上司、恋人、友だち・・・いつも同じような結末を迎えてしまうあなたへ

こんにちは。松尾 聡子です。

先日、お友だちからこんなお話を聞きました。

ご了承をいただいたので、シェアさせていただきますね。

会社の上司は「仕事は見て覚えろ」「1度言ったことは2度言わせるな」が口グセの人。

初めてのことでも質問させてもらえないし、

それで失敗したら、みんなの前でため息をつかれたり、嫌味を言われたり。

なんとか仕事を覚えよう、ミスしないようにしようと残業していたら、

「それくらいの仕事しかしてないのに残業?残業代稼ぎか」と言われ

周りの人からも仕事ができないダメ人間と思われて、孤立してしまって。

だんだんウツみたいになってしまって、会社を辞めたんだけど、

今思うと、私だけが悪いわけじゃなくて、上司にも問題があったと思う。

そう考えると、少し心が軽くなるんだけど、

また次の会社でも同じような上司がいたらと思うと、怖くて就職活動ができない。

結局は、私自身がそういう人に対してもちゃんと対応できるようにならないといけないんだよね。

(Nさん)

会社の人間関係、特に上司との関係は難しいですよね。

パワハラまがいのことをされたとしても、上司のような考え方が主流の会社だと

どうしても「できない自分が悪い」「自分がダメだから」と、どんどん自己否定の感情が増してしまいます。

そんな中、冷静に状況を振り返って

「私だけが悪いんじゃない」

「人を育てる立場の上司の対応にも問題があった」

ということに気づくことができたのは、次のステージに進むための大事な最初の一歩です^^

でも、そこで終わってしまったら、Nさんが言うように

「また同じようなタイプの人が上司だと、同じことの繰り返しになる」

ということになってしまいます。

会社関係だけでなく、いつも友だちと深く付き合う前に離れてしまうとか

いつも同じようなタイプの彼氏と付き合っては、同じような感じで別れてしまうとか

対人関係がいつも同じような結末を迎えている方もいらっしゃるかもしれません。

会社の上司は自分では選べないし、好きな異性のタイプもなかなか変えられないものです。

でも、そういう相手と同じような結末になってしまう、コミュニケーションのパターンを変えることはできます。

上司に言われたときに感じる気持ち、そこから生まれる態度、言葉。

今まで自動的に再生されていたそのパターンを変えていくことで、

それを受け取った相手の気持ち、態度、言葉も変わってきます。

どんな相手でもビクビクしない自分になれると、人間関係がラクチンになりますよね^^

新しいパターンで、新しい対人関係を作っていきませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

自分ではどうしようもないことが起こってしまったときの対処法

こんにちは。松尾 聡子です。

自分の力ではどうしようもないことが起こってしまったとき、

イライラやストレス、不安はどんどん大きくなってしまいますよね。

たとえば、大事な打ち合わせがあるのに、電車が事故で遅れてしまった!

本当はやりたい仕事があるのに、今年も希望の部署に異動できなかった。

せっかくの親子遠足なのに、今日に限って雨降り・・・

ストレスって、自分の力でどうにもならないときに大きくなるんです。

電車の事故も、会社の人事も、お天気も、自分のがんばりだけではどうにもできませんからね(>_<)

そんな場合のストレスを軽くする方法をお伝えしますね。

まず「自分ができること」と「できないこと」を切り分けてみます。

その上で、自分が「できないこと」は潔くあきらめましょう^^;

そして「できること」で、何ができるか考えてみるといいですね。

たとえば、起こってしまった電車の事故や、その後の復旧作業は自分にはどうにもできません。

でも、打ち合わせの対応は自分でできます。

時間を優先するなら、タクシーで行くことを選択する。

お金がなかったら、バスでの行き方を調べる。

他の交通手段がないときは、相手に電話して事情を話し、これからどうするか相談する。

こんなふうに、その時の自分の条件や状況でできることに注目してみましょう。

これって、人間関係でもそうなんです。

夫の性格は変わらないし、セックスが最優先の考え方も変わらない。

何をしても、何を言っても無駄。

そんなふうに考えると、どうしようもない無力感やストレスを感じます。

でも、何か自分で変えられること、自分にできることがあるはずです。

自分にできないことに注目して、ストレスをためるのではなく、

自分にできることに注目してみませんか?

