなんて、おまえはおかしいよ」と責められたり。

「旦那さんがかわいそう。わがままじゃない?」とお友だちに言われてしまったり。

「結婚生活は忍耐なのよ。昔はもっと大変だった。あなたはガマンが足りない」と親に言われたり。

どうして私はできないんだろう。

私はガマンが足りなくて、わがままで、女としておかしいんだ・・・

そんなふうに感じることもあるかもしれません。

なんだか、自分の存在が全否定されているように感じて、つらくなってしまいますよね。

でも、ここでちょっと考えてみましょう。

「夫婦なのにセックスできない女はおかしい」と考えているのは、誰ですか?

あなたではなく、夫ですね。

それは、あくまでも夫の個人的な価値観です。

そういう価値観を持っている人もいるし、いない人もたくさんいます。

同じように、「セックスを拒否する妻はわがままである」というのも

「結婚生活は忍耐であり、ガマンするべきである」というのも、

あくまでも、お友だちやお母さんの価値観です。

それが全世界の人の価値観ではないし、あなたの価値観でもありません。

誰かの価値観に合わないから、自分はダメだということはないんですね。


大切なのは、あなたが何を望んでいて、あなたがどう考えているか、ということです。

あなたの価値は、自分で決めることができます。

誰かの価値観の中で生きるのではなく、自分の価値観を見つめてみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

雨のハウステンボスに行ってきました

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

週末は子どもたちや甥っ子を連れて、ハウステンボスに行ってきました。

あいにくの雨で肌寒い1日でしたが、室内で楽しめるアトラクションも多く、楽しめました。

何より、雨のハウステンボスはなかなか情緒があってよかったです.

お昼はトルコライスを食べました。

さすがハウステンボス、トルコライスもおしゃれな感じです。

久しぶりに1日子どもたちと遊んでくたびれました。

まだまだ見きれてないところもたくさんあるので、またゆっくり行きたいです^^

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

長崎

心のモヤモヤ、言葉にしてみませんか?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

つらいことや悲しいことがあった時、

誰かに話すことで、気持ちが少し軽くなったりします。

それは、心の中のモヤモヤを言葉にすることで

「心の浄化」が起きる「カタルシス効果」もありますし

特につらいことや苦しいことは、自分で言葉にすることで

そのことに自分でも「慣れていく」という効果もあります。

これは、心理学では「馴化(じゅんか)」と呼ばれる心の働きです。

言葉にしないで、心の中でフタをしてしまうと

形にならないモヤモヤしたものがどんどん膨らんで

自分でも触れないような感じになること、ありませんか?

つらさや苦しさに対する反応に慣れることによって、

つらさや苦しさがだんだんと減ってきて

そうすることで、自分に余裕ができると

じゃあ、どうしようか、と対策を考える心の元気が生まれてくるんです。

と言っても、

「夫に触られた時に気持ち悪かった」とか

「夫とのセックスが苦痛で辛い」とか

なかなか人に言いづらいですよね^^;

そんなお話もできるセミナーをしようかな、と考えています。

セミナーに対するアンケートをこちらでやってますので、興味のある方はご登録しておいてくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「私さえガマンすれば」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫とセックスしたくないのに、求められてつらいとき。

本当は断りたいけれど、断れないとき。

私さえガマンすれば、夫はゴキゲンでいてくれる。

ケンカしてイヤな雰囲気になることもない。

子どもに八つ当たりされることもない。

「私さえガマンすれば」と、耐えることもあると思います。

そもそも、日本人には「ガマンが美徳」という文化があるんですね。

離婚したいという女性が「ガマンが足りないんじゃないの」と言われたり。

仕事の接待がつらいという人が「接待も仕事のうちだ。みんなやってるんだからガマンしろ」と言われたり。

たぶん、そこでは「ガマンすること」と「がんばること」が混同されてるんだろうなと思います。

ガマンすることは、誰かひとりが自分の気持ちを押し殺して、ひたすら耐えることです。

そこには、現状を変えるということはなく

ただ、つらい状況が続くことを意味します。

離婚したいほどの結婚生活をただガマンしていても

夫婦の間は何も変わりません。

離婚したいほど、何がイヤなのか、何がつらいのか。

そこに向き合って、夫婦で解決に向けて「がんばる」ことは、

片方の「ガマン」で成り立つ結婚生活とは質がまったく違います。

「がんばる」ことをガマンに使うより

その「がんばる」をよりよい結婚生活を叶えるために使いませんか?

