「今までにないアプローチをするカウンセリング・プログラムです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

プラトニック・パートナーシッププログラム

今日の夜、20時のメルマガから事前相談の申し込みを開始します。

メルマガのご登録がまだの方はこちらから願いします^^

「夫とセックスしたくない」の悩みで

今まで夫婦で話し合いをしたり、ケンカをしたり、

病院に行ってみたり

お友だちに相談してみたり、

いろいろやってみた方もたくさんいらっしゃると思います。

今までのやり方でうまくいかなかったなら、違うやり方を試してみませんか?

「セックスしたくない」の気持ちに対して

今までにないアプローチをする継続のカウンセリング・プログラムです。

詳しい内容は、こちらをご覧くださいね。

その上で「私の場合はどうなんだろう?」

「具体的にどうやって進めるの?」

などなど、継続プログラムに関する質問があれば、無料の事前相談でなんでも聞いてください。

基本的にZOOMで行いますが、8月22日(水)~27日(月)までは、東京で対面での事前相談も可能です。

また、事前相談を受けたからといって

必ず継続プログラムを契約しなくてはいけない、ということはありませんのでご安心くださいね。

また、事前相談はあくまでも継続プログラムの内容についてなので

お悩みのご相談に関してはカウンセリングをご利用ください。

事前相談(無料)のお申し込みは、今夜20時のメルマガから開始です。

あなたとお話しできるのを楽しみにしています。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

継続プログラムの新しい特典をお知らせします

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今回リニューアルした「プラトニック・パートナーシッププログラム」

特典として、夫婦カウンセリングをお得な価格で追加できるようにしました。

「夫とセックスしたくない」の気持ちについて、ほとんどの方が「妻だけ」に原因があると思っています。

夫は昔から何も変わってない。

勝手に性欲がなくなって、セックスしたくなくなった妻が悪い。

だから、妻が病院やカウンセリングに行って「治して」くるべきだ。

・・・こんなふうに考えて、夫はもちろん妻も自分自身を責めています。

でも、「夫とセックスしたくない」気持ちを作り出したのは、夫と妻の二人なんです。

どちらかが悪いというのではなく、二人で一緒に作り出したんです。

だから、その解決には、夫の協力が不可欠です。

ただ、どうしても夫がその事実を受け入れられない、

夫婦だけだと、感情的になって話し合いが進まない、

夫婦で話していると、いつも同じパターンの繰り返しになってしまう、

夫もカウンセラーの話を聞きたい、

というケースも最近増えているんですね。

そこで、夫婦カウンセリングを単発カウンセリングのメニューに加えました。

そして、継続プログラムを受けてくださっている方には

この夫婦カウンセリングを、通常よりお得な価格で何度でも追加できるようにしています。

第三者の視点が入ることで、これまでの夫婦の堂々巡りの話し合いのパターンが変わったり

冷静に自分たちの関係性を見られるようになったり

妥協点を見つける解決策ではなく

お互いの意図を満たす「新しい解決策」を見出すことができるようになります。

ぜひ、活用してくださいね^^

継続プログラムの無料事前相談は、8月17日(金)にこちらからお申し込みを開始します。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

新しくなった「プラトニック・パートナーシップ6ヶ月プログラム」

ご覧になっていただけましたか?