あなたには今を変えられる力があると、私は信じています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫にかわいく甘えられないんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

「夫にかわいく甘えられないんです」

そんなお悩みもよくうかがいます。

ギスギスした夫婦関係を変えていくためにも、

もっと夫との会話を増やして、仲良し夫婦の雰囲気を作りたい。

でも、かわいく甘えたり、頼ったり、夫を立てたりするのが
どうしても苦手(>_<)  

そもそも、どうやって甘えたらいいのかもわからない・・・。

うんうん、そういうことありますよね。

私もかわいく甘えるタイプではないので、よくわかります。

でも、大丈夫です。

まず「かわいく甘える」ことで得られる目的は何か、考えてみましょうか。

夫との会話を増やしたいとか、夫婦の雰囲気を仲良くしたい、ということですよね。

そうすると、その目的を達成するための方法は「かわいく甘える」以外にも、あるはずです。

「かわいく甘える」のは、たくさんある方法の一つ。

それができなければ、自分ができる他の方法を探してみましょう。

たとえば「おはよう」「おかえり」などの挨拶は顔を見て言う、とか。

疲れている様子だったら「疲れてる?大丈夫?」と声をかけてあげる、とか。

夫の好きなおかずのとき、自分のお皿から一つあげる、とか。

クライアントさまには「ちょっと早起きして、コーヒーを入れてあげる」という方もいらっしゃいましたよ^^

「私にはできないから無理」とあきらめる前に、

それをすることで得られる「目的」に注目すること。

そして、その目的のために自分がムリせずできることを探してみること。

オススメです。

夫婦のコミュニケーション、一緒に考えますよ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

こんにちは。松尾 聡子です。

数秘術占いの井川貴子さんが、ご自身のメルマガでこんなことを書いてくださいました。

ご了承をいただきましたので、一部ご紹介させていただきますね。

「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

NHKの朝ドラ「べっぴんさん」で、ジロウちゃんが言っていた言葉。

一昨年、FSD(女性性機能障害)専門カウンセラーの松尾聡子さんのセッションを受けました。

すでに数秘術占いを始めていたので、お客様のためにも、自分のためにも自分が問題だと思い込んでいるものをクリアにしたいと思ってね。

夜の生活が面倒くさくて面倒くさくて、しょうがないことをご相談(笑)

聡子さんの不思議なセッション受けて、時代を遡り、20代の私が心に決めた言葉が、

「自分を必要としてくれる場所で、愛する人と生きたい」

忘れてた言葉だし、あとで、計算したら、運勢周期『6の年』でした^^

「必要としてくれる」って受け身な言葉に聞こえますが、

自分を知り、自分と繋がっていないと、自分が必要な場所がわからないもの、


自分が必要な場所がわかれば、自分が必要とされている場所もわかるもの、

なんですね。

その後、夫との夜の生活は億劫でなくなったか?といえば、スパッと解決してませんが、

今は、解決しても解決しなくてもどっちでもいい!と、ネタにして、夫とコントのように、笑い話であ~じゃね~こ~じゃね~と相談してます(笑)