うんうん、そうしたいな!と思うあなたを応援しています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

肩甲骨まわりをほぐすと・・・

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

最近、肩こりがひどくて、身体がガチガチです(>_<)  

YouTubeで肩甲骨まわりをほぐすヨガを偶然見つけてやってみたら

ほんの20分ほどで肩と背中がラクチン♪

可動域がずいぶん広がって、動かしやすくなりました。

そして、気持ちもすっきりと軽くなって、視界がぱーっと開けた感じ。

最近、いろいろと考えることが多く、悶々としてたんだなと

身体がラクになって改めて気づきました。

身体と心の状態が良くないといい解決策は出てこないと

いつも自分が言ってることなのに、私もまだまだです^^;

さて、夫婦関係で悶々としたお悩みを解決できるセミナーを考えています。

明日の夜のメルマガで、セミナー開催についてちょっとしたアンケートを行いますので

ご興味のある方は登録しておいてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「客観的に見る」ことって、すごいパワーがあるんです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今年になってから、何度かミニレクチャー付きのお茶会を開催しましたが

そろそろ、がっつりしっかりセミナーをしようかなと思ってます。

実は、ミニレクチャー付きのお茶会で

「参加者同士が話をすることで、よりたくさんの気づきが生まれるんだなあ」ということに気づいたんですね。

もちろん、私がお伝えするミニレクチャーの内容も喜んでいただいてますが

今、まさに同じように悩んでいる他の人の話を聞くことで

自分のつらい状況を自然と客観的に見ることができるようになるんですね。

この「客観的に見る」ことって、すごいパワーがあるんです。

「私もこうしてみよう」という今までの自分には思いつかなかった新しいアイディアを知ったり

他の人の話を通して聞くことで「それって、こうしたらいいんじゃないかな」と新しい解決策に気づいたり。

そして、何よりも

「こんな悩みを持っているのは私だけじゃないんだ」

という心強さは、出口がないような苦しい毎日に向き合う勇気を与えてくれます。

カウンセラーと1対1で自分の心を深く掘り下げていくことも大事だけれど

自分以外の他の人と話をすることで、いろんな視点から見るという学びが得られるというのは

マンツーマンとは違う良さと魅力があると感じています。

私自身、レクチャー付きお茶会を通してそういう気づきや学びがあったので

今度はもっとお悩みの解決に踏み込んだ体系的な内容の講座

自分の気づきを深めるワーク

そして参加者同士で安心して話ができる時間を取り入れた、

そんなセミナーを考えているところです。

セミナーの内容やお知らせは、こちらからいち早くお届けしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

悩みを相談されたとき、上手に答える2つのコツ

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

お友だちや職場の人、あるいは子どもから悩み事を相談されたときに、上手に聞いてあげたい。

そんなふうに思ったことはありませんか?

せっかく、自分を信頼して頼って相談してくれているのに

どうもうまくアドバイスできなくて申し訳ない気持ちになったり

余計なことを言って逆に落ち込ませてしまったり

そして、そんな自分に自己嫌悪・・・(>_<)  

上手に聞いてあげて、さらに、悩んでいる相手の心が軽くなるような言葉がかけてあげられたら

相手も喜んでくれるし、

何よりも自分自身が自己嫌悪でどんよりすることがなくなって、自分に自信が持てますよね^^

というわけで、今日は上手に悩みを聞いてあげられるコツを2つお伝えします。

1つは「いい」「悪い」のジャッジメント(判定)をしないこと。

悩んでいるときって、ダメな自分に自信をなくしていたり

ダメだとわかっていることを繰り返してしまって、どうしようもなくて苦しかったりします。

そんなときに、さらに他の人から「それはダメだね」なんてジャッジメントされると

もう、先を言えなくなっちゃうんです。

悩みを相談したときに、アドバイスされて、逆に傷ついた・・・

そんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。

誰かに悩みを相談するときって、まず「心のモヤモヤを口に出したい」ということがほとんどです。

そして、実は悩みの答えって

まだちゃんと形になっていないとか確信が持てないだけで

自分の中になんとなく持っていることが多いです。

だから、それと違うとんちんかんなことを言われると

すごく違和感を覚えたり、反発したり、傷ついたりするんですね。

だから、基本的には聞いてあげるだけでいいんですけれど

相手に「どうしたらいい?」とアドバイスを求められることもあります。

というわけで、2つめのコツです。

そんなときは「私だったら」を頭につけて自分の考えを話してあげるとOKです。

そうすると、相手はもしも違和感を持ったとしても

「この人ならこうするんだな」と「他人事」として安心して聞くことができます。

こんなコミュニケーションのコツはこちらでもお伝えしていますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子