「セックスしたくない」の気持ちが生まれる原因を「3つの側面」から見ていくのが特徴です。

3つの側面とは、1つめは「夫への愛情」

2つめは「性的なこと全般の嫌悪感」

3つめは「夫とのセックス」です。

実はこの3つの側面はきちんと別々に見ていくことが大事なのですが

悩みの渦中にいるとき、この3つの区別がちゃんとつけられないことがほとんどです。

たとえば、一番多いのが

「夫への愛情」と「夫とのセックス」を混同してしまうこと。

「愛がないとセックスできない」とよく言われます。

特に女性は、性欲だけのセックスより愛情を伴うセックスを望む方が多いですね。

だからこそ「セックスできないというのは愛がないんじゃないか」

と、拒否される夫は不安になってしまいます。

妻も「夫のことは嫌いじゃないのにどうしてセックスできないんだろう」

と、夫への愛情に自信を持てなくなります。

その不安が、さらに夫の不安をかき立てる・・・という悪循環につながるのです。

「夫への愛情=夫とのセックス」という大前提がこの不安を生み出すのですが、

実は夫への愛情はあるけれど「夫とのセックス」が嫌い、ということもあるんです。

たとえば

自分は全然したい気分じゃないのに誘われて、しぶしぶ応じること。

好きじゃない体位やプレイを要求されること。

痛みがあるのに、求められること。

疲れていて眠いのに断ると不機嫌になるのて我慢して応じること。

やる気がないのにするセックスは、めんどくさいし、疲れるだけで気持ちいいわけがありません。

特に痛みがあると、なおさらです。

夫は快感を得られるかもしれませんが、妻にとっては、ただの苦痛な時間です。

つまり、夫に求められるセックスは苦痛に耐える時間であり、

夫は「夫婦だから」「愛情だから」という言葉を使って妻に苦痛の時間を強いる存在なのです。

夫婦の間の「相手とのセックス」の意味合いがまるで違うということ、

これをお互いに理解することが一番大事です。

セックスできないことに罪悪感を持って、自分を責め続けていたかもしれません。

でも、自分を責める必要は、本当は全然なくて

逆に「今までいっぱいガマンして頑張ってきたんだね」って

自分を褒めてあげてくださいね。

「でも、夫が理解してくれないかも・・・」

「こんなこと言うと、夫は逆上するんじゃないか」 

そんな不安があるかもしれません。

でも、今までのコミュニケーションでは理解してくれなかったり、逆上したりしたかもしれませんが

そのパターンも変えることができます。

何がイヤなのか、本当の原因をちゃんと見つける。

自分を責めることがなくなり、言いたいことをちゃんと言えるようになる。

あなたにお伝えするのは、そんな継続プログラムです。

新しくなった継続プログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

ご事前相談のお申し込みは、8月17日より、こちらのメルマガから開始します。

登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

性的な嫌悪感を解決するポイント

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「夫とセックスしたくない」の気持ちの原因として

性的なことへの嫌悪感がよくあげられます。

たとえば

・もともとセックスがあまり好きではなかった

・過去に性被害に遭った経験がある

・性に関する衝撃的な話を聞いたことがある

などです。

「この性的な嫌悪感を直せば夫とまたセックスできるようになる」と思われていますが、

実はそうとも限らないんですね。

性的な嫌悪感にも

「性的なこと全般」に対するものなのか

「夫とのセックス」に関わるものなのか、

それによって対策も変わります。

性的なこと全般に関わるものならば、確かにそれを解決すると夫とセックスできるようになります。

ただ、以前は夫と普通にセックスできていたとか、

他の人とはセックスできる、という場合は

性的なこと全般に関する嫌悪感とは違う、ということなんですね。

そうなると、単に性的なことへの嫌悪感をなくしたり

性的な刺激に慣れる(軽いスキンシップから始めるなどの方法)という方法では、解決はしません。

さらに、夫とのセックスへの嫌悪感が、性的なこと全般への嫌悪感につながっている場合もあるので

どちらが先だったのかという順番も見極めるポイントになります。

あなたの性的な嫌悪感がどちらのタイプなのか

それをしっかり見極めた上でアプローチすることが

あなたを苦しめている嫌悪感からの解決につながります。

新しくなった継続プログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

ご事前相談のお申し込みは、8月17日より、こちらのメルマガから開始します。

登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

「セックスしたくない」の原因は、夫への愛情が減ったから?

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

さて、新しくなった「プラトニック・パートナーシップ6ヶ月プログラム」

ごらんになっていただけましたか?