  
旦那さまからのたーっぷりの愛に包まれている貴子さん。

それでも、夫婦生活を続けていくうちに、いろんな出来事があったり

気持ちの変化が起こったりするものです。

でも、夫婦の間で生まれた大切なもの、育まれてきたもの、それはちゃーんと心の中に根付いているんですね。

ときどき忘れちゃっても、見失うことがあっても、

無意識の奥にはちゃんと存在してるんです。

私の役割は、それを思い出すお手伝いなんだなって思います。

そして、心の奥にしまい込まれていた大事なものが見つかったら、


実は、悩みだと思っていたものが、意外とそうではなかった、

なんてこともあるんですね^^

さてさて、貴子さんのメルマガにある、運勢周期『6の年』というのは、

「あらゆる種類の愛の体験がやってくるので、もらった恩を返す感謝の年」

だそうです。

貴子さんのメルマガには、その『6の年』の意味や過ごし方のポイントが、とってもわかりやすく書かれていましたよ。

数秘術って何?運勢周期って?と思われた方は、貴子さんのメルマガをぜひ!

数秘術に絡めた夫婦関係のヒントも盛りだくさんで、きっとお役に立つと思いますよ~。

私も毎回楽しみに読んでます。

貴子さんが一昨年受けられた「不思議なセッション」に興味のある方は、こちらをどうぞ^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

自分の子どもだからって、私のような子どもになるわけじゃないんだなあ

こんにちは。松尾 聡子です。

今日はバレンタインデーですね。

私は娘の友チョコづくりのお手伝いでグッタリです。

ビタントニオで作った焼きドーナツと、無印良品のブールドネージュの手作りキットを使いました♪

最近は女の子同士の友チョコ交換がすごいですね。

きっと、我が家で一番たくさんチョコをもらっているのは、夫でも息子でもなく娘だと思います^^;

でも、たくさんのお友だちとチョコを交換して楽しそうにしている娘を見るのは嬉しいものです。

実は、子どもの頃の私はものすごーく人見知りで、自分から積極的に友だちに声をかけることができませんでした。

幼稚園の頃なんて、いきなりの集団生活にすっかり固まってしまって

結局お友だちがいないまま2年間過ごすことに(>_<)  

小学校でもそんな感じで、4年生までお友だちは近所の女の子1人だけ。

そういう自分だったから、子どもたちには物心つく前から集団生活に入れちゃえ!と、0歳から保育園に入れたんです。

もちろん、働くのが好きで働き続けていたかった、というのもあります。

でも、お友だちにもらったチョコをいっぱい抱えてご満悦な娘の顔を見ていると

自分の子どもだからって、私のような子どもになるわけじゃないんだなあと、しみじみ思います。

まあ、よく考えたら当たり前なんですけどね^^;

人って、特に子育ての面では、自分が知っている世界が基準になって子育てしてしまうものです。

自分が育った家庭の親子関係、夫婦関係は、今の自分が作っている家庭にとても大きく影響するということ。

それを改めて感じたバレンタインでした。

今の家族関係が育った家庭の影響を受けてるのかも?と思った方は、こちらでお話し聞かせてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「主人が子どもの前でイチャイチャしてくるのがイヤなんです」

こんにちは。松尾 聡子です。

こんなお悩みを見つけたのでシェアしますね。

主人が子どもの前でイチャイチャしてくるのがイヤなんです。

もともと、スキンシップがあまり好きではありませんでした。

特に子どもがそばにいると、私は「お母さんモード」になってるから、ほんとに気持ち悪いんです。

友だちからは「きっと子どももパパとママが仲良くしてると嬉しいよ~」と言われました。

それを聞いてガマンしようと思ったけれど、やっぱりできなくて拒絶したら、主人が怒ってケンカになりました。

どうしてイヤがることをするんだろうと、こっちが怒りたいくらいです!

 

お母さんモードになっているときに、性的なスキンシップをされると「気持ち悪く」なってしまう。

これはホルモンの働きでもあるので、ほとんどの女性が程度の差はあれ、経験されていると思います。

ただ、男性にはなかなかわかってもらえないかもしれないですね^^;

さて、妻がイヤがっているのに、イチャイチャをやめないということは、

そこには、イチャイチャすることで得られる大事なものが夫の心の中にあるからです。

妻がイヤがっているのに「今」イチャイチャしなくちゃいけない理由です。

それを聞いてみるといいですね。

妻の目が子どもにばかり向いているのが寂しくて、自分の方を見てほしいのかもしれないし

お母さんになってる妻が愛おしいと思ったのかもしれないし

単に誰かの肌に触れたくなったのかもしれないですね。

ちゃんと理由がわかったら、案外こっちも「そうだったんだ」と冷静になれるものです。

理由がわかったら「そうなんだね」と受け取った上で自分の気持ちを伝えるといいですね。

一方、夫も「妻は自分の気持ちをわかってくれようとしている」ということが感じられると、

状況を客観的に見ることができるようになります。

頭ごなしに拒絶されると、怒りや傷つく気持ちでいっぱいになっちゃいますが

「ちゃんと自分の大事な気持ちを受け取ってもらえた」

と思えると、相手を思いやるゆとりが生まれてくるんですね。

「今、起こっていることの奥にある気持ちは何と言っているのかな」ということに注目してみること。

その奥の気持ちは、案外やさしい気持ちだったり、さみしんぼだったりするものです^^

あなた自身と、そしてあなたの大事な人の奥にある気持ちを大切に扱うコツはこちらで。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

子どもにはやさしくできるんだけど、夫には……

こんにちは。松尾 聡子です。

夫にやさしくしてあげたいし、大事にしてあげたいけれど、なぜかできない。

という方も多いのではないでしょうか。

夫が妻とのセックスにこだわる気持ちの裏には

「もっと大事にしてほしい」

「愛されているという実感がほしい」

という気持ちが隠れていることが多いです。

それが満たされないから、セックスで愛情を確認したいと思うんですね。

だからこそ、普段の生活の中でやさしさを伝えることが大事なのですが

「子どもにはやさしくできるんだけど、夫には・・・」

「私だって疲れてるのに、めんどくさい(>_<)」

なんて気持ちが出てきちゃったりするものです。

夫のためにやさしくしたり、何かしてあげたりすることが自分にとってデメリットだと、してあげたくなくなります。

そんなときは

「やさしくしたり、何かしてあげたりすると、私にとってどんないいことがあるかな」

とメリットの方を考えてみるのがオススメです。

そして

「そうなると、夫婦の毎日がどんなふうになるのかな」

と、さらにその先に得られるものを考えてみてくださいね。

それがいいことだと、きっと無理せずやさしくできるはずです。

夫婦の関係に役立つこんなコツは、こちらでもお伝えしています^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫が避妊をしてくれない」

こんにちは。 松尾 聡子です。

「夫が避妊をしてくれない」というお悩みをうかがうことがあります。

夫に「夫婦なんだから、避妊する必要はない」と言われると、何も反論できなくなってしまうんですね。

でも、妊娠するかもと思うと、セックスが怖くてたまらない。

求められるのが憂鬱で、一緒にいてもビクビクするようになってしまう。

そんな状態が続くと「夫とセックスしたくない」の気持ちがどんどん強くなっていきます。

まず、ここで知っておいていただきたいのは

「避妊に協力しない」のは「性的虐待である」ということです。

たとえ夫婦であっても、相手が望まないセックスを強要するのは虐待なんですね。

特に、避妊をせずに望まない妊娠をしてしまったとき、

女性には精神的、肉体的に大きな負担、傷み、犠牲をともないます。

誰かの心と身体を傷つけるのは、夫婦だからといって許されることではないんです。

ここは、自信を持って、きちんと夫に伝えていいと思います。

その上で、夫の避妊をしたくない理由を聞いてみることも大事です。

単に「避妊しない方が気持ちいい」ということかもしれません。

あるいは「子どもをつくることで、妻を仕事に出したくない」など、

実は他に理由があって、その手段として避妊をしないということもあります。

その場合は、妻が仕事をすることについての話し合いをすることが必要ですね。

「夫婦だから当たり前」という言葉で傷つくのは、もう終わりにしませんか?