今回のプログラムの一番大きな特徴は

「セックスしたくない」の気持ちが生まれる原因を「3つの側面」から見ていくということです。

3つの側面の1つめは「夫への愛情」

2つめは「性的なこと全般の嫌悪感」

3つめは「夫とのセックス」です。

実はこの3つの側面はきちんと別々に見ていくことが大事なのですが

悩みの渦中にいるとき、この3つの区別がちゃんとつけられないことが

悩みの原因を曖昧にして間違った解決法に導いてしまったり

悩みをより複雑にしたり

「したくない」気持ちを持つ人を必要以上に責めたり、追い詰めたりしてしまうんです。

この3つの側面について、今日はまず「夫への愛情」についてお話しますね。

「愛がないとセックスできない」とよく言われます。

特に女性は、性欲だけのセックスより、愛情を伴うセックスを望む方が多いですね。

だからこそ「セックスできないというのは愛がないんじゃないか」と、拒否される夫は不安になるのかもしれません。

愛情が薄れることで夫とセックスしたくなくなることももちろんあります。

ただ、誰もが出会った頃のラブラブな状態が永遠に続くわけではありません。

時の流れとともに最初のドキドキやときめきから

穏やかで落ち着いた気持ちへと愛情の質が変化するのは必然です。

その上で、何が夫への愛情をなくしてしまったのか、

それをきちんと見つけることが大事なんですね。

なぜかというと日常のちょっとした不満が解消されることなく

少しずつ心の奥にオリのように溜まることで

相手に対する失望、尊敬できない思い、嫌悪感が大きくなっていくからです。

そうすると、よほど身体の相性が良いとか「誰とでもいいからセックスしたい」と思えない限り

夫とセックスしたいとは思えなくなるのは当然のことです。

心のオリとなってあなたの心に溜まっているものは何でしょうか?

たとえば、

「私の意見を言っても否定するばかりで聞いてもらえない」

「見下したような態度をされる」

「家事や育児に協力的じゃなくて私ばかり負担が大きい」

「セックスできないのは私に欠陥があるように言われる」

「子どもに対する態度が嫌い」

あまりにも当たり前になりすぎて

自分では気づけなくなっていることもあるかもしれません。

「こんなことだったんだ」「これが引っかかっていたんだ」

そこに気づくことができると

「じゃあ、どうすればいい?」を見つけることができますね^^

あるいは、今さらどうせ無理だとあきらめているかもしれません。

でも、夫の性格は変わらなくても、状況を変えることはできます。

このプログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

ご事前相談のお申し込みは、8月17日より、こちらのメルマガから開始します。

登録してお待ちくださいね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

継続プログラム:改訂版と募集再開のお知らせです

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

お盆の帰省シーズンが始まりましたね。

夫と一緒に過ごす時間が増えて憂鬱な方、

夫の実家でなんとなく居心地悪くて、このブログをご覧になっている方、

そんな方に見ていただきたいのがこちらです。

今年の春から開始した「プラトニックパートナーシップ6ヶ月プログラム」

現在、受けてくださっている方も後半戦に差し掛かりました。

みなさんと二人三脚で日々取り組んでいます。

それぞれのご夫婦によってお悩みの背景や状況は全然違います。

これまでのカウンセリングで経験したことのない事例もありました。

その度に、新しい方針や、対応策を随時取り入れながら実践していく、

そんな数ヶ月を過ごしてきました。

そして、その中で得た新しい方針や対応策を取り入れ、

これまでのプラトニックパートナーシップをさらにパワーアップした改訂版が完成しました。

一番の違いは、

セックスできなくなった原因について「3つの側面」から検討するということです。

そして、特典の内容も変わりました。

詳しくは、こちらでご確認くださいね。

このプログラムは、無料の事前相談を受けていただいてからお申し込みしていただきます。

基本的に、事前相談はZOOMで行いますが、

東京の対面カウンセリング期間にお時間の都合がつく方は都内での対面の事前相談もお受けしています。

8月の東京の対面カウンセリング期間は

8月22日(水)~27日(火)です。

ご希望の方は、日程などご検討くださいね。

事前相談のお申し込みは8月17日(金)にこちらから開始します。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

夫の話をイライラしないで聞ける方法

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

そろそろ、お盆の帰省シーズンですね。

長崎のサロンは、浜の町の近くにあるのですが

今日の浜の町はいつも以上にたくさんの人でにぎわっていました。

来週のお盆は精霊流しもありますし、

お盆の期間中はお墓で花火をバンバン上げますし^^;

これから長崎は、もの悲しさを感じつつもにぎやかな期間を迎えます。

さて、最近、クライアントさまから立て続けに

「夫の話をイライラしないで聞けました」

「やさしい気持ちで接することができました」

というメールをいただきました。

そして、すばらしいのが、

みなさん、その原因を自分で分析されていること。

今、自分に何が起こっていて、

どういう変化が起きているのかを客観的に見て、把握して、

次に生かそうという姿勢をお持ちなんです。

自分が自分のカウンセラーになることができたら

これから生きていく上で、こんなに心強いことはないですね^^

そして、「なぜか夫にやさしくできた!」と報告いただいたみなさんに共通していた理由は

「自分の心と身体の状態が落ち着いていた」ということです。

よく「心や身体の状態を整えたって、問題が解決するわけじゃない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それもとてもよくわかります。