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

その関係は「モラハラ」かもしれません

こんにちは。松尾 聡子です。

夫を怒らせないように、つねに夫の顔色をうかがってしまう。

夫からの誘いを断っていると、罪悪感からそうなってしまうこともあります。

「オレを傷つけるお前が悪い」

「オレを怒らせるお前が悪い」

そう言われると、何も言い返せなくなってしまう。

そう、夫が正しくて、私が悪い。

夫は被害者で、私は夫を傷つけている加害者。

私が悪いんだから、何を言われてもしょうがない。

何を言っても否定されるし、自分の意見を夫に言う自信もなく、ビクビクしてしまう。

もしも、毎日がそういう状態になっているとしたら。

あなたはモラハラを受けている可能性があります。

モラハラをする人は、自分が被害者で相手を加害者にすることで、相手に罪悪感を植え付けます。

そして、相手が何を言っても、何をしても否定することで、相手の自尊心を傷つけ

自分の気持ちを汲み取れない相手が悪いと思い込ませることで、自分の思うままに相手をコントロールするんです。

罪悪感の原因となっていると思われる「夫の誘いを断る」ということも

モラハラを受け続けているからこそ、あなたの心の奥の無意識が、夫とのセックスを拒否しているということもあります。

そして、こうしたモラハラの関係の怖いところは、

お互いに「モラハラをしている」「モラハラをされている」という自覚がないことが多いこと。

気づかないうちにどんどん関係が悪化してしまい、モラハラをされている方が心を壊してしまうことにもなりかねないんです。

まずは、モラハラの関係に気づくこと。

その上で、それでも一緒にいるのか、離れるのか、決めることが大事です。

一緒にいることを選ぶなら、モラハラの関係を変えていきましょう。

「もしかして、私たちの関係ってモラハラなのかな・・・」

そう思ったら、まずはお話を聞かせてくださいね。

第三者の目から客観的に見ることで、わかることってありますから。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子

 

「夫が何を考えているか気になって落ちつかない」そんな時は・・・

こんにちは。松尾 聡子です。

夫が何を考えているか気になって落ちつかないこと、ありませんか?

「今、誘おうとしているんじゃないか」

「断ってばかりで、イライラしているんじゃないか」

一緒にいても、落ちつかずにどんどん心が疲れてしまいます。

そういう時って、相手の気持ちを想像しちゃってるんですよね。

「こんな風にぼーっとしてる時は、私を誘おうとしているに決まってる」

「昨夜、断ったから、きっと私にイライラしてるにちがいない」

もしかしたら、本当にそうかもしれないし、実はそうではないかもしれません。

相手には相手の気持ちがあるので、必ずしも自分が思うように感じていないこともあるんです。

ぼーっとしているからといって、いつも誘うことを考えているのではないかもしれないし

(観たい映画にいつ行けるかなあ、と考えているだけかもしれません)

イライラしているように見えても、実は仕事でイヤなことがあったのかもしれません。

「相手はきっとこう思ってる」と考えて落ちつかなくなってしまったら

「と、私は思っている」と、その後に付け加えてみてくださいね。

たとえば

「夫は誘おうとしていると、私は思っている」

という感じです。

すると

「それは、誰の考えなのかな」

ということが、ちょっと冷静に見えてきます。

私はこう思っているけれど、相手はどうかなあと落ちついて見たときに

本当に誘おうとしているとわかったら、

そしてそれがイヤだなあと思ったら、

その時は、お買い物に行ったり、ちょっと距離を置いたりできますよね^^

人って、自分で勝手に不安を作り出すことができます。

でも、不安にならなくてもいい時には、不安にならなくて大丈夫です。 

あなたの不安がラクになるヒントはこちらでもお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング

【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングについて

メニュー一覧

お客様のご感想

お問い合わせ

カウンセラー 松尾聡子