でも、実際に、身体の疲れをとって、

リラックスしたり、自分の時間を持ったり、少しだけでも好きなことをしたり、

そんな心の余裕を持つことで

出来事は同じでも、それをストレスに感じるかどうか、

それに対してどんな反応をするか、

まったく変わるんですね。

そして、自分の反応が変わることで、それを受ける相手の反応も変わります。

こうして、コミュニケーションが変わり、

関係性が変わっていくんですね。

カウンセリングを受けることで、自分の心と向き合う姿勢を身に付けることは

こうして自分で自分の問題を解決できる心の力を身に付けることができるようになるんだと、

今さらながら、私も実感しましたし、

とても嬉しく感じました^^

心の力を身に付ける方法は、こちらです。

※もうすぐ、募集開始します。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

口下手な夫に「労いの言葉を掛けて」というのはハードルが高過ぎましたね^ ^

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日のお茶会の感想をご紹介させていただきますね。

後半、早速お茶会で学んだことを実践した成果をご報告していただいてます。

夫の態度に不満や寂しさを感じている方に参考になると思います。

ぜひお読みになってくださいね。

【今日の感想をなんでも、ご自由にお願いします】

松尾さんの雰囲気がとても柔らかく、何か話すと、こちらを見てゆっくり聞いて下さるので、安心して話すことが出来ました。

子供達が夏休みで、毎日息つく間もない日々でしたので、

松尾さんのお茶会は、そんな私へのプレゼントになりました。

【一番よかったなあと思ったことを教えてください】

家に帰ってすぐ使えるコミュニケーションを教えて頂けたこと。

【後日談】

夫に労いの言葉が欲しいと伝えていましたが、なかなかそんな言葉はもらえずにいました。

松尾さんのお茶会に参加して、夫にとっては、妻に労いの言葉をかけるという行為は、

凄く苦手で勇気の要る行為なのかもしれないと気付きました。

夫のやりやすいやり方で私も満足出来る行為は何かな?

と考えた時に、ハイタッチを思い付きました。

もともと夫はスポーツをしてきた体育会系。

「お互い家事をした時はハイタッチし合うのはどう?」

と提案したら、ハイタッチは了解してくれて、

おとといからやっていて、夫も嬉しそうです。

ただでさえ口下手な夫に「労いの言葉を掛けて」というのは、ハードルが高過ぎましたね^ ^

松尾さんのお茶会で教えて頂いたお陰です(≧∀≦)

ありがとうございます!!

(Tさん)

 

さて、Tさんの「ハイタッチ作戦」いかがですか?

夫婦関係で相手に対して不満やストレスを感じる時は


自分が相手に「こうしてほしい」と思うことを相手がしてくれない時に起こります。

「どうしてやってくれないんだろう」という怒りだけではなく

自分のことを大事にしてくれていないような

心が通いあえないような

そんな寂しさも感じてしまうものです。

こういう場合、「こうしてほしい」という希望が相手にちゃんと伝わっていないことが多いです。

でも、Tさんの場合、それは伝えていたんですね。

ちゃんと伝えていたのに相手がそれをしてくれない時は

それは、相手にとって「できない」ことである可能性があります。

「相手ができないなら、しょうがない」と諦めることもできます。

でも、そうするとTさんの「ねぎらってほしい」という気持ちは置き去りになってしまいます。

どちらかが不満をガマンするのは心の健康上、あまり良くありません。

じゃあ、自分の希望を満たしながら夫ができる方法はないかな?

と考えた時に出てきた「ハイタッチ」

ステキですね!

これは、カウンセラーがアドバイスできることではありません。

Tさんご夫婦のこれまでのお二人の歴史、関係性から出てきた答えです。

うまくいかない時、不満が出てきた時、

それは、二人がより良い関係になるためのアイディアが生まれる時でもあります。

ちょっと視点を変えることでいくらでもアイディアは出てきますよ^^

視点を変えるアイディアはこちらも参考にしてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

新しい家族が増えました^^

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日、我が家に新しい家族が増えました!

まだ生後1ヶ月半の仔猫ちゃんたちです。

長崎の家が一戸建てということもあり、

長崎に引っ越したら猫を飼いたいなとずっと思っていました。

里親募集のサイトから応募をして、長崎市内の方からお譲りいただけることに。

譲ってくださる方が、自宅に4匹兄弟全員連れてきて、相性など見て選ばせてくれました。

本当は1匹だけの予定だったのですが

お母さんと兄弟といきなり離れてひとりぼっちになるのもかわいそうに思えて

2匹、引き取ることにしました!

知らないおうちに来て、まだ慣れないせいか、

いつも2匹ぴったり寄り添っています。

そういう姿を見ると、2匹引き取ってよかったなと思うと同時に

早く慣れて我が物顔で過ごして欲しいなとも思います。

とりあえず、かわいい子たちにメロメロで、今日は仕事になりません^^;

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

 

日常

「想像していた以上に収穫の多かったお茶会でした」

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

日曜日に長崎に戻ってきて、今日は久しぶりに長崎サロン「Le Port(ル・ポール)」に出勤です。

今日はZOOMでカウンセリングでした。

長崎にいながらも、こうして全国の方とお顔を見ながらお話できるのは嬉しいです^^

さて、先週のお茶会の感想をいただいので、ご紹介しますね。

【今日の感想をなんでも、ご自由にお願いします】

初めて参加したので、いったいどのような話が展開するんだろうと、

期待と不安の入り交じった気持ちでしたが、

想像していた以上に私にとっては収穫の多かったお茶会になりました。

リラックスした雰囲気で、何でも聞いたり話したりすることができたので良かったです。

【一番よかったなあと思ったことを教えてください】

沢山収穫があったので、なかなか一番を決められませんが、

夫と私は違う人間なんだというあたりまえのようで、

でも本当にわかっていたかというと、

全然わかっていなかった自分を自覚できたことが一番良かったです。

私はずっと自分の尺度で

夫の反応や言動を判断してしまっていたんだということに気づかされました。

帰ってみてから、早速、私がいつもされると嫌だと思ってる言動が出たので、

素直にどういう気持ちや考えで、そのような発言が出たのか聞いてみたところ、

私がとらえていたこととは全く違う考えから出たものでした。

今までは、そのようなこともせずに、勝手に私の嫌なことをやってくれる人と見てしまっていたのですが、

夫からすれば、私に嫌がらせをしているわけではなく、

それが夫のパーソナリティーだということを、わかっているようでわかってなかったです。

そして、私は自分が正しいと思いたいばかりに、夫のパーソナリティーを否定していたんだと思います。

夫婦になってから、誰にでも起こる気持ちの変化というのを、

改めて教えていただいたことが、この気づきのきっかけになりました。

ありがとうございました。

(Kさん)

Kさん、ありがとうございます^^

「夫と私は違う人間なんだ」ということ、当たり前だと思うかもしれませんが

これを本当の本当に、頭の先から足の先まで、心の底から理解しているかというと

実は理解できていないことが多いんです。

違う人間だということ、つまり相手と自分との境界線が引けていないと

「こんな表情の時はこう思っているにちがいない」とか

「こう言うと、きっとこんなふうに思うんだろうな」と

相手の気持ちを勝手に決めてしまうことが起きます。

それは、相手の気持ちを思いやるとか、相手の表情をよく観察する、ということとは別の問題なんですね。

たとえば、相手の表情を「観察」して「あれ?不機嫌そうだな」と思った時に

「きっと私がセックスを断ったからだ」と思うのは「推測」です。

観察の結果「不機嫌そうだな」と思ったら

自分の推測は、いったん横に置いておいて

「不機嫌そうに見えるけど、どうしたの?」と聞いてみるといいんです。

すると、Kさんが体験したように「実は全然違うことが原因だった!」と気づくことが多いんですね。

心の仕組みを知ることで自分のストレスの原因が分かり

そうすると、その解決策も見えてきますよ^^

次回のお茶会はまだ未定ですが、開催の時はこちらからお知らせしますね。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子